スポンサーリンク




会社を辞めたい!

とにかく早く辞める方法があれば知りたい!

社会人として問題のない辞め方を知りたい!

社会人になってから、辞めたい時にすぐ辞められる仕組みがあるのかを今日この時間も探している方が増えている悲しい社会人生活。

つまらない、やってられない、馬鹿げてる!このようにいろいろな感情がきっかけで今の会社を辞めてやる!と思う方は男女を問わず多い。

しかし、社会人としても問題のない範囲での行動をしないと損もあります!

会社を辞めたいなら、正しい辞め方を知り、逆に守らない時のリスクも知っておくことが大切。

会社をすぐ辞める方法について、このページをご覧いただきありがとうございます。

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション、髪型、恋愛、結婚と同様に、個性を活かし、自分らしい生き方にたどり着くための考え方をご紹介したいと思い、運営しています。

毎日の生活がつまらない時にも、「人、モノ、お金、時間」を上手に自分らしくコントロールする生き方を一緒に考えてみませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

この記事では、すぐ会社を辞める方法はあるのか?という悩みに対して、以下の項目で内容をご紹介しています。

すぐ会社を辞める方法失敗例とリスク

すぐ会社を辞める方法で正しい最短は何日?

すぐ会社を辞める方法で正しい手順方法

会社をすぐ辞める方法を調べるまでもない人

今すぐにでもやめてやりたい!と思う感情があったとしても、難しいケースと可能なケースをご紹介していきます。


スポンサーリンク



すぐ会社を辞める方法失敗例とリスク

すぐ会社辞める方法失敗例

会社員という立場になった環境から、すぐ仕事を辞めたいと思ったとしても、効果がない方法もあります。

そして、その失敗する方法の先には、損やリスクしかないケースもある。

まずは、誤解している方も多い失敗の典型例とリスクをご紹介していきます。

会社をすぐ辞める方法だと誤解してる方の失敗例

私が過去に人材コーディネーターをしていた時、辞めたい意思表示や相談をしてくれればよかったのに!と思われる結果にしかならなかった行動をしてる方も非常に多かったです。

その際の典型的な行動は以下のような内容。

  • 無断欠勤(行かない)という行動。
  • 電話をして辞めたいと伝える人。

この行動をした時の気持ちを聞くと、多くの方は、20代から40代の男女を問わず、以下のように考えているケースが多かったです。

「さすがに、行かないという行動を数日取れば、クビにしてくれると思った」

辞めたいと言うのが、抵抗があったから、察してもらう為の行動。

こうした意味を込めたつもりかもしれません。

しかし、この効果はゼロ!

むしろ、後で怒られるかもっと空気の悪い環境での仕事再開をしなければいけなくなっているケースが多いのです。

会社をすぐ辞める方法だと誤解してる方の失敗後のリスクや損

会社をすぐ辞める為の策。

従業員である本人にとっては、その意味を考慮してほしいと思っていたとしても、会社はそんな風には思ってくれません。

さらに、休んだ分は、何日であったとしても全て1日いくらと計算されて欠勤扱いとして給料天引きになる。

これでは、給料が無くても良いと思っていても、実際に振り込まれてくる金額を見た時はまたストレスになる。

このような結末になると、結果的には、会社側を優位にさせてしまうことにつながるのです。

スポンサーリンク


すぐ会社を辞める方法で正しい最短は何日?

すぐ会社辞める方法最短

会社を辞める方法を探す上で、すぐと言う言葉を連想している方に、正しい意味での最短がどのくらいの期間を必要とするのか?

この点をご紹介していきます。

会社を辞める方法はあってもすぐは即日ではない!

いくら会社員であるあなたが意思表示としては、すぐ辞めたいという気持ちを示したとしても、やはり会社も仕組みがある。

どんなに急ぐことがあったとしても、以下のような条件があるのです。

1.定められた期間がある場合は、その期間に従う!

2.定めがない期間の場合は、14日以上前に所定の手続を済ませる。

このように、労働者側にも勤務した会社に準備期間を設けるように義務が課せられてしまうのです。

つまりは、正しいやり方を進めていく上では、最短は、2週間。

この期間を詰める事はそうとう難しいというのが、現実となります。

なぜこんなに余分な時間を要するのか?

その答えには、会社があなたを雇用する為に要した時間と同じような手続きがあるのです。

入社した時には、あなたに保険証が届いたはず。

そして、入社届や過去の所得証明等の税金関係の書類も準備をしてきたと思います。

あなたが退職をするというのは、今の会社がそうした書類の準備を行なう事が必要となります。

さらに、退職する手続は全てが会社だけで行えるものではない。

各関係各所を使い、受領や処理をして行われているのです。

ですから、すぐと言う表現は、理論的に無理が生じる仕組みになっているのです。

 

すぐ会社を辞める方法で正しい手順方法

すぐ会社を辞める方法の流れ

ではこの記事を読んでくれているあなたが早ければ明日に手続きを行い、明日から最短2週間で辞められる具体的な方法をご紹介していきます。

あくまでもこの記事に記載する条件は、期間の定めのない労働契約上の雇用をサれている方のみとなります。

※派遣等指定の期間の定めがある場合は、必ず管理会社に確認をしなければいけなくなります。

会社をすぐ(2週間後)で辞める方法1.書類作成

あなたが今すぐに作成をしなければいけない書類は、退職届となります。

ネット上でもフォーマット等がありますので、雛形を探して、そのまま記入をしていけば誰でも簡単に作ることが出来ます。

この書類を今すぐやめたいという方は、このページを見てすぐに、用意をしてください。

これが最初にやるべき事になります。

会社をすぐ(2週間後)で辞める方法2.提出先確認

アパレルの店舗等の場合は、代行会社が入ってるケースが多い時代なので、その店舗の上の仕切る担当者が居ないケースもあります。

しかし、支店などが複数存在するような株式会社になると、各店舗では人事の権限を持つ方がいないケースが多い。

こうした時の為に、必ず会社の総務等の連絡先を調べて、退職届の送付先を教えてもらう事が大切。

さらに、2週間後という受領条件について、できるだけ到着日から2週間を記載しておくことも大切。

提出をしてから2週間後というのが、正しい退職届の処理期日。

ですから、もし仮に他県への郵送を要するようなケースの場合は、その日数を加算した上での到着日から2週間後経過の日付で所定の担当部署に郵送しなければいけなくなります。

会社をすぐ(2週間後)で辞める方法3.提出後は通常勤務

必ずこの3つ目は誤解をしないようにしてください。

あくまでも退職届は、受理されてからの2週間後以降の辞める期日を示した書類。

ということは、最低でも郵送される期間プラス14日間はあなたの雇用は継続している状態となります。

ですから、いくらしんどくても、行きたくない等の事情があったとしても、この最後の2週間まではがんばってください。

 

会社をすぐに辞める方法を調べるまでもない人

会社すぐ辞める方法手続不要

会社をすぐに辞める方法を調べる必要がない人もごく一部に居ます。

それが、試用期間中の従業員の方。

試用期間の場合は、あくまでも双方がお試しとして雇用する、雇用されるというタイミング。

この期間が例えば、1ヶ月しかない場合で、あなたが、28日目ですぐ会社を辞めたいと思ったら、即日で会社に連絡して今日で辞めますという流れは可能になります。

この場合は、試用期間におけるあなたが用意する手続書類などはありません。

もちろん、会社側はあなたが渡したマイナンバーやら、いろいろな書類の処理をしなければいけないのですが。

ですから、試用期間中の方は、正社員とは言え、まだ正規雇用前という状況として、すぐ辞める連絡をしてあげましょう。

この記事でお伝えしたかった内容は以上となります。

他にも、40代を中心とした仕事に関する情報は、以下のようなコンテンツもご用意しております。

会社辞めたい40代女性が楽しく生きていく毎日に必要な考え方

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

会社を辞めたい50代と40代後半決断の決め手は何?

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社を辞めさせる手口2018会社員被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

辞めさせられる人って何か理由があるの?

こんな悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めさせられる理由を調べる前にやるべきこと!

辞めさせられる人って何か理由があるの?

こんな悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めさせられる理由を調べる前にやるべきこと!

40代で仕事がない?という悩みについてもご紹介しています。

40代仕事探しは大阪も厳しい(データ尽き)男女共通の生き抜く方法

40代で仕事が続かない男女が気付くべき現実と未来

40代女性が仕事探しに疲れた時知っておくべき抜け道!

40代主婦の仕事に資格は必要ない?人生とお金の選択肢

40代女性の仕事ができない悩みの根本原因と変わる方法

40代主婦仕事がない現実はアフィリエイトで解決!実践記

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

40代女性の仕事は主婦も月収3から5万は在宅で稼ぐ時代

40代女性も仕事が無い?既婚夫婦の収入減少の対策方法

40代が仕事と主婦を両立する簡単な方法

40代の仕事|女性の悩みと解決法まとめ

40代で仕事が決まらない男性が持つべき覚悟

40代で仕事がない男性は既婚者,独身?地域差?新しい働き方

40代で仕事を辞めたい独身男性の悩みと自分らしい生き方の選び方

40代は正社員の仕事探しが働き方の全てではない!

40代男の仕事探しと在宅ワークはどっちが大変?

40代男性の眠い悩みを抱えた時の新しい働き方

40代男の病気体験と+思考の先に得た資産

会社辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社を辞めたい理由ランキング閲覧は逆効果?

会社辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

会社を辞めたい!うつ病手前症状をアラフォーで体験した感想

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社辞めたい相談は上司にすべき?

会社を辞めたい相談は親?30,40代のモテない男性との関係性

会社を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社を辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社を辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

会社を辞める方法に多い誤解については、以下のようなコンテンツも紹介しています。

会社を突然辞める方法はある?30,40代の転職準備

会社を辞める時期と税金

会社を辞める理由についての悩みもご紹介しています。

会社を辞める理由転職時面接対策

辞める会社に理由を言わなければいけない人には、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

会社を辞める理由に嘘も大事?

会社を辞める理由で円満を狙い逆効果になる典型例

会社辞める理由試用期間準備や期日で成功法を元人事担当が紹介

会社を辞める理由で女性におすすめの上司への相談対策|人事経験談

会社を辞める理由に親の病気と介護は違う?元人事担当者の悩み

会社を辞める理由に介護はタブー?元人事担当者の声

会社辞める理由を精神的ではやめられない?元人事担当者の声

会社やめる理由が体調不良で成功と失敗の決定的な違い

会社を辞める理由に病気はリスクが高い根拠と比較すべき内容

会社を辞める理由で人間関係の相談相手選び失敗注意点や解決法体験記

貴方の人間関係の悩みはこんな視点から?

40代独身男性が気持ち悪いと思う女性のチェックポイントと対処法

会社をやめたいと思った時の転職活動への考え方についてもご紹介しています。

会社を辞めたい時転職活動時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社を辞めてから転職活動は40代男女に不利な時代?

会社を辞めさせてくれないという理不尽な対応にお困りの方は、民法に注目!

会社が辞めさせてくれないは民法活用3文字で勝ち取れる!

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

40代の仕事に関係する貯金という悩みについてもコンテンツをご紹介しています。

40代男性独身の貯金に平均は見るな!

40代独身貯金なしに多い誤解と最悪の未来、回避方法

40代独身女性貯金なしの結婚,恋人,友達への影響力

40代独身女性の貯金額と心のバランス|不幸と幸せの価値観の違い

40代独身貯金ゼロを1年以内に脱出に必要な人生設計の考え方

40代で貯金300万は危険?独身男性が持つ老後の不安

40代の貯金2000万で失ったモノ|目指す人が知るべき情報

40代貯金なしで結婚を望む心理と未来への注意点|再婚体験記

40代貯金なしで子供作りは無謀?幼稚園子育て費用負担体験記

40代貯金なしの悩みまとめ

あなたが悩みを抱えてる事の多くは、他の人も悩みとして持ってる事。

でも誰かが辞めているなら、自分もやめようでは、自分の人生の価値を感じる事は少ない。

自分らしい生き方のために、働き方や仕事も選ぶ時代。

本当に自分がやりたいことは何?

そのために今選ぶべき自分の人生の選択は、「人、モノ、お金、時間」の何が最優先?

このような考え方をする意味で、それぞれの記事で何かを感じて頂けたら幸いです。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク