スポンサーリンク



会社の仕事辞めたい理由が自分にはある。

でも退職する時ってなかなか会社に辞める事を言えないのは自分だけ?

会社では職場の上司に言えと言われてる。

会社のことだけど親に相談したほうがいいか迷った。

今思ってることを誰かに言えば自分が楽になるかも的な期待をしたこともある。

でも、いずれの場合も必要な時に、自分の中で今一歩の勇気が出ない。

会社辞めたいけど言えない

スポンサーリンク


40代女性が辞めたい時のポイントもご紹介しています。

仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代には仕事を辞めて良かったという口コミもいただいております。

会社を辞めて良かった40代男性口コミ

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

40代会社の仕事辞めたい

会社員の仕事辞めたい40代独身男が人生やり直したいは叶う!体験記

50代で辞めたところで仕事はあるのか?

50代会社仕事辞めたい

50代で会社の仕事を辞めたいと決意するのは危険?楽しく生きる為の予備知識

こんな悩みを持つ方は、新卒,20代,30代,40代,50代と年代問わず多い時代。

転職前に何か辞めた後の事もやめる前を含めて気持ち的な内容から、次の転職に必要な情報収集まで、迷う気持ちも多い。

こうした悩みの中でストレスを抱えていませんか?

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,恋愛,結婚,髪型などと同様に個性を活かし、自分らしく生きるための考え方をご紹介したいと思い、運営しています。

人は、つらい,苦しい,せつない、つまらないなどと感じる人生の瞬間も以下の4つのバランスを選択してると私は考えています。

「人,モノ、お金、時間」

誰と関わり、どんなモノに欲を持ち、どうやってお金を稼ぎ、使い、自分らしい人生の時間を過ごすべきか?

誰でも憧れや妥協、惰性という言葉を使う。

でも、最後に自分が選ぶなら、どうせなら、思ったことを生活のためだけじゃないといえる行動をにしたいはず。

そのために、仕事を辞めたい時言えない自分をどうこの先行動につなげるべきかについて、以下の項目でご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない人の特徴

仕事辞めたい時言えない不安対策

仕事辞めたい時言えない場合の味方

人に何かを伝える事はうれしいことも決断したこともすべて勇気がいる。

そして、考える先の行動に自分が悩んだ時間分をもう振り返らない気で問題と向き合う。

こんな人生にするためにはどうするべきかを私が行ってきた人生の時間の使い方をご紹介していきたいと思います。

人生に正解はない。

でも、もう少しで何か決断が出る気がする。

そんな時、言われて気付く見落としポイントや時間がもうないと悩んでいる方のきっかけに役立てたらと思います。


スポンサーリンク






仕事辞めたい時言えない人の特徴

仕事辞めたい時言えない

何か問題を起こし、次の行動を考えることができない。

こんなことに悩んだなら、素直に考えるより先になぜか人は相談する勇気を持っている。

でも、会社を辞めたいと自分で決めたい時はなぜか言わない。

この考え方はなぜ転職サイトなども豊富にあって、活動も簡単になった2018年以降にもずっと続いているのか?

新卒だから?

タイミングがなかっただけ?

実際には、そんなことではないと思います。

好きな人に気持ちを伝える感じの時間と言葉が出てこないという悩みとは違う。

もっと根本的な部分で、私がいろいろな会社に入社してそれぞれの会社で出ていく者が、どんな悩みを持っていたのか?

こうした視点を立場が上とか下とか関係ないもっと同じ会社員という立場で伝える実際の悩みをご紹介していきます。

仕事を辞めたい時言えない人の特徴1.体裁

会社辞めたい時言えない

人は自分の問題を誰かに実際に話をするとき、いくら同じ職場で働く人でも、なぜか伝える前に以下のような感じを嫌う傾向がある。

  • 自分と入れ替えに入社した者も同じような気持ちになってしまっているケース。
  • 自分以外の人も数か月先に退職が決まっていたと後で知る。
  • 引継ぎなどの対処も嫌だと思う人間関係への不満が募っている。

スポンサーリンク



このように、同じようなタイミングで有給を利用としようとしている状況の人がいると決まって遠慮したり譲り合うようなケースも社会人生活には多く存在する。

こうした時、自分の選択は他の人の目から見てどう思うのか?

なぜか自分の気持ちの上では決まってる感じの雰囲気も対処の時には、多くの決断を鈍らせることを大切にしてる。

これはまさに体裁や社交辞令と同じだと私は思う。

数ケ月前か旅行が決まっていたのに、直前まで言えないままキャンセルをすることすら考える人。

在籍や仕事の経験、状況当ばかりを気にして、本当に希望を出したい時も自分が人間関係を考えて他人を優先する。

これでは、単純に大切にしてほしいのが自分ではなく、他人の選択となっている。

こんな生き方をして本当に自分は働く上で楽しいといえるだろうか?

同僚にすら、働き方ややり方をどこかで気を遣う。

こんなことをしていたらどこに転職や就職をしてもおなじようなケースが出てくる。

仕事を辞めたい時言えない人の特徴2.共存

会社辞めたいが言えない

結局は誰かにアドバイスしてほしいいう感覚がないままただ単純に選択希望くらいを見せるような悩み方をする人もいる。

悩みを持つ時、本当に苦しいくらいの状態の人だけでなく、以下のようなケースもある。

  • 今就職した会社を辞めてからやりたい事も決まっていない。
  • 上司に決める前の面接をして、気持ちを貫くような強い意志に自信がない。
  • 決めたはずが、同僚への引継ぎなどを考えてしまうと、とても心苦しい。

まるで、何かを決める事で、同僚や上司に迷惑をかける。

こんな心をずっとしこりのように考え方を絞り込んでるケースがある。

でもそれって、単純な考え方をすれば、しっかり決められない自分が悪いだけだと思う。

まるで、考え方も内容も自分で決めたわけではないようなとてもあいまいな状態。

会社辞めたいが言えない状況

正直私が働きながらでも、悩みはありました。

でも、その中身は、成功とか失敗関係なしに言い出せないようなことはなかった。

それは、自分がやるべきことはやる。

ただこの点だけは強い意志のもと変えてなかったからだと思う。

退職願に本来内容なんて必要ないはずなんです。

人間関係、やる仕事の内容、お金の考え方。

誰もが別々のそれぞれの点で、他の人に良い印象を与えることに意識を持つ。

こうした状態って、別に辞めたいという気持ちを伝えたい勇気を必要としているわけではないと思う。

会社辞めたいけど言えない背景

ただ見せかけで周りにかまってほしい、言葉をかけてほしい。

理解をしてくれるような関係である確信を持つ材料にしたい。

くした状況は、いかなる場面でも、ランキングなどを使うなどを考え始める時間のほうがむしろ無駄。

もっと自分が他の人にみられていようがなかろうが自分でしっかり言葉通りに実行する。

こんな強い意識づくりから始めるべきだと私は印象を持つ。

仕事を辞めたい時言えない人の特徴3.余裕

会社辞めたいけど言えない心情

誰もが悩みを持つ内容を職場や自分の周りに相談できない理由の1つにプライドがあると私は感じる。

キャリアに傷がつくことを恐れる人。

社会から転職回数が多いと思われることに対する免疫的な勇気を求める人。

職場のパワハラで迷惑してることすらいうことができない怖さ。

これらは、すべて社会の中で自分がいまいるの社内の職場での立場をいかにして守るべきか?

こんなことをできる限りリスクの少ない方法と照らし合わせている人の考え方だと思う。

引き止められるようなことを言う上司だとわかってる。

求人に人が来ないこともわかってる。

有名なブラック企業で、年収も残業代もすべて言うチャンスよりも相談して後悔するほうが嫌だ。

今転職先の仕事を探すほどの勇気もない。

会社辞めたいと言えない時

こんな悩みは正直、2017、2018年と経過しても、いっつも同じ会話になってしまう。

自分のキャリアなんて捨てるくらいの勇気を持つのが職場を辞めるという行動。

なのに、どこか周りの言う悩みに気を遣う。

これって、まさしくその余裕があるからかいっつも言えないだけの状態だと私は思う。

いわばかまってほしい程度の辞めたいを言うか言わないか程度であれば、むしろリスクを考えるあなたの思考そのものが迷惑。

会社辞めたいのに言えない葛藤

2018ン絵は仕事を探す人が困るほど仕事がないというのが転職者の感じる時代。

こうした社会の現実には目を向けず、いつも自分の給料と社内の残業などの条件や求人関連を覗き見ては、悩む。

こんな状態は正直、会社を辞めたいと言えないか言うべきかなんて悩んでる時点でその気持ちの余裕に気付くべきと私なら言いたい。

 

仕事辞めたい時言えない不安対策

会社辞めたい言えない不安

実際に勇気を持つ必要がある。

おススメの転職先とかは全くないけど迷惑承知で、もう後悔の気さえ感じない。

でも、勤めてる先の上司や同僚に怖い人がいるから言い出せない。

こんな状態で、会社勤めを給料とか生活と言う問題を抜きに2018年以降もずっと辛い時期を過ごす人もいる。

だとしたら、どうしたらいいのか?

仕事を辞めたい時言えないことが勤め先を含めて何か問題になるのか?

こうした問いには考え方1つになります。

会社辞めたい時言えないのは問題ではない!

会社辞めたい言えない不安解消

そもそも会社勤めの勤務者がいつ会社を辞めたいと言っても、会社都合でその内容を拒否することはできない。

労働基準法第20条の条項により、労働契約の解約という内容が定められている。

民法第627条第1項においても、労働契約については、各当事者は、いつでも解約の申し出ができる。

このように定められている。

申し入れの受理に対する効力は、2週間が経過すれば有効とされている。

この労働契約上の扱いは、職業の特徴や業種、期間の定めのない社員など会社の上司やら職場の都合で勝手に引き止めたりはできない。

こうした時期に、言うなれば、労働者が知識を持たずとも勤めを辞め、他の転職先に行くことは問題にならない。

この手続きや法律的な解釈をしっかりどこの会社に入った後でもイメージしておくことが大切。

 

仕事辞めたい時言えない場合の味方

会社辞めたい言えない解消

別に争いを避けるとか会社の上司に何も感情を含めて伝えるなと言いたいわけではない。

でも会社の仕事で職場に入って行くことすら辛いと今回のこの記事を読んでいる人の一部の方でも感じている際には、正しい手続き方法を行うことができれば何も問題にならない。

この点を感情を抜きに、しっかり伝えておきたい。

職務経歴書の提出や履歴書に記載をする場合も、すべて退職時には、一身上の都合が一般的に使われる。

つまりは、別におこまで何か申し訳ないという気持ちを持つ必要は全くないのです。

もちろん、いきなり辞めるというのは、いくら権利があるからと言っても、2週間以降で効果を発揮する手続きであることも確か。

だからこそ、最近どうしてもやる気が出ないしもう行きたくない、辞めよう。

こんなことを言える自分が正社員という立場で提出するまでの雇用期間などに迷いを持ってるなら、しっかりイメージを持ってほしいと思います。

でもこうしたサイトの情報で、最近全く根拠もないような情報を平気で言えるような人もいる。

私は過去に人事担当も人材コーディネートも実際にやってきた。

こうした経験を持って、、必ずどうしても自分の知識などでは不安になる時に相談した先がある。

会社辞めたいけど言えない人に知ってほしい相談相手

会社辞めたい言えない不安誤解

友達や親、上司、同僚、部下、家族。

どうしてもいきなりイメージしようと思うと、上記の対象くらいしか出てこないのも現実。

しかし、労働者がサポートを求める先にはしっかり説明を求めれば、正しい答えを無料で説明してくれる環境は実際にある。

それが、労働基準監督署。

労働基準監督署は、公的機関。

そして、会社の労働契約に対し、是正や監査に入ることもできるような限られた権限を有する機関。

実際に私も何度かサポートを受け、たくさんの分かっていたことのおさらいや教えてほしいことの答えを求めた質問もしてきた。

いざ自分の身で行動を起こし、その結果に対する答えを待つだけに過ごす日常は、非常につらい。

でも、この環境に、自分が正しい知識を持つ者のサポートを受けられると分かった状況では非常に気持ちも楽になってるケースが多い。

自分一人では、難しい法的知識。

サイトの説明を読んでいて実際に教えられた気になったとき、やはり再確認を自分自身でネット検索以外に持つことは非常に大切。

申し訳ないとか難しいとかそんな会社の返事に出てくる可能性が高い言葉の対処もしっかり持ってる。

だからこそ、たくさんの辛いとか嫌だと思うことを相談することも可能。

会社辞めたい言えない対処法

あくまでも怖い思いを会社を辞める前に経験する必要はないのです。

もっとあなたらしい仕事を探し出して、しっかり長く勤められるような職業の先に入ることが人生の残りの時間に大きく価値を見出す。

だからこそ、辞めたい悩みもしっかり労働基準監督署で会社が何かを言ってきても大丈夫なケースなのか?

こうしたことを労働基準法第20条を軸に、聞いてみてください。

きっと、いつ聞いても、良心的に対応してくれる。

私も相談したからこそ、この言葉は素直に伝えられます。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク