スポンサーリンク



いつか結婚したい!

アラフォーの人だけでなく、男性も女性も恋愛をしたいと思ってしまう時がある。

もちろん、婚活として恋愛相手を探そうと思っている人も多い。

でも結婚したいと思っている女性の中で、アラフォーになると急に相手がいないとかいい人に巡り合えないと思っている人も増える。

なぜでしょうか?

これまでにもアラフォー女性の恋愛や結婚については以下のような内容をご紹介してきました。

年下男性攻略アラフォー女性成功のコツ

年下男子攻略アラフォー女性失敗注意点と成功のコツ

アラフォー年下片思い成功のコツ

スポンサーリンク


アラフォー女性年下への片思い成就のコツと失敗注意点

アラフォー年下にモテる女性の特徴

アラフォーで年下にモテる女性の特徴と年上好む男性心理の見極め方

10歳年下の男性を好きになったらどうするべきか?

10歳年下を好きになった時の行動

10歳年下を好きになるアラフォー女子恋愛成功術

私は実際に2度結婚を経験している。

その中で、やはり年齢と自分の求める条件や価値観の違いを感じる事も多かった。

何が恋愛と結婚相手で違うのか?

こう思っている人は男性も女性も多い。

今回の記事では、結婚したいアラフォー女性が自分の年齢を気にしてハマる典型例を以下の項目でご紹介しています。

結婚したいアラフォー女性からの相談体験

結婚したいアラフォー女性に多い誤解

結婚したいアラフォー女性の成功のコツ

結局、人の魅力は年齢だけではありません。

男性も50代60代70代で10歳20歳歳の離れている女性と結婚するケースもある。

同じ年齢でも年収や仕事など特別な理由があって成功しているわけではありません。

何が結婚するまでの婚活には必要なのか?

難しいと感じる原因はそもそも何かをご紹介していきます。


スポンサーリンク






結婚したいアラフォー女性からの相談体験

アラフォー女性結婚したい

私は未婚や独身の恋愛相談をされることも多い。

別に今結婚しているから独身の人の気持ちが分からないという事ではない。

ある意味、結婚したからこそ、客観的に見ることができる部分もある。

そうした中で、アラフォー世代の女性から結婚の相談をいただく時の特徴をご紹介していきます。

結婚したいアラフォー女性の悩みの特徴

  • 子育ての難しい状況。
  • 増税や同じ年収でも手取りが減っていく現実。
  • 年齢と共に気になる将来への不安

女子は常に若い時から今を楽しく生きることを最優先とする人が多い。

しかし、今自分の周りにいる結婚した友達が独身の時と同じ又はそれ以上に幸せを実感しているかと言えば、必ずYesではない。

  • 結婚はある意味諦めと妥協が必要なのが現実。
  • 若い時に結婚した分努力も必要。
  • 好きだから結婚するではなかなか多くの問題を乗り越えられない。

このような声が増えてくることで、結婚してから幸せになるというのはハードルが高い事だと感じる人が増えている。

結婚しているカップルよりも離婚している人たちの数の方が多いのが今の現実。

こうなってくると、どこか心の奥底で結婚だけが幸せな人生ではないと思い始める人も増えてくるわけです。

つまりは、夢や理想と現実を若い時よりも身近な生活の中で感じてしまうことで、自分の気持ちが整理できなくなってる事が多い。

今の独身の人生の価値

正直、出会いを求めるなら、サイトやアプリ、婚活サークルやパーティーや街コン等のイベント。

いろいろな行動を起こすスポットは存在する。

しかし、そこまでしてカップルになりたい?

自分の見た目よりも年齢を気にしてるからこそ、実際行動をするまでの価値が分からなくなってしまう。

別に今のままでも自分のやりたいことができてるからいいか!

結果、行動を起こすまでの自分の気力がついてこない。

このように言われる事が非常に増えてきた。

出会いを求めることが自分の今の人生で一番の楽しみではない。

自分の趣味に生きるのも悪くない。

男子と女子それぞれ独身の今の生活を壊してまで彼氏彼女が欲しいと思えない。

この気持ちが様子を見ているという時間が増える現実にもつながっていく。

 

結婚したいアラフォー女性に多い誤解

アラフォー女性結婚したい悩み

女性が結婚相手を求める時、なかなか結婚できないと相談した時、周囲からは以下のようなことを言われるケースも多い。

  • 理想が高すぎる
  • タイプ的に難しいのでは?
  • 結婚したいという割に趣味に使っている時間が多すぎる。
  • 本気になってもすぐに冷めるタイプだから仕方がないのでは?

このように、男子のタイプではなく、今やっている事を見て、どこまで本気なのかを指摘しているケースも多い。

自分の条件を変えることの意味と価値

私は正直今の妻と結婚をしたいと思った時、最初は完全に見た目から入りました。

初めて目にした瞬間から、自分の理想通りだと思えた。

そして、こういうタイプの女性と彼氏彼女になれたらいいなとずっと思っていた。

結局自分の理想を変えることはしない。

それまで何度恋愛経験で失敗を重ねても関係ない。

次こそは!

ただこの気持ちだけで前向きに考えていた。

これって意外と大切なことだと最近特に感じるようになった。

現在自分の理想や求める条件のハードルが高すぎると思ってもう少し希望を簡単にするかをどこかで迷っているなら以下のように考えてほしい。

今妥協したら、この先どこまでも妥協が続く。

結婚相談所であれ、あぷりであれ、結局は男性は意外と女性を見た目でしか選んでいない。

年収や仕事の意識に魅力を感じたた場合でもお見合いを実際にした後は、なぜか自分の好みの方が大切になっている。

同世代とか年上とか年下なんて事も正直あまり関係ない。

とにかく自分の好みがとても大切になる。

そして、こだわり続ける事がいつしかそういう人と引き合わせるきっかけを作ってくれるようになる。

これは、頑張っているからではない。

あくまで、自分の心の中できちんと交際できる可能性を否定しない心の問題だと思う。

恋愛について、みんな多くの人が頑張って!と応援する。

しかし、それって受け入れるかどうかがモテるかどうかという事ではないこともわかっているはず。

性格はそんなに簡単に変えられない。

生活にしても同様。

交際する前のデートで感じた問題のポイントも人により違います。

こういう流れの中で最近出会った人とは恋人にはなりたくないという気持ちを持ったのはあくまであなたが直感で感じたことのはず。

これって、未婚だとやはり断りすぎたら相手がいないという焦りを生み出すきっかけになっている。

しかし、よく考えると、やはり妥協をすると、結局はいくら恋人ができた場合でもある意味、妥協したとずっと自分を苦しめることになる。

だからこそ、自分の理想がしっかり固まっているなら、やはりその自分をある意味貫く勇気も必要になってくる。

そうしないと、誰に会って何を聞いてもどこまでも自分の中で一つの決定打となるような判断が出来なくなっていく。

 

結婚したいアラフォー女性の成功のコツ

アラフォー女性結婚したい実現のコツ

結局婚活や恋活を成功させるためにはどうすればいい?

この答えを私自身が一生の間に2度の結婚をして感じたことを書いていきたいと思います。

こだわりは3つ書いておく

女性が男性を選ぶのは、以下の2つが重要。

聴覚(声のトーンや質)

嗅覚(汗や香水、コロンなどを使った時の臭い)

この2つが非常にあなた自身の居心地の良さに左右する条件です。

反対に以下の3つは最終的には判断の材料になっていないことが多い。

  • 視覚(見た目やイケメン等のルックス的条件)
  • 地位(仕事や年収、資格や勤める企業名)
  • 周辺の環境(友達の多い少ないなど交流関係)

上記の3つは、単純にあなたに得か損かを考える上では参考程度の情報でしかない。

つまり、最低限大人の付き合いという形で考えるなら、女性は、嗅覚、聴覚、価値観。

この3つが相手の好みと共通なら正直恋愛も結婚も難しくないのです。

家の中で起こることを考えよう

家の中で普段の生活を続けることが難しくなるのは何が原因なのか?

この答えとして、単純に将来を視野に入れたら、以下の要素が大切になる。

  • 声が気持ち悪いとなる相手との会話は苦痛でしかない。
  • どうしても夏の汗のニオイや運動後の臭いが受け入れられない。
  • 相手の価値観に不満や納得ができないことが多い。

こうなってくると、共通の時間が増えるほど一緒にいるのが苦痛になっていく。

顔を合わせて会話をする。

暑くなれば汗をかく。

日常の趣味もどうしても目に入ってきてしまう。

この3つに対して嫌悪感を抱くことがない相手となら、苦痛を感じる要素は少ない。

これが、あなた自身が実際に上手くやっていける相手の条件。

ある意味見た目なんて女性は最後はどうでもいいとなっていく。

収入もあなた自身が仕事をすれば良いと思えるようになる。

しかし、相手との会話や相手が発するニオイには限界も訪れる。

こうした結婚する相手と結婚しない相手への基準に対する問題をきちんと交際する前に認識をしておくことが重要。

それ以外の話は正直問題になるようなことではない。

こう考えられると、意外といろいろな人に対して、特別年代や趣味なんてことを気にしないで積極的に行動できるようになるのです。

まずは相手に会って、どんな人なのかをリアルに確かめる。

これが、女性にとっては、非常に近道になる行動だと私は伝えたい。

今回の記事でご紹介した方た内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク