スポンサーリンク



仕事やバイト先を辞める理由はいろいろある。

  • 人間関係
  • 時給や給与面
  • 残業などの労働時間

アルバイトでも嘘の内容を伝えて辞めるのは人としてどうなのか?

悩む時には、その人の辛さは今が一番ピークになる。

少し前の幸せを思い出すこともある。

面接の時の情報を思い出すこともある。

いったい何があったかを自分の頭の中で思い返しても、結果この先に良い事があるとは思えない。

正直もうこれ以上は難しいと思える事がある。

この時、実際に本当のことが言えるのか?

この答えは、ほとんどの人がNOと言う。

なぜか?

その理由や事情を口に出した時、何か言われるのかと気にするから。

だからこそ、真実と異なる嘘の事情を用意すればいいのか?

この点を元人事担当の視点でご紹介していきます。

これまでにも嘘を用意するリスクやマナーについて以下のような記事を書いてきました。

会社辞める理由介護

スポンサーリンク


会社を辞める理由に介護はタブー?元人事担当者の声

会社辞める理由親の病気と介護

会社を辞める退職理由と親が倒れた!病気や介護の嘘?元人事担当者の悩み

別に正直に話すことが正解とは言わない。

でも嘘とか偽装工作的な事を必死に行う時って結局は人は何かボロが出る。

せっかく今の会社に入って、少なからず数ヶ月の間で何かを勉強できたはず。

良いことも悪いことも含めて自分の中で勉強したことがある。

その対象は、決して学校の教育の中では学ぶことが出来なかったことが多い。

だとすれば、今これからの自分の人生や家庭を考えたら、嘘を用意することはおすすめできない。

もっと簡単に上司を説得できる方法をご紹介していきます。

今回の記事では、バイトを辞める時嘘を必要としない方法を以下の項目でご紹介しています。

バイト辞める時の嘘より簡単な方法

バイト辞める時の嘘に多い誤解

バイト辞める時の嘘が原因の次の悩み

自分で自分の首を絞めるという言葉がある。

まさしく、今回の内容はその通りだと私は思っている。

元人事担当として、多くの電話やメールで言う内容を解説していきます。


スポンサーリンク






バイト辞める時の嘘より簡単な方法

 

会社で正社員もバイトも雇用形態や契約の内容を問わず、辞める時には所定の手続きがある。

何かあったとしてもその内容を公開する必要はない。

嘘を言うより簡単な書面作成

別に仕事に専念しにくい環境を作る必要はありません。

店や会社に伝えにくい気持ちはわかります。

だからこそ、用意しなければいけないのは何か?

この答えは、退職届。

この用紙1枚を出すだけで万事解決。

書面や書式は?

ネット上で検索してくれれば、簡単にフォーマットも無料でダウンロードできます。

 

バイト辞める時の嘘に多い誤解

 

昔からよく言うセリフがある。

嘘はバレる!

所詮、その後の事を考えたら、その場しのぎにしかならない。

結果、自分がもっと違う方法を選ぶべきだったと思い返す時が来る。

この気持ちにならないために知っておいてほしい体験がある。

親や引っ越し、結婚の嘘

よくあるのが、以下のような事情をでっちあげるケース。

  • 結婚して引っ越しをすることになったので!
  • 親の病気や介護が必要になったという話を用意する。

このような話は、正直言った者勝ちと思っている人が多い。

しかし、これは大きな誤解。

辞めるタイミングをいつにする?

もう少し待ってくれないか?

この言葉が非常に伝えやすい嘘になってしまうという事に気付いていないのです。

なぜこんな話しが出てくるのか?

単純に考えていただきたいのです。

「結婚して引っ越しするのに、仕事上迷惑をかけないように辞める。」

これから新婚の生活を送る相手は、将来子供の親になる存在。

平気で、仕事場に嘘をついて今の生活が始まったとしたら?

これから先、子供に何をどう言っておくべきかなんてことまで嘘をつき続ける未来がある。

こんな次の自分の将来が決まったかのような状況を伝えることは墓穴を掘る答えになりやすい。

引っ越しも同じ。

本当に引っ越しが決まっていたとしても、荷物を運んでくれてからは、他の家族が協力してくれる状況があれば、自分は働いていても可能。

こんなことを相手に言われたらどう答える?

その時の言っている答えに違和感を感じる内容は多岐にわたる。

だったら、何に注意をしておくべきなのか?

この答えは、労働基準法という法律に基づいて雇用という条件は決まっているという事。

相手が違う状態でもこう考えておくべき。

嘘と見透かされた際にはとにかくトラブルにならなくても面倒な答えが返ってくる可能性が高い。

相手の反応に対しての答えみたいな言い訳関連を調べるのは正直時間の無駄。

これをハッキリあなたには伝えておきたいのです。

 

バイト辞める時の嘘が原因の次の悩み

 

早くこんな会社辞めてもっと自分の働きやすい状態を作りたい。

会社を辞めたい人の気持ちは職場を問わずみな同じはず。

店の店長や職場の部長や課長という上司の問題。

同僚との人間関係

部下との常識の違いやギャップへの対処のわずらわしさ。

人間関係のマナーの在り方ももう時代の変化によって徐々に価値観が変わってきた。

就職する時の履歴書も手書きからサイトを使ってダウンロードの時代。

いろいろな求人の情報も徐々に公開内容が違ってきた。

こんな時代に今後の家族を養うという自分の状況を冷静に考えてみてほしい。

私のもとに相談と報告があった事例をご紹介していきます。

嘘をついた過去をずっと悩み続けた30代

彼女は、就職した会社に一度だけ、離職したい時、こんな嘘をついたそうだ。

「家族が病気になって、看病できるのは自分しかいない」

ついその場の勤務が忙しくなってしっかりお金を稼げるという状態よりも友達ともっとたのしくやっていたいという気持ちが強くなった時期。

こんな私情からついた嘘。

やっていけないわけがない状況。

それでも自分自身を辞める意思にしたい気持ちを強めるために用意した理由。

つい自分を守りたいと思ってしまった。

でも今日までずっとこの経験に対しては、自分で行った行動に疑問を抱いている。

なぜあの時、あんなことをやってしまったのか?

勤務することが嫌なわけではなかった。

それなのに、本当に一時的な感情から起こしてしまった。

こんな風に話すシーンがありました。

そして、そのきっかけは何だったのかをしっかり考えてみたそうです。

すると、高校生時代に遡った時の体験があったのです。

その当時キッチンのバイトをしていたそうです。

学生向けのバイトを探す時にはよくある話。

女性の中には、バイトを探すきっかけから大学生まで長く継続して本当に正社員になっているケースもある。

そのような得も考えられるはずの職種のはずが、学業ではなく、友達との付き合いと天秤にかけてしまった経験があったそうです。

結果、期間も少し早めに伝えれば、何とかなると考える自分がこの時にたんじょうしたのかもしれない。

つまり、どんな場面でついた嘘でも1度の軽い気持ちで起こした行動が少しずつ働き方を考える自分に影響を与えるようになってしまった。

結果、将来は自分の本当の原因を画策する。

こんな行動をするようになってしまった。

ずっとこの行動を悔やみ続けていたそうです。

仕事を失った時に気付く気持ち

実際にずっと働いていると、つい忘れてしまう気持ちがある。

それが、働けるだけ幸せだと思う感情。

環境のせいとか、人のせい。

このように考えて最後には、もう悪く見える自分を否定が出来なくなっていく。

このような状況に追い込まれてしまう原因は何か?

自分が大変な思いをして転職活動や就職活動をしている期間を考える事が大切。

やはり、一度でも自分の経験を持ってしまうと、いつしか大丈夫かもしれないと誤認していく可能性がある。

決して、メリットはない。

採用する側がどんな気持ちで一緒にやっていきたいと思っているのか?

こんなことを考える必要はありません。

しかし、その後の人生において今の会社に応募して勤務を開始する前に抱いた印象を全て覆すのは間違い。

学ぶべきことがあった。

この意識を求人を眺めていたころを思い出しながら、辞める際にも「一身上の都合」という表現以上の理由を考えない事が大切。

自分にとっても家族にとっても今の決断が一生の後悔やトラウマにならないことを考えてみてください。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク