スポンサーリンク



相手の事が嫌い。

職場が同じ他の人も同様にその人の事を嫌いな人は多い。

自分だけではない。

あんな人会社から早く居なくなればいい。

何とか職場を辞めさせる方法はないのか?

多くの人が転職や退職を希望する時代。

その原因の1つになっているのが、人間関係。

当然、人の好き嫌いという感情はゼロではない。

  • 苦手なタイプの人間。
  • 性別的な壁。
  • 年齢差による価値観の違い。
  • モラルや常識の違い。

今の時代は自分以外の人の価値観が分からないと思うことも多い。

それでも相手も人。

当然、対処を間違えるとその苦手な人間から何をされるかわからない。

こんな時代だからこそ、職場が同じ人に対して一方がストレスを抱えてしまう現実がある。

これまでにも嫌いな人への対処について、以下のような記事を書いてきました。

嫌いな人と挨拶したくない

嫌いな人に挨拶すらしたくない行動と結末!賢い生き方の選択方法

嫌いな人を職場から辞めさせる方法

スポンサーリンク


嫌いな人を職場から辞めさせたい時の簡単でシンプルだけど成功率の高い方法

会社の嫌いな人を辞めさせる

嫌いな人や同僚を辞めさせる職場の典型的な手口や手段|上司のパワハラ体験記

嫌いな人にイライラしない方法

嫌いな人にイライラしない方法と効果

嫌いな人にイライラしない方法実践と結末

職場の嫌いな人と二人きりの体験記

職場で嫌いな人と二人きり!地獄の時間の過ごし方体験記

職場の嫌いな人とストレス

職場で嫌いな人がストレスの元凶!どうすればいい?体験からの学び

職場の嫌いな人へのあだ名とトラブル

職場で嫌いな人にあだ名をつけるのはリスクしかない!人間関係注意点

嫌いな人への対処法をまとめてご紹介しています。

嫌いな人への対処法まとめ

嫌いな人への考え方や行動で楽になるコツまとめ

私ももちろん職場の人間関係に悩んだことは何度もある。

辞める理由として苦手や嫌いな人がいた事が関係している事もあった。

でもこれってどこに行っても似たような事がある問題。

だからこそ、これから先の人生の生き方を考える上では避けてはいけない。

私のサイトは、40代男性女性向けの情報を主に配信しています。

メインコンセプトは、自分の個性を活かし、自分らしく生きるための考え方。

20代30代40代50代と年齢を重ねても人は同じような事を悩んでいる。

仕事,転職,退職,恋愛,結婚,離婚,ファッション,プレゼント。

苦しい時ほど、以下の4つのバランスを考える。

人、モノ、お金、時間。

やはり人間関係は、人生で避けることが出来ない問題だと私は思っている。

上手に付き合うのも難しい。

ならどうすればいいのか?

今回の記事では、職場の嫌いな人を避けるリスクについて以下の項目で解説している。

職場で嫌いな人を避けるリスク

職場で嫌いな人を避ける最悪の結末

職場で嫌いな人を避ける以外の方法

自分がもう相手の事が気になって鬱になりそう!

でもあの人を理由に私が仕事を辞めるなんてばからしい。

仕事もできないと思っている人に気を遣うのはおかしい!

こんな感情をお持ちの方に伝えたい内容をご紹介していきます。


スポンサーリンク






職場で嫌いな人を避けるリスク

職場の嫌いな人を避ける

自分がもうこれ以上相手のことを意識したくない。

職場が同じというだけ。

だったら時間も全て共に過ごさないようにしたい。

この考え方は確かに多い。

しかし、この対処法的にはかなり大きなリスクを抱えているケースもある。

先輩という立場

職場で長く在籍をすると、当然部下を持つようになることも多い。

後輩ができた。

この時、何を問われる?

当然ながら、先輩後輩というコミュニケーションスキルが問われる。

 

会社としては、みんなでうまくやっていってほしい。

当然、気持ちの問題だろう。

でもそれは難しい事ではないはず。

このように簡単に考えられる事も多い。

そうなると、部下にストレスを抱える上司の立場はどうなる?

  • 人間性
  • コミュニケーション能力
  • 感情のコントロール
  • 苦手なタイプの人に対する接し方

このような点で、あなたという人間がどのようなタイプなのかを判断される。

気持ち的にも先輩には心の広さが求められる。

こうなったら、あなたの気持ちの整理はどんどん苦しい状況になっていく。

あなた自身の心理状態

人は誰もが別に誰かに嫌われたいと思っているわけではありません。

本心から顔を見て嫌そうにする人は少ない。

反対に好きな人に対しては、感情が抑えられないくらい気持ちが高まる。

好きと嫌いの違いにより、人間はそれ以外の行動も変わってくる。

  • 集中力の低下
  • 注意力の低下
  • 感情の起伏

このような点で同じことをしているはずの時間の中でもどんどんやる気がなくなっていく可能性もある。

あなたがどうなれば一番良い結果につながるのか?

この点を考えると、何より相手の顔を見てまずは挨拶くらいはしっかり行う。

これができるようになれば次が見えてくると思います。

 

職場で嫌いな人を避ける最悪の結末

職場の嫌いな人を避ける最悪の結末

  • 私が何かした?
  • なんでそんなに嫌そうな顔されなければいけないの?
  • あなた何様?

自分が一緒にいて深いに思う人の態度や行動で感じる気持ちはみな一緒。

何も言われなければそれで良いのか?

それはちょっと違う。

女性であれば特にこの内容は顕著。

相手に嫌な態度を取られた。

これだけでこの反応や行動から心理を考える。

中でも無視という行動は、どうしてもネガティブな印象しか与えない。

避ける事で受ける精神的苦痛

どうしても相手の顔を見ることが出来ない。

距離をとってしまう。

意識した覚えはない。

いくらあなたがこのように自分の対応を正当化しようと思っても難しいケースがある。

それは、相手があなたの行動により精神的に傷ついたと言われた場合である。

例えば、以下のようなケースもある。

突然その人が休んだ。

休み明けに病院から診断書を持ってきた。

その内容には以下のような記載があった。

特定の女性に無視など意識的に避けられる行動をされたことにより精神的ダメージを受けた可能性がある。

こんなことを記載されたことにより配置を変えてほしいと申し出があったらどうなる?

相手の心がそこまで傷ついたという話。

そして、あなたはその内容を意識的に実行した可能性がある。

これは、どんな状況でも人と接する上で、社会人がやっていい行動とは言えない。

つまりは、あなたが態度を変えないといけない事態になる。

このような事態になってからあなたが以下のような内容を説明しても無駄。

  • なぜそのような行動をしたのか?
  • 好きでそんなことをやったわけではない。
  • 誤解だ

どうあなたが弁解しようと相手はもう既に心の傷を負った。

いかにあなたにも言いたいことがあったとしてもその言葉が届く可能性は低い。

相手は病院に行くほどの心理状態。

あなたはいつも通りに出勤できる状態。

この両者を考えるなら、当然原因とされる内容がある状況を最優先で問題視される。

だからこそ、接し方は上手にやり過ごす方法を考えなければいけない

 

職場で嫌いな人を避ける以外の方法

職場の嫌いな人を避ける以外の対処法

相手の事を考えることをやめる。

相手が男性でも女性でもその人の事は考えてもわからない。

どんなランキングサイトで相談を見ても似たような事しか書いていない。

相手を変えるのも難しい。

自分が変わるのもどうしたら良いのか分からない。

そんな時に知ってほしい事がある。

少し過去に遡る

あなたにとっても相手のイメージが悪くなったことに原因があるはず。

では具体的に何かをしたことがきっかけなのか?

この点はきちんとまとめる必要がある。

例えば、

  • 仕事が雑すぎる
  • 謝らない
  • 過去のミスを繰り返す
  • 反省している感じが全くない
  • プライベートな話が多すぎる
  • 同僚の悪口が多い。
  • 接し方がなれなれしい

まあいろいろとあると思います。

でもそれらはあなたが悩んでいるだけでは無意味。

相手の何かがあなたの悩みであることを他人に伝えられる準備をしなければいけない。

先ほど例にした内容の反対を結果としてあなたが先に用意するのです。

付き合う距離感

心と体は別。

相手に対して、何も感じていないという印象を与え続ける。

これって結果として非常に難易度の高いコミュニケーションスキル。

相手への心象を悪くしない。

しかし、自分の中での相手の印象は最悪のまま。

この状態を作ることができるのが、本当の意味で大人の対応。

そんな簡単に誰でもできる話ではありません。

当然、失敗することもあると思います。

でも必ずそのチャレンジ精神は周りに良い印象を与える。

そして、このような試しをしている時のあなたに対する評価は必ず高まる。

先輩、同僚、後輩なんて立場も関係ありません。

相手がきちんと配慮している。

なのに、その態度ではいささか調子に乗り過ぎではないのか?

こんな言葉が周りから出てくるようになる。

こうなったらあなたの勝ち。

周りが意図的にあなたと相手が離れる環境を作り出してくれるようになる。

会社も相手を注意深く観察するようになる。

つまりは、相手が自然に他人と関わりにくい状態になっていくのです。

あなたに直接何かをしたかというよりもあなたの誠意やスキルに共感が増える。

これがこれまでの無視とか避けるという対応とは全く違う大人の対応。

好きな人も我慢

よくあるのが嫌いな人が自分の好きな人と仲良くなるという結果へのストレス。

直接連絡を取らなくてもよいはず。

こう思える相手なのに、あえて自分と仲の良い人に直接連絡先を聞いている。

これって、女性同士のトラブルにはかなり多い。

仲間を取られた。

これはかなり精神的にもダメージが大きい行動となる。

でも基本的に誰と誰が連絡先を交換しても問題はないはず。

だからこそ、一方的に我慢を強いられる状態になってしまう。

こういう事が無いようにするためにはどうすればいいのか?

あくまで仲良くしている人にこそ基本あまり多く話しかけないようにする。

これは新しい悩みを生み出さないようにするための努力。

自分たちは元の関係にすぐ戻れる。

こういう関係になっているなら、一時的に仲良くするのは避ける。

少し身を隠す。

こんなコミュニケーションをとっておくことが大切。

できるだけ平等を心がけましょう。

たったこの一つを徹底するだけでも相手には効果があります。

あなたにとって、何かやりやすい攻め手を考えるはず。

その相手の心理を封じるのは、こうしたやり方。

会社の中ではできるだけ仲の良い人と離れる。

これくらいの意識があったほうが他人を巻き込む心配がありません。

まずはこういうところから気を付けてみてください。

 

職場で嫌いな人を避けるのも疲れる

 

私は実際にあまり人と関わるのが好きではなかった。

会社は仕事をする場所。

早く帰宅したい。

だからそのために必要なことだけに連絡を取る。

それ以外のことは一切何も話すことはない。

他人とlineの交換すらした事がない。

別にngと言うつもりはない。

しかし、そんな事をする必要性を感じなかった。

ライフスタイルも違う。

価値観も違う。

だったら職場だけの付き合いと思う方が気持ちも楽になる。

そんな感覚で仕事をしていてもやっぱり嫌いな人は出てくる。

こうした時必ず実践していたことがある。

相手の印象を下げる

別に相手にとって、自分が仕事ができると思わせない。

これが私にとっての一つの戦略だった。

一見すると考え方の違い。

でも上司として考えたら、相手にとっては自分の意向に沿わない部下。

当然、何か嫌味や不快感を与える言動を行ってくる。

でもそれはある意味自分の周りのその人に対する印象を変えるきっかけになる。

そんな接し方しかできないのか?

いつもあんな言い方している。

自然と周りがそういう感覚になっていく。

どうしても人は単純に聞いた言葉や話し方で人を判断する。

だったら言われる側になっている方が気が楽になる。

相手の言い方一つでその印象は大きく変わる。

やはりこういう一連の流れの中で、一緒に働く人の気持ちをコントロールするのは大切なスキルではないでしょうか?

スポンサーリンク