スポンサーリンク



自分に合わないと仕事を辞める人は多い。

次の会社に入社したら辞めないようにしようと思っていた!

この言葉が1ヶ月という短い時間で否定モード!

もう既に辞めたいと思う気になってきた!

いったい何があったのか?

その答えは、仕事ができないという悩み。

新卒や第二新卒の新社会人では、気持ちとしてなかなか会社に馴染めない事もあるかもしれない。

しかし、これと同じような理由を最近は、20代30代40代も口にするようになってきた。

実際に、転職後の仕事ができないという悩みについては、以下のような記事も書いています。

仕事辞めたい転職できない時の成功法

スポンサーリンク


仕事辞めたいけど転職もできない時の悩み解消法

新人仕事ができない辞めたい

新人時代仕事できないから辞めたい!中高年の悩みと対処法

仕事ができない人の生き方と意識

仕事ができない人の生き方3つの特徴と誰でも簡単にできる脱出方法

仕事できない人辞めさせる

仕事できない人を辞めさせる手口典型例

40代女性仕事できない辛い

仕事ができないことや辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

40代男性の仕事ができない悩みの根本的原因と着実に変わる方法

私が人事を担当している時に新しい人が入ってきて大きく違うと思えたことがありました。

実際に今回の記事では、1ヶ月で仕事ができないと悩む人の特徴と対処法をご紹介していきます。

私のサイトは、40代男性女性が自分らしく個性を活かして人生を生きるための考え方をご紹介しています。

今回の記事では、男性女性を問わず、1ヶ月で仕事ができないと判断する人の特徴と対処法を以下の項目でご紹介しています。

転職後1ヶ月で悩む人の特徴

転職後1ヶ月で悩んだ時の対処

転職後1ヶ月で辞めるべきか?

実際に辞めようと思ったらすぐに辞める事も可能な時期。

今後の自分の人生を安定させるために何を考えるべきか?

前にも同じようなことがあったという人はこの先も新しい会社で同じことを経験するのか?

こうした将来設計を含めてご案内していきます。


スポンサーリンク






転職後1ヶ月で悩む人の特徴

転職後1ヶ月で仕事ができない悩み

20代の新しい世代の入社と40代の転職は意味が違う。

経験の有無ではなく、早く即戦力になってほしいと願うからこそ、その世代を企業も採用している。

こんなことはあえて言われなくても想像ができると思っている人でさえ、同じようなことを悩みとしている。

まず最初に同じ職場にいる人の中でわかりやすい特徴をご紹介していきます。

自分を他人と比較する

明らかに何か違う。

こう思っている人の理由は単純に周りを意識しすぎている。

  • 同じミスをいっつも繰り返す。
  • もう少し早くやってという言葉にプレッシャーを感じる。
  • 自分の今の悩みや気持ちを持つ人が同じ職場にいないか探す。

このように、結果的に周りと自分を常に比較。

自分の仕事に対する気持ちはあくまで周りの者の反応次第。

このような意識を持つ人は、どこの会社を退職した後でも同じような感じで過ごしている。

人間関係と言えば上司

覚えが悪い

ミスが多い

このような不安を抱えた中でも自分を可愛がってくれる人は一人いればいい!

こんな感じで媚びる事で生き残る方法を模索する人もいる。

こういう人の多くは、周囲から嫌いな人を辞めさせたいと思われる対象にも入ってくる。

結果的に自分が辞めるかどうかは上司との人間関係が先。

こんなことを気にしているから、結局仕事の情報はそっちのけになっていく。

結果、必要なことでもメモを取るわけでもない。

別に質問をしてきちんと必要な情報をまとめることもしない。

もちろん先を見越した行動もしない。

このように人ありきの中でも上司のお気に入りになれるかどうかという事を気にする人は1ヶ月で仕事をしている量そのものも違う。

だからこそ、1ヶ月先に他の人と大きく仕事の量が違うことに悩む事が多い。

結果として、続けたいという意思そのものが弱いのが特徴。

常に状況次第で辞めるかどうかの判断を行っている。

これが特徴です。

 

転職後1ヶ月で悩んだ時の対処

転職後1ヶ月で仕事ができない時の対処

仕事を続けるってどんな意味があるの?

なぜわざわざ会社に行って、同じようなことを続けなければいけないの?

最初から内容を覚えるのも面倒とか辛いと考える人は、どの会社でも同じ時間を過ごしたらまた無理とか限界なんてことを口にする。

こういうタイプの人には、我慢という言葉も間違っていると思う。

そもそも社員として働くという事をどこか勘違いをしている。

社員になる事への意識改革

そもそも職を探すのも大変とか紹介された仕事が合わない。

こんなことを言っている間は、以下のような意識も強い。

  • こんなところでという(条件や場所への不満)
  • 同僚や部下、上司などを比較(人間関係という条件への不満)
  • 残業、仕事の量など(労働条件の比較)

結果、とにかく今はしっかり働いて本当に必要とされる人間になろう!

この意識がどこにも見当たらないというケースも多くあった。

こんな状況の人に何を教えても結果的にその教えた時間が無駄になる事もある。

努力という言葉よりも常に今の自分が楽かを基準としている。

だからこそ、失敗を過剰に心配する。

雰囲気ばかりを気にする。

まずは毎日同じ時間を先輩後輩も関係なく過ごしているなら、他の人を見る前に自分の目の前のことに集中する。

この意識がなければ、何も始まらない状態の人が多い気がした。

 

転職後1ヶ月で辞めるべきか?

転職後1ヶ月で仕事ができない時は辞める?

もう無理!

1ヶ月経った頃にもは自然と毎日ネットで過去に登録した転職サイトを見てる自分がいる。

こんな毎日に突入しているなら、正直どこの企業に行って何をやっても達成感はないと私は思ってる。

仕事を極める気がないかどうか次第

とにかく誰がとか環境がとか条件がという話は関係ない。

そんなことは、自分が目の前の仕事に集中している状態なら感じる事もない。

むしろ、自分が勝ち残るために必要な情報を集める。

やり方も今の環境にまずは合う方法でやり抜く。

上手くなってきたとか簡単になった段階で初めて改善を提案する。

このような視点で仕事をするほうがうまくやっていける。

この発想を簡単と考えるかどうかであと半年経つまでの成長は大きく違ってくる。

仕事に対するプロ意識

結局は時間は1日8時間経つごとにきっと上達に差が出てくる。

これからどんな求人を見ても結局ストレスがゼロという業務は何もない。

年収が高い高収入系の転職エージェントに相談してもその条件に見合う業務なのかは実際に働きたいと思うかどうかで価値が異なる。

結局どんな項目を比較しても精神的にも肉体的に経済的にも満足ができる状態になるにはそれ相応の時間も成果も必須の時代。

結局何も成果を出さないまま時間が経過したからあなたに楽な仕事を回してくれるような会社はない。

プロになろうとまで考えていない。

このような考え方があなたにあるのなら、正直今の会社も辞めた方が良いと思う。

本当の意味で、今よりもつらい状態になる可能性がある。

どんどん時間は過ぎていく。

その中で全然覚えない人と簡単に伝えただけでスラスラやってしまう人に差があるとすれば、それはモチベーション。

あなたと周りでこのメンタル的な要素が違うと思えた際には、速やかに辞めるべきでしょう。

正直、それ以外の方法であなたの希望するような明るい未来はないと思います。

つい人は自分が辛い状況になると、周りをチェックしたくなる。

でも年齢も性別も役職も雇用形態も問わず、とにかく毎日繰り返しをしているだけ。

その中でちょっとした違いから新しいことが見えてくるし分かるようになる。

これが本来の仕事ではないでしょうか?

知識がないとか経験がない。

他人との違いをしっても辞めるつもりで仕事をしているわけではない。

この言葉をセットで今の自分の状況について答えるなら、あなた自身がもう逃げているというのが分かる。

人は仕事を心から楽しむことが出来た時、やりがいを感じる。

でもその実感は、いつの間にか自分自身がそこに立っていたというのが正しい道のりだと思う。

業種、職種を問わず、どこにいても1ヶ月での今の自分の仕事に対する観察力がつらいとか遅いなんてことしか出てこないなら辞めるべきだと思う。

スポンサーリンク