スポンサーリンク



実家暮らしをしている男。

モテない男。

男性が一人暮らししていないだけ。

それが「人として」という解釈に変わる。

親の介護や生活に必要なお金を息子が工面しているとか管理をしているケースもある。

私は実家暮らしをしてる期間に再婚相手の妻と出会いました。

その後恋愛の先に結婚をしました。

決して、モテない男と実家暮らしが直結しているとは言わない。

でも、生活の中で何か自分の中で引っかかる事があるなら今から見直すべきだと思う。

実家暮らしの男について、恋活、婚活で女性が悩むポイントもご紹介しています。

40代30代アラフォー独身男性実家暮らし

スポンサーリンク


独身男性実家暮らし30~40代アラフォーと女性の婚活に多い悩み

一人暮らし⇒自立

実家暮らし⇒親に家事も自分のお金の管理も貯金も生活も任せている感じ。

この両者を比較すれば当然家にいくらかの生活に必要なお金を出していても価値は低い。


スポンサーリンク






実家暮らし男とモテない共通点

実家暮らしの男がモテない理由

別にお金が貯まらないと思ったから、結婚するまでは貯金するために実家で親と同居していただけ。

別に一人でやっていこうと思えばいつでも家事でも炊事でも生活できる。

思っているだけでなく、いざ外に出た際にも即行動ができる?

この答えが重要なのです。

モテない男ほど行動しない

20代から60代まで社会人の男性女性問わず、多くの人が家を出て、一人でやっていくしかないという環境になっていく。

地方に住む人の中には、以下のような事情も多い。

自分の実家の近くには希望の就職先がない。

外に出たい。

親元を離れてもいい。

自分のやりたい仕事を探しに行く。

こんな気持ちを胸にして行動する。

目の前の現実には、今ある貯金で乗り切る感じ。

家事も恋愛も全て同じ。

理由や事情があってもその現実を受け入れ、乗り越えるイメージの先にまず行動をするか?

それとも行動する前にやらない理由(言い訳)が先に出てくるか?

この言動が、マイナスのイメージにつながる。

恋愛の経験も少ない人

貯金がない。

だから恋愛もデートなどは難しい。

当たり前の事ですが、恋愛をする上でも当然お金が必要。

ヒモ生活を送る事が1度でも経験しているという人は、それでも良いという意見。

しかし、女性が好きになる相手として、以下の要件はイメージ的にマイナス要因。

  • 仕事が安定していない。
  • 何事も理由が先で続かない。
  • 今を見て、過去の経験を聞くと甘えしか感じられない。

このような状態では、いくら初対面で好きと思えた者でも徐々に気持ちは離れていく。

今の自分を甘えと自覚していない。

この気持ちが少しでもある人に、女性は将来一緒にいる上での安心感を持つことが出来ない。

 

実家暮らし男とモテないの言い訳

実家暮らしの男がモテない理由ではなかった

洗濯でも家事でも料理を作ったりすることもできる。

給料が低い。

この2つから考えたら、出ていく環境を作っても生活ができない。

いくら職場の近くに住むことになっても、結果として金銭的に限界を迎えるかもしれない。

このような気持ちになったまま時間だけが過ぎていく。

その先に、社会人の中でも一人暮らしがモテるとか実家暮らしがモテないなんてことを考える。

つまりは、自分が将来を考えた仕事探しをしていないだけ。

給料が低い事も理由ではない

年収が低いと婚活がうまくいかないのか?

このような記事も書いています。

40代男性婚活年収低い時の勝ち方

40代男性婚活で年収が低い事が負けの原因ではない!

男女の関係の先に家族になるきっかけは相手の何を見ているのか?

この時に絶対男子と女子は見ている内容が違う。

男は、女を容姿(見た目)で選んでいる。

女は、男を聴覚(声)と嗅覚(臭い)で選んでいる。

それ以外の事情は、男も女も何か問題を抱えた時にも絶対前向きに諦めない姿勢を見せているかどうか?

何かあったらいいわけが先。

自分に都合が悪い事があれば、他人のせい。

このような認識を持って生きてきたと相手に伝わるからこそ、モテない。

給料が低くても住んでやっていける物件はいくらでもある。

その覚悟がなない。

ただこれだけなんです。

リスクという言葉が先

マザコンなのでは?

実家の環境がある意味居心地がいいのでは?

実家に住んでいると知った時、女性は気になる男性の行動を観察する。

どういう状況なのか?

デート中の行動等から推測する。

この時、2度3度のデートで女性はいろいろ見抜く。

実際この先も実家を出る気がない人だ!

この先結婚をするしないを問わず、実家に居続けたいというだろう。

親が大事とか心配。

こう口にする人も結果的に自分が楽な状況を続けたいだけ。

それ以外の事は、どこに暮らす場合でも大事なら他の対処の方法がある。

こう言いたくても何も言えない女性が多い。

結果、相手の生き方が見えてきた時点で離れている。

 

実家暮らし男がモテないは勘違い

実家暮らしの男がモテない理由ではない

では同じように、実家暮らしの男でも恋愛も結婚も経験した人は何が違う?

私は実際に初婚も再婚も実家暮らしの時に経験した。

無理とかやばい!は言葉として使わない

生活力。

この言葉が自分には足りないことは学生時代でわかっていた。

だったらどうすればいい?

この答えを私はとにかく全て経験するべきと考えた。

大学に行く時に多くの人が、一人暮らしをする。

自然と生活力が身に付く?

そんなことはない。

料理とか炊事という能力がない人も関係なく生きていけるサービスが多い。

掃除は、自分が出来る時にやれば、ある程度誰かが家に入る時にも不潔な環境は回避可能。

こう考えた時、いくら介護でもバイトやニートでもそういう自分の仕事や状況から無理と言っている時点でもう負けている。

同じ状況になった時にも私は無理とは言いたくない。

その状況に対して何とか回避できる転職を先に考える。

まず行動。

その先に、その環境に立った時見える次の未来を考える。

この繰り返しをしている間に、以下の3つが整理できていく。

過去の経験

現在の生活

将来の設計

昔は日本全国どこに住んでいる男たちも転職を数回経験した後には独立したいと思う人がいた。

しかし、最近はこういう若者のほうが多い。

「そんなことして苦労をしたくない」

「リスクを抱えるのは避けたい。」

「今の自分にはそんなことは無理!」

常に一番を求める漫画の主人公みたいな人生を描けない。

これが決定的な差。

乗り切る!

やりきる!

絶対に諦めない!

上記の気持ちが先に出てくるかどうかが決定的に違う。

人生はサバイバルだという心

大きなリスクは抱えたくないし、小さなトラブルにも関わりたくない。

何事も安全な場所を選び、少しでもトラブルに巻き込まれない生き方を望む。

このような生き方では、刺激を受ける人生経験とは無縁になっていく。

キャリア?

it?

やる事いっぱいで忙しくなるのは嫌!

追いつめられるのも無理!

現在の音楽聞くならYOUTUBEと無料のwifiスポットさえあればいい!

現状でサービスを活用すれば何とかなる。

このようにとにかく簡単な事ばかりを選んで生きていく思考は私にはない。

少しでもより自分が今よりもステータスの高い場所で生きるために何をすればいい?

この考え方から、未来で「あの時、こうすればよかった!」という気持ちを持ちたくないと考えている。

常に大きな目標を持って生きる。

つまり、ポジティブな先に自分が少しでも過去よりも未来が明るくなったと感じられる生きた証をどう感じるのか?

この答えに可能性を感じることはまずはやる!

個の生き方を大切にする

誰かに何かを言われたから行動する!

こういうことはない。

かなり偏っていろいろなものごとを観察する。

そして、自分が持つ貯金の金額の中で、少しでも可能な範囲での投資をする。

ただお金を貯めるだけを目的としない。

カップルになったら相手の喜ぶ顔を先に考える。

そのために使うお金を金額で考えない。

人の存在価値をお金に置き換えるのは失礼。

恋人を作る事は簡単ではない。

だったら、その時に出来ることは全力でやる。

このように考えて生きている。

常に後になって今の自分を振り返って見た時を考える。

その時、一番良かったと思えるような生き方を考える。

そうすれば、周りからは嫌だとか本当にやる必要があったのか?と言われるようなことも経験できる。

とにかく自分の価値観を大切に、どんどん先に進む。

個の生き方が相手に伝わる。

これが何よりもprになると私は思っている。

今回の記事で伝えたかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク