スポンサーリンク



  • 最近、彼氏と一緒にいてもドキドキしない
  • もうそろそろ別れるタイミング?

自分の気持ちすら見失ってしまうのが恋。

でも目が覚めるまで本当の自分が見えないまま時が過ぎる人も多い。

彼氏と別れる関連記事一覧。

彼氏と別れる前の準備

スポンサーリンク


彼氏と結婚?別れるべきか?迷った時の決断ポイントと失敗後悔注意点

彼氏との別れどき

もう彼氏と別れどきだな!タイミングに迷ったり悩んだりした時の決断方法

今回の記事では、彼氏にドキドキしなくなった原因と別れの見極め方を以下の目次でご案内しています。

彼氏にドキドキしないのは普通?

彼氏にドキドキしない女性の悩み

彼氏にドキドキしない原因

彼氏にドキドキしない女性の心理

彼氏にドキドキしない時の対処法

彼氏にドキドキしないのは別れの合図

彼氏にドキドキしないのは冷めたから?


スポンサーリンク






彼氏にドキドキしないのは普通?

彼氏にドキドキしなくなった

  • 付き合い初めとは明らかに何かが違う!
  • 最近になってあの頃のドキドキがなくなった

「なぜ彼氏にときめかないのかな?」

こんな悩みを抱えている女性は多い。

でも決してその感情は、珍しい話しではありません。

ドキドキする感情の仕組み

ドキドキする感情の仕組み

恋をすると、「ドーパミン」という神経伝達物質がたくさん分泌されます。

しかし、この物質は、同じ刺激には反応が鈍くなることもあります。

つまり、ドキドキがうす暮れていくというのは「脳の働き」が関係しています。

ある意味、心理よりも先に脳科学を視野に入れる必要があります。

ドキドキしない彼氏との関係を続けるべき?

もう別れるべき?

この判断基準も解説していきます。

 

彼氏にドキドキしない女性の悩み

彼氏にときめかない

彼女が彼氏にドキドキしない。

どんな状況?

どういう経緯?

実際に恋愛相談を受けた事例をご紹介していきます。

付き合って1年

付き合って1年

交際期間 1年
気づいたきっかけ 会いたいと思えない
どうしたい? わからない
別れたい? わからない

この時の彼女はつまらなそうな雰囲気が伝わってきました。

でも結果的に、「別れる勇気がない」ということでした。

様子を見ることにしたのです。

大好きなはずなのに

大好きなはずなのに何か違う

交際期間 6ヶ月
気づいたきっかけ デートドタキャン
どうしたい? もっと仲良くなりたい
別れたい? 別れたくない

でもどうしたらいいかわからない。

「彼氏のほうが冷めたかもしれない!」

この時の事例は、「信じる勇気の必要性」について伝えました。

そろそろ別れたい

そろそろ別れたい

交際期間 2ヶ月
気づいたきっかけ 1ヶ月経ってから
どうしたい? もう無理かも
別れたい? 別れたい

この時の彼女の気持ちはたまたま合コンで知り合った相手との交際を迷っていた時でした。

本当にこの出会いで良いの?

この先、浮気とかあるのでは?

こんな不安を払しょくできないのは、やはり「信じる勇気が足りない」から。

 

彼氏にドキドキしない原因

彼氏にドキドキしない理由や原因

なぜこんな気持ちになってしまったのかな?

  • 自分が悪いの?
  • 相性が悪いせい?

理由をご紹介していきます。

刺激のない日常

刺激がない

付き合う前の男女は、お互いに近づくために必死になる。

でも彼氏彼女の関係になった途端、その緊張の糸がプツンと切れる。

「一緒に居るのが当たり前の存在」

こう思っていしまうと、お互いが傍にいることに価値も感じない。

「自分のために」

「デートに誘ってくる」

これらが、「やってくれる」に変わる。

すると、ひとつひとつに感謝の気持ちが薄れる。

貴重な時間を使ってくれた。

この気持ちがなくなると?

「特別な人」

「好きな人」

という意識が薄れてしまうのです。

つまりは、自分のパートナーである感覚ではない。

これでは、特別な感情も生まれない。

マンネリ化

マンネリ化

よくあるのがこんな事例。

  • いつも同じデート
  • 連絡は決まった時間の定時連絡
  • 会話は一言二言。

当たり前になりすぎるとどうなる?

若干退屈になっているのです。

今の2人に必要なのは、新鮮さ。

しかし、刺激といってもスキンシップを求めあう気持ちもない。

これはそろそろ別れのサイン

気持が冷めた可能性が高いのです。

恋愛相手ではない?家族?

恋愛相手ではなくなった

1年、2年、3年、5年以上。

付き合う期間が長くなると、いつしか異性としての意識が薄れてしまうこともあります。

愛情ではない。

ある意味、同情、惰性、妥協という関係性。

異性として「好き」とは違う感情。

  • 心配もする
  • 喜びもある

でも異性として見れない。

これは、もう彼氏のことを男として見ていない。

この場合も結局最後には、疲れてしまうのです。

私はこの状況の逆バージョンで結婚して2ヶ月で離婚しました。

原因は、妻の不倫でした。

好きな気持ちがない関係

恋愛感情の無いカップル

彼氏のことを好きなら、ドキドキする。

目を合わせるだけで「恥ずかしい」と素直に言える。

これがわかりやすい反応だと思います。

でも気持ちがなくなった関係では?

  • 会うたびに喧嘩ばかり
  • いつもわかってくれない
  • わかってもらえない
  • モラハラが気になる

ある意味、魅力を感じなくなっているのです。

それよりもうまくいっていない背景にある内容が気になる。

そして、疲れていませんか?

「会いたい」

「話したい」

この感情が今のあなた自身にないなら、難しいですね。

 

彼氏にドキドキしない女性の心理

彼氏にドキドキしない

恋愛の始まりと後悔

彼氏との出会いのきっかけは何?

例えば、以下の3つでその後の心情は大きく変わる。

  1. 自分から好きになった相手
  2. 相手から熱烈なアピールを受けた
  3. その場の勢いで意気投合した

ちょっと極端ですが、でもよくあるパターン。

付き合うきっかけは彼氏期彼女になる時には問題視しない。

しかし、1週間から1ヶ月で違和感に変わる。

「自分の求めた出会いのカタチとは違う。」

「本当の意味で好みの相手ではなかった」

つまりは、自分の「好き」の感情を否定する思考が動き出す。

結果的に、「冷めた」という流れになりやすい。

以下の感情から生まれた恋は冷めやすい。

  • 話や趣味が合いそう
  • 何となく良さそう

こういう漠然とした雰囲気からつながったカップルは自然消滅しやすい。

他と彼を比較している

他の男と彼を比較

  • 元カレ
  • 職場の上司
  • 彼の男友達

ちょっと頻繁にやり取りをするだけで簡単に心変わりをする人もいます。

別に本気になるつもりはなかった。

でも今の彼よりもどこかで魅力を感じてしまう。

こういうタイプの人は、簡単に冷めてしまう。

理想と現実のギャップ

理想と現実のギャップ

一緒にいる時間が長くなるにつれて、相手の素も見えてくる。

緊張感は緩みます。

結果的に、自分が相手を受け入れるのが嫌になってくる。

  • モラハラ
  • パワハラ
  • 謝らない

「こんな人とは思わなかった」

  • 嫌悪感
  • 幻滅した

等の感情が沸き上がったら、もうそろそろ別れのカウントダウン。

何も感じなくなった

何も感じない

一緒にいても特別なことがない。

  • 刺激もない
  • 何をしたいという感情もない
  • 話をしていても心の底から笑えない

一緒に何かをすることに感情が高まることがない。

「これが落ち着くということなのか?」

それは違います。

本当に相性の良い男女はいつまでも自然に相手に引き寄せられる。

それは、それぞれが必死に努力をしているから。

  • もっと知りたい。
  • もっと近づきたい。
  • もっと頼られたい。

こんな感情がない関係は、「好き」ではなく、「情」です。

幸せよりも不安

不安

彼氏に対して、恋愛感情が薄れたわけではない。

でもなぜかいつも不安になってしまう。

例えば、

  • 仕事が遅くなった時に理由を言ってくれない
  • デートの計画がない事に焦りも不安も見せない
  • 自分のことがまだ好きなのかもわからない

こんな感情があれば、ネガティブな思考だけが増加する。

「今の自分に何ができる?」

こんなことを考えているとしたら、それは本当にもったいない。

相性のよい相手なら、自然と相手の求めていることが伝わってくるのだから。

 

彼氏にドキドキしない時の対処法

彼氏にときめかない

彼氏にドキドキすることは亡くなった。

もう彼にときめきを感じる事もない。

こんな時に、失敗する典型例をご紹介していきます。

付き合い出した頃を思い出す

思い出

多くの人は、付き合い始めの頃を思い出そうとする。

でもこれは現実逃避でしかない。

なぜか?

今の彼はもう昔とは違うのです。

あなた自身も同じです。

例え、1週間前でも1ヶ月前でもその後の日常で過ごしてきた積み重ねが今の感情を生み出している。

つまり、理想と現実は大きく違う。

いつまでも「たられば」を想像してもうまくいかない。

私は、今の妻を見ていることで幸せを感じる。

なぜか?

結婚して10年経った。

お互い年を取った。

でも新たな魅力を発見しているから。

若い時を思い出しても意味はない。

一緒に恋愛もののドラマや映画鑑賞

恋愛映画を彼氏とみる

お互いを刺激するために、何かを一緒に行う。

これもまた意味がない典型例。

なぜか?

映画を見てもドラマを見ても相手はもうあなたを見ているわけではないから。

  • マンネリ化している
  • ギスギスしている
  • スキンシップもない
  • レス状態

こんなカップルが一緒に恋愛ものを見ても何も感じない。

一方が熱烈になっても冷めた相手にはうざったいと思われるだけ。

結果として、ドキドキどころか虚しさと虚無感が支配する時間が待っている。

彼氏をリメイクする

彼氏を変身させる

コロナ前であればもう少し多くの人がいろいろなことに前向きになっていたのかもしれない。

しかし、今はもう自粛生活に疲れ果てている。

自分好みに変えるテクニックを伝えてきた時期もあります。

でも今は違う。

そのタイミングではない。

今は、限定的な時間だったとしても、まずはお互いが自分をコントロールするのに必死になっている。

だとしたら、変に相手を変えようとしてはいけない。

大事なのは、受け入れる勇気です。

 

彼氏にドキドキしないのは別れの合図

彼氏にドキドキしないのは別れのサイン

ドキドキしない相手とどうすればいい?

この答えはある程度決まっている。

彼氏に興味がなくなった

一緒にいる時の彼の笑顔を見ているのも慣れてしまう。

愛情のカタチが家族と同じになってしまう。

これは、良い事ではない。

むしろ、刺激のない二人が最後にたどり着くのは「自由への障害」。

  • 「鬱陶しい」
  • 「うるさい」
  • 「面倒(めんどくさい)」

子どもに同じことを言えますか?

子どもには無慈悲な感情を持つことができるはず。

これが愛情です。

その行動と同じことができないというなら、家族のようだというのは、誤認しているだけです。

スキンシップが不要

彼からの誘いを断っていませんか?

  • 手を繋ぐ
  • 肩を組む
  • ハグをする
  • キスをする
  • セックスをする

この時、女性から拒否の姿勢が出た時、男は完全に自信を失う。

  • やめて
  • 触らないで
  • うざい
  • 気分じゃない
  • もう寝る

「拒絶」とは存在の否定と同じです。

この先に共に歩む人生はありません。

元カレや他の男と比較

彼氏以外の気になる男性がいるなら、彼を開放してあげましょう。

  • 自分の気持ちが整理できない
  • まだ彼氏と別れる勇気がない

こんなことをしているのはある意味無責任です。

大好きな彼氏と別れる勇気がない!気持ちの整理方法と別れ方のコツ

負の感情が強い

彼氏に対して以下のような感情はありませんか?

  • イラつく
  • むかつく
  • 邪魔
  • 気持ち悪い

これは、人と人における壁ではなく溝です。

もう自分の心の中に必要な人としての価値がなくなっている。

だったら、早く彼を解放してあげるほうがお互いのためになります。

 

ドキドキしないことと冷めたは違う?

ドキドキしないことと冷めたは違うのか

結局、自分の中で彼はどんな存在なのか?

この答えを出す時、以下のような相談が多い。

「ドキドキしないけど彼に対し嫌いという感情もない」

これは、何を意味するのか?

単純に飼い殺しと同じです。

相手にとっては、

  • スキンシップをとりたい
  • 会いたい
  • 抱きしめたい

いわば支配欲や性欲の対象として見ているのです。

でもその相手が、全くそいう感情を抱いてくれない。

これは、ある意味、冷めたという意味を勘違いしているだけ。

自分にとって都合の良い言葉遊びをしているのです。

中途半端なことをされるのが嫌だと思っているなら、今のあなたの行動そのものを見直すことが大切です。

スポンサーリンク