スポンサーリンク



ようやく看護師免許を取得。

もう人生安泰。

これで仕事が無いという悩みからは解放された!

後は自分の好きな職場で長く働くことが出来ればこれ以上の幸せはない。

同級生や友達が就職難や転職時期に悩むのを見ていた学生時代。

自分は専門職として、看護という仕事を目指した。

病院,クリニック等選択肢はいくらでもある。

地元だけではない。

結婚しても妊娠,出産後の職探しでも仕事に困らない。

こんな将来を夢見た人は多い。

しかし、仕事を始めた時、現実を知ることになる。

私も実際に医療現場で10年以上さまざまな職場の人事の仕事をしていた。

その時、多くの人から辞めたいという声をもらった。

その大半は、人間関係。

これまでにも看護師が辞めたい悩みについては、以下のような内容を書いてきました。

夜勤行きたくない看護師

スポンサーリンク


夜勤行きたくない看護師女性急増中の理由|人事管理相談体験記

看護師やめてよかった

看護師やめてよかったが多い現場の実態

看護師二度とやりたくない

看護師を二度とやりたくない声が急増!資格者が異業種転職する理由

看護師仕事行きたくない

看護師が仕事にいきたくない理由|業界に多い時期と女性に人気の転職候補

今何が新人の悩みになっているのか?

悩んでいることすら相談してくれないから分からない。

もし中堅の者がこんなことを言っているなら私はこう伝えたい。

「そうやって後輩のことを観察していないあなたのような姿勢が新人に嫌な思いをさせているのだ」と。

自分の夢をナースになると思った人がなぜ新人1年目で転職や退職を考えるのか?

先輩たち世代になった時には、辞める前の理由を考えるより自分の行動を振り返ってほしい。

今回の記事では、看護師辞めたい1年目の新人に多い悩みを以下の項目でご紹介しています。

看護師辞めたい1年目新人の悩み

看護師辞めたい1年目の行動注意点

看護師辞めたい1年目はやめるべき

自分がこれから何をして生きていけばいいのかすらわからないという声も多い。

新卒。

新人。

社会人経験。

こんな言葉を意識したら、当然自分の今後の働き方も考えてしまう。

だからこそ、伝えたい事を綴っています。


スポンサーリンク






看護師辞めたい1年目新人の悩み

 

看護師だけではありません。

入社1年目で退職や会社を辞めたいと悩む人は多い。

なぜそう考えるのかと言えば、いくらでも理由はある。

  • 働きに出る拘束時間。
  • 組織の考え方。
  • 面接と現場のギャップ。

とにかく、人がいないと言いながら、結果的に入社する前と後では大きく異なる現実を突きつける会社が多すぎる。

これは、医療の現場でも同じことが言える。

夜勤や日勤の過酷な労働時間

病棟ナース。

この立場の者が悩んでいるのが、拘束時間や労働時間。

次のような悩みが非常に多かった。

  • 引継ぎの人が出勤してもすぐに申し送りができない。
  • 退勤時間だからと伝える前に「手伝って」と言われる事が多い。
  • 「もう帰るの?」と定時を過ぎてから言われることが多い。

まるで、残業が当たり前のような働き方。

何のために夜勤の時間が定められているのか?

こう言いたくなるような現場の新人扱いが目立つ。

先輩が絶対的

長く働く人の何が正しいのか全く理解できない。

私も現場の中にいる時には、まさしく同じことを感じていた。

全く仕事ができないと思わせるような人が取る行動には以下のような特徴があった。

  • 自分が動くより先に人に指示。
  • 人の働きにケチをつけても褒めることは絶対にない。
  • 屋って当たり前、やらないことは自分の評価が下がることを気にする。

こんな人もいた。

「あなたは私の元で働けてラッキーだと思いなさい」

「は?」

思わず、私はこの言葉を口にした。

社員の方に対しては、あまりのことに申し訳ないとしか言えなかった。

時間的に約8時間余りを使った結果がこんな言葉ではやっていられない。

これがサポートと言っているなら、正直一緒に働くなんてことを誰も望まないだろう。

毎日の事。

こんな人が一緒にいたら自分がうまくできないとか自信がないことは何をもできなくなっていく。

サポートって何?

土gのような悩みも多い。

  • 確認しても教えてくれない。
  • うまく説明できないとまた愚痴を言われる。
  • ミスをすると、橋梁泥棒呼ばわりされる。

働いていれば、本当にいろいろなことが起こる。

いろいろ聞いて徐々にうまくなっていくのが当たり前。

まして、資格を取得したばかりの状況なら研修だけしか分からない。

こんな状況なのに、全て責任は本人に押し付けておしまい。

何か聞いても答えようとしない。

その理由は?

「何を言ったのか」を自分より上の立場の人に対応力として言われたくないから。

あまりにもくだらない。

相手のミスばかりを探し、自らの研修中の指導の方法は隠す。

こんな働き方をさせられて続く人などいるはずがない。

私も同じような思いを感じながら過ごしていたので不安や苛立ちの気持ちはよく分かります。

医者の対応に疲れた

  • ワンマン経営者。
  • パワハラ、モラハラ。

本当に医療の現場は、天国と地獄のどちらも存在する。

同じ診療科の医師とは思えないほどの研修体制管理。

技術的な内容も細かなミスもきちんと丁寧に指導してくれる。

このような職場も実際には存在する。

一方で以下のような職場もある。

  • おれ様的な院長の態度。
  • 誕生日、クリスマスなど医師がプレゼントを要求する。
  • ボーナスなどの支給について、いちいち個別にお礼を強制する。

聞いていて呆れるような話ばかり。

会社員の仕事では聞いたことがないような話が多い。

別に大きな会社だからとか小さい会社だからという事ではない。

まずは働いてくれてありがとう。

こう思っていてくれているのを感じている人なら、おのずと目を見てお礼を言いたくなる。

これが勤務先への労働者の立場から見える光景。

全てを押し付ける感じ。

これが当たり前。

こんな職場ではやっていられないという悩みがあっても当然。

 

看護師辞めたい1年目の行動注意点

 

憤りや不安、不満を感じながらも毎日重たい足取りで仕事に向かうのは本当につらい。

辞めたいと思いながらも仕事に行く数ヶ月の勤務はまさに地獄。

別にその職場の知識がない未経験者でも働ける環境はいくらでもある。

それでも有資格者となってキャリアを積み重ねたいと思って就職したはずの職場が先ほどのような状態だったらどうする?

気持ちを押し殺すのは無意味

他の環境でも同じようなことは絶対にある。

私からすれば、ひどい会社ほどこの言葉を使います。

本当に良い感じの職場はこんなこと言いません。

何よりその人のこれから先を大切にしている。

だから、気持ちが変わったら戻っておいで!

こうして実際にいつでも会社があなたをしっかりサポートするという言葉をかけてくれる。

以下のような言葉を少しでも聞いた事があるなら、即辞めるべきだと私は伝えたい。

  • ここはすごく働きやすい職場のはず。
  • こんなに恵まれた環境はない。
  • 実際他の会社なんてもっとひどい。

見ているわけでもないのに、勝手に憶測でいかにも今いる環境が良いと言いたい。

こんな人がいたら、信じてはいけない。

結果、続けることになっても、少しもその会社はそれ以上は成長し続けることはないと思います。

どんどん人が離れていく。

結果、あなたの心がボロボロになっていくのが時間の問題

これこそが、私がとても心配する内容です。

専門知識とその後

有資格者。

専門の仕事。

この響きは、あくまで自分が一人で生きていくことを意識した時には武器になるし、安心の要素になるかもしれない。

しかし、本当にその資格を一生活かすのか?

これは正直、そうとは限りません。

資格を活かし、必ずキャリアアップを実現させている人ばかりではない。

実際、医師や技師という分野の方が医療機関以外の仕事をしていることも多い。

もちろん、介護なども同じですよね。

きちんと介護施設で経験年数を積み重ねてからの資格取得をしたはず。

なのに、結果として、別の仕事を行う道を選ぶ。

こういうのは、全国で当たり前になっている。

ココで注意しなければいけない事はただ一つ。

現在持つ資格があるなら、活かすのが当たり前と思わない事。

別にそれぞれがやってみたいことを探しながら、生きていくのも人生なんです。

これはとても大切なこと。

続けることが全て人歳の成長を続ける道とは限らない。

結果、しっかりと見極めることが出来る人なら、いくらでも次の人生を見つけ出すことが出来るのです。

問題を解決するのは不可能

自分自身がミスをしないように努力するのは可能でしょう。

しかし、その成功を相手がどう判断するのかは別の問題。

あなたの存在そのものに対して、何か劣等感や僻みを持っている人がいたら?

たったこれだけで、みんなと合わないと言われる毎日を過ごす可能性もある。

これが俗にいう「苦手な人」

社会人生活ならどこにでもいる。

この言葉は決してそうとは限らない。

これだけは言っておきたい。

そういう人があなたより先に辞める可能性は非常に低い。

理由は簡単。

みんながその前に辞めるから。

業務とかそんなことは関係ないんです。

上司や人間関係のストレスで辛くなったなら、まずは職場を変える事を考えるほうが気が楽ですよ。

 

看護師辞めたい1年目はやめるべき

 

あなたがもし今の職場の体制や人材に対して不満やストレスを感じてるならどうすればいいのか?

気になることが1つでもあるなら、辞めたほうが良い理由をご紹介していきます。

転職需要は高まる一方

別にあなたが今辞めても誰も怒らない。

なぜなら、何より仕事ができないひとが一番その環境を望んでいるから。

結局は、看護師長や院長等強い人が勝手に自分のせいと思われたなくないから必死に何かを繕うだけ。

  • 人間関係
  • 拘束時間
  • 労働条件

もうこの3つでいちいち考えるのはやめましょう。

そんなことに時間を使ってもこれから先にいい事はない。

そして、相手も実際にそういう扱いを続けてやっていくことしかできないのです。

それぞれが全く価値観の違う中で弱者が対処をするのはおかしい。

こう考えることがあなたの心身を守るためには大切なのでは?

どこも同じは嘘

転職サイトを見て、どこでも同じような事を書いている。

こう思うのも当たり前。

結果的に入る前と後が違うというのは、当たり前だと思うことも大事。

でもその対象はどこが違うのか?

別に以下のような内容なら仕方がないとも言える。

  • 入ったらすぐに退職予定の人がいた。
  • 入った時期にはたくさんいると思ったらほとんど新しい人に代わっていた。

こういう時には指導を受けたいと思ってもほとんどが同期ばかりなんてことも普通にある。

こういう話は別によくあることだという話。

私はエージェントの仕事をしている時、よくこんなことを伝えていました。

あくまできちんとあなたが仕事に向き合ってくれていればいくらでもサポートします。

それは、そのスタッフの力が及ばないという事を言われるのを防ぐ手立て。

教育する人がいない。

慣れるまで入ってから期間が必要。

こういうことを言うのは当たり前の事。

だったら、自分が正しいと思う事はきちんと続けていく。

そして、必ずお礼を言われる機会を作る。

これさえできれば、転職エージェントを使った場合、交渉することは可能。

もちろん、私がいた会社の中でのやり取り。

完全に放置してしまうような場所もあるので要注意です。

もしあなたが今後も看護師を続けたいけど転職をしたい。

こう考えるなら、私が業界にいて、他と質が違うと思えた会社だけ紹介しておきます。

それが、医療ワーカーです。

スポンサーリンク


この会社は、1つだけ違う点がある。

それは、担当者が必ず一人で対応してくれるという体制。

多くの会社は、転職エージェントが連絡をしてくる時、ほとんどが求職者対応と法人対応に分かれます。

しかし、医療ワーカーは、どちらも一人で対応しているのです。

だから、現場からの連絡も必ず1人が担当している。

これは、日々の悩みに対してのフォローとしても非常に相談しやすい。

違う会社は、企業の対応と求職者の対応が一致しにくい。

この点が担当としてかなりの違いを感じる点です。

もしあなたがまだいろいろ決意が固まらないと悩むなら、一度転職サイトの力を借りて、少しでも悩みを聞いてもらうのも良いと思います。

今回の記事でのご紹介内容は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク