スポンサーリンク




会社を辞めたいという新卒の声が多い!

悩みなんて40代になった今も同じだ!

新卒は自分が被害者になるので大変だ!

40代やアラフォー世代が、会社の管理職になりたいわけでもないのに、在籍年数から自動的に繰り上げ。

こんな環境になった時、新卒が会社を辞めたいと簡単に言ってくる現実にストレスを感じてしまっているのも現実。

会社を辞めたい新卒という立場の悩みについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

飽きる事で続かないという悩みについてもご紹介しています。

仕事飽きる続かない

スポンサーリンク


会社の仕事続かない理由で飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

仕事を辞めたい人の悩みは40代以降にも非常に多い。

会社の仕事を辞めたい40代独身が人生やり直したいは叶う!

会社の仕事をを辞めたいを50代で決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

会社の仕事を辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

会社の仕事を辞めたい!うつ病手前に追い込まれたアラフォー恐怖体験

会社の仕事をやめたいのに辞められないを突破する成功法

会社の仕事を辞めたい理由にランキング閲覧が逆効果?40,30代注意点

会社の仕事を辞めたい理由面接対策30,40代向けポイントと注意点体験記

40代には仕事を辞めて良かったという口コミもいただいております。

会社を辞めて良かった40代男性口コミ

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

私のサイトは、40代男性の仕事と人生を軸に、ファッション、ヘアスタイル、結婚、恋愛と同様に自分らしく個性を活かして生きるための考え方を伝えたいと思い、運営しています。

人生で男性女性も問わない選択が必要な「人、モノ、お金、時間」を自分でコントロールできる生き方を一緒に考えてみませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

この記事では、会社を辞めたい新卒者と40代の悩みは根本的には同じであることを以下の項目に沿ってご紹介していきます。

会社を辞めたい新卒の圧倒的多数の悩み

会社を辞めたい新卒を40代が扱う上での注意点

会社を辞めたい新卒を生み出さない対策はある?

会社としての組織作りが曖昧となっているせいで、本来同じ会社で一緒に楽しむはずの仕事が、苦痛と苦悩を押し付け合う関係になってしまっている。

そんな状況を少しでも考え方から、目線を変えるつもりで、1つの検討材料として御覧ください。


スポンサーリンク






仕事を辞めたい新卒の圧倒的多数の悩み

会社辞めたい新卒

新卒は使い物にならない。

新卒はすぐ会社を無断で休む。

第二新卒も退職するのが早い。

会社を休むのに、メールをしてくる!

こんな言い方を採用した後も指摘をしている会社も実際に存在している悲しい現実。

求人採用をしても問題がどちらにあるかではなく、求人サービスを利用した事だけでも経費を使ったと内定した社員に告げるような会社もある。

ブラック企業という分類に登録された会社と知り、内定後でも新入社員はスキルを問わず辞めてしまう人もいる。

続ける事で得られるメリットよりも転職サイトを利用して続ける気もなく別の応募をしてる事をたくさん見てきた。

転職エージェントから就職をあっせんしてもらえると思えば、一旦業界に入って働いて現実を見たらそれで状態は開く終了。

期間を問わず、自分にあっていないと後悔する前に複数社の面接を受けたい人ももちろん多くなってきている。

これは、大手だろうと未経験でも関係ない。

自分が悩んで精神的に働くことが嫌になる前に卒業してからのわずかなチャンスで声をもらえる間に少しでも早く安定した条件を持ってきてもらえる事を願う。

今の時代は簡単にキャリアと呼べるだけの話が出てくる事はそう多くない。

就職活動をしていても本当につらいitでも年収がいいから決めたという人は20代では減った。

むしろ、配属された先がどこの部署か聞いてから本格的に判断するという慎重な対応をしている人もいるほど。

結果、行くだけ行って、様子がわからないかけ出しの状態からでもしばらくは様子を見て、ある程度の見極めがついたら、完全に気持ちも離れている。

こういう光景が多い。

しかし、必死になって、努力と忍耐を続けている新卒者も多数いるはず。

でも、どこかで心が折れてしまっている。

新卒者は一体何をきっかけに、せっかく入社出来た会社を辞めたいとまで感じてしまっているのか?

特に多い悩みをご紹介していきます。

仕事を辞めたい理由は新卒もやはり「人」!

給料、残業代、帰宅時間、拘束時間。

このように労働条件の悩みも当然ある。

しかし、それは働く事でお金を稼ぐ為に忍耐しようと思えば、体力がある人には耐えられる。

でも、最後は結果的に全て「人」に帰す悩みが多いと私は感じます。

会社は組織だというのも、全て人の集合体であることに原点は始まる。

  • 気持ちが伝わるのはモノでは無い。
  • 人の言葉は、影響力も大きい。
  • ついていけなくなるのは、仕事内容よりも人。

こんな悩みを抱えてしまうと、どこの会社にもそういう人はいると言われていても、妥協は出来ない。

「あの人とは仕事が出来ない。」

この人と人のやり取りに価値観、距離感が生み出されることにより、結果的に続かないという事も多いと私は実感しています。

仕事を辞めたい新卒者は思考が狭い?

自分の理想的な会社の教育方針。

この形が、新卒者の中には、かなり明確にビジョンとして出来てしまっている人も多い。

こうなると、柔軟性という表現には、溝が大きくなってしまう。

成果主義に徐々にシフトされているのが日本の会社員の現場。

実際に以下のような体験を私もした事があります。

「ゆっくり覚えれば良いから!」

この言葉を気遣いとして受け取るのではなく、真に受ける。

4月に入社した新卒が「じゃあGW前までに覚えよう。」なんて最初から言われてしまえば、正直1週間で覚えてくれないの?と教育担当者は感じる。

「え、ゆっくりで良いと言われたから」

これでは会話にならない。

気を遣う言葉を言われても、それ以上で答えるからこそ、期待もされる。

吸収力の早いスポンジのように覚えていく事が当然会社としては人財として扱いたくなる要素にもなる。

こうした言葉の解釈についてのギャップが非常に多い。

スピードを求めれば、期待ではなく、プレッシャー。

褒めて次の仕事をどんどん出せば、押し付け!

このように、視野の狭さが要因となり、いくらこちらが、いい意味でのプレッシャーを与えても、その好意が、悪となるリスクが新卒には多い傾向も会社員では特に感じました。

やはり、新卒は新卒なりの世界観もあると思います。

しかし、その会社に自分が属する社員となったなら、まずは社風を感じて受け入れる耐性を作る。

この感受性を磨く事が人間関係に悩みを抱えない一つの要素になると私はこのページを通じて伝えたいです。

 

仕事を辞めたい新卒を40代が扱う上での注意点

会社を辞めたい新卒と40代

40代の管理職や上司が会社を辞めたいと嘆く新卒を対応する時の注意点をご紹介していきます。

会社を辞めたい新卒への40代対応1.自分との衝突ケース

管理職である40代。

部下である新卒者。

この状況下で、自分の指導ややり方との折り合いが合わないと言うケースもあると思います。

その場合は、以下のように、明確に未来を提示する事が大切。

  • 自分が新人時代に受けた教育方針。
  • 自分も辛かった事への共感認知。
  • 今の会社の体制における新人管理体制。

所詮は、上司である40代管理職も人材としての会社のコマ。

だとすれば、自分の正義感や管理体制への不満を行動に出来ない事を新人に伝える事も重要。

あくまでも、社会人(会社員)は生存競争でしかない。

この現実を40代は自分を守る意味でも、会社の社風を乱さないためにも伝える必要があると思います。

この現実をどう受け止めるかは新卒世代の感性に任せるしかありません。

それはおかしいと思う気持ちを先行させる人は、どう待遇を配慮してもやめていく。

この割り切る気持ちを持たずに、個人的な考えを行動にすれば、新卒以外の社員への悪影響も必ず生まれる。

どっちを選ぶかではなく、社風に染まる気持ちを持つ素質を見抜く事も40代がこれから行き残るためには必要な時代になっていると私は考えます。

仕事を辞めたい新卒への40代対応2.自分以外との衝突ケース

自分とは上手くやってやれている新卒が、現場の同僚や直属の先輩からは避難の声。

このようなケースも当然会社の組織の大きさにより起こり得ると思います。

この場合は、必ず40代が意識しなければいけない事は、個別面談をしないこと。

  • 衝突をしている双方の価値観を直接対面させながら観察する。
  • 先輩や同僚の認識と新卒の認識のギャップの根本を探る。
  • どちらが業務効率上正しいのかのみを40代は考える。

人はあくまでも感情動物。

しかし、情は決して何もメリットを生み出さない。

重要なのは、仕事として結果が出るかどうかのみ。

会社を辞めたい程悩む新卒の意見が将来の業務上の効率化が見える考え方であれば、その「視点」を意識させる。

新卒者が視野が狭いだけであれば、その視野の狭い認識を明確化させる。

この点に的を絞り、人に対する感情を一切捨てされる勇気が必要になります。

仕事を辞めたい新卒への40代対応3.対話しないケース

会社を辞めたいと考える新卒の中には、無断欠勤や体調不良による早退希望等を平気で発言してくるケースもある。

このような対応に追われるのも40代上司の悲しいかな現実。

こうしたケースに対しては、もう認識の違いを修正する事も難しい。

つまりは、やめていく迄待つしか無い。

これが悲しいかな現実になっていくと私は体験から感じました。




仕事を辞めたい新卒を生み出さない対策はある?

会社辞めたい新卒の40代対策

40代が管理職になり、新卒で会社をやめたいという意見を生み出さない方法はあるのか?

実現可能なのか?

この点を自分の体験を合わせながらご紹介していきたいと思います。

仕事を辞めたい新卒は必ずいるが前提の覚悟

まず第一に、全ての新卒がずっと継続して勤務をする可能性はほぼ無いと私は考えています。

教えている事も同じ。

課題も同じ。

それでも、受け手はあくまでも個人。

こうなると、出来ない人に合わせて社員教育をしていく程の時間も労力も取れないのが、今の現代社会。

ですから、どうしても脱落していく人はゼロには私は出来ないと感じています。

その代わりに、可能性のある新卒者を早期に発見する事に注力をした方が業務的にも効率的です。

仕事を辞めたい新卒リストが成績に関係する方へ

会社の成績や評価対象に、新卒の継続率まで問われてしまうような厳しい会社もあると思います。

しかし、この場合は、あくまでも過去数年の平均値を確認する事を強くおすすめします。

かなり高い確率でゼロは無いと思います。

ですから、平均をまずは目指す。

この気持で取り組む事で40代管理職が自分のストレスを肥大化させない事も重要になってきます。

「人は変わらない。」

「自分の都合の良い解釈に変えてしまう。」

「サービス精神を見せれば、その次はそれ以上を求めてくる。」

上記3つを私も痛いほど身にしみて感じる事がありました。

ですから、あまり関心を新卒の継続率ばかりに注力してしまうと、やはりその1つ上の本来業績に関わる重要な仕事をしている人の集中力や働きやすい環境を損ねるリスクさえある。

自分たちが大きな枠の中で言えば、会社の業績を担う。

そのために、新人をふくめて扱う必要は当然ある。

しかし、その新人に気遣いをしていても、結果的には全体が壊れる可能性もある。

この連鎖のバランスをまずはあなたはどちらを優先するべきか?

この視点で、今の環境を自分なりに整理していく事が最善であることは業種を問わないと私は考えます。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

自分が辞めたいと思う上でも我慢が出来る人はまだマシ?

会社を辞めさせる手口2018会社員被害の実態

逆に、こうした手口に対する自己防衛策も具体的にご紹介していきます。

会社を辞めさせる方法から自分の身を守るポイント2018

辞めさせられる人って何か理由があるの?

こんな悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めさせられる理由を調べる前にやるべきこと!

40代で仕事がない?という悩みについてもご紹介しています。

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社の仕事を辞めたい相談は上司にすべき?

会社の仕事を辞めたい相談は親?30,40代のモテない男性との関係性

会社の仕事を辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社辞めたい相談された

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法

会社を辞めたい目安は、年数だと思っている方向けのコンテンツもご用意しています。

会社の仕事辞めたいのが三ヶ月目?40代向け仕事の選び方注意点

会社の仕事辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社の仕事辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社の仕事辞めたい営業に2年目が多い?40代賢い転職術

会社の仕事を辞めたい3年目で40代の成功と失敗の決定的な差

会社の仕事辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

会社の仕事辞めたい5年目は?40代30代後半の失敗しない為の選択法

今のあなたがいろいろな想定をしていきたい中で、興味をもつ内容がありましたら、1つの考え方として御覧ください。

仕事を辞めたいと思うのも、身体を壊す悩みも当然会社員であれば、40代でも当たり前に存在する。

そんな時、自分の年齢を考えることだけでなく、どういうリスクや注意点を考えておくべきかを客観的な考え方としてご覧いただけたら幸いです。

完全に依存した状態というところまで会社側につくことは始めから考えている人は少ない。

しかし、完全に無理とか向いていないということない時の対応が非常に心の余裕とのバランスで難しいのが新卒。

転職関連を3ヶ月、半年、1年、3年以内で気にしているような事があれば、その気持ちはもうすでに研修の頃から徐々にわかっていたことのはず。

その後の職務経歴書に何も書けないとかそんなことを考えているなら、そもそも間違い。

もっと、自分に合う環境を見つけることの方が精神を崩壊させる前には大事。

労働時間やパワハラの問題を見つけたらとにかく証拠を残し続ける。

辛くても耐えるだけの社員が私が20歳前後の当時は正解だったかもしれない。

しかし、今の時代はさまざまな端末を使って、証拠を残す事が出来るようになった。

大企業だからとか公務員だから周りからは誰もがうらやましいという環境に居ても関係ない。

いくら頑張っても理解してもらっていない環境では所詮大学を出てきた新卒は使いやすい都合の良いコマの1つと軽視しすぎる会社が多い。

あまり良くイメージをし過ぎないことが大切。

所詮求めるのはミスのない無難な成績を残す人。

学生時代に何を達成しようが、社内であなたに求めるのはさらなる挑戦しかない。

限界まで使わえて改善が見えなければ他を探してください。

こんな状況が職歴に残るくらいなら、できれば自分からどんどんいかに先を考えて選んでいけるかのほうが重要になる。

所詮、ネット上で質問を入れて回答を待っても、誰も同じ境遇は分からないまま書き込みをいれているにすぎない。

学校とは違い守られる安心も無い。

自分の意思は関係ない。

能力不足を突きつけ、その後にミスが起きれば責任を問う。

タダの傍観者になれば、会社は安心して人出不足の中でもまた新しい人を見つけることが出来る。

これが、短期に常に募集が出ている会社の特徴だ。

セミナーに足を運び見つける会社が本当に多くの人から慕われているなら、近くで住む人にもすぐに見つけることが出来るはず。

それが出来ないからこそ、事務を使って、募集をしなければいけないのではないのか?

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク