スポンサーリンク




まだ入社1年目なのにもう既に会社に行きたくない。

仕事に行きたくないと思うようになり、数ヶ月が経つ。

さすがにもう少し頑張らないと行けないとも思ってるが気持ちがついてこない。

こんな甘い考え方は、所詮学生気分が抜けない20代や新卒世代だけだろ!と思ってる方もいると思います。

しかし、そんなことはなくなってきた。

中途採用が積極的になった時代に、30代後半、40代の男女も同じような苦しみを味わう時代になってしまっていると私は感じます。

会社を辞めたい1年目の悩みについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

他にも、仕事という視点については、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

会社仕事辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

会社仕事を辞めたい50代と40代後半決断の決め手は何?

会社仕事辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた!会社仕事を辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

会社仕事辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

会社仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていく毎日に必要な考え方

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

会社の仕事辞めたい40代独身男性悩みと自分らしい人生の選び方

会社仕事辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社仕事を辞めたい理由ランキング閲覧は逆効果?

会社仕事辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社仕事辞めたい相談は上司にすべき?

会社仕事辞めたい相談は親?30,40代のモテない男性との関係性

会社仕事辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社仕事辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社仕事辞めたいのが三ヶ月目?40代向け仕事の選び方注意点

会社仕事辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社仕事辞めたい営業に2年目が多い?40代賢い転職術

会社仕事辞めたい3年目で40代の成功と失敗の決定的な差

会社仕事辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

仕事仕事辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

40代独身男性が気持ち悪いと思う女性のチェックポイントと対処法

会社を辞めたい時の転職活動のタイミングも重要。

会社を辞めたい時転職先決定時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社をやめてから転職活動は40代男性女性に不利な時代?

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

40代には仕事を辞めて良かったという口コミもいただいております。

会社を辞めて良かった40代男性口コミ

スポンサーリンク


会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

私のサイトは、40代男性の仕事と人生を軸に、ファッション、髪型、恋愛、結婚と同様に個性を活かし、自分らしい生き方の為の考え方をご紹介したいと思い、運営しています。

人が必ず行きていく日々で選択を迫られる「人、モノ、お金、時間」を自分でコントロール出来る生き方を一緒に考えてみませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

今回は、会社を辞めたい1年目の悩みと現実に向き合うための優先順位の考え方について、以下のような項目でご紹介しています。

会社を辞めたい1年目の悩みの実態は甘えなのか?

会社を辞めたい1年目の悩みはうつ?社会不適合者?

会社を辞めたい1年目の悩みを解決する為の優先順位

まずは、あなたが生きていかなければ行けない人生のために、何を優先刷るべきなのか?

この視点を主にご覧頂ければと思います。


スポンサーリンク



会社仕事辞めたい1年目の悩みの実態は甘えなのか?

会社辞めたい1年目

会社を辞めたいと願うようになる日々。

毎日朝を迎えるだけで、憂鬱になる毎日。

お金を稼ぐのは大変。

こんな言葉を噛み締めながらも、どこかで心が折れそうになる。

そんな毎日を過ごすのは、20代の新卒だけではなく、30代40代の子育て世代にも危険が迫っている。

だからこそ、このページでは、1年目という言葉を軽くは考えない現実を受け入れるべき部分と気付くべき内容をご紹介していきたいと思います。

会社を辞めたい1年目の悩みは存在価値?

入社する時には自分の希望する仕事に就く事が出来ると夢見て、自分で応募したはずの会社。

なのに、実際に勤めてみると、以下のような職務に自分の存在価値を見いだせない方も増えています。

  • 中途採用や新卒者をただの雑用係にしか扱わない。
  • 仕事らしい仕事を教えて貰えそうな気配もない。
  • 新入社員の受け入れ体制が全く出来ていないと感じる。

このように、研修期間や試用期間という対象の時期にも全く仕事らしい仕事を与えてもらっていない人も増えている。

なぜこんなことになるのだろうか?

そもそも会社として、人材確保をしたいから求人を出していたはず。

入社する時には、多くの人はそう感じている。

しかし、最近の求人は、業務多忙につきなんて言葉も実は違うということが珍しくない。

単純に、試用期間を終えるまでに退職者が多いから常に人員を抱えないと業務多忙ではなく、個人への負担増が懸念されてるだけの会社も多い。

こうした会社の場合は、新人が感じるそのままの姿になる。

「中途採用でも新卒でも誰でも良いから入ってくれれば良い!あとは自分で仕事を見つけ出す事が出来る人や続く人に教えていくしか出来ない」

こんな誰もがもう手詰まりとなっている会社の方がむしろ多いのかもしれない。

だからこそ、存在価値に疑問を持つ新入社員が居ても当たり前となってしまっている。

放置されていると感じる方は、特にこの社会の今の現実を受け入れる勇気や心づもりも必要になっていると私はつくづく感じます。

会社を辞めたい1年目の気持ちは無視?

会社をやめたくさせているのか?

何のために自分を採用したの?

このように、男性の体育会系が目立つ職場でも女性中心の事務や販売の仕事でも同じ気持ちが出始めている。

何か都合が悪い事を聞かれてしまうと、「私の新人時代もそうだった!」という過去の話に置き換えて、今が妥当性があることをイメージさせる。

まるで、洗脳に近いような社会経験をしている人も多い。

数年他の会社で勤務していた方からしたら、過去の会社と比較も出来る。

しかし、そういう改革案を伝えれば、「生意気」と称されて、相手にもしてくれなくなる。

こんな実態が有るからこそ、会社に勤める人がやる気をなくし、自分にとって居心地の良い会社を上司が作り上げる組織が増えてしまっているんだと私は思います。

だからこそ、会社をやめたいと1年目で感じる人は、30代後半でも40代でも10代20代の新卒でも今の時代は受けている印象は同じであり、そして甘えではなく、違和感が正しいのだと私は伝えたいのです。

でも私たちは、あくまでも生活をするために社会人として出来れば正社員として働くという生き方をしていかなければいけない。

お金を稼ぐ事を辞めて行きていくことは誰にも出来ない。

そんた時、現代の言葉で流行している言葉と関連付けてしまう心の闇も有ると思うんです。

 

会社仕事辞めたい1年目の悩みはうつや社会不適合者?

会社辞めたい1年目の辛さ

現実逃避、精神的ストレスによるうつ病。

こんな言葉が、今の時代はちょっと「仕事に行きたくない」とか、「辞めたい」なんて言う言葉を探すと簡単に出てきてしまう。

こうした情報の出現が原因で、自分もそうなのかもしれない。

まさに、泥沼への落とし穴のようなネットの検索結果がある。

しかし、「会社を1年目なのに、辞めたいと思う自分とどう向き合うべきかわからない!」

こんな悩みに私が他伝えておきたい内容をご紹介していきます。

うつ病という曖昧なチェックシートを安易に頼ってはいけない!

今の時代は、ネット上で、情報を取得する中で、病気については、チェックシートという存在もある。

そして、その内容には、実に些細な内容も含まれている事が多い。

実際に以下のような項目があったら、正常な人ですら、混乱を招く可能性はあるのだろうと思う。

  • 議論に集中できるか?
  • 頭痛の悩みを抱えてる
  • 身体がだるくて疲れやすい。

日常の社会人生活をしていても、今の仕事と過去の生活リズムが違いを持つだけで起こり得る要素も含まれている。

でも、悩みを抱えている時にこんな情報を見たら、「まさに今の自分だ!」という気持ちにもなりかねない。

そこで、本当に心配なら、必ず専門のクリニックや医院に相談に行く。

この段階を必ず経験して、うつ病を疑うようにしてほしいと思います。

会社を1年目で辞めたいから社会不適合者なんて言わせない!

この悩みもネット上での言葉を知った事が悩みの原因になっている事が多い。

ダメな人間。

使えない。

このような言葉が、社会の中では、会社の中では使われてしまう職種や業種もあるかもしれない。

しかし、この言葉も、ある意味「期待をしたいからこその裏返しの表現」というケースも過去には多かった。

本当に期待していない人には何も言わない。

叱責されているとは言え、話や相手をしてもらえるだけマシ!

このような現実が社会人人生にはつきまとっている事も多かった。

しかし、最近はこうした叱責が重なった時、相手を批判する考え方があると、社会に向いていない。

不適合という言葉を組み合わせて、社会不適合者というレッテルを平気で公開してるページも増えた。

でも、この言葉を傷ついた人が見ている事も私は危惧している。

人を貶める言葉は、時に「余計なストレスの原因となる」

もし仮に、あなたが1年目の段階でも会社をやめたいと悩み苦しむなら、こうした言葉よりも自分が社会人人生に一体何を優先していけば自分らしい仕事が出来るのか?

この答えをぜひ今一度考えてみることを意識して頂きたいのです。

あなたという存在を必要とする社会は必ずある。

その存在価値を今のあなたは自分の個性を見ないままの人生で気付かされた。

このように考えていただきたいのです。

スポンサーリンク


会社仕事辞めたい1年目の悩み解決優先順位

会社1年目で辞めたい

1年目の会社なのに、辞めたいと思うまで苦しんでいる方に、自分らしく生きる為の仕事選びにおける優先順位の考え方についてご紹介していきたいと思います。

自分が1年目でも辞めたいと思った根本は何か?

そして、その後の転職先をどう選ぶ事が自分の人生におけるやりがいや生きがいになるのか?

人生で仕事に向き合う為の準備をご紹介していきます。

1年目で会社を辞めたい人も未来は絞り込め!

1年目で退職してしまうと、職務経歴書や履歴書の印象が悪くなるから、我慢してまだ在籍していようか!

このような悩みを持つのが、30代後半や40代にもなると20代の若い時よりさらに強くなる。

しかし、こんな心情で仕事をしていても、今のあなたが5年後、10年後にその会社でやりがいのある立場になるか?

この点は想像もしていないはず。

多くの方は、「早く辞めて次の仕事を探す!」という意識を持っているはず。

だからこそ、あなたには、選ぶべき道の選択方法が重要になるのです。

今の時代は、グローバル化と言う言葉から、仕事のジャンルも内容も幅広いように見える。

しかし、現実的に考えるなら、以下のような現実で、多くの方は選択の幅は一気に狭くなる。

  • 自分の通える通勤圏内という条件。
  • 自分の資格や職務経験上の評価。
  • 業界未経験者歓迎の文字への迷い。

こうした流れから、自分の仕事を実際に絞込している方が多いはず。

だとしたら、私が優先して欲しいと思う内容は、かなり限定した情報を見ていくこと。

実際に、以下の情報をチェックしていただきたいのです。

0.会社の規模や従業員数(人間関係の悩み)

1.自分の勤務希望エリアの平均的な月収や年収の表記。(お金の悩み)

2.希望の仕事の先で自分が負担するべき内容(ガソリン代や交通費等のモノに対する負担)

3.自分の帰宅時間を考えた就労時間の比較(時間の悩み)

この順番に優先順位を見ていけば、自ずと自分が思い描く理想の仕事と地域のギャップが見えてくるのです。

理想は大切。

しかし、いくら理想があっても、現実にない仕事を求めては、無職で仕事がない人生が待っている。

だからこそ、自分の仕事を探すエリアの需要と現実を明確化する。

この作業をしないままただ1年目の会社を辞めたいと思ったまま辞めてもまた次の会社は、食いつなぐための仕事選びになってしまう可能性があるのです。

今の自分の気持ちを忘れる前に、1年目で辞めたいと思うような会社を選ばない自分の理想と現実を知る。

まずはこの点を意識してただければ、30代後半、40代の子育てを意識しなければいけない世代でもきっといい再就職や転職が出来ると私は確信しています。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

 

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。