スポンサーリンク



嫌いな人がいる。

人間関係を良好にするのは人生の大きな課題の1つ。

苦手、生理的に受け付けない、どうも気に入らない。

抽象的な対象を含めると該当する人は多いという人もいる。

ほとんど人が嫌いと思った事がない。

こういう人も今回だけは無理。

頭を抱えてしまう事があると、人はその他のこともうまくいかなくなる事も多い。

問題として浮上した内容は少しでも早く対処をしておきたい。

これまでにも嫌いな人への対処や対策について記事を書いてきました。

嫌いな人を辞めさせる方法

嫌いな人を職場から辞めさせる方法

スポンサーリンク


嫌いな人を職場から辞めさせたい時の簡単でシンプルだけど成功率の高い方法

会社の嫌いな人を辞めさせる

嫌いな人や同僚を辞めさせる職場の典型的な手口や手段|上司のパワハラ体験記

嫌いな人にイライラしない方法

嫌いな人にイライラしない方法と効果

嫌いな人にイライラしない方法実践と結末

職場で嫌いな人と二人きりの体験記

職場の嫌いな人と二人きりの体験記

職場で嫌いな人と二人きり!地獄の時間の過ごし方体験記

職場の嫌いな人とストレス

職場で嫌いな人がストレスの元凶!どうすればいい?体験からの学び

職場の嫌いな人へのあだ名とトラブル

職場で嫌いな人にあだ名をつけるのはリスクしかない!人間関係注意点

嫌いな人への対処法をまとめてご紹介しています。

嫌いな人への対処法まとめ

嫌いな人への考え方や行動で楽になるコツまとめ

でも大人の対応は必要。

嫌と思っていても挨拶くらいはしなければいけない。

特に仕事で職場が同じという環境では自分の好みを優先するのは何か違う。

私も確かに嫌いとか嫌な感じの人がいたことは何度も経験があります。

その都度挨拶もしたくないと思っていた。

でも相手を無視して、挨拶もなし。

これでは、他の人から見た時、私が悪いということになる。

ではどうすればいいのか?

今回の記事で以下の項目に沿ってご紹介していきます。

嫌いな人に挨拶しないリスク

嫌いな人に挨拶しない注意点

嫌いな人に挨拶しない将来性

結果として、今自分が苦手な相手に対して何を意識するべきか?

この答えを少し気にしながらご覧ください。


スポンサーリンク






嫌いな人に挨拶しないリスク

嫌いな人と挨拶したくない

学校生活の中での行動。

部活や学校外の誰かとの関係性。

仕事で初めて見るタイプの存在。

先入観を持っているわけではない。

偶然だった。

自分が不快な気持ちになる相手に対しての対応に困る。

何も言わない。

挨拶もしない。

この結果は何も良いことがない。

原因は不問

ある意味、相手とあなたの関係なんて第三者から見たらわからない。

でも見てる。

一方がコミュニケーションを取ろうとしている。

それをもう一方が無視をする。

これは、どんな心理だとしても、無視された方が被害者。

詰まりはあなたが海外者という判断をされる。

挨拶は基本

誰もがその時間を一緒に利用する時、気持ち的に嫌でも挨拶だけはする。

緊張している。

人と接するのが少し苦手。

こんな時でも別に他人が自分に何かをしてきたわけではない。

だから、きちんとその場は丸く収めるための行動を選択する。

これがある意味、人間関係を問わない常識の範囲。

他人の目は、同じ選択をするのが常識と思って見てる。

だったら、当たり前の常識の範囲内の人に入っておく必要がある。

たった数秒。

この時間のせいで、あなたが悪い人間になる。

これだけ見たら考える必要もない。

あなたは数秒の選択で大きなリスクを背負うことになる。

 

嫌いな人に挨拶しない注意点

嫌いな人と挨拶したくない注意点

あなたは相手が嫌い。

でも別にその対象の人は何もそんなことを考える必要がない。

どちらが居心地が良いのだろうか?

あなた以外の関係性

あなたが嫌いだとしても他の人も同じとは限らない。

  • そこまで悪い人とは思えない。
  • 人間関係を築くのが上手なタイプではない。

相手の味方になるとは言わない。

でも普段の行動を見ていればわかると思う点は人によっても異なる。

当然、ご機嫌を取るのが上手なタイプもいる。

反対に嫌われる事に慣れ過ぎている人もいる。

人生好きな人とばかり付き合いを増やすとどうなるのか?

社会の中で、同僚や部下、上司と言った中では、あなたが一番ストレスを抱える。

これでは、やり返さないと気が済まないというリスクも出てくる。

結果、あなた以外のすべての人との関係性さえ壊れる可能性があるわけです。

返事を返さない。

こんな幼稚な対処と結果を考えるとリスクが大きすぎると思いませんか?

 

嫌いな人に挨拶しない将来性

嫌いな人と挨拶したくない行動の結末

例え初めて経験する問題だとしても関係ない。

何故嫌いになったのか?

そんな理由や原因もどうでもいい。

問題は、その後のあなたが抱える不満や悩みはどうこの後に影響するのか?

朝が憂鬱になる

私はこんなにいろいろな事をやっている。

相手は何もしない存在。

この2つだけを比較すると、存在の必要性はあなたの方が高くなる。

でも、世の中の考え方として、笑顔が素敵な人が勝つ。

こんな考え方もある。

当然、笑顔は練習しようと思えばいつでも明るい感じに変身できる。

でもそれぞれが今の楽を選べば、その先はわかrない。

常識なし。

この言葉をどうとらえるにせよ、結果として誰もが納得する結末にはならない。

きちんと、自分が何も手を下さないとしても結果が物語る。

こう考える意識や心の持ち方のほうが重要になる。

子供の頃と社会の印象

私にも子供がいる。

社会の中ではじめて言葉にされた言葉もたくさんある。

中にはショックを受ける事も多い。

でもこうも考えられる。

きちんと言葉があれば、その関係を変えることも可能。

むしろ、言葉一つで容易になるケースもある。

単純に相談される、してみる。

この経験を積み重ねることも大切。

社員は誰とでもうまくやっていけるのか?

これがとても問われている。

上司、部下、上司誰とでも結果として上手くやっていける。

こういう人を求めている会社も増えている。

私もこうして書いていてそれは無理と思っている。

この意見のほうが多いと思う。

  • 仕事すらしない。
  • いい加減。
  • 適当。
  • ごまかしてばかり。

こんな人を嫌う人もいる。

そんな行動も全て個性と言われたら、自分がやっていられない。

会社という組織にいるほうが息が詰まる。

こんなことを気付いた時には、こう考えよう。

「いつか自分が独立する」

自分1人で生きていけるだけのスキルを身につける。

今はそのための修行。

余分な人間の存在なんて価値がないと思えばいい。

それだけでいい。

こう言い聞かせる事で、社交辞令が可能になった。

かなり変わった考え方なのかもしれない。

でもそういう生き方で自分らしく生きることができたケースもある。

こう思っていただけたら幸いです。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク