スポンサーリンク



  • 家計が苦しい
  • 夫の収入だけでは生活ができないからパートやバイトに出ていた
  • コロナの影響で休業やシフトが激減
  • なんとか在宅でお金を稼ぐ方法を探している時にfxに出会った
  • 他の主婦のブログなどを見ていて自分でもできると思った方法を発見

こんな経緯から、何とかしようと思って挑戦するのは良いこと。

fx(外国為替証拠金取引)による失敗はかなり増えている。

証券口座を作って事前に資金を入金してトレードをするだけ。

ある意味、口座を作った時がやる気もピーク。

いつしかトレードをしている間に、自分の以前に作っていた目標よりもどんどん欲が出てきたという人は多い。

fxで主婦が失敗する原因は同じ

85

サラリーマンが失敗する原因も大きな違いはない。

つまりは、レバレッジによる損失に対してのリスク管理が原因だ。

これはロスカットという設定で一定のリスクは回避できるようになっている。

しかし、次のような機会でその機能がうまく働かないことがある。

「金曜の最後と月曜トレード開始の間で窓が発生した場合」

たったこれだけのこと?と思っている人はいるかもしれない。

でもその結果は、かなりの影響力を与える。

単純にロスカットの設定を間違えてしまうだけでも大損。

さらに、ポジションを複数に展開することでもっと被害が拡大。

つまりは、ドツボにはまる状態になっていることが多いのです。

その結果、次の入金ができないとなった時に人は何を利用する?

そうです、強制的に絶対に借入を許可してくれる消費者金融。

これがさらなる人生の地獄の入り口。

でもまだ自分のやっていることは数万だからリスクは少ないとかべつにすぐ決済をすれば家族にはバレないと思ってしまう。

正直、ここから本当の地獄がスタートする。

初心者は地獄を見ないとわからない?

いつまでも夢を持つことはある意味大事なこと。

でもその間の生活はどうなっているだろうか?

いつしか、相場の勝ち負けばかりに気を取られていませんか?

その分、家事や育児を行う時間すら、放置している状態になっているケースもある。

もうこうなってしまうと一種のギャンブルに依存した状態に近い。

最後には、生活費にすら、手を付けるようなことも平気になってしまう。

これは、本当の意味で依存という状態。

それを夫は仕事をしていて、勤務時間内のことを知らない。

気付けば、借金は膨らみ、口座の残高はほとんどありません。

この状況すら、夫が知らない状況になっていよいよ困ったと焦り出す。

つまりは、家族を犠牲にして何とも思わない人になり果ててしまった人が誕生しているのです。

ではこのようになってしまった時には、今の悩みをどう解消するべきかを解説していきます。

 

主婦がfxで失敗!内緒の借金の対処法

951

まずはカードローンであれ、キャッシングであれ、消費者金融であれ解決をしなければいけないので、早く取り掛かっておくべき内容を書いています。

弁護士に相談



fx主婦の借金問題

今のあなたにまずは目を覚ましてもらうためにも第三者に相談することが大事。

以下のような流れで相談をすることが大事。

  • 持病を持っている
  • 手術を必要とする体
  • 任意整理、特定調停、自己破産、個人再生等の対応策の知識
  • 多重債務になった時の優先順位

このような自分の事態をどう収拾すればいいのかをきちんと知っておくことが大事。

もう今はこれ以上の地獄を見ないために人の話をきちんと聞く時間。

これ以上は傷口を広げてはいけない。

専業主婦だからとか収入がないからとかそんな簡単な話ではない。

自分の限られた資金を使いきってさらに、世の中の仕組み的には冷静に考えれば手を出しやすくても出してはいけないと知っている分野にも手を出した。

これが今のあなたになってしまっている。

だったら、しっかりその選択を繰り返し行動にしないためには、今ある財産をこれ以上失わないための方法を知るべき。

これが本当にやらなければいけないことだと自分に言い聞かせるようにしよう。

状況説明と解消までの注意点

情報を知っただけで大丈夫。

こういう方法があるなら、いつか本当に困った時に相談するようにしよう。

今はこれ以上借金の金額を増やすことをしなければコツコツ返済すればいいだけ。

こんなことを考えているのはとても危険。

借金という世界は、黙っているのは、その状況を見過ごしてからの一気に取り立てが可能だから。

失敗談の中には、生命保険を解約したり、とても厳しい状況に追い込まれている人がたくさんいる。

それも滞納や遅延を経験して3から4ヶ月という短い期間で一気に進んでいく。

半年も経てば一気に裁判所から督促状が届くような事態にまで発展する。

ネット上では、こういう事を経験した夫と離婚をしたという人も多い。

決して年収がいくらであれ、あなたがやるべきことは早期解決が求められている状況であることを認識する必要がある。

スポンサーリンク