スポンサーリンク




メンズファッションを少しでも楽しみたいとは思っている。

ブランドにも興味はある。

tシャツではなく、ちょっとでもオシャレなシャツなどを着こなせるようになりたい。

でもどうせ自分が来ても、コーデのアイテムより体型が目立つはず。

デブ、ぽっちゃり、肥満児。

こんな言葉が日本の男性のファッションへの関心に大きな壁を持たせているのは本当に残念。

服の着こなしに体系なんて全く関係ない。

人気のデニムでもパンツでも着る事に戸惑いを感じる必要は全くない。

もっと自信を持ってほしいと思う。

今回はデブファッションメンズ秋編。

以下のような記事でもデブファッションメンズについては、ご紹介しています。

デブファッションメンズ夏

スポンサーリンク


夏デブもメンズファッションで個性を活かして楽しむコツと失敗原因

40代男性ファッションコーディネート夏猛暑

40代男性ファッションコーディネート気温35度以上のモテ要素

暑い時にもデニムやパンツ選びに苦労。

今度は秋。

体型を気にする男性は、なぜかサイズ感が分かりにくいサイズが大きめのパーカー等を選ぶ。

その対象は、別に問題ではない。

ただ、その目的がちょっとコンプレックスみたいな考え方が出てくる。

それは、体型をカバーするためにさらに大きめのサイズをチェックすという考え方。

ジャケットなんて着れない。

スポーツ系のファッションなんて選び出せるはずがない。

こんなことを勝手に考えてしまって、洋服選びになぜか無難という意識が、隠すに変わっていく。

こうした考え方を少しでも個性を活かす方向性に替えてほしいと私は思っています。

このサイトでは主に40代メンズファッション

40代男性ファッションについても、以下のような内容を書いています。

40代ファッションメンズ春コーデ

40代ファッションメンズ春コーデ|デートにダサいを防止する注意点

40代ファッション男性ダサい回避と女性目線

40代男性ファッション日本人がハマるダサい典型例と回避策優先順位

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性デートコーデファッション冬

40代男性ファッションメンズ冬要注意3アイテムと1万円台成功法

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代男性デートファッションの誤解

40代デートファッション男性のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代男性ファッション太め

40代男性ファッション太めの強みと弱点|使いこなすのがオシャレ

40代ファッションメンズブランド

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代男性ファッションカジュアル

40代男性ファッションメンズカジュアルを意識する注意点と優先順位

40代ファッションメンズジャケット

40代ファッションメンズジャケットで女性受けの良い選び方と注意点

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代男性ファッション靴

40代男性ファッション靴選びでダサい失敗典型例や注意すべき点

40代ファッションメンズブランド

40代男性ファッション向けブランドって何がおすすめ?

人気のブランドはランキングからチェックするべき?

女性ウケの良いビジネススタイルってやっぱり高級系?

こんなブランドに対して変な先入観を持っていませんか?

40代ファッションメンズブランドを選ぶ基本と注意点|個性の演出法

40代ファッションメンズデブ

40代ファッションメンズデブ体型も簡単!デートコーデのコツ

40代ファッション通販安い

40代ファッション通販安いし無難2018注目はどこ?

オシャレに見せる努力とは何かを考え方からチェックしてみてください。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,恋愛,結婚,髪型等と同様に、個性を活かし,自分らしく生きるための情報をご紹介しています。

ファッションは、単純。

シルエットを問わず、カッコいい人は、自分の体型に合わせるというパーツの考え方を良く知っている。

肌の色

髪の色

骨格の癖。

自分の立つ、座る、歩く時の姿勢

こうした1つ1つを分析しながら、似合う人をモデルにしている。

だから、商品は、紹介されたそれぞれがカッコ良く見える。

でも、カラー選び1つで失敗するのもファッションコーデ。

太ったから、暗い色を選ぶ方がサイズが小さく見える?

そんなのあまり関係ないと私は思う。

こうした周りの目を意識するなら、秋メンズファッションデブというカテゴリーの中で、以下のような考え方はどうでしょうか?

秋メンズファッションデブに多い誤認

秋メンズファッションデブに多い失敗

秋メンズファッションデブの個性活用

自分の体型をカバーするのではなく、活かす。

その感覚で、まずはご覧ください。


スポンサーリンク






秋メンズファッションデブに多い誤認

秋デブファッションメンズ

最初に言っておきたい事があります。

私はデブという言葉そのものが嫌いです。

体型が嫌いではない。

表現そのものを嫌っている。

春夏秋冬にそれぞれの季節に合わせたスタイルが登場する。

その時、ファッションにせっかく興味を持った人が自分に似合うシルエットを探そうとする。

なのに、なぜかカジュアルでもビジネスでもスポーツでもスタイルの良い人で見た目のルックスも良い人を会社はイメージ的な戦略と考えて広告向けに使ってくる。

これはあくまでごく一部の人的には、その人が着るアウターやシルエットに近いタイプの商品を求めるかもしれない。

しかし、体系的にも違う方には、どうその展開を活用して着る機会を与えるのか?

この戦略のカタチを感じられない事が多いのが本当に残念。

今回の記事でも、別にデブという体型を周りに意識して着用するアイテムを選んでほしいとは全く思っていない。

ファッションは、個性が出て始めて価値が出る。

ただブランド物を着るのがお洒落ではない。

ただのブランドマニアのようなシルエットとは違う。

しっかり、自分を知っている感じがする。

自分の今を意識してる。

この表現が周りに伝わる事の方が重要。

秋ファッションメンズにデブを捨てろ!

まずは、最近夏から急激に寒くなって、秋冬向けの衣替えを始める人が増えている。

一気にアウターを着るようになる感じが強い。

そうした時、なぜかオシャレを意識したい人は、以下のようなものにこだわろうとする傾向がある。

カーディガン

アウター

この2つで、必死に選び方で今の流行のタイプ等を探す人が非常に多い。

しかし、それは間違いだと私はよく伝えている。

私の友人にも昔から印象としてぽっちゃりな体型の人がいる。

彼も間違いなく、デブを気にしている男性の一人。

そして、ウェアを選ぶときには、なぜかトップスをブラックしか見ない。

なぜもっと印象を意識しない?

お前なら、きっとこの色の方が引き立つぞ!

こうした意見を伝える事も多い。

しかし、彼はこう言う。

「周りの大人はそうは思ってくれないのが社会じゃないのかなぁ」

私は、この考え方をやはり変えてほしいと思っている。

プラスに考えるのは本当に難しいことのかもしれない。

でも、周りも結局は、自分のスタイルに自信を持って、足元のシューズから、頭のヘアスタイルまでしっかり完成出来ている男性は少ないと思う。

結局は、多くの人が、自分ではなく、周りに無難と思われたいと思って選ぶ。

でも、その選び方こそが、自分がデブを気にしていると強調している行動であることをまずは気付いてほしい。

 

秋メンズファッションデブに多い失敗

 

結局は、メンズファッション秋コーデの基本はトップスだろう!

秋のランキング一覧などでもメインのアイテムは、ブルゾン、ダウン、バッグ、スニーカー。

こうした中で選んで、自分の日常でも使ってみたいと思ったアイテムを購入している。

その先に、素材で、春夏と秋冬に使える季節感があるメンズコーデ術を目指す人が多い。

そもそもこの考え方がカッコいいとは違うということを伝えたい。

秋メンズファッションはデブも痩せもどこに注目?

私がもし体型が太ったという時でもまずファッションを選ぶときの選択で最も重要視するのが、インナー。

大人は、徐々にジムやゴルフなどに行っていないし、通勤も車のような私は基本として筋肉も細くなっていく。

そして、腹は徐々に出てきて、服の上に乗ってくるのも気になるようになっていく。

そんな中で最も体型だけでなく、暑さ寒さ対策にも効率的に使いたいのが、インナー。

私は、最近、ヒートテック系を秋にも使い、代謝を良くするという服装を目指している。

ちょっと寒くなったという時期がなかなか少ない上では、かなり暑くなったという日もありますよね?

そんな時には、少し運動するのには、抜群の陽気。

30代から男子は徐々に太ってきたと感じる事が増えてくる。

アウトドアなんてもう楽しむ体力すらない。

季節ごとの気温に最適なメンズコーデを選択する方が先。

このようなインナーの選択にこだわる人が圧倒的に多い。

でも、このインナーに気を遣うということは、あらゆるシーンで重宝する。

デートコーデ。

スーツコーデ。

トレンドコーデ。

必ず多くの人は、ジャケット、ダウン、ブルゾンの3つが主になることが多いメンズコーデ。

ちょっとスーツが多い人には、ロングコートというラインが出てくる。

しかし、小物を含めて多くのショップが置いているのが、先ほどの3つが優先順位を持っていると思う。

だからこそ、インナーをしっかりしなければ、オシャレは何を持っても価値がなくなってしまう。

自分の中でその商品を持っている事に満足してはダメ。

白で良い。

きれいに細身なんて文字を気にしなくて良い。

まずは、自分がお腹を含めてしっかり合わせやすいとフィット感で感じる商品を取り入れる。

これが秋の定番の基本を男が意識するファッションの選び方だと私は思う。

秋メンズファッションはデブは足元にも注意

なぜか太ったと思う人は、足元も黒ばかりを参考にする傾向が強い気がする。

マウンテンバイクやシティサイクルなんて自転車業界が参観になった最近のビジネスシーン。

リュックも定番化した。

ポロシャツやジーンズは、作業系で出かける時の特集などでも簡単に紹介されるようになった。

こうした時代だからこそ、やはりアクセントに足を使うことは男性のファッションパターンの王道的効果があるともいえる。

見せる。

着こなす。

この視点を考えるなら、やはりインナーの次は、靴と靴下。

この2つがしっかりモノトーンの合わせで成立していることが非常にオシャレの効果を高めてくれる。

ロングのブーツなんて選ぶ必要は全くない。

モテたいと思うなら、細いという言葉には一切注目をしない。

ダウンジャケットだけ使うシンプルコーデ。

ボリュームを抑えた全体のシルエット。

その先に、topはコートを避けてok。

最後に、印象の強い靴を合わせる。

たったこれだけのセットアップでバランスは整ってしまう。

そして何より、この展開をおすすめする理由は、動きやすいから。

まずは、諦めたり、お蔵入りになった昔の服を眺めるより先に、しっかりファッションでおさえるべきポイントをチェックしてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク