スポンサーリンク



会社を辞めたい時って転職先はいつ決める?

今の自分では、心身ともに疲れて転職活動に自信が無い。

会社を辞めたいけど40代だし次の仕事がないと怖い。

会社を辞めたい事に悩まされてる方は、20代,新卒,30代,40代も関係ない時代。

会社を辞めたい事に必死になりきれない人が悩むのが、転職先の決定するまでの流れへの不安。

会社をやめたい時の転職先決定時期について、このページをご覧いただきありがとうございます。

他にも、40代の方も考える仕事の悩みについては、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

スポンサーリンク


会社辞めたい40代女性が楽しく生きていく毎日に必要な考え方

会社辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

会社を辞めたい50代と40代後半決断の決め手は何?

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

会社を辞めたいと限界を感じる人に伝えたい内容も紹介しています。

会社辞めたい限界の見極め方|退職前にすべき事アラフォー体験記

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社辞めたい40代独身男が人生やり直したいは叶う!

会社を辞めたい理由ランキング閲覧は逆効果?

会社辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

会社を辞めたい!うつ病手前症状をアラフォーで体験した感想

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社辞めたい相談は上司にすべき?

会社を辞めたい相談は親?30,40代のモテない男性との関係性

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社を辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社を辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

私のサイトは、40代男性の仕事と人生を軸に、ファッション、髪型、恋愛、結婚等と同様に、個性を活かし、自分らしく生きる為の考え方を伝えたいと思い、運営しています。

毎日を生きていくのが辛い時も選択を迫られる「人、モノ、お金、時間」の4つを自分らしくコントロール出来る生き方を一緒に考えて見ませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

このページでは、会社を辞めたい時転職先を探す事について、40代の仕事の選び方として、以下の項目でご紹介しています。

会社を辞めたい時転職先を先に決めるべき?

会社を辞めたい時転職先を探さない人の特徴

会社をやめたい時転職先が見つからない時

人生で仕事をしないと生きていくのが大変になる。

でも、会社を辞めたい時の精神状態では、何を考えるのも辛いはず。

そんな状況からでも出来る事をご紹介していきます。


スポンサーリンク



会社の仕事辞めたい時転職先考慮時期

会社辞めたい時転職先

会社員になって、生活を考えてしまうと、転職先を用意せずに辞めるのが怖い。

副業もしていないから、辞めたら翌月から引き落としが困る。

このように、会社を辞めたい人でも、生活の危機を感じながらも辞めたい人も中にはいると思います。

40代には何が重要になるのか?

失敗後悔する注意点はあるのか?

こうした内容をご紹介していきます。

会社を辞めたい時転職先はいつから?

仕事にはいかなければいけない。

ただし自分の人生も大切。

将来の仕事はいつ転職活動をしなければいけないのか?

この判断は非常に迷う事。

しかし、私のサイトの中でご紹介したいのは、40代という働き盛りであり、子育て世代となる方。

この場合は、間違いなく、今の会社を辞める前の方が得策。

なぜそう言い切れるのか?

40代の独身男性でも家族持ちの男性女性でも、当然生活のゆとりというのは、今の貯金の温存が大切。

こうなると、やめてからブランクは短い方が得。

現状に対する預金は、老後や将来もう一度転職をするかもしれないという危機管理用。

こういう心の準備をしておくことが最も大切だと私は同じ子育て中の一家の主として伝えておきたいのです。

会社を辞めたい時転職活動を先にするメリット

現在の仕事を辞められるかどうか?

この迷いについて、まだ気持ちの整理が固まっていない方も活動するべきと私は考えます。

なぜか?

以下のようなことを転職活動からは把握することも可能。

  • 自分の住む地域の転職市場の把握。
  • 自分を面接対応してくれる企業の把握。
  • 自分が未体験の会社も面接を受けられるチャンス。
  • 自分は今無職ではない部分の気持ちの余裕。
  • 辞めるべきかの最終判断材料の収集。

このように、自分が今の仕事や職場の人間関係などの環境的に嫌だと思っている方には、現状の考え方の変化のきっかけにもつながる。

周りの方がもっとひどいと言う事を知るかもしれない。

自分の会社が想像以上にひどいと知るかもしれない。

周りの会社も今の会社もどこも同じと思うかもしれない。

今の会社を辞める辞めないを問わず、市場を知ることは非常に価値のある行動。

このように考えて、転職活動はできるだけ早くから活動しておくことを私は自分の経験からも伝えたいと思います。

会社を辞めたい時転職活動を先にするデメリット

40代の中で、特に転職活動を今の仕事をしながら行う際に注意してほしいこともあります。

それは、いくら転職先を探すという活動をしていたとしても、やはり現在の会社をクビになるような行動をしない事。

当然ながら、転職をする時の退職理由は大半が、「一身上の都合」という自分の都合。

しかし、「会社都合により退職」。

この表現には、今の時代はなかなかなりませんが、絶対とは言い切れません。

転職活動をきっかけにあなたの仕事が著しく変化してしまうことは絶対に避けなければいけないのです。

転職活動は、あくまでも未来。

現在に集中力が欠けて、ミスを増やすような心配がある方は、十分注意していただきたいと思います。

スポンサーリンク


会社の仕事辞めたい時転職先を探さない?

会社辞めたい転職先はやめた後

会社を辞めたいと思うけど、やっぱり転職活動は、辞めた後だろ!

このように考える方も40代や30代後半の世代にはいらっしゃいます。

こうした方はなぜ先送りしようとしているのか?

この点をご紹介していきます。

会社を辞めたいけど転職先を後にする人は余裕?

そういう人は相当貯金もキャリアも自信があるだけなのでは?

このような人も該当するかもしれません。

しかし、私が紹介したいのは、こういう人たち以外のケース。

実際に、以下のような声を聞いた事がありました。

  • 今の会社にバレるのが怖い。
  • 今の会社に申し訳ない。
  • 転職先が決まっても、辞められるか心配。
  • 転職先のイメージが持てずにいる。
  • 今の仕事の環境から、転職活動はかなり難しい。

休みの事情なども関係しているケースもありました。

シフト制から、土日休みの会社に行きたくても、なかなか休みと都合が合わない。

会社の辞め方に毎回時間を要した事が記憶にある。

こうしたケースも含めてしまうと、やはり転職先を考えたくても時間と気持ちの余裕がないという現実を持つ方もいらっしゃるのです。

会社を辞めたいけど転職先を後にする人は真面目

先ほどご紹介している中に、「申し訳ない」と感じる人もいます。

このようなケースは本当に性格的にもまじめな方だという印象を受けます。

当然、今の会社も自分を採用してくれている事への感謝の気持ちが残っている。

でも、働く環境や人間は会社がすべて管理できるものではない。

いくら状況がつらい状態でも、自分から裏切るような行動をしたくない。

こう考えられてしまうケースがありました。

でも、こうした方は、堅実に貯金を少しでも残しているという予備の準備も整っているケースがあるので、資金計画が明確化されているのであれば問題ないケースもあるのではないでしょうか?

 

会社の仕事やめたいのに転職先が見つからない

会社辞めたい転職先決まらない

会社を辞めたいのに、転職先をいくら探しても見つからない。

このままでは辞めたくてもやめられない。

でも、今の会社に居ても、神経をすり減らし、体力を消耗し、自分の身が持たない。

もうこのまま未来をどうのこうの考えずに辞めてしまいたい。

このように、まさに追い込まれてしまっている環境に立たされた方もいらっしゃると思います。

こういう時はどうするべきなのか?

考え方としてご覧ください。

会社を辞めたい時転職先を見つけてからにこだわる方へ

会社を辞める時は、次の転職先を決めてからに決まっている。

このように、これまでの人生も失業給付などに頼らない生活をしてきた方もいると思います。

しかし、この場合は、あえて私は転職活動を40代に実践している現実から、以下のような内容から確認するべきと伝えたいのです。

  • 失業給付金の金額を明確化。
  • 失業給付金の支給対象月数を確認。
  • 現在の生活費と貯金の1年間試算。
  • 次の就職先に必要な年収を試算。
  • 次の就職先候補と自分の現在の転職活動を復習。

このように、過去、現在、直近の未来という3つにおける「お金、時間、余力」3つを明確化することが大切。

もちろん、あなたの考える再就職先が決まってからの退職という考え方は私は賛成派。

しかし、現状で今は見つからないのであれば、失業給付金をもらい、少しでも環境を整えることも決して間違いではないと思います。

会社を辞めたい時転職先のリサーチ方法

転職先はネットで探している。

多くの方は今の時代はこのパターンでしょう。

しかし、探すというのは、やはり複数のサイトを知らなければいけない。

当然、自分で探すという方法には限界もある。

そこで、以下のような探し方は、必ず行っていただきたいのです。

  • 「転職 求人 地名」
  • 「年齢 求人 地名」
  • 「求人 地名 紹介」
  • 「求人 地名 業種」

 

このように、少しでも自分の目的のエリアを絞り込みした検索方法が大切。

さらに、会社を辞めたい期間が3か月?40代向け仕事の選び方注意点でご紹介してるような業種に特化したコンサルタントがいる転職サイトも非常に効果的。

今の時代は、以下のような特徴もあります。

求人の転職サイトに出してもなかなか検索者が見つけてくれなければ応募もこない会社が多い。

逆に、検索している方も探し方がわからず、目的に合う会社を発見できずにいる。

このようなミスマッチを続けることが、最大の損。

よって、少しでも登録できる系統の会社があれば、片っ端からとにかく1社でも多く登録をしておく。

この発想が非常に有効と言えます。

さらに、メールによる案内は必ず受けておく準備も大切。

1日1回必ず開くようなメールアドレスを転職用に用意。

そして、そのメールアドレスに最新の求人情報を収集するのです。

私は、20代からずっとこうした方法で、地方求人誌には掲載されることがなかった会社を見つけ出すことに幾度と成功しています。

時代が変わったとしても、やはりネット社会の進化は止まっていない。

よって、できる限りのサービスの登録を大切にしていただきたいのです。

私が今回ご紹介したかった内容は以上となります。

あなたが悩みを抱えている事の多くは、他の人も悩みとしている事。

でも誰かが辞めているなら、自分もやめようでは、自分の人生に悔いが残ることもある。

自分らしい生き方のために、働き方や仕事も選ぶ時代。

本当に自分がやりたいことは何?

そのために今選ぶべき自分の人生の選択は、「人、モノ、お金、時間」の何が最優先?

このような考え方をする意味で、それぞれの記事で何かを感じてもらえたなら幸いです。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク