スポンサーリンク



40代のデート時の服はどうすればいい?

大人ならきれいめ?

デートコーデにおすすめのカラーなんてあるの?

トレンドのアイテム

カジュアルじゃダサい?

女性なら、ワンピースやスカートやバッグなど人気や注目のアイテムと着こなしや合わせをリサーチしながら選ぶケースも多い。

一方で、40代の男性女性には、以下のような悩みも多い。

  • 会社に着ていく服も特におしゃれに気を遣う必要がない。
  • 社内では制服のみで特に自分のスタイルなんて意識したことがない。
  • カラーシャツや見せるコーデなんてさっぱりわからない!

男性でも女性でも自分のカラーを認識している人は少ない。

いろいろなサイトを見ても、結局自分にはどれが似合うのか?

この答えが分からないからこそ、結果としてどう何を合わせれば良いのかわからなくなっていく。

そこで、40代のデート服を春向けに考える時の注意点と成功のコツをご紹介していきます。

これまでにも40代デートコーデについては、以下のような内容をご紹介してきました。

40代男性デートファッションの誤解

スポンサーリンク


40代デートファッション男性服のよくある誤解と自分らしさの探し方

40代ファッションメンズデブ

40代ファッションメンズデブ体型も簡単!デートコーデのコツ

夏に着痩せ狙いなんてしなくていいんです。

デブファッションメンズ夏

夏デブもメンズファッションを個性を活かして楽しむコツと失敗原因

40代男性ファッション夏ユニクロ

夏メンズファッション40代男性ユニクロ活用法画像付|デートコーデ注意点

40代ファッションメンズ秋コーデ

40代ファッションメンズ秋デートコーデに女性にウケる色選び

40代ファッションメンズバッグ

40代ファッションメンズバッグに多い誤解やデート用失敗注意点

40代guメンズ

40代guメンズコーデ!デートでもダサいと言わせないコツと注意点

40代ファッション男性ダサい回避と女性目線

40代男性ファッション日本人がハマるダサい典型例と回避策優先順位

40代のカップルデートという視点でも記事を紹介しています。

40代デート場所

40代デート場所で失敗する典型例と相手を楽しませる成功に必要な視点

40代恋愛デート

40代恋愛独身男性デートプラン|個性や演出のコツ

男性でも女性でも基本は春夏秋冬という季節を問わず、最近はシンプルにまとめるのが大人のオシャレ。

女性ならパンツ、スカート、デニムなど下も自由に合わせられる。

一方で男性は、短パン、デニム、カーゴパンツ、スラックスなどあまり季節に合わせるという感覚が少ない。

tシャツ、シャツ、ブラウス、ニットなど柄でも無地でもデザインのあるタイプでも結局は何を選ぶかは自分で何をチェックするか次第。

たくさんある中で、40代向けという情報をどうキャッチして、自分の今の体型や個性に活かせるのか?

この考え方を以下の項目でご紹介しています。

40代デート服春の成功のコツ共通点

40代デート服春の女性向け注意点

40代デート服春の男性向け注意点

ランキングサイトを見てもすべてのラインが自分の好みと一致するとか使えると思う事は少ない。

いくらロングが流行していたり、Aラインが流行していても自分は好きではないという事もある。

実際にブラウスやシャツ1枚でもラインも袖も襟も違う。

ニットでも可愛いもあれば、大人の印象につながる着こなしもある。

肌の露出がオシャレのポイントと言うことではない。

色のカラーが華やかさのポイントでもない。

旅行からちょっとしたお出かけまで自分がどんなイメージを持って選ぶべきか?

個性の活かし方として参考にしてください。


スポンサーリンク






40代デート服春の成功のコツ共通点

40代デート服春用

40代になると肌にも露出させるほどの自信がない人も多くなる。

ついついロングを着て、ニットやブラウスの上に重ね着して少しでも肌を見せないようにする人も多い。

でも春夏には、どうしても肌を出さないと暑いと感じる人も多い。

そこで、その年の旬のイメージを考える必要がないオシャレの成功のコツをご紹介していきます。

メインカラーを決める事の重要性

女優でも俳優でもモデルでもはやりその人が可愛いと思える色の組み合わせはある。

例えば、自分の好きな芸能人を1名思い浮かべてみてください。

その人は何色の服を着ていますか?

この対象がオシャレだと思うあなたの印象に残った組み合わせ。

そして、全員が黒または白という色を連想しているわけではない。

これが、ポイント。

その人にはこの色が似合う。

こういう自分のイメージやあなたにとって印象に残ったコーデが頭に思い浮かぶのです。

そして、自分のメインカラーを知るにはとても簡単な方法があります。

それは、過去の自分の写真を見る事。

自分が生きてきた時間の中で身に付けた小物を含めて今の自分が見てどう感じるのか?

最近の自分の自分の着る服の好みと過去はどう違う?

そして、過去に自分が気分を含めて選んでいたコーディネートで今の自分でも簡単に受け入れやすいコーデは何か?

こうして客観的に自分を観察すると、簡単にメインカラーが決まるのです。

診断を受ける必要はない

もちろん個性という言葉の中には、パーソナルカラーという存在もある。

  • ネイビーが上品に見える顔の色。
  • パステルカラーが可愛い印象に見える色。
  • 大きめのサイズを着こなした方がまとめやすい人。

いろいろな観察ポイントがあります。

そして、性格なども含めていろいろなデータの見方がある。

しかし、これってあくまであなたの好みや気分よりも客観的なデータのみに依存した決め方。

これでは、結局は商品の着こなしに自分がつきあっている状態になる。

何をどうまとめるとしても服装はあなた自身が楽しめなければ意味がない。

その商品を着こなしている人は、そのブランドコンセプトやデザイナーの意識が好きと思えることがポイント。

着こなしに重宝する色

40代デート服春用無難コーデ

年代を問わない。

季節を問わない。

切る人を選ばない。

誰でも簡単に着こなしが可能。

上品に見せる事も簡単。

こんな色がある。

それが、以下の色。

ネイビー、白、黒、ブルー、。

やっぱり男性も女性も一度はリクルートスーツなどを手にする。

その時に利用する色の大半はネイビー。

新しい人生に踏み出すビジネスの場で利用するメインカラー。

ママになる時、マタニティ服をチョイスる時にも体型を意識しないで済む色にもネイビーは多い。

さらに、ウエストラインを細く見せる効果としてもダーク系のネイビーならその効果も発揮しやすい。

さらに、リネンなどの生地を選ぶことで春夏も通気性も良いし、毎日使いやすい。

雰囲気を選ぶ事もない。

秋冬にも活用しやすい。

今から自分の主役となる色を選ぶなら、ベルトなどもあまり選ばないカラーならネイビーを中心に購入するのもポイント。

商品を選ばないし、サイズを選ぶ時にもゆったりでもスッキリでも使いやすい。

最新でも長年の愛用品でも取り入れやすい。

こういう商品を長く着こなしてまとめられるのも40代のスキルです。

 

40代デート服春の女性向け注意点

 

40代デート服春用女性注意点

女性は幼少の時期から、以下のような声をかけられて育つ人が多い。

  • 可愛い
  • 綺麗
  • 上品

どこに行っても何を着ても毎日見てくれる大人も子供も自分を主役として話しかけてくれた。

しかし、40代になったらどうだろう?

会社の中でも今の旬の雰囲気を持つ子が人気になる。

年齢が30代から40代になっていけば徐々に若い子の目を気にするようになっていく。

このような内容から、ブランドとかシルエットなんてことを過剰に気にしている人は多い。

流行は最低限がポイント

最新

最近のトレンド

注目の人気アイテム

流行のコーデ

女子は特にこういう情報を参考にして雑誌でもテレビでも目を奪われてしまう事が多い。

靴もパンツもシャツもアウターも小物までとにかく全身流行ものをチョイス。

この話題の最先端みたいなセットは本当にウケが良いのか?

この答えは、NO。

ある意味、その服を着て本当に楽しそうに見えるなら、その人の服と個性はセットで明るい印象を与える事ができる。

でもいくら商品を最新から選んだとしても、本人が爽やかな印象なのに、派手目な上品な靴を選んでは単純に合わない。

言葉に左右されて購入して失敗する人が多い。

40代女性にとっての服装の選び方は、自分自身の観察ができていないままの資金を使うチョイスをしている事がポイント。

男は女性の流行についていけない

今年は明るいベージュを使っているモデルが多いから、きっと同じ色を使いお出かけしたら男ウケもいいかも!

こんな思惑を持って、少しでも男性に興味を持ってほしいと思えって選ぶ女性も多い。

しかし、この答えもちょっと期待外れが多い選択方法。

本当にオシャレが好きな男性なら、女性のコーデもきちんと意識して選ぶという認識を持っている。

私も実際にどこに行くにもまず奥さんの服を決めてから、一緒にお出かけする役として色を選ぶようにしている。

グルメ

アミューズメントパーク

エンターテイメント

いろいろなシチュエーションに合わせて一緒に楽しく過ごすなんて事を考えて男性は服を選んでいない。

当然女性の今年の流行なんて事もわからない。

だからこそ、流行や話題という用語に過剰になることは時間の無駄も多い。

 

40代デート服春の男性向け注意点

40代デート服春用男性注意点

40代の男性はどんなイメージを前提とするべきか?

明るい性格の人

暗い感じの人

おとなしい人。

よくしゃべる人。

いろいろなタイプがある。

この時、男性向けに意識しておくべきポイントをご紹介していきます。

自分の服装と話題を合わせる

例えば、スーツやビジネススタイルで登場した人が話す内容は?

この答えは、オールジャンルok。

一方で、カジュアルな服装をしている人が、いきなり高級レストランや一流ホテルなんて話をしたら?

ギャップがありすぎて、いくら流行の話でもちょっと目の前のイメージと合致しない。

あくまで、話題と服装はセットという認識が必要。

女性をエスコートする配慮

あくまで異性とのお出かけの主役は、女性。

これは世代を問わない。

全世界異性とのデートとなれば共通のイメージ。

相手の存在がきちんと意識されているか?

ただ自分の個性を明るいイメージにしたいだけと思われないか?

相手の存在を無視したような独特の世界観を出していないか?

男性はオフィスの中でも世代的に悪目立ちしやすいのが、40代。

ちょっとお金を多く使い、他人よりも豪華に見せる事ができる。

でもそんな姿を好きになる女性は少ない。

自分にお金を使い、派手に見せるよりも相手にどれだけ一緒にいる事の価値を提供できるのか?

これは、あくまでプレゼントだけでなく、大人としての余裕の見せ方。

こういう1つ1つの配慮をきちんと意識できるかが重要。

女性は、将来の奥さんになる事やパパママとなった時をイメージする。

お出かけした時にその時々でライフスタイルやブランドなどを気にしながら想像しているのです。

毎日見ることになる相手のライフスタイルと金銭感覚のバランス。

こういう視点では、ファッションはただの道楽に見える事も多い。

だからこそ、チョイスは女性中心のエスコートに徹する事が重要になる。

スポンサーリンク