スポンサーリンク



fxをゼロから学ぶ。

今の自分の年齢や知識量で理解できるのか?

難しい用語ばかりが出てくるとついていけない。

文章ばかりでは眠くなってしまう。

お金を稼ぐ方法を知りたいと思う人は多い。

でもそのやり方を誰かに学ぶのも面倒。

講座やセミナーに足を運ぶほど時間もない。

こんな人が手にするのが、書籍や本という類。

本なら、たくさんのサイトやブログでもおすすめが紹介されている。

主婦(主夫)でもできた。

10万円からスタート。

経験ゼロからの開始。

書籍にもいろいろな帯が付いている。

でもその対象に当てはまる人が全員その通りの勝率を手にしているのか?

実はそうではないこともある。


スポンサーリンク






fx初心者おすすめの本は誰向き?

初心者トレーダー向け。

テクニカル分析。

手法を解説。

投資の方法を公開。

こんな文字に目を輝かせている人は多いはず。

でも実際にはそんなに投資は全て簡単に上手くいくはずもない。

入門編にある紹介内容

結果、自分が実践する前に必要とする情報は多い。

まずは口座開設から始まる。

確かにそのやり方がまとめられていればわかる。

でもこの段階でわかりやすく掲載されているから良いのか?

この疑問を持っているだろうか?

  • 他の口座を作ったらどうなる?
  • たった一冊の本を読んでそのまま取引を進めて本当に得なのか?

こうした素朴な疑問を持つことが重要。

結果、迷いが増える。

これが本で勉強する時の最初の注意点。

参考のために何冊?

ではこれから学ぶ人が複数の本で勉強するとしたら?

サイトやブログではなく、あくまで本を何度も読み返す。

こうした時間を積み重ねた結果、仕組みを徐々に理解していく。

入門書

実践書。

応用編。

このようにステップごとの内容を読む。

でもその内容は全て同じか?

著書によって、考え方が違う事は他のジャンルでもよくあること。

多くの本を読むことで結果的にこんな心理が生まれる。

結局読めば読むほどわからなくなってきた。

これは何を知っても別に勝てるやり方が分かったとは言えないから。

こんな状況を作るためにあなたは何冊の本を読みますか?

私なら、別に本はいらない。

正直に言えば、こう思ってしまう。

1つのやり方にのめりこむ

もし複数の本を購入するという考え方を優先するなら?

こんな疑問を持つ人に伝えたい事がある。

私なら、戦略として自分も勝てると思った著者の本を何冊か購入する。

きっとその人の説明は過去に書いた時と何かが変わってくるはず。

それは経験からなのか?

市場なのか?

仕組みなのか?

こういう各分野ごとの改訂版が出てくると思っている。

当然、書籍には第三者の力が加わる。

お金を生み出すために多少の制限などもある。

でも、そこに書かれている内容の多くは同じ悩みがあると思う。

初心者、中級、上級。

各ランクに関係なく存在する原則ルール。

これがきちんと厳選されているから学ぶのが簡単になる。

こういう選び方のほうが自分のレベルに合うやり方が見つけられるのではないでしょうか?

スポンサーリンク