スポンサーリンク




最初は誰でも次の仕事は続けるつもりで転職をする。

なのに、いつの間にか飽きてしまう。

  • 毎日が同じ事の繰り返し。
  • 日常的に同じ景色を眺める毎日。
  • いつも同じメンバーで同じような時間を過ごす。
  • 誰かの気持ちを考えていつも人の顔色をうかがう状態。

こんな毎日になぜか気持ちが冷めていく。

何処の仕事についても結果的には、同じことを繰り返し行うのが日常の業務だと気持ち的に割り切っているつもり。

でも結局は、同じ事に飽きる。

この気持ちになってしまうことで転職を繰り返し、なかなか昇給や自分の思った給料を手にすることもできない状態。

こんな時に、自分の人生に目標とか何もない自分に不安を持つ人も多い。

特にアラフォーや40代50代は最近仕事を辞めたいと嘆く男性女性が多い状態がネット上でも顕著に見えてくる。

こうした時、自分が働かなければいけないと自覚していながらも、どうすればいいのか分からない気持ちを整理する情報をご紹介していきます。

これまでにも仕事が飽きるという悩みについては、以下のような内容も触れてきました。

仕事続かない飽きた

スポンサーリンク


会社の仕事が続かない理由で飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

仕事飽きる対策で無意味な行動

仕事が飽きる人の対策はいつから?意味のない行動と繰り返さないコツ

40代仕事が続かない

40代で仕事が続かない男女が気づくべき現実の問題と未来

いつも転職関連のサイトを見ながら、今の仕事をいつ辞めようかという感じになっている。

次こそは違う仕事と思って、おすすめランキングにあるような資格の情報から挑戦してみようと思ったこともある。

でもそもそも資格を取った先は?

自分の仕事として向いているのか?

こんな悩みにまた戻ってしまい、見つけても嫌になる気がして結局はモチベーションを上げることが出来ない。

こんな生き方になっている大半は、何が原因なのか?

その原因をシンプルに考えてみましょう。

私のサイトは、40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

人生の中で、20代30代30代と年齢を重ねても結局人は、同じような事を悩み、答えを探し続けている。

例えば、以下のような内容。

仕事、貯金、恋愛、結婚、ファッション、プレゼント。

今の自分の年齢に向き合い、誰に関わり、どんなモノを探し、その相手に対してどう付き合うのか?

その時間が残りの人生でどう自分のモチベーションや生きがいに役立つのか?

こんなことを、人、モノ、お金、時間に集約して対処する時の答え探しをしていると私は感じる。

今回の記事でも、以下の項目を使って、仕事が飽きる原因についても、とてもシンプルに向き合って自分の答えを探してみたいと思う。

仕事に飽きる原因は職場

仕事に飽きる原因は重要?

今自分にはスキルがない。

やる気はあるのかないのかといったらあると言いたい。

でも毎回何かストレスになる事があるのに、その原因が分からない。

このような内容に苦しむ人にできるだけこれからの人生では、もっと自分らしい仕事を見つけやすい視点をご紹介していきます。


スポンサーリンク






仕事に飽きる原因は職場

仕事飽きる原因

私は正直仕事に飽きると言っている人は、単純に企業の成長や職場に関して単にスキルもモチベーションもあっていないだけだと思う。

仕事のやりがいややる気って自分自身の問題だと思っていませんか?

仕事が飽きる原因に多い誤解

例えば、以下のようなストレスを感じたことはありませんか?

  • 職場の上司が子どもみたいだと感じる。
  • 同僚や部下のやり取りを見て、企業で働く人ではないと感じる。
  • 刺激を受けるような内容はもう何もないと感じる。

このような内容に3ヶ月、6ヶ月、1年という短い時間の中で感じてしまうのは、単に内容以前の問題。

単純にあなたがその企業でやっていくようなスキルや人格ではないのです。

もうそんな場所は捨てるべき人材。

もっと大きな規模のやり切れないほどの仕事を求める自分がいる。

転職サイト選びも重要

結局飽きると思いながらも、次の転職活動をする時には同じようなサイトを見て内容を比較していませんか?

  • 住まいの近くの求人内容が多いサイト
  • 昔から馴染みのある名前のサイト。
  • 業種や職業の専門性のあるサイト

このような自分の社旗人人生では、正直面接を受ける場所の数で選んでいる人も多い。

しかし、だから給料が上がることも無ければ、環境も似たような状況歯科選んでいないともいえるのではないでしょうか?

営業という職種でもスキルがある人なら、単純にヘッドハンティングや年収1000万円を超えるような企業も日本の中にはある。

こうした業務を見ると、なぜか自分なんかに出来るはずがないという思い込みを持つ人が多い。

しかし、実際に自分が好きな職種なら、正直こうも言える。

「環境を大きく変える時がきたなら、今変えよう!」

所詮、自分の年齢の問題は年々仕事の数を減らしていく。

だとしたら、人生今が最も若い時と言い換える事が出来るはず。

そのチャンスを行動によって変えることが今は必要な時代。

 

仕事に飽きる原因は重要?

仕事飽きる原因と転職

そもそも飽きるような職場で働きたいと感じたのはあなた自身。

実際に面接をして、相手の対応や行動からもどこか冴えないと思いながらも、まずはしっかり職に就くほうが先。

こんな気持ちからしっかり相手のほうを観察しないままとりあえず働ける場所を作る。

こんな感じの行動した記憶ありませんか?

人生をゲームとして楽しむ人間が勝つ

キャリアと呼べるような対象も無いとかスキルも特にない。

このような認識を持った人が40歳を超えてくると、仕事がなくなり、徐々に行き場を失うなんてことも多い。

しかし、これはそもそも人間性として自分を悲観的に考えすぎているだけだと私は思ってしまう。

単純に朝を迎えて、その日1日をある意味、無資格な状態でスタートした仕事でも採用された後毎日こなすだけで、その業界の知識を持っている状態になる。

必然的に資格試験を体験できる環境を持つ事もある意味簡単になっていく。

人は悩んでいる時ほど、どうしても以下のような気持ちになってしまうと思う。

「とにかくとにもかくにも採用を決めなければ!」

それって、とりあえず転職しようというという気持ちしかないですよね?

ある意味、この仕事の選び方で続くわけがない。

行き当たりばったりの生き方をしているという自覚を持つ必要がある。

もっと、仕事を決める時には、少しでも次に働いた後の話で日々の先に何を意識していくかが重要。

起業向けにサポートのある会社。

頭数の一人にしかならない会社。

小さな中で従業員も少なくて小規模ながら、成長の見込がある会社。

飽き性という言葉を単に自分がどこの業界に行っても同じと考えているなら、それは間違いだと思う。

そもそも自分にとって選択肢がなくなってきたわけではない。

探す視点を養う事が今の時代は非常に大切になってきている。

正直、意欲がない人には、飽きるという言葉は使えない。

むしろ、特徴としては、ついていけないという言葉を選ぶ。

だからこそ、まったく感覚は違うんです。

自分の可能性を見つける

人は生まれてきた事に意味がある。

自分にしかできないことをやる為に生まれてきた。

そして、自分がある意味役目を終える事を認められない限り、死ぬことも許されない。

こんな言葉を私は毎日の中で繰り返し考えて生きている。

だから、同じ事を繰り返す仕事には必ず続ける時期であることと、その他の新しい何かを発見するために必要な状態と考えるようにしている。

自分の中で、何もかもに疑問を持つ。

そして、その疑問に原因があり、それは何かを買えることで正直大きく自分の環境を変える事が出来るきっかけがあると思っている。

このように考えていくと、いつしか自分の中での気持ちに誰かと同じ仕事ではなく、自分にしかない目標を持つこともできる。

人がやらない事。

人が当たり前としている事。

この言葉の中に多くの疑問を持つべき内容が隠されている。

ただ繰り返しと思うのではない。

もっと、自分で感じて、そして新しい気付きを生み出す。

この視点を目標にして同じ時間を過ごすと、多くのことが常識という型にはまらない自由な発想が出てくると思う。

もっとあなたには可能性がある。

だからこそ、その可能性に手を貸してくれる会社にたどり着くような転職活動をしてみてください。

ハイグレード!高月給、高待遇。

こんな文字にあなたが憧れるなら、その気持ちをまずは大切にするべきだと私は思ってしまう。

スポンサーリンク