スポンサーリンク



  • 仕事や失敗やミスが続いている!
  • 恋愛で振られてしまった!
  • 第一志望の受験に落ちた
  • 資格試験で不合格だった

自分に自信がなくなってしまうきっかけはいろいろあります。

人間関係(恋愛)、仕事、学校(進学、就職)など人生の分岐点では成功と失敗が存在する。

自信とは何か?

自分の価値や能力を信じること。

自己を信頼する心を意味します。

自信がない関連記事。

自分に自信がない人の改善策

スポンサーリンク



自分に自信が持てない原因と克服する方法やおすすめできないやり方

恋愛で自信がない人がモテる方法

恋愛で自分に自信がない人の特徴|改善する方法とは?成功体験談から伝えたいこと

自分に自信がない人の心理

仕事ができない自分に失望する,自信がない人の特徴|憂鬱な毎日の克服方法

今回の記事では、自信がなくなった時にやっておくべきことや行動注意点を以下の目次で解説しています。

自信がなくなったとき体験談

自信がなくなった人の行動注意点

自信がなくなった時の思考術


スポンサーリンク






自信がなくなったとき体験談

自分に自信がない

私も自分に自信があるタイプではなかった。

自信がない人の特徴

特徴

自分の何を信じればいいのかわからない。

  • 実績がない
  • 学歴もない
  • 特技もない

平均、平凡の人は他人と比較されることを恐れる。

自分に自信がある人には、キッカケがある。

例えば、

  • 運動神経が良い
  • 頭が良い
  • 外見のルックスが良い(イケメン、美男美女等)

自信を持つ何かがある人がうらやましいと思う側のに人間でした。

自信がなくなるとどうなる?

自分に自信がなくなったら

  • ものごとに消極的になる
  • 褒められても心から喜べない
  • 他人と距離を置くようになる

結局、自分で生きてきた中で何ごとにも後から行動をするようになってしまう。

この状態でも毎日の生活を送ることはできる。

だから、人は次のステージになると妥協するようになってしまう。

最後には惰性で生きるようになってしまう。

結果的に人生そのものに対する価値観が下がる。

仕事がつまらないからやめたい人が進むべき次の転職先

生きてるのが辛い男女が急増中の理由と人生を変える方法

 

自信がなくなった人の行動注意点

自分に自信がなくなった時の行動注意点

今から自信を取り戻す方法を探す。

この気持ちは大切。

でも、ちょっと待ってください。

そもそも自信とは、最初は子供の頃には誰もが持っているものなのです。

どういうことか?

子どもはプライドが高い。

何でも自分ができると思っている

自分ができないことがあると悔しいからすぐに泣く(涙を流す)

この反応は自信があるからこそできること。

しかし、以下のような経験から自信がなくなっていく。

自信を失うきっかけ

自信を失うきっかけ

  • 他人からダメ出しをされる
  • 失敗した後に親に失望される
  • 自分ならできると思っていたのにできなかった

失敗や挫折を味わったことで、心が弱っていくのです。

つまり、自信を取り戻すというのは、不安と恐怖とのバランスが大切なのです。

心が傷つき疲れている

精神的に疲れた

何か行動をすれば改善する問題ではないのです。

行動よりも癒すことのほうが先決。

自分を信じるためには、勇気が必要。

  • 自分にできないことを認める勇気
  • 自分ができることも認める勇気
  • 自分を助けて!と素直に他人に救いを求める勇気

これらが環境を作り上げるのです。

 

自信がなくなった時の思考術

自信がなくなった時の対処法

自分に自信をつけるには何から始めるべきか?

まずは、「いつまで」というゴールを決めないこと。

焦りと不安の材料を整理する

焦りや不安

  • 何がきっかけでこうなったのか?
  • 自分の中で何をそんなに恐れているのか?
  • 外部からの攻撃とは何か?

負の感情を生み出したきっかけがあるはず。

その当時のことをしっかり思い出す。

そして、その事実を「できなかったけど良い円強になった」と受け入れることが大切。

失敗は恥ではなく気づき

失敗は恥ではない

成人になって、一人で何もかもを決断できるようになる。

でもその分、自分を守ってくれる人がいなくなってしまう。

自分が弱い人は、他人からの些細な攻撃(言葉、視線)に防具を着ていない状態。

でも恐怖や不安というのは、あくまで失敗を恥ずかしいと考える思いから始まる。

「失敗しちゃった!」と笑って言える人間になるのです。

「こういう対象は、自分の場合は練習しなければできるようにならないことか!」

このように、自信満々で挑んだもので失敗した場合でも自分を責めないようにしましょう。

まずは認める。

そうすれば、自己否定をする機会は減る。

否定するよりも経験した自分を褒める

否定する前に褒める

次に大事なのは自分を褒めること。

  1. まず行動を起こしたことを認める
  2. 自分が失敗したことを学べた

あくまで、自発的に行動を起こしたことだけを認めてあげることが大切。

失敗しないほうがもったいないと考える

失敗しないほうがもったいない

失敗は人とのつながりのきっかけになります。

成功している人に教えてもらえるようになる。

成功したらプレッシャーになります。

自慢にならないように、相手に上手に伝えることが求められる。

つまり、失敗したほうが得が多いのです。

私はこう考えるようになってから、人生が楽になった。

失敗してもいいじゃないか!

どうせその事実で人生がくるってしまうことはない。

それより、失敗したことで同じ経験をした人の気持ちがわかるようになった。

こう考えるようになりました。

結果的に、辛い経験を積み重ねた人は、優しい人になれるのだと私は伝えたい。

辛い経験から優しくなれる!成長したと周囲から言われた体験談

スポンサーリンク