スポンサーリンク



あなたにはこんな悩みがありませんか?

  • 初めての一人暮らしが始まる
  • 周りに知り合いなんていない状態
  • お金もそうだけどとにかく不安が強い

全く反対に以下のような声もあります。

  • 全く何も感じない
  • 早く家を出たかった
  • 寂しいと思っていたけど平気だった
  • 親の方が心配し過ぎていた

私も同じでしたね。

自分で最初の一歩を踏み出す時には以下のようなことが面倒でした。

  • 手続きが必要だった
  • 炊事、家事、掃除、洗濯
  • 目覚ましで起きる生活
  • 出費や家計の計算
  • 布団や家具などの手入れ

とにかく一人暮らしはすべてを自分で対応しなければいけない。

今回の記事では、一人暮らしが不安で仕方ない人向けにをどうすれば、その気持ちが落ち着くのか?

この答えを以下の目次でご案内しています。

初めての一人暮らしが不安でしかたない人の心得

一人暮らしで孤独を感じる夜の対処法

初めての一人暮らしと金銭の不安解消のコツ

初めての一人暮らしの不安を乗り越えるポイント


スポンサーリンク






初めての一人暮らしが不安でしかたない人の心得

一人暮らしが不安でしかたがない

まず前提として、すべての不安を払しょくする必要はないのです。

まずはどんなことに不安になるのかを知っておくことから始めましょう。

最初不安になる時間の特徴

多くの人は、「朝」「昼」「夜」でモチベーションや気持ちを切り替えています。

中でも孤独や不安を抱えるのは、夜ですね。

  • 暗い
  • 寒い
  • 静か(物音がしない)
  • 人の気配がない

こんな条件の中にいたら、マイホームに住んでいる時にも誰もいない部屋で物音が下だけで怖くなる。

家族構成とのギャップ

  • 大家族
  • 兄妹姉妹と同じ部屋
  • よくしゃべる人がいる

こんな家庭環境で過ごしていたら、一人暮らしで静かな場所で過ごしたいと思ってしまう事もあります。

しかし、一人暮らしは本当に何も音がしない。

音よりも「人」の気配がないことが不安を増幅する。

人によっては、なぜ自分はあの家庭がうるさいとか贅沢なことを考えたのだろう!

こんな気持ちになる人もいるのです。

不安要素を整理する

あなたはこれまでに以下のような経験がありますか?

  • 自分で家計を管理する
  • 夜を孤独に過ごす
  • 目覚まし時計で起きる生活
  • 手作りの料理をする
  • 自分の服は自分で洗濯やアイロンがけをする

この程度のことは当たり前に毎日こなす必要があります。

このリストを見ただけで、「無理!」と思ってしまう人もいるかもしれない。

だったら、まずは未経験だけは脱出しておくことも大切。

たったこれだけでも「やったことがある」という記憶が支えになることも多いです。

ぶっつけ本番では何もできないままおどおどしてしまう人もいますからね。

 

一人暮らしで孤独を感じる夜の対処法

 

夜の過ごし方が決まるだけでもかなり違う。

どんな解消法があるのかをご紹介していきます。

副業デビューを考える

お金がかかる。

自分一人で家計を考える必要があります。

もちろん、習い事や仕事を始める目的で引越しをする人もいると思います。

しかし、学生はまだ仕送りやアルバイトでの生活費を作らなければいけない。

こんな人には、副業を始める事で自分の集中できる環境を用意することもできる。

女性も男性も問わず、自分のやりたいことを見つけて色々な分野のスキルや経験をつむチャンスにもなります。

夜バイトを始める

とにかく一人でいることが苦痛だ!

こんな人に在宅ワークを勧めても気持ちが落ち着きません。

だったら、あえて人と携わる仕事を探すことも可能。

しかし、コロナ禍になってからは、簡単に飲食店でバイトができるような時代ではありません。

そうなるとどんなバイトが良いのか?

この答えは、宅配サービス等の登録をすることも検討材料。

24時間対応のサービスを対象に仕事を探す。

こうすると、宅配により、人と関わる事が可能になります。

カフェや居酒屋があなたの住むエリアでは営業しているなら、そういう場所で働くことも検討してみては?

電話やメールで感謝の気持ちを伝える

一人暮らしを始めると、多くの人が「親のありがたみ」を実感する。

  • 汚部屋を良く片付けてくれたなぁ
  • 毎日綺麗にトイレもキッチンも掃除していたんだなぁ
  • お小遣いをくれるって大変だったんだなぁ
  • 毎月貯金ができる親はすごいなぁ

こんな風に家自体を出たいと思っていたはずが、ホームシックになってしまう人もいます。

でもそういう時には、その気持ちを素直に「ありがとう」で口にして伝える事も大切。

こういうコミュニケーションがキッカケで「頑張りなさい」の言葉に対して、モチベーションを上げられる人もいます。

  • 期待に応える
  • さあやるぞ!

こんな気持ちの切り替えスイッチにしたい人におすすめです。

趣味に没頭する娯楽タイム

滅多なことがない限り人が訪れる事もない時代。

バカ騒ぎなんてこともなかなかできない。

でも一人だからこそ、誰にも気を使わないでできる事もあります。

例えば、

  • 盆栽を始める
  • プラモデルを作る
  • パズルを仕上げる
  • ロールプレイングゲームなどを始める
  • 映画やドラマ、アニメの一気見をする

単純に1時間から3時間くらいなら、没頭してしまうとあっという間に時間が過ぎます。

つまりは、自分の夜の時間の定番メニューを作ってしまうのです。

私が常にやっていた事

実際に私が常に毎日の仕事終わりに夜の過ごし方としてやっていたことをご紹介していきます。

  • 動画鑑賞(アニメ、ドラマ、映画)
  • 読書
  • 掃除
  • 洗濯
  • アイロンがけ

こんな感じであっという間に時間が過ぎていった気がします。

別にFX等の勉強までしたいと思ったことが無かった。

本業が上手くいっている時には、適当にリラックスできる環境がほしいと思っていた。

だからこそ、自分のやりたいことをそのまま楽しむ。

こんな感じで時間を過ごしていました。

オシャレが好きな人なら、靴やバッグなどの小物の手入れ等初めてみるのも楽しいですよ。

ホームシアターなどにこだわりだすと、音響の環境を設置によっていろいろ調整したりするのも楽しいです。

今はモノがあふれているので、ちょっと贅沢をしたいと思った時でも映画館に行かずにホームシアターなども楽しめる。

基本的には、いろいろな時間の使い方があるけど、自分の好きなことを見つけるきっかけになると思います。

 

初めての一人暮らしの金銭問題の解消法

10代の大学生から20代の社会人だけでなく、60代の単身赴任を含めたらいろいろな環境の人が一人暮らしをしている。

ではその生活の中で、貯金はどうしているのか?

この答えを参考にして使い過ぎないように計画をするのも大切です。

家計の黄金比率を学ぶ

ファイナンシャルプランナーをはじめ、さまざまな家計のスペシャリストが参考にするデータがあります。

それが、家計の黄金比率というデータ。

具体的には何を計算するのか?

まず毎月の手取り収入を以下の割合に分類します。

項目 割合
基本生活費 6割
予備費 2割
貯金 2割

それぞれの具体的な内容を考えていきましょう。

基本生活費の内訳

基本生活費には、以下の項目が含まれます。

  • 食費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 家賃
  • 日用品費(女性ならコスメ含める)

予備費の内訳

  • 外食
  • 習い事
  • お小遣い

上記のように分類します。

例えば、手取り21万円の人がいたらどうなるのか?

21万×6割=12.6万円

21万×2割=4.2万円

それぞれの内訳をこのように分けていきます。

毎月4万円の貯金なんて無理に決まっている。

こう考える人は、その比率の中で何を見直すべきなのか?

これは、家族構成を気にしない一人暮らしなら、物件の家賃にこだわることが重要。

住まいのエリアを変えると、全体の食費なども変わってくる。

つまりは、そのエリアの生活費相場を含めて検討することが節約術のポイントになります。

 

初めての一人暮らしの不安を乗り越えるポイント

 

男性でも女性でもコロナ禍になってからどうしても人と接点を持つことを避けたいと考える事も増えました。

でもこの時代だからこそ、どうしても人とのつながりも大事。

ですから、少しでも大家と近づくことも大切です。

地方に行けば行くほど、農家を継続しながら、空いている土地を活用して賃貸物件を持っている方もいます。

こういう方をできるだけ味方にすると、ちょっとした食材をいただける機会が合ったりします。

上手に、人とのつながりを強化しながら、新しい人脈を発見することもこれからの時代には必要ですよ。

これから不動産情報を探す方へ

まだ自由が確定した状態ではない。

こんな人なら、不動産情報をチェックする時、以下のような対象も検討する必要がある。

シェアハウス

決してコロナ禍としては、たくさんの人の手がふれることが安心とは言い切れない。

しかし、孤独を解消する生活を手に入れるためには大事。

何かあれば、気軽に相談ができる。

これから、自炊を始める人も比較的簡単に近くの人から教えてもらうことができる可能性もあります。

まだ具体的に決めていない。

こんな人は検索をする際には、家賃だけでここにしようと決めないで内見などで以下の条件も確認することをおすすめします。

  • 女性専門等の契約条件
  • 光熱費は利用した分だけ支払う等の仕組み

つい新生活となると、駅やスーパーなどの生活圏内の建物ばかりを気にしてしまう。

しかし、以下のような内容のほうが生活には必要。

  • 日用品の購入

体がしんどいとか健康が心配なら、すべてネットさえあればいけるなんてことを考えてるなら危険。

日々の生活で使いきりの商品は、別にネットの方が安いわけではない。

疲れて帰ってきて、生活に慣れるまでは、次から次に買い物にいけるほどの体力もない。

そんな時でもシェアハウスで分け合えるなんてことに頭を働かせると意外と生活費も抑えられるのです。

他にもインターネットでWi-fiが使えるとなれば、かなり通信費の節約にもつながります。

いろいろ早めに準備をすると、初期の費用を抑える事も可能になります。

これが蓄積したら、いざ貯金をしようと思っても苦労をしない。

ぜひ快適な環境を探すなら、出費をどうやって抑えるのかを考えてみてください。

コロナ禍で友達もいない人へ

  • 近所に友達もいない
  • まだ仕事関連の友人もいない
  • とにかく孤独で寂しい

全く土地勘もない場所に住み始めた。

さらに、人見知りであまり人と話しをするのも苦手。

こんな人なら、まずは民間のサービスを利用しましょう。

費用を心配しなくていい

東京だからとか田舎だからも関係ない

自分の近くに人がいないとしても、自炊などいろいろ何かあったら教えてくれる人がいる。

こんな状況を作ることも大切です。

どうしても家族や友人には伝えたくないという人向けの無料で使える民間サービスもご紹介しています。

よりそいホットライン

スポンサーリンク