スポンサーリンク



  • fxをゼロから学ぶ。
  • 今の自分の年齢や知識量で理解できるのか?
  • 難しい用語ばかりが出てくるとついていけない。
  • 文章ばかりでは眠くなってしまう。

お金を稼ぐ方法を知りたいと思う人は多い。

でもそのやり方を誰かに学ぶのも面倒。

講座やセミナーに足を運ぶほど時間もない。

こんな人が手にするのが、書籍や本という類。

本なら、たくさんのサイトやブログでもおすすめが紹介されている。

  • 主婦(主夫)でもできた。
  • 10万円からスタート。
  • 経験ゼロからの開始。

書籍にもいろいろな帯が付いている。

でもその対象に当てはまる人が全員その通りの勝率を手にしているのか?

実はそうではないこともある。


スポンサーリンク





fx初心者おすすめの本は誰向き?

初心者トレーダー向け。

テクニカル分析。

手法を解説。

投資の方法を公開。

こんな文字に目を輝かせている人は多いはず。

でも実際にはそんなに投資は全て簡単に上手くいくはずもない。

入門編にある紹介内容

結果、自分が実践する前に必要とする情報は多い。

まずは口座開設から始まる。

確かにそのやり方がまとめられていればわかる。

でもこの段階でわかりやすく掲載されているから良いのか?

この疑問を持っているだろうか?

  • 他の口座を作ったらどうなる?
  • たった一冊の本を読んでそのまま取引を進めて本当に得なのか?

こうした素朴な疑問を持つことが重要。

結果、迷いが増える。

これが本で勉強する時の最初の注意点。

参考のために何冊?

ではこれから学ぶ人が複数の本で勉強するとしたら?

サイトやブログではなく、あくまで本を何度も読み返す。

こうした時間を積み重ねた結果、仕組みを徐々に理解していく。

入門書

実践書。

応用編。

このようにステップごとの内容を読む。

でもその内容は全て同じか?

著書によって、考え方が違う事は他のジャンルでもよくあること。

多くの本を読むことで結果的にこんな心理が生まれる。

結局読めば読むほどわからなくなってきた。

これは何を知っても別に勝てるやり方が分かったとは言えないから。

こんな状況を作るためにあなたは何冊の本を読みますか?

私なら、別に本はいらない。

正直に言えば、こう思ってしまう。

1つのやり方にのめりこむ

もし複数の本を購入するという考え方を優先するなら?

こんな疑問を持つ人に伝えたい事がある。

私なら、戦略として自分も勝てると思った著者の本を何冊か購入する。

きっとその人の説明は過去に書いた時と何かが変わってくるはず。

それは経験からなのか?

市場なのか?

仕組みなのか?

こういう各分野ごとの改訂版が出てくると思っている。

当然、書籍には第三者の力が加わる。

お金を生み出すために多少の制限などもある。

でも、そこに書かれている内容の多くは同じ悩みがあると思う。

初心者、中級、上級。

各ランクに関係なく存在する原則ルール。

これがきちんと厳選されているから学ぶのが簡単になる。

こういう選び方のほうが自分のレベルに合うやり方が見つけられるのではないでしょうか?

 

おすすめが複数ある理由

 

高校や大学の受験、資格試験対策の書籍を見ると非常に多くの会社が出版しています。

どれも魅力的に見えてしまう。

でも本当の意味で今の自分のスキルに合わせた本はどれがいいの?

  • トレード入門や基礎
  • チャートの分析
  • 相場の見方
  • 会社の最新版
  • 売れ筋5選等の情報

為替や金、不動産といった投資系に対し全くの無知の者が最初に手にするべき商品の探し方についてご紹介していきます。

メンタルとの向き合い方

いくら内容や特徴が一番きれいにまとめられていると思ってもそのパターンが自分の身になるとは限らない。

意外と漫画のように書いてあるほうが簡単に読める上、読んだ後にもそのページのイメージが頭に入る。

こういう人も最近は多くなってきたように見える。

もっと簡単に言うなら、活字が苦手だと思ってる人向け。

こういう人たちが勉強を始めるなら、投資家を題材にした漫画系のほうが分かりやすい。

例えば、fxの値動きの中で必ず出てくるキーワードがある。

  • ローソク足
  • 決済
  • エントリー
  • デイトレード
  • トレンド又はとレンドライン
  • スキャルピング
  • 移動平均線
  • スワップポイント

上記は有名な本であっても安いものでも出てくる。

でもその中身がどの程度自分の中に入ってくるか?

スキルとして身につける上では、やはり自分のフィーリングが大切。

いくら教科書のようにみっしり数ページにわたって図解式で考え方をレクチャーされていてもしっかり読むだろうか?

学校の教科書すらしっかり読むのは苦手だった。

こういう人が真面目に選んだとしてもその内容を運用することは難しい。

これがまず最初に選ぶ上では大事にしてほしいポイント。

リスクや失敗の把握

私も実際に数冊の本を購入している。

私が選んだのは、主婦が実際に運用を経験して学んだという本だった。

 

なぜこの本を選んだのか?

その人の教える予想の考え方や比較する時のテクニック等は正直その通りになるかどうかもわかりません。

あくまで流れとして見ています。

しかし、重要なのは、損をした経験が書いてあるのかどうか?

分からない時には、どういう設定が抜けていたからか?

ボリンジャーバンドというキーワードが分からない時にいきなり登場しても何のことなのかわけがわからない。

しかし、テクニカル指標やその意味など一通りの流れをシンプルにそれぞれまとめてある中で、失敗した時のことが書かれているとその文字や内容は他の情報に比べてもかなり頭の中に入ってくる。

これはあくまで個人の中での危機管理能力が働くからだと思っている。

同じ価格で選ぶなら、その方法を知るだけでなく、個人投資家が味わったミスや失敗。

この点が書いてあるほうが学べる要素が多い。

  • 損切りをしないとどうなる?
  • 売買の時間の経過と判断ポイント
  • 人気の通貨ペアとは

ただ単にオススメと書かれているだけの内容ではない。

注意点として、その関連の失敗と理由がとても重要になってくる。

本は実物をチェック

あくまでタイトル等で引き寄せるものを選び出すのは危険。

なぜか?

本である以上、以下のような内容も重要になる。

  • 他の雑誌と同じ場所に保管が可能なのか?
  • ページの厚みや重さ
  • 自分が手にした時の文字のサイズ
  • 読める時間と量の問題
  • 繰り返し読み返す気力がわくかどうか?

分析手法1つとっても図解もすべて繰り返し熟読するのが当たり前。

稼ぎのコツがわかったと思った人みんなが利益を得ることが可能ならこんなに稼げない人は登場しない。

  • 自己資金
  • リスク管理
  • メンタルケア
  • 継続性

上記の4つはすべて必要になります。

何か予想を覆すことがあった場合も自分の気持ちをコントロールできるのか?

こういうことのほうが具体的に丁寧にイラストなどをまぜて紹介してほしい。

学んでいる基本はほとんど同じ。

でも違いが出るのが、失敗談や問題にしている課題。

この2つによって、自分にとって良い本かそれほど役に立たないわかりにくい本なのかに分かれると思う。

正直、1番というのはなかなか難しい。

さらに、他人の評価を先にうのみにするのも危険。

あくまで自分と他人には大きく差があると思ったほうが良い。

自己資金の上限や株等をずっとやってきた人が読む本書の評価と素人が使う場合では大きく異なる。

間違いなく、自分にとっての最適化を考えるなら、長期にいろいろな本を手にしながら確認をするほうが私はお勧めです。

金融先物取引業協会

どんな市場にも協会や組合といった組織があります。

こうした組織が発足されている場合には、この組織の推奨する本を知っておくことも大切。

あくまで第三者として、間違った情報として扱っていない。

正確な情報をより多くの人に広げるための活動。

もしこういう場所から推奨されているということになれば、当然難易度も低く設定されている。

今ゼロからチェックしようとしているなら、まずはこうした専門の組織から確認をしておくことも大切。

金額の問題ではありません。

監修としてでもなく、あくまで管理をすることを目的としているなら、最新の改訂版から一定の定番までさまざまな執筆者の代表作を紹介しているケースもあります。

個人ではわからないようなそれぞれのテキストの教えている内容や細かく単位ごとに分かれているシリーズ本まで情報を提供してくれていたら助かりますよね。

こういうところもチェックしておくと良いと思います。

スポンサーリンク