スポンサーリンク




自分が20代でもうすでにバツイチだ。

子供もいる子持ち状態の人だ。

結婚したのが早勝ったのが悪かったのか?

離婚するような相手の人と結婚する気持ちになった自分が悪いのか?

こんな気持ちを抱えていたのに、いつしか子持ちでも恋愛をしたいと思えた自分がいる。

気になる相手が出来た。

離婚を経験して子どもがいる人も多い。

この世間的な風潮はあるとしてもやっぱり出会いの先に結婚といおう意識的な事を考えるなら、子持ちは相手にされるのかな?

今やっている子育ての中に少しでも今後の関係で付き合っても良いと考える相手が入ればとても幸せだ。

でもどこか子育てが気になるし、子を見てふと冷静な気持ちになってしまう自分もいる。

一歩踏み出せない。

こうした悩みを持つのは女性だけではなくなった。

シングルマザーだけでなく、シングルファザーも少しずつ増えている現実。

結婚より離婚の方が数を上回る現実。

実際に離婚歴があったとしてもその理由が何であれ、過去。

問題は今これから先の未来。

自分が自分らしく生きていく為の考え方と心の準備の方が私は大切だと思う。

バツイチの恋愛については、以下のような内容も書いています。

40代男性婚活時バツイチはチェック項目?

40代男性バツイチに多い誤解|恋愛に離婚経験を活かす再婚成功法

40代男性婚活離婚経験

40代男性婚活にバツイチの方が印象が良い?体験記

40代恋愛女性バツイチ子持ち

バツイチ子持ち恋愛40代女性はもう遅い?離婚歴を魅力に変える生き方

バツイチ子持ち恋愛デート

バツイチ子持ち恋愛デートに必要な心とカタチ体験記

バツイチ子持ち恋愛年下

バツイチ子持ち恋愛年下の辛い切ない心情を幸せに変える思考

バツイチ子持ち恋愛別れ

バツイチ恋愛子持ちで別れに女性が向き合う心の整理術

40代男性バツイチも未婚も独身恋愛

バツイチも40代独身男性は恋愛諦める?意識を続けたこと!再婚成功体験記

バツイチ男性が選ぶ女性

バツイチ男性が好きな女性の特徴

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚体験記

私のサイトは、40代男性の人生と仕事をおおきな軸として、恋愛,結婚,ファッション,髪型等個性を活かすという考え方をご紹介しています。

人生において、人は苦しい時、悩む時、切ない時も以下の4つのバランスを選択していると私は思う。

「人、モノ、お金、時間」

恋愛は人を育てるものだと思う。

人を想う自分を認める事。

子どもを認める事。

相手を認める事。

求めるなら、恋。

支えるなら愛。

こんな事をとても強く感じる。

自分が今子どもがいる状況でも未来に幸せを感じたいという素直な気持ちがあるなら、少しでも考える必要がある事をご紹介していきます。

実際に私もバツイチの再婚を果たした一人。

だからこそ、同じ不安を持つ気持ちは共通する部分があるはず。

子持ちとの恋愛も経験してる。

そして、子供にとっては、父親ではない男はどう見られているのか?

シングルマザーである母に向けられる子供の目。

そして、子を考えると胸が苦しくなる気持ちを持つ母。

このような状況を間近にして感じ、同じように20代の時をお過ごしたときの意見をご紹介しています。

サイト管理人Mr.Dと申します。

私がバツイチ子持ちの20代シングルマザーとの恋愛で大切にしたこと。

そして、何より好きになった相手だからこそ守るという意味。

仕事もある。

家庭もある。

そんな中に、年齢を問わず、生活をしている中で感じる夫の必要性と子どもへの不安。

こうした葛藤を抱える女性に男性はどう良い関係を築くべきなのか?

この点を今回の記事で以下の項目にてご紹介しています。

バツイチ子持ち恋愛20代女性の扱い方

バツイチ子持ち恋愛20代女性への誤解

バツイチ子持ち恋愛20代女性への回答

何があっても好きを貫ける。

この言葉はもう20代女性の中でもバツイチ子持ちの20代は、独身とは大きく価値観も信用の問題も違う。

男の方が精神年齢はただでさえ幼い。

女性が子供を持つということは年齢を問わず本当に強いと思える事を肌で感じるはず。

だからこそ、言わせてほしい事があります。


スポンサーリンク



バツイチ子持ち恋愛20代女性の扱い方

20代女性バツイチ子持ち恋愛

今好きになった彼女が20代女性。

でも、子持ちのバツイチだった。

何かのきっかけでその事実を知った。

その時、何も言われたのかわからんくなってしまう男性も時々いる。

確かに離婚率は高まった。

しかし、現実として仕事を普段日常生活の大半で過ごす男性。

つまり、離婚問題という事実を自分の目の前に起こった数で認識する他知る術が無い。

もちろん独身の人なら、問題の論点すらイメージが付かない人も多い。

30代になっても結果的にお金と子どもと養育費。

そういう話程度の無いようにしか触れていない。

結果的に本当の意味で、恋愛の相手が子持ちである時の扱い方についてはそういう時に直面しなければわからないという人が多い。

しかし、実際に自分が今まさにその子持ちの女性を好きになってしまった。

そして、新しい恋人の候補として、この先そういう話を数多くしていく必要がある状況に立たされた。

さあこの時、いったい何を問題にして、何を回答するべきなのか?

こうした点についてご紹介していきます。

バツイチ子持ち20代女性との恋愛1.質問

聞くべき事もある。

しかし、何を問題にするべきかを間違えてしまう事には注意が必要。

それでは実際にどういう事を考えておくべきか?についてご紹介していきます。

具体的な面は以下のような質問が需要。

彼女は今何を求めているのか?

私は今となっては分けれた元恋人と呼ぶ立場になってしまった女性ですが、彼女に対して、今のこの時を一番大事にしてほしい。

この言葉を出会ってから最初の頃からずっといかなる時にも伝えてきました。

そして、全てその答えを最優先する事を一番に考えた。

やはり、独身のバツがついただけの状況でも女子は不安を持ってしまう。

必要以上に警戒心や声や口に出して言えない心の傷を負っている。

だからこそ、まずは絶対的な味方である立場に認識を変えてもらう。

これこそが、次を考えるよりも最も大切なスタートラインに立つという意味ではないでしょうか?

バツイチ子持ち20代女性との恋愛2.返答

男は恋愛から結婚や子育て等結婚後のそういう細かな話になるといきなり黙ったり、ごまかしを言う人が増える。

これが私にとっては、同じ男として言うなら、正直魅力の無さなのだと思う。

男女の関係とか女子と言う情報にしか声をかけていない感じがよくわかる。

40代30代の年上男性が20代女性に若いという魅力を感じる。

それはいわゆる女性からしてみれば、嫌悪感になるレベルの感じもあるというのが現代の女性の悩み。

実際に、こんな記事も書いている。

40代独身男性気持ち悪い

40代独身男性を女性が気持ち悪いと思うチェックポイントと誤解が多い注意点

単に、男女の感じにしか付き合いを考えていないのは恋。

お子さんを持って、職場に向かう時の帰りをデートに誘う。

この行動が簡単にできる人は家庭を本当に大切なポイントとしているのか?

将来の過程を一緒に築き、今いる子どもと生きていくと考えた最初の行動と言えるのか?

これが言葉としての責任を持った意識と言えるのか?

本来意識も質も高い状態で少しでもその自分の環境に自信を持ち生きているのが年上のはず。

それが、毎日二人になる為の時間作りに必死になる行動。

これではやはり二人だけの恋人探しなら良いかもしれないが、母となった女性の毎日の生き方に対しては負担と言えないか?

 

バツイチ子持ち恋愛20代女性への誤解

20代バツイチ子持ち女性恋愛

独身男性はなぜかバツイチ女性との恋愛をするとき、子供がいるいないをポイントにして考えているようで全く考えていない。

こう感じさせる行動が見受けられる事がある。

バツイチ子持ち20代との恋愛もすり替える

妻として生きた昔。

今は母として過ごす毎日。

この中に、自信が出てくる女子は少ない。

むしろ、別れを理由にもう二度と付き合うという形を受け入れたいと思えなくなるほどの恐怖心が本音になる人が増えている。

それが女性の本音とも言える。

そうした中で、なぜか男性は一度でも受け入れたそぶりや仕草を見せておくという少しハードルの低い条件を提示する事も多い。

例えば、こんな話し。

  • いつか
  • 落ち着いたら
  • いずれ

正直この言葉を聞いた時、即決を求められていない分聞いている方も簡単に聞いていると思ってる男性があまりに多い。

しかし、こうした声は、確実に女性にとっては、覚悟を感じる部分を含めて聞いている。

だからこそ、一度でもそういう話が出たら、当然こう問い詰め始める時間が訪れる。

  • あの時言った言葉は?
  • 恋愛対象なだけ?
  • 彼氏として付き合うことだけが目的?

このように、当然自分の特徴を弄び結局未婚の女性みたいに分かれたらそれで終わりという扱いを疑い始める。

こういう流れは当たり前の事とも言える。

そして、独身未婚女子よりもこういう視点は、バツイチ女性の方が年齢を問わず鋭い目を持っている。

バツイチ子持ち20代との恋愛を敬遠

実際結婚相手として選んでおかなければ20代も26歳を超えればやっぱり30代を気にするようになる。

当然、時間の経過があれば、それなりの答えを求める状況も出てくる。

そして、ただ一緒に暮らしをしているだけが答えとなるかと言えば違う。

子連れが本当の意味で大丈夫と言えるのは、こういうこと。

世間の目を含めて誰の目からも怪しまれない両親と言う環境で子を育てられる環境があってこそ。

それをただイメージ的には、同じようなことをしているということで現在も籍を入れる事を拒み、ただ別れを拒むくらいの状況作り。

このような時間を過ごしても相手は一緒に居て安心と言う事をこれからの未来に感じてはいない。

存在を形だけにするなら、っ正直養育費を払う元夫の方がどういう形であれ、経済的に支えている現実がある。

ただ家計をたくさん出す事が必ず必要な条件と言うわけではない。

元夫以上の存在の定義を固める。

これが出来て初めて生活費や養育費、そして将来自分と子どもを作る事も含めた出産の計画など多数の話しが出てくるべき。

どこか自分の手元に置いて置ける気持ちの近い20代女性。

もしこう考えるような意識を持つ人がいるなら、早く相手の本当の意味での幸せを先に考える事が愛情だと私は思う。

 

バツイチ子持ち恋愛20代女性への回答

20代バツイチ子持ち恋愛女性

20代の間で少しでも多くのチャンスや恋愛の話や婚活などそういう話を聞いておかないと30代ではもう手遅れになりそうだ。

今はもう子どもの事だけ考えて未来に恋愛をもし考えるなら?

こんな不安を持つ女性も多いはず。

今まさに子育てもやって、仕事もして、とても恋愛関係の時間を持って付き合っていくなんて思ったら精神的にきつい。

このように感じている先にもやはりいつか再婚と思う気持ちがあるなら、考え方としてご覧ください。

20代恋愛バツイチ子持ちの将来設計

実際に今あなたが本当に好きという心があったとしても心のどこかに出会いと別れという2つに対するプレッシャーがある。

この感覚が今の自分が別れを経験した時に自分のやっている事も機能しなくなる不安さえ感じてしまう。

こんな状況なら私は恋愛の時間を持つ事も止めます。

もしという可能性は当然先に進まなければわからない事。

しかし、やはり考える必要があるのは、子供を持った時点で、今の生活を維持する事が最優先のはず。

そしてその維持をする為には、何より父親の存在以上にあなたが日常に疲れてしまわない精神状態を保つことが重要。

暮らしを壊すことになれば、もう30代前半でも20代とは体力的にも違う。

当然これからまだ子供にはお金も必要になるしただ愛情だけでどうにかなることばかりではない現実も確かにある。

しかし、一緒に居る道を選ぶ先に愛情が確実に手に入れられる保証も今は小さい。

だとすれば、あなたがこの先仕事も育児も恋愛も全てを支えられると必ず言える状況でなければ、私はあまりお勧めしない。

20代恋愛バツイチ子持ちの現実

結果的に、恋愛で彼氏を作る。

この瞬間は必ず幸せを感じる間の時間がある。

しかし、それは恋を始めるだけを前提とした生き方。

単に一緒に楽しい時間を持つことだけを求める為の関係。

この状況を思い出して20代を先とした現在の子供がいる状況を過去としてしまう人。

これが現実にいるからこそ、社会的な問題になるような事例も生まれてくる可能性がある。

両親がいるいないということではない。

生みの親より育ての親という言葉がある。

浮気による別れを経験したり、ママ一人でほぼ結婚生活の大半を子育てしてきたなら?

この状況に父親と言う事情は子供にとって選んでほしい存在と言えるでしょうか?

ママがいればいい。

こういう言葉を口にする子供も数多くいるのも現実。

子供の為は本当ですか?

実際には、新しい結婚相手なんて子供からしたら知らない人が父親面してママを奪っていく。

こう感じられる結果もあるのです。

恋に溺れる自分がいるかもしれない。

こう思う方もやはり慎重になるほうが大事なのではないでしょうか?

スポンサーリンク