スポンサーリンク

定年退職の男性へのプレゼントならゴルフ用品なんて案もあります。

20代から60代まで各世代で退職者がいつの季節でも普通に出てくる時代。

中には、昇進や昇格、結婚など退職の理由にお祝いが含まれるケースもありますよね。

でもそうではない時には、どんなギフトを用意してあげるべきなのでしょうか?

  • ギフトセット?
  • ランキングや人気商品?
  • デザインに凝った限定品?
  • 名前入りのオシャレなデザインの商品?

上司、同僚、部下という関係を無視して、とにかく会社を辞める人には必ず何かプレゼントを贈るという習慣がある会社もありますよね。

誕生日には、社長から直筆のメッセージや贈り物が届くなんてケースもあります。

でも一般の社員がお金を出し合って送るような仕組みになっているなら、ちょっとアイテムの選び方もいろいろ考えてあげないといけない事も多いのではないでしょうか?

これまでにも年代別で注意しておくべきポイントなどをご紹介してきました。

退職プレゼント男性50代向け

50代男性退職プレゼント個別体験記

スポンサーリンク

50代男性へ退職プレゼント|お酒好きな上司への贈り物体験記

退職プレゼント男性40代

退職プレゼント40代男性

40代男性退職プレゼントは人気やおすすめ不要!選び方のポイントや成功のコツ

退職プレゼント男性30代

30代男性退職プレゼント価格相場

30代男性へ退職プレゼント用意する時の価格相場や渡し方のポイント

今回の記事では、男性に退職プレゼントを用意する時に考えていただきたい受け取った側の気持ちについてご紹介しています。

スポンサーリンク





男性にとっての退職プレゼント

男性退職プレゼントまとめ

男性女性を問わず退職プレゼントです。喜ばれるアイテムという言葉以前に贈りたいというのが一方通行になっていることを意識しなければいけないのではないでしょうか?

同僚、部下にまでお金を出させる仕組み

相手は一方的に辞めたいという気持ちになっている状態です。その相手のために商品を選ぶというのは不思議な話。

昇進や昇格のお祝いとして選ぶのと退職祝いってちょっと意味が違う気がします。

結婚を控える人だったり、定年を迎える前の人だったり職場にはいろいろな年齢の人が一緒に仕事をしていますよね。

この中で別に好きでもないしあまり関わりもないような人にも500円から1000円を集金する職場を見てそれが気落ちの良い環境と思えている人ばかりではありません。

今の時代は、会社の飲み会すら素直に嬉しいという人は少ないのが現実。

  • なんでこんなセンスのない商品渡すのかな?
  • こんな機能で満足できると思われているなんてかわいそう
  • 実用性ってこのサイズじゃ何も使えないでしょ1

人によっては、購入してきた人のセンスがないことにストレスを感じていることも多い。

正直、特別な気持ちがある人だけで送ればいいんじゃないのでしょうか?

受け取る相手の気持ち

正直、一番忘れてはいけないのが、辞める相手の気持ちです。いくら表面的には明るくふるまっていても内心では一番早くさっさと会社から去りたいと思っているのは辞める人本人です。

その人を縛り付けるような行動になるのが、退職プレゼントと言っても過言ではありません。別にある意味さっさと帰らせてくれた方が気が楽なのに、時間を作らなければいけないのも面倒。

この気持ちが相手に歩かないかを長く勤めた人にこそチェックをしてあげるのが本当の意味でのプレゼントではないでしょうか?

結婚したばかりの新婚の生活があるからこそ、どんどん早く帰れる環境を作ってプライベートな時間を楽しんでもらう。

正直このほうがどんなプレゼントを選ばれるよりも嬉しいと思います。

何かを探す手間や労力を残る人が背負う必要もないはずなのです。そもそもその行動で相手にも時間をもらい、しっかり受け取って持ち帰ってもらう必要がある。

こんなことを最終日で好みもよく分からないのに喜ぶ顔が見たいと押し付けられる機会を与えられるのはいい迷惑だと思う相手もいるのではないでしょうか?

 

名ばかりの記念品

 

退職プレゼントなのになぜか身内のような商品を贈ってこられたことで困惑する人も増えている。ネット上で何でも気軽に注文できるからといって以下のようなアイテムを探すのは相手の状況をよく観察する必要がある。

  • 名入れの商品
  • ブランドもの
  • 送別会とは不釣り合いの金額

このような商品では、いくらおしゃれなグラス1つでも正直そのグッズを受け取りにくいし、扱いに困ると思ってしまう人もいる。

簡単に選べる時代だからこそ、ただ単に高級イコール喜ばれるという考え方には注意をしましょう。

 

誰用のアイテム?

 

別に本人が退職をする場合でもボールペン等一般の家庭で使うなら、既婚者の場合は奥さまとのペアという形式でも喜ばれる。

対象の方が大切にされているお子様やご親類と素敵な時間を過ごすためのアイテム選びというのも非常に喜ばれるアイテム。

出産を終えたばかりの時にいつでも使えるバッグやクリスマスにちなんだ一緒に楽しめる味のギフトを届けるのも感謝されることが多い。

変に一人用のタンブラーや時計みたいなものを記念品として渡されても正直必要に迫られていない時には荷物にしかならないということをもう少し察してほしいと思うこともあるのです。

 

見送るための商品

 

日本で会社員として過ごしてる世代には正直、ほかの人のためにお金を使っていられる余裕がないという人も多い。

折半で同じ金額を負担してもらうと考えたら、400円から800円が相場と言われている。

この金額ならお返しを不要と言われたとしても受け取りやすい。

しかし、商品があまりに高いと思うとそのままというわけにはいかない気がしてくるのも日本の風習。

シンプルな商品選びを成功させるには、毎日使うとか日ごろの通勤に最適な商品を厳選するよりももっとこれまでの日々にお疲れ様という一呼吸できるような商品を探してくれたほうが利用しやすい。

だからこそ、普段はあまり行かない美味しいと評判の店の商品だったり、写真を入れるフォトフレームなどを送ってもらうほうが使いやすい。

家族が喜んでくれるとか思い出を共有しやすいと感じてもらうものほうがいろいろなタイミングで使いやすい。

 

内祝いと職場の切り分け方

 

正直、これから先にも結婚記念日や出産や新築祝いなどで何かを貰える機会もあるのかもしれない。

そうした時にも素直にありがとうと伝えやすい対象はいくつかある。その代表はコーヒー豆などのインスタント系グルメだ。

これから冷えてくるとか暑くなるといった時期にもらえるのはとても助かる。

ちょっと旅行に出かけたいと思っているなら、その時に安心して使えるようなアイテムを選ぶのもやり方の一つ。

こういう内容であれば、正直5000円程度で想いが伝わりやすいと思います。

スポンサーリンク