スポンサーリンク



  • 不倫や浮気によって信用ができなくなった
  • 金銭トラブルが続く彼氏に疲れた
  • 冷たい言葉や素っ気ない態度に冷めた

でも心の中にある「不安」「悩み」「復縁」の感情。

今の自分がどうしたいのかわからない!

こんな人に伝えたい事があります。

彼氏と別れる関連記事一覧

彼氏と別れる前の準備

スポンサーリンク


彼氏と結婚?別れるべきか?迷った時の決断ポイントと失敗後悔注意点

彼氏への悩みや不安記事一覧

彼氏との別れどき

もう彼氏と別れ時だな!タイミングに迷ったり悩んだりした時の決断方法

別れるために心の準備をしているはずがまた迷う。

彼氏に別れ話をされた時に引き止めるのとは違う。

恋愛は、駆け引きではない。

どうやって相手に本音で向き合えるのか?

そして、自分自身のことも嫌いなところも含めてすべて受け入れる勇気を持つことができるか?

この成長がカギを握る。

今回の記事では、彼氏が別れを思いとどまるための扱い方について以下の目次でご紹介しています。

彼氏に別れ話をされた時引き止めるのは逆効果|男性心理

彼氏に別れ話をされた時の彼女の失敗行動注意点

彼氏に別れ話をされないための彼女の取るべき行動

別れ話をした彼氏が思い直す女性の特徴

恋愛は言葉と行動で人の心を動かせる

彼氏に別れ話をされた時引き止めるのは逆効果|男性心理

彼氏に別れ話をされた時引き止めるのは逆効果|男性心理

追われたら逃げるが人間の心理

単純に相手の事を一方的に求めるとその信号をキャッチした人間はこれまで以上に拒絶をする。

例えば、

  • 「嫌い」と言われて、「別れたくない」という返事は会話になっていない
  • 「別れたくない」と言われて「別れて」というのは会話にならない

結局、お互いが自分の意向を相手に押し付けているだけ。

これでは相手との心の距離は縮まらない。

永遠に埋まらない溝を作っているのと同じ。

別れ話をする男性心理|解放されたい

別れ話をする男性心理|解放されたい

恋愛を終わらせる。

この決断をする男性は、性欲も彼女持ちもいろいろ捨てる覚悟を持つ。

その理由は色々ある。

  • 他に気になる女性がいる
  • 見た目が変わってしまったこと
  • ファッションセンスが合わない
  • 性の不一致
  • 性格の不一致

でも単純にあなたといても「明るい未来にならない」人として判断したのが現状。

この感情にフラれたほうが取るべき行動は、止める事ではない。

「不安」

「怒り」

「焦り」

これらは、すべてワガママな感情であることを自分の中で冷静に判断できるようになることが大切

思い通りにならない相手へのストレス

思い通りにならない相手へのストレス

恋愛は、最初は下心。

それが、いずれ思い通りにする対象から、すべてを受け入れる対象に変わる。

結果、人を愛するとは、すべてを受け入れる事になる。

一般的には、男性の方が女性よりも応用力がない。

どういうことか?

「相手の対応に対しての順応性がない」ということ。

つまり、自分の思い通りになるかならないかを優先している人が多い。

だから、頭の中で描く理想と違う流れにスムーズになっていかないとイライラするのです。

実際は、別れたくないのかもしれません。

しかし、このままの自分の感情を抑え込むよりも今はもっと自分の理想の相手を探す方が良い。

このように感じてしまっている人もいるのです。

精神的に追い詰められた状態

精神的に追い詰められた状態

  • 彼女から結婚の話をされて困っている
  • 求められる内容がエスカレートしている
  • デートの頻度や回数、LINEでの連絡頻度などを束縛と感じる

など、別れ話をする側にもいろいろな悩みがあります。

でもなぜその中身を全て口にしないのか?

この答えは、単純に「自分に自信がないから」。

恋愛で自分に自信がない状態から脱出した簡単な実践法

彼の気持ちの中でも限界を迎えたのかもしれない。

簡単な表現で言い表すと、

「何もかもがめんどくさくなった」

こういうことだ。

結局は、投げ出すことができる人間であったとも言えるのです。

背負う覚悟はなかったのです。

こういうタイプは以下のような行動を起こします。

  • LINEでブロックする、既読スルー、未読になる
  • 音信不通になる
  • 二度と会わない
  • 連絡もしてこない

 

彼氏に別れ話をされた時の彼女の失敗行動注意点

彼氏に別れ話をされた時の彼女の失敗行動注意点

相手を刺激する態度はとらない

相手を刺激する態度はとらない

言われた方はもっと辛いという言葉がある。

でも言う方もそれなりにストレスがある。

つまり、納得いかないというのは、お互い様。

この状況に対して、以下の発言は失敗する典型例。

  • こんなに
  • これまで
  • ○○してあげたのに
  • 裏切った
  • 浮気できたね?

このような伝え方では火に油を注ぐだけ。

つまり、恋愛において、あなた自身も相手を操ろうとしていた気持ちが浮き彫りになっていることに気付いてほしい。

脅す言葉は通用しない

脅す言葉は通用しない

  • 死ぬ
  • 自殺する
  • ○○してやる

このような強迫めいた言葉を使う人もいます。

でもこれも全く意味がない。

なぜか?

復縁する可能性がたとえ1%でも、この言葉ですべてを完全消滅させるのと同じだから。

  • 死なれたら困るから戻ってくる?
  • ストーカーされたくないから別れない?

こんな流れになると思いますか?

なりません。

むしろ、外部の人に相談するなどあなたの立場が一層悪くなるだけ。

別れを回避するというのは、そういう事ではありません。

相手の中にある感謝の気持ちやあなたを異性として必要とする感情をもう一度蘇らせること。

「彼を思うからこそ」というのはあなたのわがまま。

何より「彼のことを思う」なら、「彼を信じて待つ」

これが愛情です。

相手をコントロールしようとしている時点で、恋愛ではなく、操り人形がほしいだけなのです。

人目を利用した反応を見せる

人目を利用した反応を見せる

男性にとってめんどくさいと思わせる女性の典型例。

  • 人前で涙を見せる
  • 泣く
  • 感情を表に出して大声で叫ぶ

このような対応に対して、特に涙は男性には効果があります。

でもこの時の感情はあくまで一時的なもの。

スッキリしたらまた冷静さを取り戻すのもわかっているから。

だからこそ、安易にあなたの涙を見せるものではない。

むしろ、自分の感情をコントロールすることができない人という印象をさらに与えるだけになってしまう。

それでも自分の感情が抑えられない。

そう思っているなら、連絡をしないことの方が大人の判断なのです。

何を言っても「別れない」と一方通行

何を言っても「別れない」と一方通行

これは、小学生、中学生の子どもの頃に終わるべき流れ。

厳しいようですが、社会人になってから、この行動をするのは間違いです。

なぜか?

  • 距離を置こうよりも気持ちを下げたのはあなたにも原因があるから

たったこれだけの事なのです。

彼も何の理由もなくあなたと別れたいと思っているわけではない。

むしろ、その事情を聞いたら、「そんなこと?」と思うかもしれません。

しかし、その時の彼にとってはそれが非常に重要だったのです。

つまり、器の小さい男だった可能性も否定はできないのです。

よって、一方通行の自分の意思や考えを伝える時間は無駄なのです。

 

彼氏に別れ話をされないための彼女の取るべき行動

彼氏に別れ話をされないための彼女の取るべき行動

感謝の心をまずは思い描く

感謝の心をまずは思い描く

私も辛い体験を過去にいくつも経験してきました。

辛い経験から優しくなれる!成長したと周囲から言われた体験談

最初の頃は、自分がまず被害者と考えていた。

しかし、離婚をきっかけに考え方は大きく変わった。

守れなかったことに申し訳ないと思えるようになった。

つまり、感謝と謝罪の心が最初になったのです。

いてくれるだけでよかったというのは、嘘なのです。

人間は、存在するだけで安心が出来るのは、病床で最期の時を迎える間際だけ。

普段の生活の中では、心のつながりから常にギブアンドテイクの関係があります。

今のあなたが持つべき心は、感謝です。

  • 素敵な時期もあった
  • 良い思い出もあった
  • 学ばせてもらった

そして、最後にこう思うようにするのです。

「今で良かった」

この感情を別れの準備としてとらえてみてください。

きっと、「好き」「愛している」という表面的な言葉よりも「今相手が求めていること」が見えてくると思います。

「無償の愛」とは何かを考える。

これが、本当の意味で、相手が別れを切り出した後でも「安心」を取り戻す相手の特徴なのです。

  • 器が大きい
  • 寛大である

こういう意味で、優しいと思わせた人には、別れることを惜しむ気持ちが芽生えます。

一生忘れない相手の一人である

一生忘れない相手の一人である

彼氏からの別れたいサインを見てからも、別れ話は出ていない。

こんな時の対処法。

それは、別れ話を回避する動きではない。

人間は心理的に「必要とされる」ことに喜びを感じる。

この心理を利用する。

具体的には、

  • 忘れない
  • 嫌いにならない
  • 感謝している

こういう気持ちがあるからこそ、あなたを開放するという対応を見せる事。

どういうことか?

  1. 別れたくない
  2. 別れ話を出させないようにする
  3. 嫌われたくないから自分を偽る

こんなことをしている時は、話し合いがこじれて喧嘩になる。

言い合いに発展することもあります。

別れの覚悟は決まった。

でもその言葉が聞こえても自分の中の相手の存在価値は変わらない。

この強い信念があると、人は嫌いになった原因を小さいものと考え始める。

相手を変えるのは大変。

でも自分の気持ちを切り替えることは可能。

この対応をしたことで、振る側の立場だったはずの彼氏が浮気相手と別れて戻ってきたという事例もあった。

自分の中で相手を解き放つ。

これはとても難しいと感じる人は多い。

なぜなら、自分の気持ちで、「嫌われる」ことを恐れているから。

恐れるのではなく、その気持ちも受け止める。

これができるから、子どものわがままに親は向き合えるのです。

自分のダメなところも受け入れる

自分のダメなところも受け入れる

  • 改心する
  • 変わりたい
  • 生まれ変わる
  • 努力する

こんな言葉を使う人は、うまくいかない。

なぜか?

信用がないから。

関係がギクシャクした後で、そんなことを急に言われても過去を思い出す。

結果的に今まで何も変わらなかったという結論に至る。

だったら、その人が今から変わると言っても伝わらない。

なぜか?

何をどう具体的に変化させるのかはわかっていないと疑うから。

だからこそ、そんな自分を受け入れる自分の器を大きくする努力が必要。

  • 子どもだった
  • まだまだだ
  • こんなワガママだったのだ
  • 自分のことばかり考えていた

こういう部分を含めて、自分自身である。

そんな自分を嫌いになっては問題は解決しない。

なぜか?

相手はまたその嫌いな一面に気付くから。

結局、誰のための努力なのか?

それは、自分自身が成長するために必要な分岐点と考える。

この気持ちがあれば、あなたに対して不信感や不安を抱いた彼の味方も反応も変わるはずです。

誰よりもあなたを愛しているという証

誰よりもあなたを愛しているという証

彼氏にいつ別れ話を切り出されてもおかしくない。

険悪な雰囲気ばかりになっている時、一歩を踏み出す勇気がない。

こんな時にあなたが取るべき行動は?

「愛されることの喜びを思い出すこと」

  • 恋愛も仕事も長続きしない
  • すぐに飽きる
  • 付き合うと相手のダメなところに気付いてしまう

人はどうしても「自分を守ろうとする」

防衛反応でもあるし、自己顕示用もある。

結局、無条件に相手を認める人は少ないのです。

そんなときこそ、難しく考えるのはやめよう。

愛させることに対しての感情が薄れているからこそ、相手に思いが伝わらない。

こう考えてほしい。

  • 相手のどこが好きだったかではない
  • 自分が好きと思われていた頃の相手のしぐさや愛情の伝え方を思い出す

愛される喜びを思い出すことができれば、あなたの行動も変わる。

  • 言葉の選び方
  • 発言の趣旨
  • 相手への反応

全てが簡単に変わるのです。

なぜか?

愛されることを思い出すと言う事は、愛おしいという感情を思い出していることだから。

置き換えて考えよう。

そうすれば、相手にも愛情は伝わるはずです。

 

別れ話をした彼氏が思い直す女性の特徴

別れ話をした彼氏が思い直す女性の特徴

喧嘩別れを迎えた時の切り返し方

喧嘩別れを迎えた時の切り返し方

  • 最近は、喧嘩ばかり
  • すれ違いばかりが続いている

付き合う期間が長くなるにつれて、お互いのことがよくわかってくる。

すると、相手の不満も増える。

結果、喧嘩が多くなる?

これはおかしい。

相手と距離が近くなったのではない。

これは相手を束縛しようとする自分が強くなっているだけ。

  • 自分の思い通りになってほしい
  • 自分の欲しい言葉をくれない
  • 自分が求める対応をしてくれない

これらはすべて相手のための思いではない。

全てが自己を満たすための願望や欲でしかない。

喧嘩をしている最中にもその気持ちは簡単に出てくる。

頭に血がのぼるほどの怒りの原因は何か?

その答えは、相手を自分の支配下に置きたいという感情が優先している状態。

子どもが思いが伝わらないことで泣くことと同じ。

自分が悪くない。

この気持ちを相手の立場で考える。

伝わらないことの苦しみを分かち合えていない自分がいる。

この言葉があれば、その場は一旦リセットされる。

冷静になろう。

この代わりに、あなたがまだ相手の気持ちを全てわかってあげられてないことを認める。

彼氏に別の好きな人がいる時の対処法

彼氏に別の好きな人がいる時の対処法

  • もう違う女が好きになったから。
  • 浮気相手の女性を選ぶことにしたから。

こんな状態になるのは単純に新鮮さを求める気持ちが高まる時期だっただけ。

こういう新しい恋の気持ちは、芽生えた後長くは続かない。

なぜか?

我に返った時、なぜその人を好きになったのかすら思い出せないから。

結局、何かから逃げるために誰かを好きになっただけ。

こういう彼の気持ちを理解してあげることが大切。

どうしてもその人の元に行きたいなら、自由にしていい。

幸せになってね。

この言葉を相手に届けてほしい。

最後の「幸せになってね」がとても重要な表現になる。

なぜか?

私の前の奥さんは不貞行為の先に離婚を申し出た人だった。

でも、この人を支えられなかった私が悪いと当時の私は自分を責め続けた。

そんなとき、その性格もわかっていた彼女は、こう告げた。

「お互い若すぎた。でも後悔はしていない。(私)が幸せになることを願っている」

この言葉は、もう20年経過しようとしている今でも忘れない。

そして、その言葉の重さは、感謝に変わっている。

だからこそ、相手を解き放つ言葉を投げかける女になってほしい。

性格の不一致が原因の対処法

性格の不一致が原因の対処法

性格の不一致による別れを切り出される時には、どう対処をするのか?

性格の不一致を別れる理由にしている男性の心理は、支配欲が満たされていない。

つまりは、相手をコントロールしきれないことに苛立っている。

つまり、「別れたくない」+「変わる」ことの約束を取り付けようとしている。

一方で、「わかった」とか「仕方ないね」と言われたら?

この時男の反応は、鳩が豆鉄砲を食ったように目を丸くする。

それだけ期待外れの回答なのです。

そして、「おい、本当にそれでいいのか?」と問い詰める人もいます。

つまり、彼のほうがあなたのことを好きなのです。

「好きだよ。でも別れ話として言われたのだから、仕方がない。」

この潔い姿勢が相手の「別れたくない」の言葉を引き出すきっかけになるのです。

彼は思いとどまるところか、ますます好きになるはずですよ。

 

恋愛は言葉と行動で人の心を動かせる

恋愛は言葉と行動で人の心を動かせる

喧嘩別れの相手とデートをする方法

喧嘩別れの相手とデートをする方法

いつも喧嘩ばかり。

会うたびに喧嘩をする。

だから別れる。

倦怠期のような二人に試してほしいのが「ラストデート」

でも相手は本当にのってくるのか心配。

そんなときには、自分の最後の思い出とか余分なことを言わない。

自然に自分の中で、相手を全て許す、受け入れるという気持ちでデートに誘う。

その代わり、ラストチャンスでもある。

だからこそ、出会った頃と同じくらいメイクやファッションも全力で楽しむ準備をする。

そして、「あの時の自分はどうかしていたのかもしれない」という気持ちを引き出すことが成功のコツ。

彼に気になる女がいる時の最後の一手

彼に気になる女がいる時の最後の一手

彼に他に好きな女ができた。

その女を選ぶから自分は用済みって状態。

こんな女性が最後の一手を用意するには何をすればいいのか?

自分にとって、最高の一枚となる画像を彼に送る。

「情」ではない、「目」で相手のことを意識した写真を用意しよう。

その画像の意味は?と思われても「幸せそうだ」と感じられたらそれだけで価値がある。

そして、こう添える。

「やっぱりあなたを思い出すと自然に笑顔になれる、今までありがとうね」

この言葉が時間の経過とともにどんどん相手の心にしみついていく。

性格の不一致の相手には目がすべてを語る

性格の不一致の相手には目がすべてを語る

「ごめんね。」

女性の気持ちが言葉よりも伝わる瞬間がある。

それが、涙を目にためている瞬間だ。

泣くのとは違う。

感情が抑えきれないことが伝わってくる。

そして、女性はその涙を簡単には流さないように努力する。

代表的なのは、目を乾かそうとするしぐさ。

実は、この行動は男性にとってはグッとくるしぐさのひとつ。

男の中にある「守ってあげたい」という心を刺激する。

そこまで自分のことを考えてくれていたとは思わなかった。

これが相手の心の中にまだあなたがいるなら、伝わる感情。

でもあなたからは、「ありがとう」を伝える。

そのあなたの気持ちと覚悟を見て彼はどう思うのか?

「こんな自分勝手なことを言っていた自分が情けない」

「どうしてこんないい女を自分は性格なんて小さいことで振ろうとしていたのだろう?」

ほとんどの人がこうなるだろうと思う。

なぜ?

性格の不一致というのは、そもそもそこまで別れる意思の強い人間が選ぶ理由ではないから。

  • 自分の気持ちが整理できない。
  • 好きかわからない。
  • こんなあいまいな自分で相手に接するのは失礼。

こんな風に勝手に自分で答えを導き出した人が選んでいる理由なのです。

だからこそ、いくらでも変換することは可能です。

 

感情を揺さぶるのはちょっとした仕草と言葉

感情を揺さぶるのはちょっとした仕草と言葉

マイナスなことも小さいことの積み重ね。

その不満が爆発する瞬間まで相手を追い詰めたのもあなたです。

でもその罪の意識を背負うのではありません。

女性がやるべきことは、男性に対して満たすこと。

  • 守りたい
  • 救いたい
  • 傍にいたい
  • 近づきたい
  • 抱きたい

こう思わせる異性になることが本当の意味で別れのサインを言葉にさせないための対策なのです。

自分が悪かったところを考えるのは時間の無駄。

もっと、相手のことをじっくり想像しよう。

そして、自分が思われていた時の幸せを思い出そう。

そうすれば、相手が求める愛情や恋愛観が見えてくるはず。

「別れたくない」と「すがりつく」のは違います。

別れを切り出そうとする相手の気持ちを180度変換する。

その為の感情を引き出すのは、軽い口約束ではない。

本気の愛情を意識した些細な言葉と仕草。

本当の意味で愛って何?

これを考えるいいきっかけにしてみては?

スポンサーリンク