スポンサーリンク




恋愛の相手が40代。

まだ片思いで好きになってしまった状態。

付き合う前という段階でのデート頻度は40代ではどの程度が平均なのだろう?

仕事の都合や就業時間の違い

休日の日数や過ごし方

婚活や恋活などの異性と過ごす頻度と友達と遊ぶ時間の違い。

個人のライフスタイルによって大きく異なるプライベートタイムの過ごし方。

一人で映画や音楽鑑賞、読書などを好む人も増えた。

スマホのアプリや自宅で楽しむゲームに没頭する趣味を持つ人もいる。

ジムやサイクリング、スポーツなどで体を動かすことを好きな人もいる。

それぞれの時間がどのようなバランスで使われているのかは付き合う前はあまり把握していることも多くない。

気になる人を誘う時、特に女性が男性を彼氏にしたいと思う気持ちになった時にはどう時間を過ごすのが良いのか?

これまでにも付き合う前という悩みについては以下のような内容をご紹介してきました。

バツイチ男性と付き合う前の情報収集

スポンサーリンク



バツイチ男性と付き合う前に初婚女性が確認するべき内容と時期

20代彼女と40代彼氏という年齢差カップルについてもご紹介してきました。

40代男性20代女性恋愛

20代女性と40代男性デート成功のポイントと失敗しやすい誤算

20代女性40代男性デート成功のコツ

40代男性を20代女性が恋愛から結婚話につなげるコツ

仕事ができないと悩む40代女性が増えている時代背景を知る事も大切なのかもしれない。

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

相手の気持ちも時間もわからない。

こんな時自分の気持ちをどう整理するべきなのか?

回数という情法にとらわれすぎないために必要な考え方をご紹介していきます。

私のサイトは、アラフォーから40代男性女性が個性を活かし、自分らしく生きるための考え方についてご紹介しています。

男と女が仕事の関係や紹介などをきっかけにして好きになる事が多い現代。

アプリやゲームでの出会いも最近は増えてきた。

このような時代の流れから何を意識してどのように相手と会いながら、人を好きになる感情をコントロールしていくべきか?

そして、何を思っているのかもわからない相手にどう付き合いを始めていくべきか?

この悩みは付き合い始めた時にも目を向けなければいけない課題でもある。

だからこそ、伝えておきたい女と男の恋愛関係の差を含めて以下の項目でご紹介していきます。

40代と付き合う前デート頻度と成功に必要な思考

40代と付き合う前デート頻度で目を向けるべき情報

40代と付き合う前デート頻度で誤解が多い注意点

自分がこの先告白を受け、彼氏彼女ん関係になって、お互いの信頼関係をさらに発展させるには何が必要?

自分の想いをどう言えば伝わるのかすら最近はコミュニケーション不足からなかなか思っていても口に出せない人も多い。

だからこそ、自分の頭の中で理想と現実をきちんと調整して考える事が重要。


スポンサーリンク






40代と付き合う前デート頻度と成功に必要な思考

40代と付き合う前デート頻度

自分にとって大切な人がいずれ恋人になってくれるようになる毎日にどうしたらたどり着けるのか?

この悩みは男も女も問わない共通の恋愛関係における思考。

しかし、この願望を達成するための方法を考えるにはお互いの生き方を尊重するという考え方が必須になってきた。

相手をあくまで個人として考える思考

毎日一緒に多くの仕事をしている関係でも恋人として大切にしてくれるのかは別の問題。

1度、2度会える時間があったとしても、その時間で多くの情報を引き出す事も正直必要ないのです。

今の時代は男と女で結婚に対する考え方が大きく変わってきた。

付き合うというカップルになるだけなら考える。

でも付き合う関係から結婚に至るかどうかは今の時点では答えが出せない。

こんな男の思考が最近は住む場所を問わず増えてる。

言葉では次につなげたいからこそ、少しでも良いイメージを抱かせる。

しかし、時間の経過と行動が伴ってるかと言えば違う。

徐々に相手の言っている話のポイントと行動とがちぐはぐになってきたという悩みを女性が口にする事が増えている。

だからこそ、あくまで相手を個人として自由に生きたいという思考の中で会いたい時の頻度を結論から答えとする。

この考え方が必要と伝えています。

 

40代と付き合う前デート頻度で目を向けるべき情報

40代と付き合う前デート頻度の解釈

二人で食事に行って、手を繋ぐなりハグをするなどの行動があったとしてもそれは頻度と比例するとは限らない。

いくら毎日会えると言ってきたとしても結果的に全く手を出さないということも絶対ないとは言い切れない。

こんな状況の二人にとって、回数が少ない事がngというのは意味をなさない。

あくまで女子にも女同士の交流がある。

年下女性から見る40代は理想とギャップが多い

自分がこんなにその後の生活のことも考えて話しているのに数を重ねても結局は軽く受け流す程度の返事しか返ってこない。

こんな関係の先に体を求めるだけの関係が始められてしまう事もある。

年齢として40代なんだからもっときちんと向き合ってくれるはずだったのに。

つまり、相手の目的を探る事が必要になる。

なぜ会えない?

この理由を単純に仕事とだけ言っている人はたいてい年齢を問わず仕事ではない。

他にもいろいろな人と会いたいから忙しいだけ。

そうでなければ、誘う誘われるという会話の中で誘いの声を聴いたらすぐに忙しい中でも調整をしてまとめようとする。

こういう行動ができないということは?

高いお店に行くためのお金が足りない。

相手に特別な恋の感情なし。

自分にとってトクを感じない。

などの心情が影響しているケースも多い。

よって、会えないとばかり口にして、会うペースを変えようともしない人はそもそも疲れてるとか忙しいというのがただの口実と感じる事が多い。

具体的な出会いを求める理由をきちんと相手の今後の人生設計を含めた内容として知っておく。

これが3回目までには完了しているように準備をするのが理想だと思います。

スポンサーリンク



40代と付き合う前デート頻度で誤解が多い注意点

40代と付き合う前デート頻度より大切なこと

出は最後に数多くの回数で会えた。

頻度としては満足している。

このように感じることが出来た際にも注意してほしい内容をご紹介していきます。

今だけ距離が縮まっているという可能性

特にどこかで何かを食べに行くという食事系のデートに誘われる事が多いというケースは注意しよう。

3回4回5回の頃からそれそろ遊びを目的にしている人は本性が出てくる。

一気に距離を縮めようとする。

片思いではないと思わせる。

一緒にいる中で徐々にボディタッチが増える。

このような条件に該当しているようでは、もうこの先さらに条件が良い人が現れたらその頻度はなくなっていくパターン。

なぜわかるのか?

結局は、男性は自分の好みの条件が分かりやすい。

最初から一緒にいて楽しんでくれる女子。

そこそこのおしゃれ。

物忘れなども多い分自然と打ち解け合う。

何かに悩んでいるのがすぐ周りに伝わる雰囲気。

こうした相手にメールなどを贈るのはただ単に女性関係が欲しいだけに過ぎない。

日常でいろいろな人と楽しんでいける生活を希望する人は頻度が多くても楽しいからOK。

真剣に考える人ほど迷惑にならないのかを自然に考える。

これが恋として下心をメインで考える恋愛なのか、愛として相手を尊重する立場を考える人なのかの違い。

ただ回数が多ければ相手が楽しんでくれて、自分と付き合いたいと言ってくれるはず。

こう考えてしまうのは大きな誤算になりやすいので要注意。

あくまで相手に気があるかどうかは仕事を含めたいろいろな情報を整理しながら、回数を重ねてより着実に気持ちを明確化してくれる相手なのか?

これが伝わってくれば、正直会える回数なんて何回でもいいのです。

特に40代にもなれば、相手がどう受け止めるのかくらいのことはきちんと把握して行動するのが結婚を考える上では当たり前と思った方がいいです。

スポンサーリンク