スポンサーリンク



「転職したばかりなのにもう今の仕事を辞めたいと思っている!」

20代30代40代と年齢を問わず、転職にはあまり困らない人もいる。

毎回会社を退職してから次の会社がすぐに決まる。

でも求人の情報を見ている時の自分と入社した後ではギャップが大きすぎた!

大企業!

有名とか知名度がある!

大手!

歴史

何か自分の中ではこれまでとは違う企業を探す。

しかし、現実を見て愕然とする。

実際に今は職場の見学を事前に行う企業も増えている。

思っていたのとかなり違う。

この言葉を現場で目の当たりにする事が増えているのかもしれない。

これまでにも仕事を辞めたいという悩みについては以下のような内容を書いてきました。

40代旦那仕事辞めたい決断の意味

スポンサーリンク


40代旦那が仕事辞めたい!妻の対応方法や原因の見極め方注意点体験記

転職不安会社の仕事辞めたい

スポンサーリンク


転職不安!仕事辞めたい40代男女が取るべき最初の行動

仕事人間関係辛い辞めたい時状況整理法

仕事を人間関係が辛いから辞めたい人が知るべき対処法

半年で仕事辞めたいのは40代も当たり前の時代?どうすればいい?

仕事とプライベート優先順位

仕事とプライベート優先順位|40代妻帯者の成功と失敗の決定的な違い

仕事辞めたい人間不信状態

仕事辞めたい時人間不信に陥った恐怖体験と救われた経験から学んだ事

仕事辞めたい人間関係女性が辞める前

スポンサーリンク


仕事辞めたい女の人間関係に疲れた時後悔しないための準備と行動のタイミング

彼女仕事人間関係辞めたい最悪の結末

彼女が人間関係で仕事辞めたい最悪の結末の引き金は彼氏!体験記

仕事人間関係辛い辞めたい時やるべき事

仕事を人間関係が辛いから辞めたい人が知るべき対処法

仕事辞めたい上司との人間関係

仕事辞めたい人間関係が上司なら?パワハラ見極め方とやるべき事

正直、転職サイトを見ている時と同じ気持ちで何ヶ月続けられるのか?

この答えは、現実次第だと思います。

履歴書を用意して面接を受けるのも簡単になった。

エージェントを使っても所詮はその業界を経験している者ではないのに紹介だけ行っている。

結局は、転職を希望する時って、以下のような内容しか気にしていない。

仕事の内容

労働時間や休憩時間

年間休日

福利厚生

年収や月収

応募する時の選考方法(書類選考や適性検査の有無、面接場所や回数)

内定までの期間目安

新しい会社の採用するポイント等は正直あまり違いはない。

ただ会社の上司が自分に合わないか合うかを見ている。

もうこの程度しか見ていない気がする。

先の事は入ってからで履ければわからない。

だから数だけ入れて後は辞める人は止めない。

こんなスタイルが当たり前になっている気がする。


スポンサーリンク






仕事辞めたい!転職したばかりの人の悩み

転職したばかりで仕事辞めたい

1ヶ月、2ヶ月で辞めたいと思うのも当たり前の時代。

合わない!

この一言を口にする理由は何?

今後の将来で自分の新しい可能性を見つけ出したいと思った人がなぜ?

実際に不満を口にする理由に多い内容をご紹介。

転職したばかりの人の悩み1.内部状況

正社員の人の対応がひどすぎる。

勤務している間の指導も何もない。

マニュアルもないし、誰も別に教える気がない様子。

完全放置。

男性でも女性でも関係ない。

新卒も中途もお構いなし。

自分たちのやりたいように考える。

こんな企業の内面を見てショックを隠せない人は多い。

イメージと違う。

この言葉の対象が面接の時と以下のような差で感じるケースがある。

対応の時期 説明
面接時の内容 OJTに力を入れている
ゆっくりでいいから自分のペースで学んでほしい
先輩にどんどん質問してください。
入社後の対応 余裕がない。
そんなことに目を向けている時間がない。
失敗が続けば叱られるだけ。
褒めるとかやる気を出す言葉はない。

自分が何のためにこの会社に入ったのか分からない。

新人の行動を監視して、成功していれば妬む。

失敗したら自分たちが苦労していると言わんばかりの態度。

こんな学校のいじめに近いような現実が目立つ。

さらに、ひどい場合は社歴が短い人しか在籍していない。

  • 書類作成もよく知らない。
  • 昔いた人との作った資料ばかりの状態。
  • 今いる人達は残されただけの状況

こんな状態を目の前にしたら、あなたもこう思うはず。

「こんな会社に入って失敗した」

これは当たり前の気持ちだと思う。

採用する側はとにかく先に入れる事だけしか考えない。

あとは、もうどうでもいい。

こんな状態がもう何年も前から現場では広がっているのです。

 

仕事辞めたい!転職したばかりの相談体験

転職したばかりで仕事辞めたい相談体験記

自分には合わないのかもしれない。

せっかく正社員の仕事を見つけたのに!

このまま勤務していても別にメリットはない。

むしろストレスしかない可能性のほうが高い。

そんなことを言わないでもっと頑張れ!なんて私はもう今の時代は思えない。

実際に転職関連の相談を受けた時の対応についてご紹介。

転職したばかりで見た上司の行動

新しい人を入社させて放置。

この対応について、直属の上司に直談判。

どうしてもこの同じ状況をが続くのは納得できない!

この答えに対して、上司がどんな対応だったのか?

  • 社員と目を合わないだけでなく、背を向けたまま話をする態度。
  • 今いる社員の誰かを守ることしか言ってこない。
  • 同じ正社員として扱う様子がまるで感じられない。

就職してから、確かに試用期間という時期がある。

しかし、誰もがこの先の正社員になることを意識して働いている。

そして、その環境やサービス内容に疑問を持つことはきちんと伝えたい。

これは問題を指摘しているとは限らない。

これからの体制や仕組みつくりを提案している。

こうした点に対して、今いる正社員はどう対応するのか?

この点が非常にストレスになっていることがある。

  • 難しく考えるな!
  • 今のやり方でいい
  • 余分な事をするな!

つまりは、言われると都合が悪いと判断するケースがある。

気付いた人を褒めるのではない。

キャリアがある人のほうを守る。

これが業界を問わず、社会人の常識になってきている。

こんな状況に30代40代が平然としている事のほうが悪いと私は思っている。

この時期にしっかり中のやり方に違和感を感じる事をきちんとレベルの高い方向に導く。

この対策があるから、その先があると私は感じる。

しかし、今の時代は違う。

良い悪いを判断するのは、社員ではない。

最初からそういうものだと思う事が大事。

周りを惑わせる、混乱させることを言う人は排除!

こんな事をやっている会社が非常に多くなっていると私は感じる。

せっかく未経験の人が入った。

この時期だからこそ見えることがある。

その意見を言う機会も与えない。

さも最初から価値観に違いがあると言ってしまえば新人のほうが不利。

新卒も中途採用も変わらない

未経験者の新人なら誰もがその業界を知らなくて当然。

これは会社側も理解して対処をするべき問題。

しかし、こんな感覚もまるでない。

他を探してくれた方がこちらも楽。

こうハッキリ伝えて相手の話しや意向を聞いていないケースは多い。

年齢もやる気も全て根こそぎ奪っていく。

職歴や資格も無意味に近い。

ただその仕事を押し付けるためのコマ。

残業も当たり前。

メールのチェックも全て資格を持つ人に投げるだけ。

あとは上手く給料をもらえるような環境を上司は作り上げる。

自分さえよければ良い!

この言葉が何も言わずとも感じられる。

スポンサーリンク


仕事辞めたい!転職したばかりの判断要素

転職したばかりで仕事辞めたい決断要素

別に他の仕事を見つけるのは、入社してすぐの状態でも続ける意味があると私は考えている。

他の会社の求人を見ておくことで今やっている事に疑問を持つことも大切。

それが当たり前と思ってしまうことのほうが問題。

もし転職することがなかったら、あの時やっていたことが当たり前だと思っていた。

こんな言葉が転職経験者の口から聞こえてくる。

スキル?職歴?自己分析以前の問題

そもそもどちらが悪くてどちらが正しいという認識は不要。

自分で働いて給料を受け取る。

自分が生きていくためには仕事が必要。

生活に困ってなかったら働かない。

これが現実。

でも我慢して自分を病気にしてまで働く意味や価値はどこにある?

あなたには本当に今の会社に身を置くメリットがあるのか?

その道のプロになったら本当に将来は楽になるのか?

40代、50代、60代にもそれぞれ悩みがある。

生活を良くしたいとお思っていたも結局は仕事探しが大変になる、転職が難しいからと今の仕事をやり続ける人が多い世代。

こんな人たちが退職するまで待っているのか?

その間の20代から40代は結局その人たちの扱いやすい人だけ使う?

こんなのは到底理解できない。

もしせっかく入った会社だから頑張ってみようと思っているなら、とにかく長い人へ直接新人から見たおかしい点として意見を言ってみよう。

この反応が大事。

もし仮に、入社した側が言い過ぎたらどうなる?

試用期間だからクビにする?

そんなことしかできない会社に未練を持つ必要はない。

所詮はその程度だと思った方が良い。

決断する基準は時期ではない

入社1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月、1年未満。

職種も業種も関係ない。

それより大切なのは、あなたが興味や期待を持った入社前の気持ちと今が違っているかどうか?

事情はもちろん相手にはわからない。

でも、その人が本当にあなたに期待しているなら、もっとあなたの意見に寄り添う行動を選ぶ。

ブラック企業というのは、単純に相手が自分の力より上回ると分かった時点で排除しようとする。

  • 将来自分のポストが奪われる。
  • 会社にとって都合の悪い事を見抜かれる

こう思うからこそ、相手を恐れる。

その程度の仕事で満足しているなら将来いくら貢献してもあなたにきちんとした給料が払われることはない。

能力やスキルよりも会社が自分たちを守る。

これがずっと続くだけ。

時間をもし考えるなら、できるだけ早く行動するほうが良いと思ったほうが勝ち。

所詮今悩んでいても疲れるだけ。

充実した未来なんて来ない。

相手にするだけ無駄。

このあとに自分が精神的に行基になってしまう可能性もある。

だったら、完全におかしくなる前に、どんどん他の道を探す。

こう考える事が今の若手も含めて行動することができれば、人不足に悩む企業の本質が見えてくる。

優良な会社と何が違う?

その答えは、上層部だけの問題ではない。

基本は現場。

この少ない人員の中の人間関係を含めた将来への徹底した管理ができれば満足する人は多い。

しかし、この中でさえ、ずっといる人が支配するという行動を許している。

これでは何も良くならない。

  • 本来の退職手続きの方法すら知らない店長職。
  • 入社後の基本的な手続きも知らない。
  • 面接時の基本の説明にも違和感がある。

この程度の人が立場を守ろうとする会社に在籍する価値はどこにある?

全くないですよね。

むしろ、初めての業界への転職だったら、その業種の特徴として知ることが出来たと思うべき。

人生はすべて学び。

行動した先に見える事

まずは行動。

間違いがあったと思う内容は時間の経過とともに対策も含めてその先で原因を含めて考える。

このくらいの完成がないとこれから先の人生は長いようで短い。

転職サイトで新しい職場を探す上でも以下のポイントは重要。

  • 正社員募集の年齢が合わない。
  • 勤務希望のエリアと仕事の数。

同じ年齢で同じ転職サイトのサービスを見ても実際には環境によっては、大きく異なる。

どうしても地方のほうが職が少ないと感じることは多い。

しっかり自分の人生を考えることが重要。

違う目線で考えるなら、こうも言える。

初めて就職した会社に20年、30年務めてもらった人に対して今はどんな状況を作っている?

今後にはどんな展望や未来を用意している?

ずっと会社のために貢献した人にも結局は会社は都合のよい行動を行う。

これがほとんど。

結果、従業員になってもらった給料が割に合っているかと考えたら精神的な負担が増えただけ。

こんな人が今の40代50代には増加している。

これは業種も関係ない。

若手を採用する準備をする背景

長期雇用を検討した若年層の採用という名目が目立つ。

しかし、その理由は本当にそうでしょうか?

選考する上で、若手は結局は結婚や子育て関係に対して現実味が少ない。

完全に一人の道を自由に歩んでいる。

結果、休日をもらえば国内、海外を問わず自分の楽しみを優先できる。

しかし、相手が恋愛ではなく、妻や夫になったらどうなる?

家庭と仕事の両立。

こんな言葉に少しでも妥協して働き続ける覚悟があるのか?

この答えは少し違ってくる。

今の独身の状況では判断が難しい。

しかし、この方が会社としては一番稼げる時に稼いでもらって、立場や昇給、昇格を求める時期に出て行ってもらえる。

十分大きな利益を出してもらえたと思うわけです。

結果、労働者が疲れてしまって、会社だけが利益を確保。

こんな未来があることを能力やスキル以前に考えておく必要がある。

 

転職エージェントも頭を抱える実態

転職したばかりで仕事辞めたい人が増加中

転職サイトを運営している会社の中には、エージェントを使いさらに満足できる仕事を紹介するというサービスもある。

ある程度業務経験もスキルもある人がもっと活躍できる場所を求める。

でも自分の知ってる選択肢は狭い。

そこをサポートして、企業から紹介の手数料をいただくのが仕事。

マイナビ、リクルートエージェントなど本当に多くの会社がある。

それぞれに多少の業種の扱いや年齢の幅に違いがあるが、やることは同じ。

でもその中身を働いている人に確認すると、こんなことを言う人が私の周りでも増えてきた。

会社の社風に合うとは違う

あくまで働いてから相性が悪いとか環境が良くないと言われないようにやるだけなら可能。

しかし、社風となると話は別。

  • 上司の言うことと会社の方針が違う。
  • 誰に聞いても答えが違う。
  • 年齢関係なしと言いながらも年功序列が顕著

結局転職のメリットを年俸や年収アップと思って紹介しても長く働ける人生になったかと言えば違う。

人生辛い事のほうが多いと思うけど、中途採用の人への対応が変わってきた。

  • 職務経歴書にある職歴や資格よりもその人への印象の問題。
  • 残業や休日出勤よりも人の好みに我慢する日々の問題。
  • プロとして働きたいと思って入ったら、会社の雰囲気に合う人を重視する環境。

こんなことを見せられたら、転職してもその人にとって人生に得があったとは言えない。

むしろ、やってられない。

仕事をしに来ているのではない。

それぞれが上司に良く思われるための行動を考える。

まとめている人次第で全く違う待遇を受ける。

こんな扱いをされて過去の会社より年収が良いからと我慢できるだろうか?

もし私が同じような扱いを受けたら、もう即辞めると思う。

長い人が必死に頑張っていて当たり前。

試用期間に新人がその熱意に共感してこそ転職の意味がある。

なのに、

面接と実際は大きくかけ離れているのも当たり前。

さらに、

その現実に対しての判断も全て店長や責任者の判断次第。

そのアドバイスが合っているかどうかではない現実。

こんなひどい場所に居続けるメリットはないはず。

あなたの可能性をもっと引き出してくれる会社に行くほうが現実的ではないでしょうか?

私は、1ヶ月、2ヶ月という期間でも嫌なら辞めるべきと思っている。

それは期間よりもその人の出来る事をもっと業務に反映できる環境を探すことが大切だと思うから。

付き合わされることにメリットはない。

これが仕事を見つける時のポイントだと思っています。

スポンサーリンク