スポンサーリンク



  • 成績の良い人が辞めていく
  • 優秀な人がいなくなる
  • 自分の職場は今のままで大丈夫?

仕事を辞めたいと考える人は多い。

会社に将来性を感じられない人も多いはず。

毎日悶々としている人も多いのでは?

でも自分の今の状況や環境を考えると簡単に辞められない。

そんな人に伝えたいことを書いています。

今回の記事では、見切りをつけたほうが良い会社の特徴と対処法を以下の目次で解説しています。

見切りをつけたほうが良い会社の特徴

見切りをつけられない人が抱えるリスク

会社に見切りをつけたらやるべきこと

見切りをつけたことを後悔する人の特徴

転職や退職で後悔しないための注意点


スポンサーリンク






見切りをつけたほうが良い会社の特徴

見切りをつける

  • 無理をする必要がない!
  • そんな状態でまだ仕事を続けるの?

肉体的にも精神的にも限界を迎えてから辞めたらその後が大変です。

以下のような会社は、辞めた方が得です。

  1. 人間関係が悪い
  2. 考え方が古い
  3. 労働条件が悪い
  4. 優秀な人が辞める
  5. 掃除が適当(雑)
  6. ハラスメントが目立つ
  7. 将来性を期待できない
  8. 社風や経営方針など価値観が合わない

順にご紹介していきます。

人間関係が悪い

職場の人間関係がしんどい辞めたい

  • 派閥がある
  • 上司や経営者がワガママ(気分屋)
  • ワンマン経営
  • 誰かをターゲットにしている風潮がある

働く意欲を維持することが難しい環境は、生産性も下がります。

職場の人間関係がしんどいから辞めたい人が後悔しない生き方の注意点

考え方が古い

働く時間の考え方

  • 昔のやり方が正しいと思いこんでいる
  • ライバルのやっていることの理解がない
  • 誰かの仕事が終わるのを待っている
  • 飲み会や忘年会に固執する
  • 出社することを強要する

コロナ禍になる以前から、在宅ワークで済む仕事は多いはず。

それを社員のコミュニケーションとかホウレンソウの合理化等を理由にする方針を変えようとしない。

これは明らかに古いしやばい会社の典型例。

IT系なのに、在宅ワークができないというのは論外だろう。

労働条件が悪い

労働条件に関する問題

  • 時間外労働が当たり前
  • みなし残業代以上の残業を毎月行っている
  • 出社が就業規則の1時間前
  • 仕事量が多すぎて定時退社が困難
  • 休日出勤やシフト変更が多い

こんな環境も見直せないのは、重大な問題。

いつのまにか、その生活が当たり前と思いこむ人が増えるのが最も恐ろしい。

優秀な人が辞める

優秀な人ほど突然辞める

  • 成績トップの人が毎年どこかで退職している
  • 優秀な人材がいなくなる風潮がある
  • 毎年社内の中間管理職が変わっている

こんな状態が続いている職場は将来がない。

辞められたら困る人や優秀な人材ほど辞める会社の特徴

掃除が雑(適当)

掃除が雑

  • 朝礼前の簡単な掃除のみ
  • 大掃除も業者を入れることはない
  • エアコンなどのクリーニングはほとんどしていない
  • 換気ができない窓の作りになっている
  • 空気の循環が悪い
  • トイレが臭う
  • 書類が常に溜まっていく(ペーパーレス化も進んでいない)

就業環境の見直しを徹底していない会社は余計な経費が多い。

つまり、社員に還元するための経費節約を全く考えていない。

すると、働く環境よりも「気合い」「根性」「熱意」みたいなことばかりを押し付けるようになっていく。

ハラスメントが目立つ

看護師のパワハラ、モラハラの悩み

  • モラハラ
  • セクハラ
  • アルハラ
  • マタハラ
  • パワハラ

人間関係の問題よりも厄介なのは、上司の認識。

パワハラする先輩への仕返しは簡単!30代体験記

精神的パワハラ裁判事例から職場の実態や違法性を確認する方法

将来性を期待できない

将来性

  • 他社と差別化できる商品がない
  • 競合他社にいつも技術やサービスで負けている気がする
  • 自社より他社のほうが魅力を感じてしまう

自分の会社の商品に自信が持てないというのは営業に多い悩み。

本人の素質もある。

しかし、いつまでも過去の成績にとらわれて、「売れるはず」とい思いこむ経営は危険。

  1. 売り上げが下がる
  2. 利益が出ない
  3. インセンティブが下がる
  4. 無駄な残業が増える

こんな悪循環が当たり前になっていく。

社風や経営方針など価値観が合わない

社風が合わない

  • 今まで通りでいいんだ
  • これまで通りのやり方でやればいい
  • 別にうちは最先端なんて必要ない
  • デジタル?オンライン?そんなの関係ない

こんな考え方を押し付けている会社はまだまだ多い。

  • 「足で稼ぐ」
  • 「電話営業」
  • 「飛び込み」

こんなやり方で今後も成功できると思いこんでいる会社は危険。

 

見切りをつけられない人が抱えるリスク

リスク

自分で見切りをつけないとどうなるのか?

  1. リストラの可能性
  2. 年収が下がるリスク
  3. 終身雇用は厳しい

つまり、新しい可能性よりも縛られて、最後には自分で何とかしなければいけない状況になる可能性を知っておくべき。

現状維持はない

現状維持

今起きている問題 将来
人が減る
  1. 一人ひとりの仕事量増加
  2. マンパワーの限界
  3. 全体が衰退

こうなるのが必然。

利益が出ない
  1. 人件費削減
  2. 希望退職者募集
  3. 業績の悪い施設や営業所を閉鎖(転勤)

自分の居場所を失う可能性が高い。

考え方が古い
  1. ベンチャー企業の進出
  2. 技術力、営業戦略で負ける
  3. さらに業績悪化

こんな未来は簡単に想像できる

会社の考え方に染まる
  1. 感覚がズレていく
  2. 今の時代に沿った考え方が見えない
  3. 転職することすら困難

今の会社以外ではやっていけない人間になっていく。

行動を起こす勇気と決断力の低下

行動力と決断力

  1. 状況判断をする力が衰える
  2. 今のままを望む
  3. 今の状況すら維持するのが困難になる
  4. 過去に決断できなかったことを後悔する

こんな流れになってからでは、何もできない。

行動を起こす勇気を持つ。

行動を起こすための計画を逆算で考える。

あなたが一歩動くことを意識すれば、周りも変わる可能性があります。

 

会社に見切りをつけたらやるべきこと

やるべきこと

見切りをつけたら何をすればいいのか?

退職するまでの準備が必要です。

  1. 自己観察をする
  2. スキル分析
  3. 転職活動
  4. 退職時期検討

自己観察

自己観察

最初にやるべきことは自己観察。

  • 自分の強み
  • キャリア
  • 資格
  • スキル
  • できないこと
  • 苦手なこと

プラスもマイナスも含めて観察しましょう。

その上で、本当に自分がやりたいことをピックアップします。

自分らしく生きるために必要な覚悟!離婚や仕事を辞める時の失敗後悔注意点

自分を大切にするとは?意味や生き方を考えるポイント

スキル分析

スキルアップ

  • パソコン
  • 営業
  • 事務処理
  • 計算
  • 専門分野

自分が仕事をする分野を徹底的に絞り込みましょう。

ただ事務職とか販売とか大枠を考えるのは無駄。

  • ターゲットは誰?
  • 具体的な商品は何?
  • ブランド力やライバルは?
  • 将来性は?
  • 株価や業績の状況把握

さらには、転職者の評判、口コミもチェックしましょう。

大東建託はやばい?ブラック企業?営業はきつい?評判口コミや年収を徹底解説

転職活動

悩んでいる時の転職活動注意点

転職活動をする時、安易に「エージェント」とか「キャリアアドバイザー」みたいな会社に相談をするのは辞めましょう。

なぜか?

  • 無駄が多い。
  • その業界の知識はまるでありません。
  • 素人同然。
  • 手数料を支払ってくれる会社を紹介するのが仕事です。

パソナキャリアの評判,口コミはやばい!利用者も採用後も覚悟しておくべき実態

キャリアリンクの評判はやばい!求人広告に踊らされてはいけない

ネオキャリアの評判は最悪!きついしヤバい会社の実態や年収等を解説

てん食エージェントを紹介しているようなサイトやブログはほぼアフィリエイトサイトなので要注意。

実際に利用した経験者が良かったと言ってもそれは「たまたま運が良かっただけ」という可能性が高い。

転職エージェントとは?意味やメリット,裏事情を人事担当経験者が解説

退職時期検討

退職前

退職をするのは、退職届を提出すれば、2週間後に辞めることが可能です。

つまり、自分がいつ辞めるかは自分で判断すればいいのです。

引継ぎができない?

辞めるタイミングがわからない。

上司に相談しなければいけない?

こんな余分なことを考えるのはやめましょう。

即会社を辞める方法|円満退職希望男性におすすめの相談先と徹底解説

突然辞める退職届は合法?就業規則の拘束力とは?

 

見切りをつけたことを後悔する人の特徴

失恋後悔

辞めた後に後悔したくない!

こんなことを考えている人の特徴をご紹介していきます。

  • 自分に自信がない
  • キャリアがない
  • 経験やスキルがない

しかし、この状況を変える方法はあります。

 

転職や退職を後悔しないための注意点

注意点

行動計画を立てる。

この時、スキルを身につけること。

具体的には?

  • 営業力
  • パソコン
  • 専門分野の知識

いずれかを考えましょう。

自分を試す環境を探す

挑戦

いきなり正社員の求人を探して、当たり外れを嘆くのはもったいない。

だったら、労働条件を考えましょう。

私がコロナ禍でおすすめしたいのは、紹介予定派遣。

紹介予定派遣とは?ただの派遣との違いやメリットデメリット

  1. 自分自身に何が向いているのか?
  2. せめて3ヶ月~6ヶ月は様子を見たい

自分が今後も働きたいと思える環境で正社員になるか決める。

このほうが将来の可能性をきちんと準備ができます。

他にも今の時代には、

  • ブログ
  • FX
  • 不動産投資

など投資によって、資産を作ることも可能な時代です。

私自身も実際に分散投資で不動産や株、金・プラチナの積立投資などもやっています。

少しでも自分の本業以外の収入源を増やす。

これも本業に依存しないために必要な考え方です。

無料メルマガや電子書籍は要注意

危険

アフィリエイト成功体験から月収○○万円を稼いだ方法を伝授。

こんなフレーズにつかまってはいけない。

タダより高いものはありません。

最後には、高額な塾やコンサルティングの商品案内が待っています。

泣き寝入りをする経験をする投資をするくらいなら、少額からできる積立投資を始めましょう。

スポンサーリンク