スポンサーリンク



転職しても長続きしない理由がわからない。このままでは何度職を変えても安定しない。

でも理由が分からないしどうしたらいい?

仕事辞めたい飽きた

スポンサーリンク


40代女性が辞めたい時の考え方もご紹介しています。

仕事が続かない女性の悩み

仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

辞めたい人の悩みについても書いています。

もう疲れた会社辞めたい

もう疲れた辞めたい!今の会社(仕事)の口癖から解放|ストレス解消法

最初から辞めるつもりの仕事探しをしている人はいない。しかし、人間関係、労働時間、給料、時間外や休日出勤、家庭の事情等さmざまな理由でもう無理と感じる人は多い。

そんな時に自分がどうするべきかを以下の項目でご紹介しています。

 

会社の仕事が続かないのは飽きるから!体験記

会社の仕事が飽きるし続かない人の特徴

会社の仕事が飽きるし続かない人の解消法

自分自身が何もかも悪いという事ではない。

でもこんなことを繰り返し続けることにちょっとでも辛いと感じると気持ちが出始めているなら、まずは1つの考え方としてご覧ください。


スポンサーリンク





仕事が続かないのは飽きるから!体験記

仕事続かない飽きた

私は20代の頃、本当に会社を辞める時、そのまま理由を伝えるとき、こんな伝え方をした。

「飽きたんでもう違う人補充してください。」

別に喧嘩を売る話をしたかったわけでもない。働いていてつらい経験を何度も繰り返し体験したからでもない。本当に一番最初に続ける意思を持ったんひゅう者当時と今の価値が多くの点で違う。

こう素直に感じてしまった。

この時、これ以上会社で働いていても、自分が将来楽しくない。こんな思いから、職場を去るという事をもう単純にバイトを辞める感覚で伝えていた。

続かない時期

仕事飽きた続かない

私自身がもういいかな!みたいな感じになってしまうのは、本当に早かった。1ヶ月、3ヶ月、もう1年とか数ヶ月なんて気もなかった。正直、人間関係なんて意識もほぼない。続けるのは、あくまで仕事をやっている中で時間を楽しめるか?

ただこれしか考えていかなかった。

続かない理由

仕事飽きる続かない

言われたことをやってればいい。他の人と違う事はしない。必要なことだけ生活に無理のない範囲でやりたい!

こんな仕事のやり方はしていない。やる以上は、徹底的に周りを敵にして誰も見方が居なくとも、必ずやり抜く!期待以上の内容を返す事で働く上での労働対価を堂々と請求できる自分を出す。

これが私が毎回お金を稼ぐために働く会社の仕事として働くときに意識していたこと。

逆に辞める時は、この最初のやりたかったことを全て終わらせたと思う瞬間だった。上の人の声ももう給料の話しも別に昇給、昇格と言われてもつまらないしかない。ただ単に、給料をもらうだけの方法に仕事の場所があるなら、誰でも良い。

だったら、もっと新卒や転職者向けに求人の受け皿を出せばいい。

こんなわけのわからない飽き性とは違う燃え尽きタイプで辞めてしまった。

 

仕事が続かない飽きる人の特徴

仕事続かない飽きる人の特徴

私の周りにも実際に人生を語る上で、好きだなあと純粋に思える人がいる。いろいろなサイトで社交辞令っぽい話しをしてる内容は一切見ない。原因がはっきりしてるなら、とことん向き合い、人間として新しい発想を見つけて楽しむ。

こんな生き方をしている人もいる。

正社員とか正規雇用という文字にあこがれを持つ人もいる時代なのに!女性や主婦の方からしたら、仕事がない、見つからないという声も実際に聞こえてる時代。

でも一方ではそういう悩みとは違う言ってしまえば、孤独な働き方で心を満たす瞬間があったらさっさと他を向いてしまう人もいる。実際に今自分が続かない理由がつまらなくなるからだと思う人に対して伝えたい特徴をご紹介していきます。

仕事が飽きるから続かない人の特徴1.性格

仕事続かない飽きた時間

正直私は、このような働き方をする人の性格ってある意味真面目の考え方がかなり個性的なんだと思う。ずっと感じる違和感。本来は長いものにまかれろ精神が働く。しかし、私を含め、こういうタイプの人はもうこの悩みに一人でも立ち向かい、対策を講じて、状況を変えるチャレンジを楽しむ行動をしてしまう。

そして、その後、実際に変えてしまう。ある意味、かなり勇気があるともいう。

そうではなく棚順に頑固な部分があるのだと私は思う。

仕事が飽きるから続かない人の特徴2.経験

仕事飽きた続かない人

資格を持っていて、世の中の状況は関係ない。仕事の条件が良い場所に身を置くことを考えてる。どこにでも働く場所はある。いつももう疲れたと思ったら、転職サイトを利用して、ボーナスの頃に合わせて退職してる。

こうした生き方をしている方は、なぜ?の答えは単純に、仕事と給料の条件と年齢と重ねて、なぜ?と思うから。単純に原因は業務の内容ではない。その給料と本当に求人で出ていた条件が本当に同じなら、我慢してるかもしれない。

でも、もしその条件の一致部分がなし!もしくは見つからない。こうした特徴や上の態度が我慢できないとなると、次に取る行動は対処ではなく、転職。

このように、自分がある種就職ということに困らない状況がある

このような人は、強気の転職が出来るともいえる。

仕事が飽きるから続かない人の特徴3.ストレス

仕事飽きた続かない時

これまでの2つは、次の就職も困らない。しかし、反対にどこに行っても同じなのは、何か心理的にもストレスになる要因がとてもはっきりした事を引き金にする人もいる。こういうタイプの人は、バイトの頃でもどんどん上司に頭を下げて、必死に少しでも長くいる為の関係にとても気を遣う。

少しでも前の職場の時よりも楽しく過ごす状況を自分の中で作ることに必死になる。だから周りに合わせる事もいろいろな社会のつきあいに行くことも抵抗が無い。でも、ある日突然その日が来る。

それは、社会の中で上司の覚えが悪かったり、仕事をしないという素行がはっきり伝わったことに対しての怒りやストレス。

この時に、自分が例えアルバイトの時代でも必死に覚えて、改善をしたり、頑張ってきたことに対する活動の価値が分からなくなってしまう。

こうなれば、同じ気持ちになるのも当然だ。

自分の家とか医者の往復の毎日だけで、いくら楽しいと思うようにしたとしても一種のダメ上司を子供扱いする状態が続いてあれこれ言われたら誰でも嫌になる。いったん嫌になれば、メールなども子供の話題などももうプライベートな部分に触れてもほしくない状態になるの可能性も高い。

ある意味いい人。

でも、どこかで好き嫌いや大切にしたい人と苦手な人のタイプをきっちり分けてる。このような考え方の人の不安や先行きを考えたやる気は一種のもういい!付き合いきれない!という意味での飽きたという感情が生まれ早く他の会社の面接受けたい。

こんなことを勤めていながらも考える状態になると思う。

仕事が飽きるから続かない人の特徴を伝える根拠

今紹介していたのは、人材コーディネーターの時代の経験。

面接をして、リスニングをしている時に目を見て話しをする。

その時の目線で大きく違いが現れる。

そしていつも前を向いて、場所の大きさを問わず周りに動じることも少ない。

むしろ、次への大きな期待をして職種等の話しをそれなりに聞いてくる。

こういう特徴があったことから気付かされた。

では実際に、何度移動して何の職種についても結果的には同じように飽きてしまう。

昔と何も変わらない。

さあ、今後の年齢を考えていったら、昔はよかったかもしれないけどこのままではまずいだろう!

こんな難しい考え方をしている方の為に、今後の考え方で自分の歳を気にしなくても良い業務が見つかる方法をご紹介していきます。

 

仕事が続かない飽きる人の解消法

仕事飽きた続かない解消法

私がこのサイトで徹底しているのは、あなたの個性を活かすという考え方。

今後の業務が何であれ、正直何でもあなたも最初はいろいろな条件などを了承するはず。

しかし、そのあとはまた同じことを考える日が来ると私は思う。

だったらどうするべきか?

この答えを個性と照らし合わせてご紹介していきたい。

仕事が続かないし飽きる原因と個性

結果的にあなたの能力は多くの周りに聞く機会があったときも低いと書いてきたり、言われ続ける事はないはずだ。

だけどなぜかあなた自身が馴染めない。

そして、孤立した発想の先で、最後には自分がやる気を失う理由を見つけてしまう。

この流れは別に周りの話しを聞く気が無くても、カンタンに見つかるような会社の昔ながらの資質を見抜くからだと私は思う。

この点をどう解消したか?

私はこの点を単純に給料との妥協点にのみ考えた。

給料は決して悪くない。

このレベルでは、正直どこに行っても同じ。

それ以上のランクに行くべきなのです。

自分が今の量と内容でこれだけもらえるのは十分だ!

この感覚を今後の職探しで、あなたがやりがいと給料という点で見る事が出来れば間違いなく飽きない。

でもその先に、あなたが本当にやりたいことが見つかることが重要になる。

決してお金ありきの転職をしてほしいのではない。

そうではなく、給料で納得が出来るようなあなたの個性に合う天職を見つけてほしい。

こう考えれば、昔の経験とか今までの職場の経験なんて所詮飽きた対象の1つにすぎないと考えられる。

もっと、ハイレベルで、自分の歳のわりに高いと思う。

この自分の持つステータスラインに当てはめて採用してくれる会社を選ぶ。

この先なら、たとえ、上司や職場の空気が多少悪くても、お金の価値と妥協で今より少しは遅らせる事が出来ると思う。

うまくできないからやめるわけではないからこそ、こういう発想も一度は試してみてほしい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

生きるためには職を探すしかない。

楽をしたいと思うなら、きちんと同じ会社の中で継続する方が簡単。

昔なら、こう言えたかもしれない。

しかし、最近は会社の労働条件や解雇条件関連の法案の動きが非常に気になる方向に動いている。

中でもコミュニケーションや人間関係で相性が悪いと思う人を辞めさせてしまうために方法は無いのか?

こんなことを悩んでいる人がネット上で増えている。

その答えを誰かが返している。

続けたくても合わない以前に合っていないから辞めて欲しいと言われてしまう怖さ。

家族がいる人もいない人も情報としては同じ。

結果的に労働問題は社内の問題視する見解の違いが大きい。

パワハラや精神的ダメージを与える内容をとにかく言う。

上記のうち一つのケースを取り上げても企業は環境の改善に向けた協議を一切してくれない。

ポイントをずらし、意見を言えない環境に追い込む。

だからこそ、モチベーションを維持できない。

こうした流れが学校の教育でも卒業までにいろいろ対策ややめさせる手口を教えているのか?

この点は全く力をいれてない。

むしろ、そういうことを見つける事よりも隠すことが続くのが今だ。

過去に一度でもこうした嫌な思いをしている人はいろんな場所でも失敗を恐れるようになっていく。

つまりは、個人が成長しない。

前向きに取り組んだり、他人の困った事をきちんと支える相談の窓口みたいな動きは全くない。

困ったら医師の診断を受けて、限界が来たら辞める。

こんな行動が癖になってしまっている人が多いと思う。

結局は働かなければ生きていけない。

どうしてもこの言葉があるからこそ、職業を問わず今の環境で過ごしているはず。

でも、苦痛の対象がきちんとまとまっているなら、なんでも証拠を残す事が大切。

職場で過ごして苦痛となったことをなんでもいいから書き残す。

きちんと、日付と時間もそう感じた訳も書こう。

パワハラを繰り返す会社に対してきちんとこれからは労働者側がとりあえず何が起こったのか?

この事実をきちんと会社に報告する。

それだけはは、絶対に1つの事実としての存在を知らせるきっかけになると思えるはずだ。

責任逃れなんて事が当たり前になった。

上司に気に入られてしまえば責任は取らない。

むしろなんでその事態が起こったのかと言われたら他人のせい。

こんな状況になる存在がいるなら、全て記録しよう。

所詮、その存在がわかる状況があれば、客観的に見たほとんどの人は事実に基づく判断をしてくれるはずです。

迷った時ほどこんなことを考える。

「今の自分に最も良い答えは何か?」

誰もが働いていないと生きていけないと自覚している。

  • ようやく見つけた仕事なのに
  • やっと落ち着いたと思ったのに!

家族や周りからはこんな声も繰り返し聞こえてきている。

自分は何を何をやっているんだ。

他人から繰り返し何か言われても変わらない原因は何?

最後にその行動を行っているのはあなた自身。

 

続かない時の自己分析

結果的に、あなたは今の自分が何を頑張っているのかが見えていない。

職場は演じる場所ではありません。

業務さえこなせばよい。

こう割り切ったあとに残るのは何か?

それは、虚しい、孤独感。

自分が背負うことが人生ではありません。

何度転職をしても良いんです。

問題は何を学んだのか?

この答えが少なすぎる人ほど迷いが出る。

就職することに徐々に喜びや感動が薄れていく。

毎日同じことを繰り返す。

これは、バイトでも会社員でも他の専門職でも同じ。

こう言っている人が何を自分の中で条件にしながら仕方がないと思っているのか?

この答えは、確実に自分が無理と思うことをきちんと明確化している。

反対に、その他の事は、苦手な事でもやりきることを意識する。

  • 朝の嫌な気分で会社に行く。
  • 残業をすることに抵抗を感じる。
  • 将来が不安になる。

誰かが何かを悩む。

同僚から相談を受けたとします。

その悩みにあなたならどうする?

この答えに年齢とか社会人経験なんて関係ない。

人それぞれ色々考えている事も向いている方向も違う。

ただ単にミスをしないように頑張り続けているだけではトップになれない。

とりあえずのその場しのぎではない。

きちんと目標や目的を持って周りの意見を聞きながら自分の知らないことは聞き入れる。

これって、心の余裕があるからできること。

もう1つが大事。

自分の中で何かに自信を持つからとりあえず知らないことは聞く勇気がある。

欲の大切さ

どんどん依頼をもらい、早く色々できるようになりたい。

無職になっている時、こんな気持ちを持つ癖を意識してほしい。

事務でも営業でもどんな環境でも人間はストレスを感じる対象が存在する。

何もしないほうが確かに楽。

でも、その先も結果ストレスがある。

だったら、苦労したあとの幸せに目を向けよう。

頭を突き合わせ、結果他人の暮らしに目を向けて悩んでいるのは惨めだ。

友人が勤務する会社の存在。

こんなことを一つ知る余裕があるなら、あなた自身にもっとたくさん知るべきことがある。

あなたの人生で一番苦痛に感じることは何?

それは、他人が入社して自分の手にするはずだったことを逃すことではありませんか?

あらゆる手を使って、もちろん勤務先は手に入るかもしれない。

どこの社員になっても絶対はない。

でも日々働けることのありがたみをしっかり意識している。

だったら不満を訴えかけるよりこう考えるほうが楽しいはず。

「自分に職がある分、探すストレスから解放されている」

心のどこかで職がないほうが辛くなる。

こう考える事ができれば前向きになれるはず。

家族も安心がもらえる。

慣れは怖い。

いつも自分が当たり前にもらえている休みですらもっと少ない人はいる。

休憩も同じ。

なるべく何とか続けたいと思うなら、自分の欲の先には、何が与えられているのかを知ろう。

2019年の消費税増税、2020年の東京オリンピック。

一部の業界ではうまくいきかけているとか理想のかたちになってきたという声がある。

しかし、傾向としてオリンピック後というのは、徐々に前と比較しても年収などに変化が出てくる可能性もある。

消費税の影響も前後で比較すれば、補助などが無くなっていく。

一人暮らしの人は収入に応じて財布のひもをさらにしめる傾向になりがち。

こんな時代に自分がこれから何をしようか迷っているのは危険。

損得とか希望というよりも一度じっくり自分の希望や求める職場環境を含めてきちんと整理する事が重要。

ただ単にエージェントに相談しても相手はほぼ素人。

長続きするかどうかとか病気になるリスク等への解決サポート面が充実している会社は少ない。

経済として、縮小傾向があるからこそ、自分の環境が変わった時のスキルや努力ではどうすることもできない部分は放置してはいけない。常に自分が集中できる環境に必要な内容を優先する。

こうしないと、嫌になった際には乗り越えることが難しい状況になってしまうと思いませんか?どこかに諦めや妥協が可能なら、どんな心理状態からもある程度復活してこれるはず。ただ逃げるような気持ちが強い場合は、どこに行っても通用しない。

これは履歴書や職務経歴書に頑張った内容を記載するよりも自己分析として問われた時の対応策にもつながっていく。

まず実績が何もないなら、相手の理解や共感を得られるようないくつかの条件を整えよう。

転々としてきた事にも理由がある人なのか?これが把握できることが面接を上手に乗り切るためのコツにもつながっていく。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク