スポンサーリンク




自分の彼氏がバツイチだった。

結婚生活の中で、前妻の子供がいる。

離婚を経験しているだけではなく、養育費を払っているという現実。

確かに生活の為の問題はあるはず。

男性が離婚してからでも一緒に住んでいない家族の問題や悩みを解決するのは義務となるのは聞いたことがある。

知っている事が少ないお金の問題。

でも実際に支払いをしている金額も大きいと思ってしまうこともある。

いろいろな理由があるのかもしれないけど、実際前の家族との話し合いで決まった後になると口も出しにくい。

こんな気持ちのまま結婚する事になるのはどうなんだろう?

バツイチ子持ち男性との結婚においては、子どもとお金の問題はつきものになってしまうことも多い。

こうした問題は、もちろん、再婚する時の生活に関係する。

それでも好きな人と一緒にられるならと考えるべきか?

それともこういう現実があると、結婚後の生活に彼と自分の子を育てる事に支障があると考えるべきか?

悩みの考え方について、実際にバツイチ男性子なしの体験者が答えていきます。

これまでにもバツイチ男性(彼氏)との恋愛や結婚については以下のような内容をご紹介してきました。

バツイチ男性結婚決断

バツイチ男性結婚決意体験記|幸せまでの葛藤

バツイチ男性結婚願望

バツイチ男性結婚願望体験記|離婚後何年目に再婚?

バツイチ彼氏結婚願望なし

バツイチ彼氏に結婚願望ない発言に要注意!心理や見極め方のコツ

バツイチ子持ち恋愛や出会い

スポンサーリンク


バツイチ恋愛子持ちの出会いや再婚までの悩みまとめ

バツイチ結婚後悔原因

バツイチ男との生活に後悔する女性の理由と結婚失敗防止策|初婚も再婚同士も問わない本物の愛の探し方

バツイチ子なし彼氏と結婚前準備

バツイチ子なし彼氏と結婚に多い不安解消チェックリスト

バツイチ男性結婚と親の面談

バツイチ男性と結婚に親が反対の事情|初婚女性の悩み

バツイチ男性恋愛慎重

バツイチ男性恋愛は慎重?再婚成功体験記まとめ

バツイチ男性結婚初婚女性

初婚女性がバツイチ男性と結婚した結末!再婚体験記

バツイチ男性恋愛観女性が見極めるコツ

バツイチ男性恋愛観と女性のストレス|再婚体験記

バツイチ恋愛慎重

バツイチ男性との恋愛|今の彼や好きな気持ち見極め方

バツイチ男性からのアプローチと反応

バツイチ男性からアプローチされたらどうする?女性婚活に多い悩み

バツイチ男性が選ぶ女性

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚体験記

40代男性恋愛バツイチの活用法

40代男性バツイチに多い誤解と再婚成功法|恋愛に離婚経験を活かすコツ体験記

バツイチも40代独身男性は恋愛諦める?再婚で意識を続けたこと|成功体験記

40代男性の婚活にバツイチの方が印象が良い?体験記

バツイチ男性との恋愛や結婚での不安や悩みを持つのは自分だけではありません。

多くの人が同じ問題に悩み、次の自分の人生で幸せを感じるための決断をしてる。

今回の記事では、バツイチ彼氏と結婚と養育費の問題をどう考えていくべきかについて以下の項目でご紹介しています。

バツイチ彼氏と結婚に養育費は慎重に

バツイチ彼氏と結婚で養育費と生活

バツイチ彼氏と結婚の養育費と将来

自分たちにも子どもを授かることが幸せと言ってくれる中の関係を続ける人もいる。

一方では、もう将来の自分の働き続ける期間と年齢などを気にして、今の彼女と結婚することがあってもあとの事は考えるとする人もいる。

この時、大きくあなたの人生は変わる。


スポンサーリンク






バツイチ彼氏と結婚に養育費は慎重に

バツイチ彼氏と結婚と養育費

確かに夫と妻として結婚生活を送り、一度は幸せを築こうと努力をした時はあったかもしれない。

どこか養育費という言葉に納得をする必要があるのもわかる。

でも、彼だけが悪いわけではないのに、なぜ離婚した後にこんなに大きな金額を支払っているのかわからない。

バツイチ彼氏と結婚と養育費問題は我慢の連続

結果的に、自分が彼氏の新しい妻として生活を送る時間が訪れたとしても結果的に何も言わせてもらえる関係ではない。

  • 合意の元結婚したと言われてしまう自分。
  • 生活が厳しいと言っても必要な事だから歯科型内と考える余地も与えてもらえない。
  • 自分の思っていることも気持ちもすべて押し殺して生きていく時間が続く。

この結婚生活を前提としていくことが必要になるのが、養育費を必要としているバツイチ男性との結婚になります。

バツイチ彼氏と結婚と養育費は初婚女性に辛い

結婚に何を求めるのか?

この答えに対する気持ちは人により異なります。

  • 彼自身の給料で当然自分向けのプレゼントなども買ってもらえるのが理想。
  • 子どもが欲しいと昔からもちろん願ってきた。
  • 周囲の子持ちの友達からの話を聞くと実際大変だけどとてもやりがいがあるときちんと生活が出来ているのも知っている。

このように、自分と友達の今を比較しても当然子どもを持つ家族が多いという環境の中にいる人は自分もなんとか同じ状況になりたいと思うのも当然。

自分自身が初婚であれば、やはり夢をいただきたいと思う。

しかし、この現実に彼自身がどう受け止めているのか?

将来の事はあとで考えると言った先に、結果的には支払っている金額も実際に多いと結婚生活をしていて初めて実感する。

この状況にこれ以上彼に責任を背負わせる者になりたくないと諦めてしまうケースも当然あるだろう。

前妻がいるせいで。

子どもがいたせいで。

見たこともない相手に対して、今の彼と出会うきっかけをくれてありがとうと言えたのは最初だけ。

その後の葛藤を生み出す要因はすべて子供と前妻。

もしあなたが一度は覚悟を決めたと考えたとしても、結果この連鎖はしばらくは続く。

その間に確実に彼女の生き方の選択肢は変わってしまう。

つまりは、完全に養育費に縛られた人生を知る未来が待っていると言えるのです。

 

バツイチ彼氏と結婚に養育費と生活

バツイチ彼氏と結婚と養育費影響力

あなたがいくら自分が大学を卒業してから頑張って同じ会社に勤めてきて必死に働いてきた中で作ってきた貯金があってもこれからご紹介していく現実の可能性を知る必要がある。

養育費がある男性を断固拒否の妻の意見

バツイチ子なしでの離婚を経験してきた私。

実際に1回離婚をしているが、残ったのは思い出だけ。

確かに当時はかなり本気で落ち込み、もう2度と嫁なんてもらうこともないし、家庭を築くなんて考え方をしないと思った時期もある。

でも、その傷はどこかで時間が解決してくれた。

その後の自分の生き方の中で、ようやく自分が希望していたような奥さんに未来に出会うことが出来た。

しかし、この時に、あくまで奥さんは最初のバツイチの情報の中で最初にこう言った。

「あくまで養育費などは一切ないうえでの交際検討」

結局はいくら自分が頑張っても何も未来に楽はないのは確か。

歳を重ねて自分は何も行動として悪くないのに、なぜか家族のお金で負担をさせられる。

会社ですら、あくまで今の年収など全部が将来も確実になっているとは言えない時代。

そんな状況が分かっているのに、いくら誠実だとか言っても養育費の支払いは絶対ダメ。

もちろん、義務だと思うし続けるべき。

でも自分たちがちょっとしたローンを組みたいとか毎月の返済を続ける事が起こったらどうするの?

親権とか浮気とか結局そういう事とは別の頭が必要になる。

人生を何人分の考え方をしなければいけないなんて無駄すぎる。

こういう考え方から私はやっぱり結果として絶対に養育費があると知りながら、普通に会うことはできない。

最初からきっぱりと子なしの条件を伝える前で自分の意見を明確化してくれた今の妻。

正直この投稿を見て、みんなどこかでわかってると頷く部分が普通にあると思う。

でもその先の自分の人生の考え方はそれぞれが最後には決断する。

特に奥さんになった後に不満が残るのは以下のような時だと私も今は子育てをしていて実感している。

  • 子どもの進学に関係する時期の準備
  • 家具、家電、車など買い替えの事情が発生した時。
  • 子育てをしながら旅行の計画を立てる時。

今年は子どもがいないから行けるけど来年は事情次第というのは、目の前の貯金などを確認しながら多くの人が検討する。

でも毎月絶対に通帳に残る養育費の金額。

年間で考えたら100万円以上になるケースをお願いされている事もある。

こんな金額を実際に彼以外の家族の他のみんなが犠牲になる結果はやっぱり疑問が残る日々になると思いませんか?

その生活を2年3年続けた上で、累計300万、400万となって増え続ける。

今の新しい家族を持った時、その額を見て誰が幸せを感じますか?

 

バツイチ彼氏と結婚の養育費と将来

バツイチ彼氏と結婚と養育費と将来

養育費の先にはもう何もないはず。

そんな計算をしているなら、ちょっと違う事情にも目を向けてより多くの情報を確認する必要があります。

バツイチ彼氏子持ちの将来

バツイチ彼氏が子持ちになっているという状況になった時、最終的には相続権での話し合いが必要となります。

もちろん、子どもなんてこれまで一度も面識がない相手になるケースも多い。

なのに、いきなり、連絡が来て、その後の多くの内容に目を向けて情報を共有しなければいけない。

こんな将来を絶対今の家族みんなが見たくないという思いのある人は諦めたほうが無難だと思います。

あなたがこの言葉を自分の口から発する可能性はありませんか?

「お願いだからもうそっとしておいて」

夫のいないお儒教に子を育て、結果報告を受けた時の残された環境で味わう目の前の現実。

自分の体力も年齢と共に衰えていくのはみんな同じ。

だったら、少しでもトラブルの少ない人生を選ぶほうが安心ではないでしょうか?

スポンサーリンク