スポンサーリンク



彼氏が欲しい人の中には、年齢を気にするケースも多い。

自分がまだ20歳前後の頃だったらもっと男が見てくれていた。

こっちから相手を誘う必要なんてなかった!

いつしか結婚をしたいと思うようになった時には好きになる相手もいない。

周囲の友達を見ても出戻りや子連れのシングルマザーばかりで結婚に幸せや価値を見出せない。

こんな声が増えているのが、アラサーという悲しい現実もある。

しかし、自分はまだ未婚。

まだこれから。

出産もしたいし、子育てをして、その後の人生を世間一般によくある家族との暮らしを経験したい。

不安と葛藤に押しつぶされそうになっているケースも多い。

実際にアラサー世代になると何が違う?

20前後の頃の方がモテるというケースもある。

一方で社会人になってからスピード結婚を経験する人もいる。

当然、紹介されるような人もいる。

この違いは何か?

実際に婚活をしたいと悩みを抱えてる人からいただいた内容をご紹介しています。

今回の記事では、彼氏ができないアラサー世代の悩みを以下の項目でご紹介しています。

彼氏ができないアラサーの現実

彼氏ができないアラサーの注意

彼氏ができないアラサーの苦悩

自分からいくら行動をしても相手が選んでくれないと意味がない。

かといって、何も行動しないと出会いのチャンスさえ訪れない。

地方、都市部などエリアや人口の特徴よりも自分が選ばれるために何を意識しなければいけないのか?

普段の自分の生活の中での行動を気にしながら読んでみてください。


スポンサーリンク






彼氏ができないアラサーの現実

 

昔は自分もよく遊んでいたという人もいる。

ずっと勉強ばかりして、資格や学歴ばかりを気にしてきた人生の人もいる。

同じように社会に出てきたのに、既に結婚して子供もいる人はどうやって出会いをきっかけを手に入れたのか?

職場恋愛に憧れた仕事選びと挫折

別に自分のやりたい事なんて特にない。

仕事に行くなら、どうせなら出会いも職場で済ませられる方が内容もチェック出来る。

こんな考え方も最近は多い。

自分が今これから付き合うかもしれない男性の仕事は?

  • 将来的には不安定?
  • 辞める理由が簡単に出てくるような状態?
  • パワハラ、モラハラ、ブラック企業?
  • 倒産、リストラ、解雇が多い時?

女の幸せを考えたら、別の仕事をしている人と巡り合った時、どうしても相手の仕事が気になる事が多い。

こういう気持ちを少しでも緩和するために今はもう会社で知り合った男性と付き合っておくほうが無難。

こんな考え方が徐々に広がっている。

しかし、こういう状況になると、失敗するケースも多い。

なぜか?

彼氏が欲しいとか誰かと付き合いたいと思っている女性は意外と男から見てもわかりやすいから。

すると、いくら魅力がある女性でも以下のような目で見られる事がある。

  • 恋人がいないんだ。
  • もしかして友達もいない?
  • アラサー女子で恋の経験もほとんどない?

あえて何もしていない時でもふと周りからは彼氏がいないことを悩みにしている事を感じられる傾向がある。

私の職場でもやはりアラサー女子で彼氏がいないという事を職場で同僚に話している子がいた。

しかし、こういう子は別に口にしない時でももう既に周りがそのことを感じている。

職場恋愛というのも大切なきっかけの一つ。

もちろん中には、大好きになって、そのままゴールインするケースもあるだろう。

しかし、このようなパターンには年齢を問わず大切なポイントがある。

 

彼氏ができないアラサーの注意

 

正直、恋愛の相手って自分の本音では、別に彼氏や彼女がいない状況も気にならないという時の方が出会うチャンスがある。

これが私の周りを見ていても占い師をしている兄妹にもよく言われる。

妻がアラサーの時に知り合った体験記

私自身の体験した事からも先ほどの内容は説明できる。

当時、私も妻もアラサー世代でした。

結果的に結婚するまで常にいつも一緒にいるような状況で過ごしてきた二人。

しかし、この時のお互いの生活では、周りからはこんな言われ方をしていた二人でした。

「いつも何か予定入っているね」

「独身満喫しすぎて婚期逃さない?」

まるで結婚を必要としていない二人。

これが当時の私たちでした。

婚活サイト?

ランキングサイト?

こんなものをまったく必要としない。

むしろ、どんどん自分のやりたいことに時間とお金を使っていた。

そんな二人がたまたま共通の知り合い経由で知り合ったわけです。

当然、この時の目的も出会いを求めていたわけではありません。

むしろ人数合わせ。

なのに、一気に二人が意識をするようになった。

この理由は何か?

感情を引き寄せる駆け引きは不要

男と女はいつも恋をする時に相手の感情を知っておきたいと考えることが多い。

しかし、この意識をした瞬間、ある意味下心でしか接することができない存在になっていく。

まるで、恋人候補というカテゴリーに縛れたような生き方。

好きな人ってそんな流れで作るものなのでしょうか?

これが私が伝えたい考え方。

好きな人ってどんな存在?

この答えは以下のような内容だと私は考えています。

  • 自然に人生の中でその時に必要とする内容が多い人。
  • 自分と人生の価値観がたくさんの項目で一致する人。
  • 自分が忘れていた何かを思い出させてくれる存在。

不細工芸人とか見た目に人気のない男性がモテる。

若いわけではないのにたくさんの男性から雰囲気だけで魅力を感じさせる女性。

この両者は自分自身の時間をきちんと自分のために使っているのだと思いませんか?

  • 趣味
  • 仕事
  • 仲間

とにかく付き合うという事を先に考える生活から離脱する。

こう言えばある意味、婚活をしないでほしいとも言える。

つまり、結婚を意識していることが自分の魅力を低下させている。

こう考えていただきたいのです。

 

彼氏ができないアラサーの苦悩

 

誰か良い人いないかな?

パーティーに参加してもダメだった。

twitter、facebook、line等SNSを使って無理。

こんなことを心のどこかで自分が頑張ってると思っているならそれは誤解です。

自分を作っていく時間

そもそもアラサーと言えばどんな人に魅力を感じる世代?

カッコいいの対象が見た目から仕事に変わる人がいる。

誰かではなく、自分が誰よりも頑張ってると認められる結果を残すタイプの人もいる。

少なくともアプリなどを使ってアピールする事が努力とは言わない。

自分の言っている事が常に次の苦労を見据えた前向きな姿に見える。

これが本当の意味で大人の女性の魅力になっていくのではないでしょうか?

態度で見える不安と性格

相手はもう先に何かを感じる。

アピールはその次の段階。

第一印象って本当に大切。

実際に女性には会話のテクニックもいらない。

相手の情報も正直必要ない。

少しでも自分の理想の相手とつながるためには?

そのステージに立つ自分をしっかり作り上げる事。

これがとても大切になる。

その場だけで見せる態度や雰囲気は実際に通用しているのか?

実際には下手な芝居と思われてしまうケースが多い。

相手が本気であるほど、要注意。

少しでも違和感を感じたり、テクニックだと思われたら終了。

こう伝えると、過去の10代の頃に経験した合コンのほうがいかに簡単だったのかわかるはず。

それぞれ違う人生を歩んできた。

そして、出会いを求めるという事は、その後の人生でお互いが支え合えるかどうかを考える。

この時、人が得るポイントは5つある。

人、物、お金、時間、価値観。

以上の5つが全て揃うことが大切。

見る側にとって何を魅力と感じるのか?

人としての魅力。

物を持つことに関する価値観。

お金(貯金や貯蓄)に関する価値観。

時間(老後や子育て)に関する価値観。

自分が知らない事に対しどう対応するのか?

以上のポイントがかなり大きな影響を持つ。

この中の情報で欠落している夫婦に訪れるのが不倫。

彼氏が出来ても裏切られるケースがある浮気。

こうした事が簡単に怒らないようにするにはどうするべきか?

この答えは、いつまでも相手に対して自分の価値観が相手に魅力として伝わるかどうか?

私は過去の彼女になった当時と今の妻を比較しても同じように魅力を感じる対象がある。

子育てという期間中に対しても常に妻は何か自分磨きをしようとしているのが伝わってくる。

これはかなり嬉しいし、つい支えたくなる。

こうした行動が多いと少しくらい家の事が雑でも別に気にしない。

そして、相手のこれから先をしっかり考えたという会話にも耳を傾けてあげたいと思える。

性格はある程度変わらない。

それは私も同じだ。

でもこの先の未来は二人で作り上げる。

だったら、お互いのngも含めてきちんと価値観の共感ができるような関係が大切。

自分に何もない。

この言葉を意識するなら、まずは自分がいったい何を目指すのか?

この答えを周りが感じるような自分になることが最初の一歩になるのではないでしょうか?

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク