スポンサーリンク



会社を辞めたいと最近つくづく感じる日々が増えた気がする。

でも、会社に迷惑をかけたくないという思いもある。

上司に会社を辞めたいと言ったら、どう反応するのだろう?

会社員が人生を選択する1つとして、転職、離職という経験がある。

入社当時は、入る事に必死だったはずの気持ちが、今や仕事に行きたくないとも思えるような最悪の心境。

そこまで追い詰められたからこそ、相談という言葉をイメージしていることと思います。

会社を辞めたい時の上司への相談について、このページをご覧いただきありがとうございます。

会社や仕事における悩みについては、40代を主にしながら、以下のようなコンテンツも用意してきました。

会社仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていく毎日に必要な考え方

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

会社仕事辞めたい40代独身男性悩みと自分らしい人生の選び方

会社仕事辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社仕事辞めたいを50代で決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社仕事辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社仕事辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社仕事やめたいのに辞められないを突破する成功法

会社仕事辞めたい理由にランキング閲覧が逆効果?40,30代注意点

会社仕事辞めたい理由面接対策30,40代向けポイントと注意点体験記

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社を辞めさせる手口2018会社員被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

辞めさせられる人って何か理由があるの?

こんな悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めさせられる理由を調べる前にやるべきこと!

40代で仕事がない?という悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めたいという相談をする、されることへのコンテンツもご用意しています。

会社を辞めたい相談は親?30,40代持てない男との関係性

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

会社をやめたいのは、勤続年数で決めたいという方向けにもコンテンツを用意しています。

会社辞めたいのが三ヶ月目?40代向け仕事の選び方注意点

会社辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社辞めたい営業に2年目が多い?40代賢い転職術

会社を辞めたい3年目で40代の成功と失敗の決定的な差

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

会社辞めたい5年目は?40代30代後半の失敗しない為の選択法

会社を辞めたい時の転職活動のタイミングも重要。

会社を辞めたい時転職先決定時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社をやめてから転職活動は40代男性女性に不利な時代?

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

会社を辞めたいが言えないという悩みの解消法についてもご紹介しています。

会社辞めたい時言えない

スポンサーリンク


会社の仕事辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

私のサイトは、40代男性の仕事と人生を軸に、ファッション、ヘアスタイル、恋愛、結婚などと同様に個性を活かし、自分らしく生きる為の考え方を伝えたいと思い、運営しています。

人生の中で、多くの方が選択を迫られる「人、モノ、お金、時間」を自分でコントロール出来る生き方を一緒に考えていきませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回は、会社を辞めたい相談を上司にするべきか迷う20代から40代の独身者の悩みを対象に、以下の項目でご紹介していきます。

会社を辞めたい相談は上司には必要?

会社を辞めたい相談を上司にしないとどうなる?

会社を辞めたい相談は上司と親どっちが先?

まずは、社会人のマナーという言葉を使われても動じない為の予備知識として、御覧ください。


スポンサーリンク






会社仕事辞めたい相談は上司に必要?

会社辞めたい相談上司

会社の上司に辞めたいという事を相談するべきだろうか?

相談しないまま辞める方法は無いだろうか?

このような悩みを抱えながら、いつ?どうやって?なども合わせて頭が混乱している20代新卒世代も多いと思います。

そこで、実際に会社を辞めたいという相談が対上司には必要なのかをご紹介していきます。

会社を辞めたい相談を上司にするのは常識?

現場でお世話になった。

今自分が抜けるとなった時、求人を出して欲しいとお願いをしなければいけない。。

このような判断が出来る状況に今あなたがいるなら、私は相談してもいいと思います。

社会人の常識やマナーという言葉を重んじる考え方の方には、私はとにかく早く相談する方があなたの為に良いと思います。

何故か?

もし仮に、あなたがマナーなどを重んじているなら、「言わなかった事に後悔をする日は必ず来る。」

だからこそ、周囲の反応よりも自分が行動をしないまま後悔しないために行動をするべきだと私は考えます。

しかし、そもそも上司に相談する事がマナーなのでしょうか?

会社を辞めたいは相談ではなく、権利

無断欠勤をするような勇気はあっても、会社をやめたいと相談する勇気はない。

この不思議な感覚を持っている時、誤解をしてほしいわけではありませんが、上司に相談は本来別段必要ないのです。

なぜそう言い切れるのか?

会社をやめたいという意思表示は、労働者側の権利。

そして、その報告は、会社の代表者宛に退職届という書類を送付する事で処理をされるのです。

退職願も届もそもそも上司が採決をするものではないのです。

ですから、そもそも会社の上司に会社をやめたいと相談されたとしても困るだけなのです。

では仮に、上司に会社を辞めたい相談をしなかったら、どうなるのか?

この点をご紹介していきます。

 

会社仕事辞めたい相談を上司にしないとどうなる?

会社辞めたい相談上司にしない

もし仮に、あなたがこのページを見てから、だったら相談しない!

こんな気持になって、行動を起こした際に想定されるその後をご紹介していきます。

会社を辞めたい相談は上司にしないまま退職はできる?

先程ご紹介したようにあくまでも退職届の処理を行なうのは、社長や代表。

こうした立場の方に直接書類を提出したあなた。

その後にあなたに訪れるのは、以下のような流れです。

1.(直属の上司から「辞める事」についての確認がある。)

2.相談では報告を済ませる。

3.退職日が来たら、退職する。

たったこれだけです。

あなたがやらなければいけない事は、会社に保険証の返却や借りている制服などがあれば返却する作業のみ。

それ以外はあなたは何もすることがないのです。

後は、新しい会社に勤める事が決まっていれば、その会社に退職が完了したことを伝える。

この流れで終わりです。

後は辞めた後の処理を会社は行い、新しい会社や国保等の発行が可能な状況にするだけ。

つまりは、会社の上司に辞めたい相談をした時の方が、話しがややこしくなる可能性は高い。

これが本来の答えなのです。

会社を辞めたい相談を上司よりもすべき人がいる!

もちろん、同じ職場にいる人に迷惑をかけたくない。

この気持ちは、せっかく人生の中で知り合うことが出来た社会人同士のつながりにも影響する。

だからこそ、上司は立場も違うとしても、同じ現場にいて、自分にとって、お世話になったと心から思える人には、辞める直前に伝える事も大切かもしれません。

全く縁が必要ないのであれば、何も言う必要は無い。

やはり、人と人で成り立つのが仕事であり、会社。

自分が一番感謝している人には、自分が抜けてからのしわ寄せをお願いしなければいけなくなる。

事実を伝えず、突然激務にさせるのは、人間的に考えても心苦しい。

だったら、やはり自分の部署に居て、本当に信頼している人には、ありがとうございましたを伝えてあげるべきだと思います。

スポンサーリンク


会社仕事辞めたい相談は上司と親どっちが先?

会社辞めたい相談上司と親どっち?

会社を辞めたいという意思表示を相談する。

この行動には、相手が家族と会社という2つで悩みを抱えている方もネット上では数多くいらっしゃいます。

その場合は、どういう対処をするべきか?

私の体験からご紹介していきたいと思います。

会社を辞めたい相談は親より仕事場が先!

私も何度か転職の経験をした事があります。

そのたびに親にはそうだんしていたかもしれません。

なぜか?

子離れできていない親だったから。

ただそれだけのことです。

しかし、毎度親に相談した時には、次の言葉が返ってきました。

「会社にはもう言ったの?なんだって?」

自分の子供が会社にどんな印象を持たれているのか?

このことを親が非常に心配していたように感じます。

どんな会社に勤めていてもそれは同じでした。

倍率500倍を勝ち残ったとしても、5人しか面接に来ていなかった会社でも同じ。

結果的に、親は自分の子供が会社をやめたいという時は、「どうせ親が何を言ってもあなたの人生だ!」

こう思う部分も何処かで用意していたのかもしれません。

  • 同情して欲しい。
  • 気持ちが伝わる人が欲しい。
  • 引き止めて欲しい。

 

このような気持ちがあるなら、まずは親に相談してもいいかもしれません。

しかし、本来社会人であり、会社員になった成人には、社会的責任は個人に帰すべき。

であるなら、親にとやかく何かを言われてブレる程度の辞めたい気持ちなら、何もしない方が得策です。

決断という意味で、自分が行動するべき方向性が定まった段階で、親には結果報告をするくらいが、社会人として成長した事を認めてもらえるのではないでしょうか?

あなたはあなたのための人生を歩むべき。

親にコントロールされたレールの上を歩く人生ではない。

その答えが、ようやく会社を辞めたいとという意識によって、はじめて伝えられるのかもしれません。

私がこのページでご紹介したかった内容は以上となります。

会社を辞める40代男性への退職時プレゼントという視点でも記事を書いています。

退職プレゼント40代男性は人気やおすすめ不要成功法

いくら一流企業や大企業、公務員になった人でも、結果的には離職する人もいる。

精神的に病んでしまい、うつ病や自律神経系の病に罹患する方もいる。

こうした時代だからこそ、何を自分の人生で、「個性」としていくかが本当に大切になった気がします。

誰かに何かを言われたからそうするのではない。

自分が人生の主役として、どういう道を選ぶのか?

そして、何を目標として、今どう行動するべきなのか?

こんな考え方をいろいろなケースでこれからもご紹介していきたいと思います。

このページを最後までご覧いただきありがとうございました。

恋愛という視点でも記事を書いています。

40代男性独身がモテる

40代独身男性がモテる理由に多い誤解と無駄な投資や失敗行動

スポンサーリンク