スポンサーリンク



40代になった今となっては、会社に勤続年数4年目になった。

会社に行きたくないわけではないがそろそろマンネリ化してやる気が出ない。

転職活動するのに、サイトを使えば仕事はありそうな気がする。

40代の方の中には、4年目の仕事を辞めるというタイミングとして検討する考え方を持つ方も多い。

年数的にも3年以上勤務した事でちょっと安心している方も少なくないと思います。

会社を辞めたい4年目の悩みについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

他にも、40代男性に関連する仕事に関する悩みは以下のようなコンテンツも用意しています。

会社辞めたい新卒

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

仕事辞めたい50代の決断

50代で会社の仕事を辞めたいと決意するのは危険?楽しく生きる為の予備知識

30代部下の会社辞めたい価値観とは?

30代女会社の仕事辞めたい

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた会社辞めたい

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

仕事辞めてニート

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社辞めさせる手口

会社を辞めさせる手口2018会社員被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

辞めさせられる人って何か理由があるの?

こんな悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事を辞めさせられる理由を調べる前にやるべきこと!

会社の仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていく毎日に必要な考え方

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

会社の仕事辞めたい40代独身男性悩みと自分らしい人生の選び方

会社の仕事辞めたい40代独身男が人生やり直したいは叶う!

会社の仕事辞めたい理由ランキング閲覧は逆効果?

会社の仕事辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社の仕事辞めたい相談は上司にすべき?

会社の仕事辞めたい相談は親?30,40代のモテない男性との関係性

会社の仕事辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社の仕事辞めたいのが三ヶ月目?40代向け仕事の選び方注意点

会社の仕事辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社の仕事辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社の仕事辞めたい営業に2年目が多い?40代賢い転職術

会社の仕事辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

仕事の仕事辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

会社を辞めたい時の転職活動のタイミングも重要。

会社の仕事辞めたい時転職先決定時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社をやめてから転職活動は40代男性女性に不利な時代?

会社が辞めさせてくれないをどう乗り切るかは民法を知るのが最短ルート!

会社が辞めさせてくれないは民法活用3文字で勝ち取れる!

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

会社を辞めたいが言えないという悩みの解消法についてもご紹介しています。

会社辞めたい時言えない

スポンサーリンク


会社の仕事辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

私のサイトは、40代男性の仕事と人生を軸に、ファッション、髪型、恋愛、結婚と同様に個性を活かし、自分らしい生き方にする考え方をご紹介したいと思い、運営しています。

人が日々を生きていく中で選択をしなければいけない「人、モノ、お金、時間」を自分でコントロールできる生き方を一緒に考えてみませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

この記事では、4年目で会社を辞めたい40代の方に、もう一度ふと思い返していただきたいような事を以下の項目でご紹介しています。

会社を辞めたい4年目40代の失敗原因

会社を辞めたい4年目40代の成功要因

会社をやめたい4年目40代の選択基準

40代が終われば、必然的に50代。

もう社会人人生の残りの方が短くなってきた年齢も増えてくる世代だからこそ、20代30代とは違う選択の考え方として御覧ください。


スポンサーリンク






会社の仕事辞めたい4年目40代の失敗原因

会社辞めたい4年目

4年という時間は長いようであっという間。

会社の中には、5年、7年、10年以上等の方もいる。

一桁で悩みを持つ事に対して、最近の会社は見向きもしてくれない傾向もある。

そんな時代だからこそ、40代というキャリアもベテラン域達するような世代に、失敗しやすいケースもある。

会社を辞めたい4年目の転職失敗要素1.タイミング

中途採用を意識してる社会人の転職組ほど、徐々に世の中の退職需要が高まる時期をわかってくる。

40代までに一度も退職経験がない時は、4年目の悩みなんてものはない。

しかし、最近の求人の傾向を全く違う異業種については、ほとんど知らない。

そんな中で、以下のような決断を下そうとする人もいる。

  • 自分の入社した時期で4年目になったタイミングで退職しよう。
  • 自分の部署は、自分がいないと人が入らない事はないはずだ。
  • 今をのがしたら、新人が入ってくるタイミングもあるし辞めにくくなりそうだ!

自分の環境的に、4年目となっていれば、もうOK?

こんな曖昧な考え方をしてしまうと、需要の出やすい時期が解らず、数社の選択肢で失敗したら、仕事がない人生になってしまう。

これでは、人生計画も一気に崩壊に向かう。

新卒入社の時期に合わせるのは気が引けるなんて考え方も本来は不要。

かえって、新人に時間を取られる時でも、あなたが指導者でなければ、辞める事に対して会社花にも困らない。

他の人の事を考えているようでどこか見えてる視点がずれている。

この場合は、多くが失敗しやすいので、注意点として意識していただきたいと思います。

会社を辞めたい4年目の転職失敗要素2.給与

会社員の給与は、徐々に求人などを見ていると高まっているようにも見える。

こういう時代だからこそ、以下のような転職に対して、誤解をしている人も多い。

  • 今の時期の転職なら、上手く行けば基本給が今より多いところが見つかるかもしれない。
  • 今の会社の給料は、残業代も無いし、不正さえさせられていてやってられない。
  • 今の会社の給料は、仕事と人の数に比例していない激務の典型で割に合わない。

このように、対給与と時間という「時間とお金」という選択を中心に考えすぎてしまう方も多い。

しかし、給与はそんな簡単にその業種の市場全体が上がってくることは殆ど無い。

なぜそう言えるのか?

求人があるないに問わず、今は内部留保の動きが企業の大小を関係なしに顕著に広がっているから。

つまりは、給与例1つ取っても、過去のピークタイムを掲載しているだけで、結果的には数年は見たことがない。

こんな状態の求人も決して少ないとは言えない。

実績があれば、求人に対しては掲載は可能。

こんなからくりを意識しないままタイミングを優先した思考になっているからこそ、給与に希望を持つ。

こうなると、現実を見なければ真実がわからない状態になってしまってる方も多いのです。

スポンサーリンク


会社の仕事辞めたい4年目40代の成功要因

会社辞めたい4年目の成功法

40代の転職活動をしている4年目で会社を辞めたいを決断した方の中には、成功しているケースもある。

何をきっかけに成功してるの?

4年目なんて別に魅力になるようなことも無いのでは?

この用に感じている方には、意識して欲しい今の現状チェックとしてもご覧頂ければと思います。

会社を辞めたいのが4年目でも成功してる人の特徴

なぜ失敗する人がいるのに、なぜ成功できている人もいるのか?

何が同じ4年目と言う条件で違いになるのか?

この特徴的な部分をご紹介していきます。

以下のような特徴を持つ方の転職は、同じ4年目でも価値が全く違うのです。

  • これまでの転職の会社選びが徐々にステージアップしているケース。
  • これまでの転職の流れが業種的には一貫性が分かるケース。
  • これまでの職務経歴で、同じような年数で同じような平社員ではない立場になっている実績。

このように、今の会社を4年目で辞めるより以前の影響力を総合的に判断された時、価値が高まる人もいるのです。

こうした方は、表面的に見れば、今の会社を4年目で辞めたい人。

しかし、過去をつなげて考えていくと、業界を多角度に見て、いずれの職場においても管理職候補になったスキルを自他ともに認められた人材。

このように、次の転職先にもアピールが可能になるのです。

こうした条件を持つ方は、最近の時代の流れでは、ヘッドハンティングやスカウト制の会社を使う事で、より良い条件で転職を実現する事も可能になっていくのです。

会社を辞めたいのが4年目でも成功してる人の思考

同じ4年目での会社在籍年数から次の転職先を意識している状況の中で、成功している人と失敗している人は決定的な違いを持ちます。

それは、4年という年数を滞在と見るのか、実績年数とみるのか?

滞在したと表現をする人は大抵履歴書などにも以下のような言葉を使うケースが多いです。

  • これまでも接客業の仕事に従事してきた経験。
  • これまでは事務などの接客に関係する仕事。

このように、なんだか曖昧な表現や言葉が多いのが特徴。

事務を接客と言うべきなのか?と思われるような履歴書の書き方をすると、自信がない人であることはすぐに伝わる。

まして、40代と言う世代なら、自分に自信がある人の文章は全く別。

思考が透けて見える。

こんな言葉を言われた事も過去に人材コーディネーターをしている時には言われた事がありました。

対して、成功している方の40代の方の履歴書や職務経歴書は、非常にリアルなのです。

  • 業績改善率。
  • 業務により生まれた結果。

成果主義の現代において、会社の中での業務を抽象的に書く方とは全く違う。

何が成果として出たのか?

どのくらいの期間を要したのか?

何を変えたのか?

このような具体性があることにより、業務的に類似する会社は、会ってみたいという言葉を公開からすぐに頂くことが出来るのです。

同じ4年目という数字を使うなら、より自分に何が出来るのか?

この問いに対して、答えを用意できる履歴書や職務経歴書を作れるかが、40代が仕事をやめたい時にはポイントになると言えるのです。

 

会社の仕事やめたい4年目40代の選択基準

会社辞めたい4年目の注意点

40代という世代が会社を辞めたいのを4年目で考える上で、まずは慎重に自分を観察する。

この準備に関して、お伝えしていきたいと思います。

会社を辞めたい4年目の以前の職歴を徹底分析

40代が今の会社を4年目で退職する時、最初に意識してほしいのが、過去。

今の会社では上手くいった。

この状況であれば多くの方は辞める時に、4年目と言う言葉から悩みを持たない。

持つとすれば、資格やキャリア、実務経験、未経験などという実績に関する要因。

しかし、年数における転職の影響を考えてる方の場合は、以下のような事を必ず見直して頂きたいのです。

  • 過去に自分が辞めた会社のペースはどうなっているのか?
  • 過去に辞めた時、自分は何を理由にその会社を辞めたのか?
  • 過去に自分が辞めた会社と今の会社は転職の理由としてもどうつながって見えるのか?

辞めたいと思う気持ちの次は、未来の再就職。

だとすればまずはあなたが今までの職務経歴の中で、何を伝えられるのか?

そして、何を印象よく見て欲しいのか?

今自分が4年目で辞める事が職務経歴書に載ったら、どう転職先の人事担当者は印象を持つだろうか?

この点を十分に意識してみると、以下のような考え方も出てきます。

  • 今の4年目が効果的なのか?
  • いつも4年ペースでまた4年しか続かない人と思われるのか?
  • 今回は最短の4年と見られるのか?
  • 最長が4年というほど毎回転職の頻度が高いと思われるのか?

書類選考が優先する時代だからこそ、どうしても履歴書や職務経歴書の印象は非常に大切になりました。

資格の数よりも、今問われてるのは、実務をどうこなせるか?

職歴は無いが、資格所有者というのは、他に在籍者がいれば、いわゆる新人状態。

資格は無いが、その業界の自営業の息子などとなると肌身で現場を見てきた可能性もある人。

どちらが、即戦力になる可能性があるのか?

こうした点を今の自分の履歴書や職務経歴書を作りながら、今一度自分を見つめ直してみると非常に4年目の価値が鮮明になると思います。

今回ご紹介したかった内容は以上となります。

自分らしい生き方のために、働き方や仕事を選ぶ。

本当に自分がやりたいことは何?

そのために今選ぶべき自分の人生の選択は、「人、モノ、お金、時間」の何が最優先?

このような考え方をする意味で、それぞれの記事で何かを感じていただけていたなら幸いです。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク