スポンサーリンク




40代妻へ誕生日プレゼントを用意したい。

彼女時代によ転ばれた商品は今でも喜ぶのかな?

人気やおすすめはもう最近チェックしていないからわからない。
誕生日プレゼント40代妻

40代になった妻へ誕生日プレゼントという悩みについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

花は手入れも大変だし、どこに置くの?と聞かれたから困る。

ブランド物を欲しいと言われても小遣いや家計が!

男性が妻を喜ばせたいとおしゃれなギフトを選びたい気持ちがあってもなかなかそのまま行動にできない人も多い時代。

商品は数多く存在する。

しかし、30代の女友達が豊富にいるわけでもないし、中には、女友達とか聞けるような人もいないケースも多い。

実際に以下のような悩みも多いようです。

シンプルにお祝い関連によく出てくるお酒のギフトセットで喜ばれるケースは簡単かもしれない。

でも、他の人が紹介していたアイテム(美容グッズ)では、どう思うのか?

よりシンプルに、財布やアクセサリーで自分が贈りたい物を渡すのはダメかな?

彼氏だった時代なら、シンプルに欲しいものある?で終わった内容。

しかし、今はお財布事情を含めて、勝手に買ったら、お祝いでも母として反発してくる!

こんな悩みを持つ方もいらっしゃるのでは?

ファッションアイテム、アクセサリー等種類で選ぶ視点。

スイーツ、ちょっと外食等の時間的に使える感謝の気持ちの贈り物。

クリスマス等のイベント向けに合わせて使える便利でシンプルなアイテム。

いろいろな考え方はありますよね?

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,髪型,恋愛,結婚等と同様に個性を活かし、自分らしく生きる為の考え方をご紹介したいと考えて運営しています。

つまらない,退屈,疲れたと思う日々でも人は下の4つのバランスを常に考えてる。

「人,モノ,お金,時間」

どうせなら、自分らしい個性を活かした有意義な選択を出来るような生き方を!

こんな視点から、一緒に人生の生き方を考えてみませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

この記事では、誕生日プレゼント40代妻という視点から、以下の項目でご紹介しています。

誕生日プレゼント40代妻に贈る注意点

誕生日プレゼント40代妻に贈る体験記

誕生日プレゼント40代妻のリクエスト

私はまだ40代の妻を持っていない。

しかし、父がよく母が40代の頃に誕生日もクリスマスも結婚記念日も必ず何か贈り物をしていた日々を過ごしてきた。

こんな時の思い出体験を振り返りながら、きっと自分も40代にこんなことをする!

こうした想いから綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク



40代妻誕生日プレゼントを贈る注意点

誕生日プレゼント40代妻注意点

もう最近はランキングとか人気グッズ関連記事ページなんて全く見ていないなぁ。

今もまだ高いネックレスとかバッグとか好きなのかな?

どうせなら高い商品選びになったとしても好きな商品でぴったりな物を選びたい。

毎日キッチンに立つ妻ばかりが日常での当たり前ではなくなった現代社会。

結婚後の夫婦それぞれが何か仕事を持ち、場合によっては複数抱えて掛け持ちをするような毎日を送るケースもある。

こうした中で、ついついて20代、30代の頃と同じ感覚で贈ってあげたくなる男どころがあるはず。

そんな時、40代の妻という視点から考えて定番とかよりも喜んでもらうためにチェックして気をつけてほしいことをご紹介していきます。

誕生日プレゼント40代妻の立場

女性に贈って喜ぶ定番アイテム選びなら、いつの時代も不変的な物はある。

しかし、今は結婚記念日もあるし、子供もいるような母として妻としての生活。

この先に持っておくべきイメージは何か?

その答えは、母として、妻として、女性としてのどの立場が優先されているか?

どんな気持ちを思って今あなたの妻は日常を送っている?

いつまでも男性にとっては、子供がいてもいなくてもきっと女性として見ていたい。

しかし、子供が生まれたら、女性はどうしてもいつまでも女として生きる事ばかりを考えていられない。

想像以上に、女として個人が楽しい時間を過ごすためのお祝いよりも子供とも楽しめるお菓子位の方が気持ち的に喜んでくれる方も増えるのが現実。

あなたは普段母の日も含めて子供がどんなお祝いを奥様にしているかご存知ですか?

そんな今の40代妻という立場になっている生活でふと思い立ってほしいのです。

その環境を無視したプレゼントは、どんな高級な料理や時間もきっと満足の価値が伝わらなくなってしまうから。

誕生日プレゼント40代妻との距離

こんな人もいると思います。

単身赴任中の夫から急にエステ等へのチケットや家電が贈られてきたら、奥様は何があったのか?と思うかもしれない。

普段は腕時計等肌身に使ってもいないし、全く興味もない夫が急にスワロフスキーのデザイン性アイテムを贈ったらどう思う?

香水、雑貨、インテリア、ジュエリー等大人の使うオシャレなコスメや癒し等の品は今の時代は簡単にネットで手に入る。

だけど、実際にメンズアイテムで夫が全く仕事でも旅行でも使ったことを見たことがないようなアイテムを選ぶのは逆に怪しい!

どこかで、今回は節目だ!

心的にも金額にもちょっとこだわりたい。

贅沢な形式を用意したい!

こんな優しい気持ちを持った時には、そのアイテムも使う予算も店選びもいった冷静に考えて欲しい。

そんなことをいきなり今勢いで用意して本当にその心は伝わる距離にあるのか?

お花1つを通勤によく使う駅にあるお店から簡単に型を選び誕生日プレゼント用に花束を包んでもらった。

たったこれだけの方が本当の意味で今の妻にはブランドの名前やおしゃれよりも気持ちが伝わることもあるのです。

誕生日プレゼント40代妻の職場

小物、雑貨、コスメ等から参考にしたいと思う方もいるでしょう。

その場合は、奥さんの仕事の環境も配慮が大切。

今はもう職場に合わせてスキンケアに使えるアイテムも香料やネイル1つでも環境に合わせていく必要がある時代。

一緒にいる時間では子供もいる。

そんな時レディースアイテムという視点だけを参考に本当に使えるかも確認をしないまま必要な情報を聞かないプレゼント選び。

この先は、間違いがあってもなぜ確認してくれなかったの?の一言で終わってしまう。

誕生日プレゼント40代妻の世代

よくサイトにあるのは、40代女性におすすめのグルメ、ケア、マッサージ、エステ等様々な分野におけるランキング。

マッサージサロン、メッセージ入りワイングラス、スキンケアアイテム、タイプに合わせたブランド物や小物、雑貨等。

実にさまざまな情報が出回っている。

しかし、40代女性という枠では、正直、必ずという定番はちょっと使い方が横暴な気がする。

40歳、42歳、45歳、47歳、49歳。

全てが40代女性。

その全ての世代が必ず使う?

グルメの好みはいつも変わらず?

高級感へのイメージや50代に近い女性が使う指輪などの価値は40歳と同じ?

そんなはずはありませんよね?

大好きで手入れすら欠かさないほどシルバーアクセサリーが昔から好きな人もいる。

美顔器等も欠かす事なく、いつも絶対疲れているような感じを肌などからは感じさせたくないと美にこだわる女性もいる。

いつしか、ケアなんて忘れ去っているような環境の女性もいる。

ワインやビール等お酒を必ず晩酌のようにいつも飲んでる女性もいる。

今の奥さんがいつも使う大好きないて務は何?

この答えに沿わない結果を打ち出しているランキングサービスサイトに登録された商品の価値。

この視点からは、最高品質の1粒ダイヤモンドでさえ、何の価値もないかも!

簡単に手にはウイル情報から絶対的な安心を手に入れたい!

この考え方は、結果的には、最高ではなく、最悪も想定する必要があるのです。




40代妻誕生日プレゼントを贈る成功法

誕生日プレゼント40代妻成功法
いつもの感謝の気持ちを伝えたい。

そもそも誕生日プレゼントには大好きな相手への気持ちを込める事の方が結果的には大切。

原点は、いかなるサービスでも「人」に始まる。

いつもお世話になってる会社の中で大好きな上司から贈られてくる価値と大好きな夫から貰う体験は気持ち的な価値が全く違う。

ホワイトデーに贈られてくる商品一つとってもそうだと思う。

一緒に生活をして、私という妻を目で肌でしっかりたくさん感じてくれていたら、今の自分が欲しいものもきっと簡単に理解してくれるはず!

こんな視点を生活の中で、30代女性でも40代女性でもやはり年代を問わない期待をしているもの。

しかし、実際には、仕事に疲れて帰ってくるだけの生活を余儀なくされ、お互いに生活リズムも違う。

結果的に化粧品1つでさえ、ほとんど使ってるところを目で見たことがない。

こうした家庭も現代では珍しくない。

じゃあ何をしたら成功につながるのか?

この点を私の体験からご紹介していきます。

誕生日プレゼント40代妻への父の特別意識

私の年代で父が贈る誕生日プレゼントは時代的にはネット通販もない時。

スキンケア等でも家庭用のローラー等で簡単に出来る美顔器なんてものもそうそう出てこない。

住まいの環境次第によっては、たくさんモノがあるという特別なイメージすらなかった。

バスを乗り継ぎ、通勤する日々に父が買ってきていた誕生日プレゼント。

それは、大人の女性が自宅で気軽に良さを体験できる事に絞り込みがされていました。

具体的には、以下のようなものがあったのです。

お取り寄せでオーダーして作ったアクセサリー。

日々の中で、日当たりが良いスポットに最適な光の加減により輝きが変わるコンパクトな雑貨。

女の人は、食べ物でも色の輝きや艶感、匂い等から入っていく部分が年齢を問わず多い。

そんな視点をかなり意識した関連グッズをいろいろ忙しい時間の中で、選んで気に入った商品を買ってきていました。

現代のように、防水機能などもまだそんなになかった時代。

だからこそ、家庭内でさりげなく、趣味のように少しおしゃれな空間を楽しんでほしい。

そんな目的が明確な商品選びに母はいつも喜んでいました。

平均相場などまでは当時は全く知らなかった。

しかし、毎年必ず何かこだわりが伝わる使用環境が違うアイテムを探す父はすごいと思っていた。

玄関、リビング、トイレ、主寝室。

それぞれの空間に合わせて、母の好みをしっかり意識した厳選アイテム。

食器にこだわったり、ブリザードフラワーで飾る等、でもトータル的な家の中の空間では、統一感も出ていた。

母はいつしか、食器なんてそこまでこだわりがなかったのに、好みの大きさや色などを言う会話も出てきていた。

食器が違うだけで、食べ物の印象は変わる。

目で見て楽しむ大切な食事の時間に対する新しいイメージ。

誕生日プレゼント40代妻への父の配慮

食べ物をあげると、どうしてもすぐに食べなければいけないような賞味期限の問題もある。

体型を気にする女性が多い現代には、もらえるのはうれしいけど後が困る。

こうした配慮ももう必要ない。

物があふれた時代だからこそ、母親として今暮らしている家の中での空間演出。

アロマグッズもいいでしょう!

先のクリスマス等に一緒に飲もうとインテリアにもなるシャンパンも良し。

キラキラ、かわいい、優しい。

こんな響きにいつしか母の誕生日プレゼントに買ってくる父の商品は、上品な空間という演出の魅力にみんなが引き込まれていった。

家に帰って、殺風景な玄関に帰ってきた時はなんとも孤独感が高まることも多い日常。

でも、そんなとき、玄関先を華やかにするバレンタイン、夏休み、ハロウィン等季節感を楽しむアイテムがあったら、気分も違う。

見た目にちょっとした癒し的な気分も貰える。

実際に、仕事に行くときも同じ。

なんとなくテンションが低い時、先の楽しみがあると思わせてくれる事で家を出る時のテンションも変わる。

とても簡単なことなのかもしれない。

でも、誰もが物にばかりに執着して、なんとなくこういう家の中の癒しを最近は受けとる感受性すら失われ始めている気もする。

グリーン、和風、ゴールド、それぞれの家庭により好きな色もあると思います。

でも、社会人生活を送る人が増える家庭であれば、今の時代は、きっと違う意味で癒すという空間を求める視点があっても不思議はないと思います。

 

40代妻誕生日プレゼントのリクエスト

ふと家族で会話をしている時、さりげなく将来40代になったら何が欲しい?

こんな会話を夫婦で最近経験しました。

現代社会に生き、まだ小さな子供の子育て真っ最中の妻と私。

その未来、まだ子供が小学生くらいの時期に少し未来を想定した今の希望をご紹介していきたいと思います。

誕生日プレゼント40代になったら?妻の理想

まだいろいろな事が人生の中で毎年準備に追われて、忙しいやら少し満喫している部分もあるのか、大人の女性の価値を最近は妻と話す時間も増えた。

社会人として活躍していた頃と、大きく違う価値観。

年齢を重ねて、服にこだわりがあった部分にも日々の生活だけでなく、体系の変化等も含めて価値観が変わってきた。

私ももう自分の大好きだったブランド物の服に対する執着も特別な感情もなくなった。

こんな先の未来で、年代が40代になったら何を求めるのか?

その時の私と妻の目に映る想像の未来には、以下のような特別がありました。

「家族での思い出の時間をたくさん作ろう!」

「特別な物はもういらないかもしれない」

手に入り満足して終わってしまうのは、モノの価値なのかもしれない。

100万円以上をかけた高級ジュエリーの購入もしてきた。

でも結果的に今毎日の日常に使うか?

いいえ。

結果的には、100万円の旅行をした方が何年も楽しめるたくさんの思い出を貰える。

人生で、人は、たくさんのモノに出会う。

でも、その先に、お金を使った価値を必ず残りの時間で経験する。

その時、どうしても人の目や感情からの刺激を受けて、その体験の価値を考えてしまう部分がある。

全く共感を生み出さないモノに、価値を感じなくなってしまうのです。

私はこうした経験をこれまでの生きてきた中で幾度となく経験してきました。

気軽に買ってきた服なんて自宅に来客があったら、どうするの?

こんな感覚で生きてきた。

しかし、妻は、もう背伸びをしてるように見られる事に疲れてきたという感覚があった。

それなりの感じ。

自分らしいありのままの等身大の姿。

この言葉に見合う商品を思い出の時間として感じたい。

そんな未来を二人で願った会話がありました。

あなたの奥様ともいつか時間があったら、今の40代の生き方という視点からリクエストを聞いてみてはいかがでしょうか?

誕生日プレゼント40代になったら?私の理想

私は、30代の時代で会社員引退をすることが出来ました。

正直、最初は、男性として生涯の働き方として、非常に戸惑いもあった。

しかし、その背中を押してくれたのは、誰よりも妻でした。

最近の妻は、家にいてくれることが本当に助かるし、嬉しい。

どこかで中年のおっさんがいつも家にこもって作業されてる。

こんな気持ちになってしまうことを恐れていた私がいました。

でも母として子供たちとの時間を過ごしながら、私が出来る家事があることでちょっと使える時間が増えた。

そんな毎日の積み重ねが、モノを贈る日常だった毎日とは違う贅沢な「時」を感じる事が出来ているようです。

結婚後6年を迎える我が家。

20代の頃の妻と知り合い、そして、なんとなく子供が出来、楽しいよりもドタバタの人生だったこれでの時間。

エステなどに行っておいでという時間もなかった。

仕事をすることが好きな妻が、復帰が出来ない第2子誕生。

あっという間に心もカラダも年齢を重ねてしまった。

こんな先の未来で、40代になった妻に今私が個人的な主観で届けたいのは、海外旅行の大きなプラン。

5つ星ホテルをめぐるものありかも!

厳選した歳をめぐる旅にしようか!

海外を利用することもほぼないような仕事をしてきた私。

当然、奥さんと一緒に海外旅行に行ったこともまだ1度もありません。

いつか二人の共通の趣味であるディズニーランドに一緒に好きな都市で行ってみたい。

子供たちを連れて、海外ディズニーツアーみたいなことを経験させてあげたいと思っています。

物では感じることが出来ない人との時間。

その先の体験で培う人生における貴重な経験。

毎日生活してる日々ではどんなお取り寄せ商品でも叶うことが出来ない時間。

こうした視点から、大人の女性として、妻をエスコートできる立場になれたらと願っています。

それが、5年先になるのか10年先になるのか!

でも、そう遠くない未来に私は、きっと年齢とか関係なしに、お土産などのモノ以上に家族が喜んでくれる妻への誕生日プレゼント企画が用意出来る気がしています。

最近は、平均相場も海外旅行は、うまくつけば安いケースも多い。

こだわりの要素は多いです。

でも、海外旅行のパッケージプランではなく、もっと厳選して考えたい。

退職祝いなんて奥さんの誕生日プレゼントに旅行をプレゼントするのも素敵だと思います。

もしあなたの何かの気付きになれたら幸いです。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

使用するしないではなく、どんな旅行があるのか?

こんな視点からは、以下のようなページをよく私もチェックしています。

40代妻誕生日プレゼント選び

ホテルや会社の企画等を見比べるのも楽しいですよね。

40代妻誕生日プレゼント選び

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

会社の上司への誕生日プレゼントという事例もご紹介してます。

40代男性上司誕生日プレゼントに喜ばれる選び方のコツと失敗注意点

女性が男性に贈る目線の誕生日プレゼント選び方の記事も紹介しています。

40代男性友達宛誕生日プレゼント女性の選び方|失敗後悔注意点とシンプルで簡単な準備手順

40代のカップルデートという視点でも記事を紹介しています。

40代デート場所

40代デート場所で失敗する典型例と相手を楽しませる成功に必要な視点

スポンサーリンク