スポンサーリンク




今の会社の仕事を辞めたい理由はいろいろある。

特に多いのが、人間関係だと私は思ってしまう。

私の周りでも実際に相談をしてくる人は多い。

元人事担当。

人材コーディネーターとして300名以上を管理。

自分が辞めた後には多くの人が次の上司に疲れて職場を去っていった。

結局は、退職する理由の大変さが思っている以上だったという人は少ない。

結局は体力よりも精神的なストレスを与えられる悩みの方が現代社会の人が辞めたい気持ちに大きく左右する。

このことを会社も認識していることは多い。

だから、会社を辞めさせる方法なんてことを考える時、会社は辞めさせたい社員に対して、まるで子供のいじめのようなストレスを与える事が多い。

この影響は、アラフォー、40代という働き盛りの子育て世代の上司が自分が気に入らないという個人的な感情で私物化する行動も多い。

結局は人の気持ちよりも自分の立場。

こんなことばかりを考える人達が起こす内容であることは社会的な問題になっていく必要があると私は思っている。

しかし、実際にストレス化社会、ブラック企業なんて言われている会社の中にも良い環境だという人がいる現実。

入社してから、人に媚びる感じで改善内容よりも多くの上司に可愛がってもらうための方法を貫く人が今ものんのんとその会社に存在する。

このような連鎖が新しく入社を考える社員には何も見えない感じになっている現実。

こうした時代にどうやって生きていくべきかをご紹介していきます。

人間関係が原因で仕事を辞めたいのは上司だけではない。

仕事人間関係辛い辞めたい時やるべき事

スポンサーリンク


仕事を人間関係が辛いから辞めたい人が知るべき対処法

彼女仕事人間関係辞めたい最悪の結末

彼女が人間関係で仕事辞めたい最悪の結末の引き金は彼氏!体験記

仕事辞めたい人間関係女の職場

仕事辞めたい女の人間関係に疲れた時後悔しないための準備と行動のタイミング

仕事辞めたい人間不信状態

仕事辞めたい時人間不信に陥った恐怖体験と救われた経験から学んだ事

私のサイトは、40代男性女性が個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介しています。

20代新卒以降30代40代と年齢を重ねても結局は人として同じようなことを気にして生きている私たち。

仕事、貯金、恋愛、結婚、プレゼント、ファッション。

自分自身が相手にどう印象を与えるのか?

どんな人と関係を築くべきなのか?

日頃の感謝の気持ちやささやかなブレゼントなど相手に対してどう接するべきか?

自分の服装選びは、TPOに沿った選び方になっているのか?

こんな内容を各年齢になった時、大人の生き方やたしなみとして多くの人が関心を寄せている。

しかし、本質的な部分を言ってしまえば、個性を捨てる内容をいくら調べてもあなたが真似をしても無理。

いくら自分の苦手な上司と向き合おうとしても、所詮は気持ちの中で生理的に無理と思う人は悩みを持つ時間が無駄。

この現実をどこかで考える必要があると私は思う。

今回の記事では、仕事を辞めたいのが上司との人間関係に悩む人に気づいてほしい内容として以下の項目でご紹介しています。

仕事辞めたい上司との人間関係典型例

仕事辞めたい上司との人間関係注意点

仕事辞めたい上司との人間関係見極め方

自分自身が相手の気持ちの中まで考える事は不可能。

今の自分の中の問題に対してどんな解決方法をとることが自分がもっとも辛い現実から逃れられるのか?

今の生活がかかっているという私と同じ環境にいる妻帯者の人にも言っておきたい内容をご紹介しています。


スポンサーリンク






仕事辞めたい上司との人間関係典型例

仕事辞めたい上司との人間関係

私の中で最も納得がいかないのが上司との人間関係における権力を使ったパワハラ行為だ。

そもそもパワハラが意味する内容を法律的にはどう解釈されているのか?

何が問題として取り上げられる可能性があるのか?

自分の内容は同じだと思ったら、その後は何をすればいい?

このような内容を確認する意味でじっくりご覧ください。

仕事辞めたい上司の人間関係とパワハラ

パワハラとかモラハラ、マタハラなどいろいろな用語が飛び交っている現代社会。

しかし、その具体的な内容を労働者は知らないまま生きている事が多い。

それではダメなんです。

簡単な内容をご紹介していきます。

以下のような内容があった場合は、あなたはパワハラを受けていると確信するべきです。

  • 社内の人間関係から疎外をされているという行動。
  • 体に対して直接的な攻撃を受けたことがある。
  • 「バカ、のろま」「辞めてしまえ」「無能」「個別の能力についての否定」などの暴言を日常的に受けたことがある。(精神的な攻撃)
  • 全て責任を押し付けるような過大な要求を求める錠緒帯
  • 関係のない仕事や雑用ばかりをさせて職務から切り離す行動
  • 妻や交際相手など個人に対する干渉を多くしてくる

このような状況があれば、対策以前にあなたが言っている内容はパワハラであると考えるべき問題なのです。

同僚の行動が変わった。

上司の自分への扱い方が態度を変えるレベルではない。

職場の新しい人にまで先輩としての対応をさせない。

このように今悩んでいる内容の対処や対策の方法より先にまずは問題をきちんと定義することを言う証拠を集める事が何より大切なのです。

 

仕事辞めたい上司との人間関係注意点

仕事辞めたい上司との人間関係対処法

あなたがもし辛い環境にいる中でも新しい職場を求めるよりも今の職場を辞めない方法を選びたい。

こう決めているなら、その対処を考える時に問題の解決に向けた活動して間違えない為の注意点をご紹介していきます。

相手にの観察や環境変化は望むな

今までの社会における経験も含めて単純に今の時代に言われるのは、実力と成果です。

成果を出したものは正しいし、実力として認められる。

成果がないモノは、理由なきまま給料に特別な手当も出ないし、ボーナスも増えない。

結局のところは会社にいる人間のほとんどが結果を出した人は何があってもすごいという話を伝える仕組みしかないはず。

だからこそ、この環境を変えるなんてやる気を持つことはおかしい。

もっと他のことに注意を払うべき。

関連先の企業に対しての対応を変えたところで相手の得意先になっている状況では意味がない。

女性同士の話はどこまでも実際は関係の構築のための利用しかない。

簡単に考えられる話はいくらでもあるはず。

なぜこんな最悪の状況になったのかも考えない

状況が急変したと考える人の多くは原因の解明を使用とする人も多い。

評価が下がった理由がなぜなのか上司に確認をする人も営業で働く人の中にはいるはず。

こうした時にもおすすめは全てを録音しておくこと。

状況を変えるのではない。

その今の自分の状況を全て必ず状況証拠として残す努力のほうがおすすめなのです。

長く勤めたいと言える口実には、可能な限りその会社に勤めた中での功績(自分がやったこと)をきちんと相手に評価してほしいと伝える。

そしてその時に、働く立場を問わず、本当に何を言われたのかを必ず全て録音する。

働くすべての人間関係を別に録音するくらいの月談を持てと言っても過言ではない。

観察するよりも社員としてどんな待遇を受けたのか?

特殊な事情も無いのにいきなり異動をさせられる。

こういう人は、そう伝えれば、社員から辞めさせてくれと言う行動をおこさせるためにやっていることも多い。

もういい加減こういうトラブルに対して、好き放題やっている立場をきちんと黙らせる為の行動を検索し続ける事のほうが大切になってきたのです。

 

仕事辞めたい上司との人間関係見極め方

仕事辞めたい上司との人間関係と証拠収集

まずは今の会社の面接時の説明から働く前に必要な労働条件明示書や募集要項などすべての状況の証拠を集めてください。

そして、社員になって辞める決断をする前にすべての会社の行動や言動の特徴を今の自分の立場で出来る範囲のトラブルの原因を生活の中で集める。

まず一人でも十分あなたはこうした事を誰かの力を借りなくても資格がない状態でも出来る事があります。

同士の協力ではない調書を取る

同じ社内で生活をしている社員の中で同じような悩みを抱えている人も必ずいる。

こういう人を探したら、その辛い境遇にいる仲間同士である程度会社の常態化した実態をきちんと明るみにするための言葉を集めましょう。

ブラック企業と知って信頼を失った。

過剰の期待し過ぎや信頼を構築させるための求人の際の面接官のセリフ。

周りの友人知人がやめた方が良いと言われた焦点。

人事に相談をしたときの対応。

とにかく業務をしながら、徹底して真面目に証拠集めをしていくわけです。

メールも仕掛けの為に意見を述べてみるのも良いと思います。

その意見を知って、相手の上司は業務の中でどんな待遇の変化を与えるのか?

まして給与にいきなり反映したともなれば、労働契約法に即該当する違法行為です。

このような内容をどうしてもほとんどの人が正社員として給料がもらえるだけましとお金の面でも泣き寝入りする人たちが多すぎる。

前向きに必死に働く人よりも内定して媚を売る事と他人の業績を使ってのし上がった印象だけが良い人が生き残る環境。

こうした事をきちんと職場を離れる前に自分が感じた我慢や嫌がらせを徹底的に暴く。

この2つはいかなる職種や業種であろうと問わない。

ずっと抱え続けて、今はもう誰も知っている人がいなくなったキャリアを持つ上司ですら、最後は1人になって職場環境で避けるように他の部署の人間から仕向けられ、交渉の余地なく去ることも増えている。

職場環境という内容に対する不満は今の時代は避けられない。

しかし、結局はその問題を第三者が認めるだけの判断材料をきちんと誰もが証拠を情報化していないことが分からないそもそもの原因とお伝えしたい。

コミュニケーションを避ける必要なんて全くないのです。

むしろ、その対応でリアルに無視が増えれば、その状況も証拠になる。

このように採用されてからの苦労をある意味気分を楽にできる反撃のチャンスが増えるという空気の読み方をして生きていくのはどうでしょうか?

逃げる?

円満?

退職の手続き?

そんな言葉をいくら組み合わせても今のあなたの心理状態から次の仕事を選んでもまた同じことを繰り返されたら今度は本当の意味でうつ病や精神的な病気になる可能性もある。

もっと職場環境を自分の目で見るよりも情報化することを大切にしてください。

全ては労働法により、保護される働き手のつらい現実がきちんと法関係で認められれば、あなたは何も辞める必要はない。

堂々としている意味と価値をはき違えないでください。

スポンサーリンク