スポンサーリンク



転職をしたい人は増える一方。

ちょっと前までは35歳が転職限界年齢と言われていた。

しかし、今の時代は違う。

未経験の人も異業種転職をしている。

業界なんて関係ない。

今後も生き残る企業はどこだ?

ただ求人情報を眺める人は減ってきた。

将来性と安定。

この2つが転職を希望する人にとって大切になってきた。

だからこそ、転職を考える者の中には、以下のような業種に注目をする人も多い。

  • 介護、看護師などの医療分野。
  • プログラミング、エンジニア、開発などの専門のスキルを培うことができる業種。
  • webサービスなどスクールで知識をつける事も可能な仕事。

いくら企業に面接を求める活動をしても書類選考で落ちる事も当たり前の時代。

エージェントを使ってもなかなか企業は面接をしてくれないような時代。

一方では、スキルも基礎の知識も経験もない人でもいいから必要。

こんな声があるのも現実。

人生をやり直したいと思う人に伝えたい内容もご紹介しています。

40代男性未経験転職と資格のリスク

スポンサーリンク


40代男性の転職未経験でも資格持ちは有利か?現場の厳しい現実

40代主婦仕事と資格の考え方

40代主婦の仕事再就職前に資格は必要ない?よくある誤解

今回の記事では、エンジニアを目指す人に伝えたい内容を以下の項目でご紹介しています。

エンジニア転職未経験者の最初の一歩

エンジニア転職未経験者の仕事の探し方

エンジニア転職未経験者の会社の選び方

仕事が楽しいと思える環境はどこにある?

知識も経験もない自分がどこに身を置くことが安定につながる?

職種や業種を絞り込んだ後に、その業界の会社選びはどうすればいい?

転職活動に必要な3つの視点をご紹介しています。


スポンサーリンク






エンジニア転職未経験者の最初の一歩

エンジニア転職未経験チェック

これまでは全く違う業界で働いていた。

キャリアなんてない。

入社してからの時間で全て学習するのは現実的ではないのか?

言語などの専門知識も求められる可能性が高い。

いざ採用されたとしても今から全て覚えることは簡単なのか?

本当に未経験や業界初心者が一人前に仕事をこなせるようになるのか?

不安になるのは当然だと思います。

だったら、その不安を解消しておくことが大切。

書類選考や応募の前にやるべきこと

近年、採用面接の前に適性検査を行う企業が増加しています。

適性検査にも種類があります。

SPI

性格

この2つが学力などを見る以外にも採用されている。

でもこのテストを受けた結果について私たちは知る機会がない。

勝手に判断材料の1つとなっていく。

当然、緊張していて本来の力が発揮できない人も多い。

こんな状況で、いざ採用されたとしても「やっていけるのか?」と不安になる。

今は、新しい分野に挑戦する。

これまでとは全く違う分野でプロを目指す。

このような人が増えている。

だから、転職サイトなどでもこんな文字を見たことがあると思う。

適性判断。

今のあなたにはどんな分野の仕事が向いているのか?

この判断を一定の情報を入力する事で診断をしてくれるサービスが提供されている。

実際に私もこの内容を試したことがあります。

書類選考前に確認するメリット

自分の性格や能力は次の仕事にむいているのか?

いくら自分でスクールに通ったり独学で学習して知識的に追いついたとしても性格的に不向きなら数ヶ月で嫌になるリスクもある。

こんな時に活用してほしいと思えた。

内定をもらった後に困るのも嫌ですよね。

だったら、先に自分に可能な仕事なのかを客観的に判断してもらう。

こういうデータがあると、意外と全く未知の世界に挑戦する時には、支えになる事も多い。

 

エンジニア転職未経験者の仕事の探し方

未経験エンジニア転職

実際にエンジニアを初心者や未経験者歓迎で募集をしている仕事は2019年でも簡単に出てくる。

特に、自動車産業やAI技術の開発などに携わる会社が多いエリアでは募集が多くなる傾向もある。

当然、営業もこれからの時代に必要だと多くの未開発の店舗にアプローチを行う。

この流れから業務も忙しくなることが想定される。

本当に忙しい会社なら、年収が多少高くなっても一人でも多くの人に入社してほしい環境が予想される。

でもその仕事って本当に全て一律でしょうか?

サービス対象により業務も異なる

エンジニアというカテゴリーで仕事を探すと、さまざまな分野が出てくる。

php

C言語などのプログラミング言語(プログラマ)

javascript

解析や分析

見るからに実務として実際にやっていることのハードルが高いイメージ。

でも就職が決まったらどこの会社でも1から勉強。

だったら、上記のような内容でもある程度同じだろうと思っていませんか?

実はそれって大きく違ってくる。

例えば、

自動車の制御端末を開発する企業。

これからよりも既存の企業の依頼に基づいて実際は活動する会社。

この2つは大きく異なる。

他にもどれだけの人員で現在は稼働しているのか?

このように、人員と教育というバランスも重要になってくる。

元から何か知っている人が入るのとは大きく違う。

プロジェクト単位

エンジニアは本当に忙しい。

この言葉が転職エージェント時代にもよく聞かされていた言葉。

その理由は何か?

これは簡単に言えば、原稿の締め切りを守るために必死に働く作家と同じ感覚。

システムを1つ完成させる。

この活動には、全て期限が決められている事が多い。

大手の案件ならなおさら。

とにかく他の業務も含めて徹底的に納期にこだわる。

これは常に意識が続く。

現場の空気は常に張り詰めた状態。

もちろんこういう空間が好きな人もいる。

しかし、冷静に考えてみるとこんな疑問も出てくる。

自分が一人前に何かプログラムを作れるようになるまでの時間はどのくらい用意されている?

週5日の勤務で本当にそんなプロの行っている通りに作れる日が来るのか?

常に新しい技術を生み出す場所で一人にされたら何に手をつけるべきかもわからない。

こんな動揺をしやすい人はまず自分の将来性なんてことよりも初心者時代の研修や常にメンターがいる状況なのか?

このようなこだわりのポイントもチェックしておく事が大切です。

 

エンジニア転職未経験者の会社の選び方

エンジニア転職未経験

同じような規模

同じような年収

でもこれ以上の情報は直接面接で質問して効かないとイメージができない。

こんな時にはどうやって会社を選ぶべきか?

募集人数も注目

受け入れは多い。

新卒も第二新卒も歓迎。

なのに、年齢制限なしで何歳でも応募可能。

この条件があったらあなたはどう思う?

「こんな幅広い世代から募集をして、本当に面接なんて受けられるのか?」

人気の企業が相手となっていたら、当然応募も増える可能性がある。

でも問題はもっと別の点にある。

それは、同じ教育をしてわからないままの人は簡単にクビになる可能性。

使用期間を長くする。

最初は契約社員としてスタート

こんな内容があったら、まずは使い捨てになる可能性も考慮するべき。

たくさんの人が入っても生き残れるのはほんの一握り。

これもある意味システムエンジニアやプログラマーなどのit関連の仕事にはよくあること。

日本はトップレベルの技術を生み出す力を持っていると高い評価を受けている。

当然、その結果を生み出しているのは「人」。

その結果はどんな人選がされてきたのか?

ある程度最初は初心者の人を必死にここまで育て上げてきたのか?

使えない人は使い捨てにとしてどんどん退職させる会社なのか?

このような内容をある程度その会社の評判や口コミなどを見ながら比較するのも大切。

あくまでメインは納期。

こだわりは、オリジナリティや新技術という他社に負けない最先端を目指す。

こんな状況を毎日繰り返す環境をどう会社はコントロールしているのか?

現場の声をメインとして会社の行っている内容をチェックしておきましょう。

まずはこういうことをしながら自分のスタートアップをどこの会社に託すべきかを考える。

これがエンジニアの未経験者が転職をする際におさえておくべきポイントだと思います。

今回の記事でご案内したかった内容は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク