スポンサーリンク




結婚をして離婚も経験した男性。

次の恋愛も再婚も考えたくはないと思えた時もある。

ちょっと前には2度と結婚なんてするものではない。

結婚はまさに男からすれば、我慢と憤りや葛藤だけが残る。

この位の考え方を持っていたのも自分自身。

「人は一人では生きていけない」という話すら、そんなの決意次第だと否定をし続けていた人の中にいた時分。

それが、結果的に今は2児の父親になり、再婚したことに満足している男に代わってしまった。

何がそこまで気持ちを変えてしまったのか?

自分自身の経験をもとに彼女と結婚を決意した体験をご紹介していきます。

これまでにもバツイチ男性の悩みについてご紹介してきました。

バツイチ子持ち恋愛や出会い

スポンサーリンク


バツイチ恋愛子持ちの出会いや再婚までの悩みまとめ

バツイチ子持ち男性と初婚女性

バツイチ子持ち男性と初婚女性の成功パターンとやめておくべきの決定的な違い

バツイチ男性恋愛慎重まとめ

バツイチ男性恋愛は慎重?再婚成功体験記まとめ

バツイチ男性恋愛心理

バツイチ男性恋愛心理の特徴|独身との違いや経験の差|再婚体験記バツイチ彼氏結婚願望なし

バツイチ彼氏に結婚願望ない発言に要注意!心理や見極め方のコツ

バツイチ男性結婚初婚女性

初婚女性がバツイチ男性と結婚した結末!再婚体験記

バツイチ男性再婚きっかけ

バツイチ男性再婚のきっかけを7年経過し振り返る!幸せに辿り着いた体験記

バツイチ結婚後悔原因

バツイチ男との結婚後悔防止思考法|本物の愛とは何だ?

バツイチ男性恋愛観女性が見極めるコツ

バツイチ男性恋愛観と女性のストレス|再婚体験記

バツイチ恋愛慎重

バツイチ男性との恋愛|今の彼や好きな気持ち見極め方

バツイチ男性からのアプローチと反応

バツイチ男性からアプローチされたらどうする?女性婚活に多い悩み

バツイチ男性が選ぶ女性

バツイチ男性が選ぶ女性の特徴|30代再婚体験記

40代男性恋愛バツイチの活用法

40代男性バツイチに多い誤解と再婚成功法|恋愛に離婚経験を活かすコツ体験記

バツイチも40代独身男性は恋愛諦める?再婚で意識を続けたこと|成功体験記

40代男性の婚活にバツイチの方が印象が良い?体験記

女性がバツイチで、男性が初婚というケースについてもご紹介しています。

バツイチ子持ちと付き合う男性心理で遊びと本気を簡単に見極める方法

バツイチ子持ち20代との恋愛を進める男のマナー

バツイチ子持ち恋愛デートに必要な心とカタチ体験記

恋愛は自由。

バツイチだから諦めるとか相手が見つからないというのはそもそもの間違いだという話を色々な記事を書く時に私は伝えている。

結果的に今自分が思っていることも2018年と2019年と2020年と言う時間の流れの中で価値観も考え方も変わっていく。

むしろ、時が解決しているという事だけでなく、自分の中での何を意識するのか仕事も恋愛も家族も含めて変わらないとおかしい。

今回の記事では、バツイチ男性が結婚決意した時の特徴を私の体験から以下の項目でご紹介していきます。

バツイチ男性結婚決意と彼女の気持ち

バツイチ男性結婚決意と周囲の気持ち

自分にとって最初の結婚は本当に幸せを追い求めたのかと言いたいほど今の環境は違う。

これはただ自分が意識を変えたことだけがきっかけなのかと言えば違うと思う。

結局自分を取り巻く環境全てが変わったと思っています。


スポンサーリンク






バツイチ男性結婚決意と彼女の気持ち

バツイチ男性結婚決断

結果的に女性と男性が彼氏彼女の関係になれば、いずれ気持ちの上で付き合いの期間の長さに応じて結婚式とか子供という話題になる事も多い。

しかし、今回の再婚の経験ではそう言うことが全くなかったのです。

バツイチ男性結婚決意は彼女の距離感

別に自分の彼がバツイチであるという特徴を彼女は全く気にもしていなかった。

むしろ、こんな気で接していてくれた。

「20代で結婚決意できるくらいの仕事のやる気がある人なんでしょ!」

確かに私は常に仕事の事ばかり考えるという事を会話の中からも見せていたと思う。

会う度に私が知った経済の事や今後の情勢の流れや今から注意して欲しい事などを仕事の感覚で話していた。

こんな会話敵に面白みも何もないと思うかもしれない内容に、彼女はこう言ってくれた。

「飽きないんだよね!今までの人と考えることも話すことも知ってることも全く違う」

まさに私を一個人として、個性を見る気持ちや意識を最優先にしながら接してくれていた。

私もこの距離での関係にただ女性を好きになる感覚よりも一緒に人生をこれからも楽しむ仲間。

こんな意識で話をすることが出来たんです。

バツイチ男性結婚決意は彼女の一言

結果的に本音で言えば、婚活という言葉がもう面倒と思っていたのが正直な気持ち。

男女の仲という環境には、親や家族を含めて結果的に結婚するのかしないのか的なことを年齢を含めて話す人が多い。

でも、彼女は私のアプローチに対して、こう話してくれたタイプの女性だった。

「正直、結婚とかもうどうでもいい感じで考えている。年齢とかそんなことより今この瞬間を楽しみたいんだよね」

この言葉を聞いて、私的にはすごく気が楽になった瞬間だった。

女性はやはりリアルに今を生きる事の方が多い。

しかし、性格的な違いがあれば、将来を先に心配している人も多い。

例えば、将来の失敗対策として、占いなどの情報サイトを見ながら、相性などをじっくり確認してから交際を考えるという慎重なタイプもいる。

しかし、彼女はこういう心理とか売らないという内容も一度も口にしたことがない。

むしろ、そんな話よりもリアルな今だけを見て付き合っていけるかを判断するというタイプでした。

出会いの先に機会あれば、なんでも過去を聞いて、結婚生活でも問題がないか心配するのは当たり前だと思っていた私。

彼女はこの点もきちんと別れていて、子供もいないなら別に過去の事で終わりでしょ。

奥さんの事が心配なら、行ってあげればいい。

それであなたの気持ちが済むなら。

どんな形でも力になるという姿勢を素直にそのまま出会いの先でも話をしてくれていた。

この余裕というか付き合っている時の距離感がとても気持ちよかった。

そして、お互いが求めるというよりも自然に寄り添う。

こうした時間を過ごせたことが何より過去との違いになると思います。

 

バツイチ男性結婚決意と周囲の気持ち

バツイチ男性結婚決断要因

でもお互いには現実として親や家族がある。

友達の意見も聞いて考えたこともあると思うんです。

でもその点にも私は今の環境的に本当に恵まれていると思えた点があります。

バツイチ男性との結婚に彼女の周囲の反応

養育費も子どももいない。

たった本当にこれだけの事で、別にカップルが交際している中で別れたのか結婚してから別れたかの環境の違いだけでしょ。

この位の感覚で一切反対もしない反応を周囲が見せてくれていたのです。

それもそのはず。

彼女の友達には同じように再婚男性と初婚女性の交際の後に幸せな家庭を築いたカップルがいたのです。

結局人生は何かとイベントがある。

その時現在悩む問題がどこまで重要なのかをもう一度対応の前によく考える。

この意識を持った時、正直、デートを繰り返しただけのカップルなのか婚姻届け提出という人生の一大イベントを完了した上で結婚後の別れなのか?

たったこれだけと言われた時、正直私は心の広さに感謝しかありませんでした。

そして、こういう人と一緒に同じ部屋や家での暮らしを手に入れられるなら、結婚もいいかもしれないと思えた。

毎日難しいことを考えて、相手の顔色をうかがって、必死に次に何を求められるのかを考えるのも疲れていた。

やはり、自分の事は自分でやりたいし、相手がしてほしいと思うことはかなえてあげたい。

常に期待以上の結果を求められ続けていた私の仕事の環境。

この対処への理解も十分にしてくれていた彼女。

もう正直、実際一緒に仕事してほしいと思えたような存在になっていたのです。

プライベートな関係だけでなく、仕事の理解としてもうまく支えあっていけるはず。

正直にお互いが利害関係を含めて上手に利用しあえるような対等な立場。

このような状況を作れると思えるほど私も彼女に理解しやすい考え方を持っていた。

やはり再婚をする上で一番大事になるのは、以下のような流れだと私は思う。

  • 隠す、怯える、うまく繕うという事をしない関係。
  • 家族も友達も含めた相手の周囲の人たちからも理解を得られる可能性。
  • なにより、事実をそのまま素直に受け入れてくれる考え方。

このような先に一緒に人生というテーマについて考え方を確認して、同調することが多いなら、一緒になれるだろう。

でもお互い全く考え方も注意していることも違うとなれば、これはまた時間をかけてじっくりお互いの考え方をすり合わせる必要がある。

職業柄の考え方。

生きてきた中での経験値。

毎日職場で培っている環境的な違い。

過去から現在に至るまでにどんな嫌なことを経験したのか?

こういう違いが、実際に人柄でも人間関係でも必ず一緒にいれば透けて見えてくることが多い。

結婚後の生活を不安に思うなら、是非お金と仕事と人間関係という3つについての価値観を必ず確認していくことが大切。

それができれば、きっともっと自分の考え方や価値観にしっかり合う人かどうかを早い段階で見極めることが出来ると思います。

今回の内容はここまで。

それでは。

スポンサーリンク