スポンサーリンク



  • 会社を辞めたいと思ったから、親に相談した上で決めるべき?
  • 会社を辞める前にはやっぱり親が心配するだろうし。
  • 親の顔もあるし辞めたい理由もしっかり伝えた方がいいのかな?

会社を辞めたい相談を誰にするべき?

この悩みについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

このページでは、家系的に仕事を選ぶ権利を個人がほぼ持っていない家庭とは違う一般向け。

あくまでも会社員、サラリーマン等自分の就きたい仕事を辞めたい30代40代男性の行動についてご紹介しています。

他にも、40代男性の仕事の悩みとなる内容は、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

仕事辞めたい悩み関連記事。

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

会社辞めたい40代女性

仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

男性の目線についてもご紹介しています。

40代独身男性転職や会社の仕事辞めたい悩みと自分らしい人生の選び方

会社仕事辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社仕事辞めたい40代独身男が人生やり直したいは叶う!

50代会社辞めたい

会社の仕事を辞めたいを50代決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

仕事辞めてニート

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

40代で仕事がない?という悩みについてもご紹介しています。

会社辞めたいうつ病

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社仕事やめたいのに辞められないを突破する成功法

仕事続かない理由が飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

会社仕事辞めたい理由にランキング閲覧が逆効果?40,30代注意点

会社仕事辞めたい理由面接対策30,40代向けポイントと注意点体験記

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた会社辞めたい

もう疲れた辞めたい!今の会社(仕事)の口癖から解放|ストレス解消法

会社を辞めたいことを相談するという視点からも記事をご紹介しています。

会社辞めたい相談上司

会社を辞めたい相談は上司にするな?30,40代の誤解や注意点

会社辞めたい相談された

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

会社辞めたい相談電話内容

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社を辞めたい意思を年数で判断しようとしてる方向けにもコンテンツを用意しています。

会社仕事辞めたい何年目まとめ

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社辞めたい3ヶ月防止策

会社辞めたいのが三ヶ月目?40代向け仕事の選び方注意点

会社仕事辞めたい1年目

会社辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社仕事辞めたい2年目

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社辞めたい営業2年目の転職術

会社辞めたい営業に2年目が多い?40代賢い転職術

会社の仕事辞めたい3年目

会社を辞めたい3年目で40代の成功と失敗の決定的な差

会社仕事辞めたい4年目

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

会社の仕事辞めたい5年目

会社の仕事辞めたい5年目は?40代,30代後半の失敗しない為の選択法

会社が辞めさせてくれないをどう乗り切るかは民法を知るのが最短ルート!

会社やめさせてくれない

会社が辞めさせてくれないは民法活用3文字で勝ち取れる!

会社を辞めたい時の転職活動のタイミングも重要。

会社辞めたい時転職先

会社仕事辞めたい時転職先決定時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社をやめてから転職活動40代女性

会社仕事やめてから転職活動は40代男性女性に不利な時代?

会社を辞めたいが言えないという悩みの解消法についてもご紹介しています。

会社辞めたい時言えない

会社の仕事辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

看護師やめてよかった

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

会社を辞める40代男性への退職時プレゼントという視点でも記事を書いています。

退職プレゼント40代男性は人気やおすすめ不要成功法

40代後半男性プレゼント女性に多い悩みや無難な商品選び成功のコツ

私のサイトは、40代男女の人生を軸に、ファッション、結婚、恋愛と同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介したいと思い、運営しています。

人生で人が必ず選ぶ事になる「人、モノ、お金、時間」を自分でコントロールできる生き方を一緒に考えていきませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回の記事では、仕事を辞めたい相談を親にする男性とモテない要素という視点を軸に、以下のような項目でご紹介しています。

会社を辞めたい相談を親にする男性の特徴

会社を辞めたい相談を親にするのとモテないの関係

会社を辞めたい相談は親以外の選択肢

あなたの人生をどう周りが受け止めるのか?

考え方は自由。

しかし、ケースによっては、マイナスの印象を持たれやすい要素もある。

少しでも自分らしいか?という視点でご覧ください。


スポンサーリンク



仕事を辞める相談より大事な計画

仕事を辞めるリスク

  • 「ブラック企業」
  • 「過酷な労働条件」
  • 「正当に評価をされない」
  • 「人間関係に疲れた」
  • 「ストレスの限界」
  • 「肉体的にも精神的にもつらい」

いろいろな理由があります。

  • 仕事を辞めるということはどういうことか?
  • その後の人生に関係するのか?

まずは知っておくべき情報を公開しています。

  • 健康保険加入が国民健康保険になる
  • 市県民税、住民税などを自分で支払う
  • 月額固定の給料が入らなくなる
  • 支払いの調整が困難になる可能性がある
  • 次の仕事が決まるとは限らない

コロナかで職を失う人も増加。

その分求人は増加しているのか?

いくら企業の数があってもその業務の内容も自分が入社してみたい、応募したいと思える会社があるかどうかは別。

さらには、採用されるかどうかの見込みまで考えるとどうしても、職を失った際のリスクは大きい。

2020年のコロナ禍になって以降、職探しに苦労をする人は増えた。

この時代の流れを含めて、今一度じっくり考えることが大切。

 

仕事辞めたい相談をする男性の特徴

会社辞めたい相談親

小さい時から父親にいろいろな話をしてきた。

母には心配をかけたくない。

こうした子供が親のためを思う気持ちから、声をかける人も多い。

社会人になって、会社員になってもその影響をずっと受け続けてる30代40代男性も中にはいる時代。

しかし、一部の方には、こうした行動に対して、「年齢を考えたら?」と思われているのもわかってる。

こんな時、どうして今の年齢になっても、親に話をするのか?

この心情をご紹介していきます。

親しか頼れる人がいない

親しか相談相手がいない

子供の事なら、なんでも心配。

なんでも話をしてほしい。

このように言われて育ってきたという男性も多いかもしれません。

特に長男や子供で唯一の男の子なんて立場の場合。

一家の跡取りでもある。

だからこそ、いつまでも親が子供の面倒をみたくなっているケースもある。

しかし、いくら何でもという言葉をもらっていたとしても、自分の子供が30代,40代になって、会社を辞めたいというのは不要だろう。

この時、親としてどんな心情になると思いますか?

  • ある意味では、会社を辞めたいほどの気持ちになって苦しんでいる気持ちを支えてあげたいとも思う。
  • 別の視点では、もういい年なんだから、自分で決めなさいと言うべきか悩む。
  • この子は私が守ってあげなければ何もできないと親心が強まる。

親からしたら、いつか子供が自立してほしいと思う気持ちもどこかにはある。

しかし、いつまでも子供だという心情を持たせてしまう行動にもなってしまっているのです。

問題解決につながる可能性

問題の解決法

この行動が自らの行動に制限をかけてしまう結果も想定しなければいけない事情があります。

正直、何を言われても、結果的には自分で選択するしかないのがあなたの人生。

意見に従い生きているのではない。

その意見を忠実に守っていても、いつか自分より早く他界する可能性がある。

だとしたら、自分はいったい何のために、話をするのか?

そして、その行動が意味するのは、未来にも影響があります。

今回親に話を持ち掛けてしまう事で、また次の機会があった時、同じような流れを生み出すきっかけを作っているのです。

自分で洋服を選び購入してくるのと同じ感覚。

この要素で、仕事も当然自分が人生の主役で決めなければいけない。

だとすれば、決してメリットが多い事ばかりではないのです。

 

精神的に不安定な時にやるべきこと

会社辞めたい相談を親とモテない理由

こんな悩みはありませんか?

  • 朝起きるのもめんどくさい。
  • 仕事に行こうとすると吐き気、嘔吐を繰り返す
  • 身体がだるくて疲れやすい
  • テレビを見ていても楽しくない
  • 自分の人生がつまらないと感じることが多い
  • 以前にも似た似た症状があって繰り返している

 

上記は、うつ病のセルフチェックシートの一部になります。

仕事をもう頑張れない!限界だ!鬱になりそうなんて人に伝えたい事

 

スポンサーリンク

パワハラが原因?休職との判断材料

会社辞めたい相談親以外

以下のような経験はありませんか?

  • 上司から「おまえ」とか「おい」等と名前以外の呼び方をされる
  • 先輩や上司に悪意を感じる
  • 八つ当たりで怒られていると感じることがある
  • 明らかに他の社員と自分の扱いが異なる
  • 理不尽な要求をしてくる
  • 仕事でミスをした際、「殴る」「蹴る」など肉体的な体罰がある
  • 上司から仕事を与えられない

上記は、パワハラ被害者向けに用意されているセルフチェックリスト。

  • 「体育会系」
  • 「ガテン系」

と呼ばれるような職場の雰囲気。

  • 製造業
  • 建築関係
  • 営業職
  • 販売業

上記のような職場でもよくパワハラを受けて早期退職をする人は多いです。

精神的パワハラ裁判事例から職場の実態や違法性を確認する方法

パワハラする先輩への仕返しは簡単!

仕事を辞めたい人間関係の原因は上司!パワハラの見極め方

 

労働条件問題はきちんと手順がある

労働条件に関する問題

労働条件においてのトラブルも多くなっています。

以下のような経験はありませんか?

  • 残業代未払いが続いている
  • 休日時間外出勤があっても代休も手当もない
  • 人手不足だからとやりたいようにやっている気がする

上記は基本的に労働基準監督署に即事案報告をすることが大切。

必ず証拠を残します

証拠を残す

以下のような内容でもかまいません。

  • タイムカードを写真にとる
  • 自分が着替える時のロッカールームを写真にとる(時間が確認可能)
  • 退社した際の会社の外観の写真を撮影する(出勤した証拠)

いろいろ証拠を残すことでスムーズに対処可能になります。

 

 

人間関係に疲れた,限界という悩み

人間関係で仕事をやめたい相談相手

人間関係においての悩みは、深刻化すると対人恐怖症等さまざまな病気の診断がされてしまう可能性もあります。

休職可能な状態なのか?

この判断は、必ず医師からのを診断を受けることが重要です。

性格的な特徴

性格の不一致

  • 真面目
  • 正義感が強い
  • 間違ったことが許せない

上記のようなタイプは、比較的一人で抱えてしまう傾向があります。

こういう人は基本的にこう自分に言い聞かせることが大切。

「こんな時くらい、他人を頼っていい」

全てを自分で解決しなければいけないわけではありません。

各種対応窓口の紹介

公的機関

窓口 電話番号 受付時間
厚生労働省|総合労働相談コーナー 全国労働基準監督署 リンク先に記載
労働相談ホットライン 0120-378-060 午前10時から午後5時まで
日本労働組合総連合会 0120-154-052 午前9時から午後5時30分まで
弁護士会法律相談センター 0570-200-050(都内のみ) 午前10時から午後4時まで
都道府県労働局雇用均等室 各都道府県別にリンク先に記載 午前8時30分から午後5時15分
よりそいホットライン 0120-279-338 記載なし
  • 誰にも言えない
  • 周囲に知られたくない

不満やストレスを感じながら、ずっと今の仕事にしがみつくのはとても辛いです。

あくまで、自分で判断をすることが大切です。

辞める時もその後も職種、業種問わず、自分が背負うこともあります。

サービス比較注意点

サービス比較

私は人事担当としても10年以上企業内でさまざまな業者や面接希望者の対応を経験してきました。

その中で、基本的に、以下のような会社を利用するのは最後の最後です。

  • エージェント
  • 弁護士

エージェントは、労働者の支援を行っているサービスと思っている方は多いです。

しかし、実際には手数料の支払いが良い会社が優先される。

結果、あなたの希望より企業の利益が優先される。

転職エージェントとは

転職エージェントとは?意味やメリット,裏事情

結果、登録してもうまくいかないことはあたり前の時代。

アドバイザーははっきり言えば専門のスタッフではありません。

職場の環境も条件も今の職員の不安すら知る機会はない。

いわば、自分自身が連絡した時の担当者の声を調査した結果と言っているだけ。

こんな人間が正社員となって、キャリアや内定の案内をしている。

こんな人に長く働く人のスキルや現在の事情を知っているはずがない。

将来の不安を感じるなら、まず自分の目で見ることから始めましょう。

安易に人を使うと事態が良くなることは少ない。

せっかくあなた自体には問題がないし、実績もあるのに、手数料が高いせいで、不採用になる。

こういうことがいま経営がうまくいかない、厳しいという会社には毎日のようにどこかで起こっているのです。

正直、企業からしても、自分たちの手間が少ないほうが楽という発想。

結果、誰もが楽を使用としているから使用するサービス。

こんな仕組みで採用をもらえる人はごく限られたキャリアや実績を持つ中途採用もしくは第二新卒でしかありません。

弁護士も注意が必要。

あくまで彼らも裁判を行って手数料をいただく業界です。

つまりは、面談を行って、具体的なアドバイスを行ってくれるかどうかはその案件次第。

ちょっとでも難しい条件を伝えると、着手金などを支払ってからという流れになります。

あくまで、具体的な流れに伴う準備をしたい時以外は積極的には使えないのも現実。

  • 整理解雇
  • 普通解雇
  • 懲戒解雇

上記の3つのようなことが実際に行われた際には、直接詳細を聞いて確認しても担当が教えてくれない。

そういう時に利用するようにしよう。

あくまで、サポート的立場から社内の疑問点や改善しなければいけない可能性が高い案件を探すなら、労働基準監督署で十分。

  • 大きなトラブルに巻き込まれていない。
  • 今の状況は相手が悪いのかはっきりさせたい

このように働く間に利用する際にも段階が異なります。

 

自分で新しい仕事にたどりつくコツ

転職成功のコツ

とにかく何か1つでも知識が欲しい。

こう思った時には、一つではなく、それぞれの機関に適宜行ってください。

そうすれば、きっとこれからのことをより具体的に決める道筋を作る力になってくれると思います。

こうやって聞くと質問しづらいと思う人もいるかもしれません。

でも自分の今できることは何か?

この答えを理解しているのと、しないままでは、手段もその後の答えが出る時の気持ちの整理も大きく違います。

なんとなくでも良いから自分の頭の中で納得できれば解決策と思える。

頑張っても責任を明確にしないのが企業です。

そんな時にもきちんと現状を把握してもらうことが大切ですよね。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

最後までページをお読みいただきありがとうございました。

あくまで各種サービス一覧は参考にしていただけたらと思います。

まずは誰かを頼ろうとしないことが大切。

基本は、自分でやるべき事をすべてやる。

もし、不安があれば、窓口にメール等で確認する。

気軽に最初から何でも誰かを頼ると結果、自分では何も決められない人間になっていく。

世の中は変わってオンライン面談が増えた。

しかし、転職の進め方は昔から日々の求人情報をチェックすることから始まる。

そして、コミュニケーションスキルを身につける。

これが、相手の印象を変える一番効率の良い学習方法。

  • 提出する書類も自分で作り上げる
  • 基本は、事実をそのまま記載する
  • 経歴を偽らない。

このくらいのことはあたり前のこと。

そして、今の自分のありのままを強くアピールすることを恐れない人は勝てる。

いかにごまかすかではなく、いかにその場にいる人の意向に沿った答えを提示できるか?

 

スポンサーリンク