スポンサーリンク



会社が理不尽な対応をしてくる事が増えてきた。

辞め時なら自分の仕事も転職の方法だけ考える事が出来る。

でも、今辞めるのは、自分の事でもかなり困る。

辞めさせる前ってみんな何を思ってるのかな?

会社で嫌な奴を辞めさせる動き

スポンサーリンク


会社の職場で特定の人が嫌いな人を辞めさせるなんて子供じみた行動を本当にしてくるのか?

はい。してきます。

私はこの状況を経験していますし、何を思ってるのかもことごとくしゃべらせました。

「本来なら、やっていいことと悪いことくらいわかるでしょ?」

「こんな状況が普通に何もお咎め内なんてことあっていいわけない!」

「人が嫌いなら、もっと職場に採用する前にもっと考えて入れたらどうですか?」

会社嫌いな奴辞めさせる対策

こんなことを会社の職場の中で、上司と良い関係の時って何も気にならなかったのに、一変して罵倒の喧嘩状態。

でも、実際にこんなことをまともにやりあう人は少ない。

会社の職場の上司相手にまともにやってやろう的に思ってしまうのは、完全に私の性格。

でも、私は、間違っていないと思う時には、徹底してやりあう。

それは、自分がその職場の他の相手に対しても、今後上の理由わからないままの対応に簡単に振り回されるのをもう見たくないから。

ただその正義感的な身勝手な思い込みで、辞めるにしても、徹底的に悪い印象になっていいから言うことは言わせてもらう。

こうした態度で、幾度となく、会社が職場の中で、嫌いな相手だけを目の敵にしてきたのを見てきた。

会社を辞めさせるという考え方については、以下のような内容も書いています。

会社辞めさせる嫌がらせ

会社辞めさせる嫌がらせを受けたらどうする?40代の生き抜き方

私のサイトは、40代の仕事と人生を中心に、結婚,恋愛,ファッション,髪型などを含めて個性を活かし、自分らしく生きる為の考え方をご紹介しています。

人は、つらい、悲しい、つまらないと思う時も以下の4つのバランスを考えてものごとを選択している。

「人,モノ,お金,時間」

職場という時間は、お金を稼ぐための場所であり、モノを手に入れる為も含められる。

しかし、どんな稼ぎが良いといってももうこんな人と一緒に仕事が出来ない。

こう思う嫌な相手との状況は、精神的にも肉体的にも疲れていく。

だからこそ、本当に効果のある対策と対処を少しでも紹介していきたいと思います。

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回の記事では、会社が嫌な奴を辞めさせるという手口的なことを含めて、あなたが辞める前に知って欲しい情報を以下の項目でご紹介しています。

会社が嫌な奴を辞めさせる典型例

会社が嫌な奴を辞めさせる理由

会社の嫌な奴?辞めさせる被害対策

今まさに自分はやめさせられる感じに追い込まれている。

こう感じているなら、少しでも情報としても見ておいてください。


スポンサーリンク






職場で嫌いな人を辞めさせる典型例

会社嫌な奴辞めさせる

もううんざりだ。

今回ばかりは本当に対処ではなく辞める方が早い。

本当に私も幾度となくこのような言葉を必要として、そして嫌を通り越す怒りを持つことを経験してきた。

しかし、最後には、相手を屈服させ、必要なてて卯月を正式に進めてもらう。

この対応にしっかり結びつけるのが本当に大切なポイント。

だったら、まずは相手のやり方等に関連する情報をご紹介していくべきですよね!

会社が嫌な奴を辞めさせる序章

会社で嫌な奴辞めさせる

会社が何かあなたに辞めさせるような感覚を与えるケース。

このやり方の中で、対処をしておくべき最初の注意段階があります。

それが、以下のような内容。

「もう(あなた)も何年目か。そろそろ何か違うことをやりたいと感じるころじゃないか?」

あなたは何も辞めるとか言う機会すらない状況で、ある日突然、上司などから「次」という言葉が出てくる事があります。

これはまさに辞めさせる必要が出てきたと感じ始めた最初のポイント。

後の会話を続けるようなことは言わない。

でも、それとなく、話の中で、ここを辞めたら?的な情報を促していく感じ。

この話が出てきたら、本当に注意の始まりです。

会社が嫌な奴を辞めさせる行動

会社嫌いな奴辞めさせる行動

言わなくなったら、それで終わるか?

いいえ。そんなことはありません。

もう他のやり方でおいこむことを思いついたから、少し方向を変えただけ。

この時にターゲットになるのが、同僚。

今の悩みを相談していた。

会社の問題を実際に的確に見抜いているからこそ、少し突っ込んだ部分の問題定義。

会社で嫌な奴辞めさせる実態

こうした話は、今の会社の職場では問題にされると厄介と思ってる気持ちが強いケースがある。

だったら、その話を知ってる同僚に何かを吹き込み、結果的に会社の組織に味方になっておくほうが安心だろ、少しはかしこくなれ!くらいの話を持ちかけてる。

実際に、私の同僚も同じような状況で、言ってこられたと結果的に先に私の耳に入れてきた。

この時にも知らないふりみたいな態度で、毎日対応をしていた。

もうこの段階になると会社は、完全にあなたとの先のビジョンやポスト等の状況を考えていない。

会社が嫌な奴を辞めさせる最後

会社で嫌な奴辞めさせる手口

毎日業務と言える内容をもう最近は雑用みたいな事を押し付けられて対応に追われている状態。

こんなことを今一番悩んでいる。

こうなっている人は、もう限界みたい。

こんな状態になった時には、もう会社の職場の大半の同僚も上司も一番仲が良かったと思う人も相談すら避ける状態になっていく。

まさに、孤立した人間という状態にしていく。

この時にも持っておくべき意思は、「いかなる状況でも気分でも、絶対に自分から辞めるということを言わない事」

会社嫌な奴辞めさせる典型例

これだけは絶対どこにいても大事に心がけて、いろいろなことを言ってきた際も聞いてるふりをしておきましょう。

態度で示せば、所詮は、向こうが思う通りになっていく。

社員の数が小さい規模であればあるほど、この状況は顕著になっていく。

人間関係のトラブルは誰もが疲れるし、苦手と思う気持ちになっていく。

仲良くしてくれとは言わないが、せめて普通の仕事をこなすぐらいの態度や声をかけるなどは普通にしてほしい。

こうした気持ちになった先に、

働く意味。

自分が行う価値。

今の自分が何かを行う意味と力。

心をひきされていく言葉。

性格を捻じ曲げないともう状況が正嫌な奴を会社が辞めさせるしい方向に向かう事が無いと思う気持ち。

 

どんどん言葉は成功から遠ざかり、企業のくだらない人嫌いに、しまいには異動命令。

こんなやり口に実際に変わっていく状況が普通に誰でも場所を問わず起こりえる。

 

会社が嫌な奴を辞めさせる理由

会社にとって嫌な奴

ではなぜ会社や企業は、職場で上司となった人間が自分の嫌な奴を辞めさせるという行動を普通に好きにさせておくのか?

むしろ、仕事の円滑な状況を考えたら、上司の異動を実践した方が、確実に会社が輪にとっても良い関係が保たれるのでは?

こんなことを考える人も少なくないと思う。

でも、正しいを考える事ができれば、誰も会社との関係を終わりにしようなんて思わない。

環境が明らかに退職や終わりを必須とするような環境をどうしても会社が上手く仕向ける。

これが、一人の対象を人事として人財ではなく、ただの労働者の人材とした考え方。

さあその終わりにしようと思う強い行動力はいったい何を基本としているのか?

この点を考える基本的な部分を説明していきます。

会社にとって嫌な人は情報源

会社が嫌な奴

会社が考える人事でとても上手く扱いやすいと思う一人は、単純な人。

もう別に会社が何をしても基本的にあれこれ考える事はしない。

感情がいくらあっても口にも行動にもしない

第三者に確認したり、連絡したりするようなこともしない。

家族にももらすような相手がいない。

同僚に連絡をしたり、部下に話すという心配もない。

人気はない。

会社や辞めさせたい対象

要するに、能力ではない。

まるでおまじないにかかった人のような感覚。

空気を読むとかこんな言葉が能力だと思ったら大きな間違い。

むしろ、何を見ても、知らないふりが出来る人が空気を読むという人になる。

だからこそ、今の体質や体制にストレスを感じる人を嫌な奴とする。

都合の悪い人ってことですね。

会社にとって嫌な人

会社が辞めさせたい嫌な人

ビジネスの基本は報告連絡相談。

だが、この3つを努力している人の中には、はっきり言ってもうその経過等をすっ飛ばして全て解決してしまう人も多い。

他の人では電話対応すら無理。

なのに、その人が先方のもとに行くとみなが納得する。

こうした人は、もう孤立しても何も困らない。

社内で一つ群を抜くような存在になってしまう。

結果的には、社内の悪くなっている点をいろいろ探られやすい状態になる。

もうこういう状況は試しの期間でも、人間としてではなく、企業が一番怖い存在と感じるケースになる。

こうなると、事前に手を加えて、違う意味での企業が背負いたくないトラブルを回避する。

仕事が出来ると必ず守られるは違う。

もうこういう時代ではない。

むしろ、上司の気分を害さない人が一番長生きする変な仕組みがある。

あなたがもし、呼応した環境を日常の業務のどこかで感じるなら、必ず全て録音したり、記録を毎日怠らないようにしておきましょう。

 

会社の嫌な奴?辞めさせる被害対策

会社嫌いな奴辞めさせる対策準備

もし万が一、明日から会社がまとめて、あなたに辞めさせるための行動を行ってきたら?

こんな会社を続ける理由はない!

なんでこうなったのか原因もわからない!

他の第三者に相談するあてもない。

もうやめるしかないのか?

こんなことになる前に、重要なポイントと大きく局面を逆転させられるきっかけになる方法をご紹介していきます。

会社をやめさせられかけたら?

会社に辞めさせられる

まず大きな企業だろうが、小さな営業所や事務所だろうが、度を超すような働きかけをしてきた段階なら、まずは以下の事を徹底してください。

ボイスレコーダーを毎日携帯。

出来るだけ、会社が外部に言えないような弱点を1つでも握る。

たったこの2つだけを注意してください。

この先は、必ず希望があります。

なぜなのか?

この点を簡単に教えていくなら、まずはボイスレコーダー。

最近は質の高い性能を持つレコーダーを簡単に個人が利用できる。

スマホでもアプリで出来る。

この情報は、全てあなたが体験したことを示す参考資料としての証拠になります。

こうした情報は、いかにあなたが記憶から伝えようとしても基本的には個人的な主観という見方になってしまう。

だからこそ、いかに正しい被害状況を証拠としてつきつけてやる状態を作れるか?

この点をまずは不利な状況に追い込まれたときほど、多く提示することが大切。

無料で使う事ができる録音機能でも十分対処可能。

出来れば、メモリーカードは大容量に変更して使うとさらに効率的です。

会社辞めさせられる前に

必ず用意しておきましょう。

次に、その状況を自分で、テープ起こしのようにして書くことも重要。

何をやられてた?

あれ?あの言葉たちの意味はそういえば何?

こうした情報を夜は疲れているし、難しいかもしれませんが、できるだけ自分のノートにシェアするつもりで書き記します。

これが、正直すぎるくらいの情報であれば、さらに良い。

こうした感情を全て最後に第三者に提出する時には、自分の感情のコントロールが本当に難しい状況になったことを示すヒントにもなります。

会社で嫌な奴扱いをされたら?

会社嫌いな奴扱い

労働をしてお金をいただくのが会社員やサラリーマン。

この条件を考えると、つい何事も荒波を立てないように静かにしていようと耐える人も多い。

しかし、この行動はかえって嫌な奴と考える会社側の上司にとっては思うつぼ。

大人しい相手ならなおさら、周りを巻き込む準備もしやすい。

これは逆に損です。

出来るだけ、自分の言うべきことはすべて伝ええる。

言わなかった=認めていたなんて置き換え作戦を取られるのはあなたも嫌なはず。

だからこそ、相手が嫌だと思うなら、あなたも徹底的に相手の嫌がることを行動する。

このぐらいの気力で立ち向かう行動をしていないと、いいように周りは辞めさせたい会社側の味方になり、自己防衛に走る。

 

会社で嫌な奴と思われた時の注意点

会社嫌いな奴辞めさせる対象扱い

勘違いしないでほしい事もあります。

それは、人の個人を好きか嫌いかで考えるものではないということ。

あくまでも会社が嫌な人と考えたという視点が大切。

直接的ではなくとも、間接的に上司や同僚を使い、あなたをそういう形に追い込んだ。

つまりは、会社が組織的に行っていることを承認していると思える行動だといえる部分が大切。

この考え方は、規模が小さいほどわかりやすい。

本来相手が職場の上司であろうが何だろうが、労働者の責務は業務遂行が最優先。

その業務遂行を妨害するような行動を人の好き嫌いなんてくだらないことで時間を浪費する事そのものが否定されるべき内容。

だからこそ、しっかり職場の風潮を含めて、あなたが どんな扱いをされて、その企業はいったい何を良しとしてきたのか?

そして、相手は何を隠したいと必死になっているのか?

こうした点をもっと明確に掘り下げて観察することが大切。

具体的には以下のような対象があります。

法的には、違法性があると分かっていながらそれが会社というものだと考え方を押し付けるやり方。

この考え方は、法律上おかしいと伝えると、他社もやっているとその業界の一部扱いに置き換える行動。

この二つは、私的に絶対に良い交渉材料になるきっかけと言えます。

 

会社で嫌な奴となった時弁護士相談

会社嫌いな奴辞めさせる司法

労働問題等に詳しい弁護士に相談をすると、こんな質問を受ける事があります。

「企業側にとって都合の悪い情報は何か知っていますか?

「知られるとあまりうれしくない情報を知っていますか?」

企業をもし相手にした際にも、必ず弁護士が入る段階がある。

この時、段階を弁護士同士の協議となった際、違法点を放置することは基本的には出来ないのも弁護士の仕事。

会社の本位は、あくまで群衆の一部。

こんな解釈をはいそうですね。とうなづくような軽い仕事をしている環境ではありません。

違法は違法。

この点を職場の状況等を含めて、しっかり提示が出来る状況があると、いろいろ強みが出せる。

だからこそ、あなたは軽はずみに、会社を辞めたいとか辞めるという言葉も言わない。

あえて言うなら、自分がなぜこうなったのかを明確な説明を書面化した形で求める。

このくらいのやりあう形がちょうどいいですよ。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク