スポンサーリンク



今の会社の仕事を辞めたい転職願望は強い。

でも、今からの年齢や条件で辞めて転職できるのか?

次がない不安と恐怖にかられ、社会生活維持に辞める後のイメージが見えない

転職不安と仕事辞めたい

スポンサーリンク


こんな不安を持つ人は、新卒,20代,30代,40代,50代も問わず同じ気持ち。

会社が推し進める人員削減の波。

今何を理由にして辞めるにしてもその後の自分が求職活動をすることからは逃れられない。

でも気持ち的にもう今の会社を辞める事しか思っていない。

こんな時自分が辞めた後にも不安が多い状況の中で、続けるべきか悩む人は多い。

うつ病に追い込まれた体験もご紹介しています。

会社辞めたいうつ病

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

40代女性仕事辞めたい

仕事辞めたい40代女性と無いと嘆く人は歴然の差!これからを生き残る人生設計の注意点

40代主婦資格と仕事

40代主婦の仕事再就職前に資格は必要ない?よくある誤解

40代女性が仕事をやめたいと悩む時のポイントや注意点もご案内しています。

40代女性仕事辞めたい

仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

仕事ができないと悩む40代女性に伝えたい内容もご紹介しています。

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

50代になってからという決断は大丈夫なのか?

50代会社辞めたい

会社の仕事を辞めたいを50代決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,恋愛,結婚,髪型等と同様に、個性を活かし、自分らしく生きる為の考え方を紹介したいと思い運営しています。

人は、苦しい,切ない,つらい,つまらないと嘆く時も以下の4つのバランスを選択してると私は考えている。

「人,モノ,お金,時間」

自分の求める不安からの解放は今の会社を辞める事で気持ちが落ち着く。

でも、退職後の活動において、前の仕事の方が良かったなんて笑えない。

こんな自分が求める成功や続けられる仕事にたどり着けるのか?

こうした不安を持つ時も、どんな人間関係になって、給料や勤務時間に悩み,準備に必要なスーツなどのモノ、残りの人生の時間。

人,モノ,お金,時間が順に連鎖していく。

私の考える生き方は、あくまで別に誰かに勧めらたり、縛られた生き方ではない。

自分で選ぶ力をつけて、そして自分の中でだけでいいから必要な人と必要なお金とモノを手にした心が豊かな人生を歩んでほしい。

サイト管理人Mr.Dと申します。

この記事では、今仕事を辞めたいあなたが転職不安を抱えてるからこそ、考える必要があるべき視点を以下の項目でご紹介していきます。

仕事辞めたい転職不安解消法1.人

仕事辞めたい転職不安解消法2.モノ

仕事辞めたい転職不安解消法3.お金

仕事辞めたい転職不安解消法4.時間

私のサイトの大きな軸に、今の会社の仕事を辞めるべき理由と転職を成功させるための気持ちの切り替え。

この2つの意味を少しでも感じていただけたらと思います。


スポンサーリンク






転職不安仕事辞めたい悩み解消法1.人

仕事辞めたい転職不安

私にとって会社の仕事を辞めたい理由や原因の不安対象で一番辞めるべき理由として何より優先すべきは人だと思う。

人とはつまり、自分を取り囲む仕事に必要な人間関係を考える。

面接をしてくれた担当の人柄。

お金をくれてる経営者の経験や実際に見えるその人の考え方。

職場での悩みを相談できる相手をすぐ見つけられる環境。

実際に会社の仕事は、結局は自分ひとりで全ての問題をクリアにはできない。

人生で誰に関わり、大切にされるかというのは、生きている同じ時間の価値すら変えてしまう。

もしこの人とのつながりがあなたの身や心にとって、嫌だと素直に感じるのなら、即時その企業から離れる事を選ぶ勇気を持ってほしい。

会社の人間関係に悩みうつになりかけた私の体験

転職不安と会社辞めたい体験記

私自身が最後の社会人人生で会社を辞めた時は、まさに人が一番の悩みになった。

孤独という文字は私の中では何も問題にならない。

しかし、一番厄介だったのが、同じ企業の中で、私の仕事の邪魔をする部下をかばう上司の行動に誰も問題定義が出来なかった現実。

自分の大切なクライアントへの対応。

自分の業務成績に関わる内容に対する嫌がらせ行動。

このような内容に、男性と女性という性的視点を持つ上司が上に立つ時、企業という経営より職場に男子女子どっちが居てほしい?

こんな私物化した現実があった。

この現実に、年収がいくらあっても職場はもうほぼブラック企業と同じ内容が時間とともに探す必要もないほど悪化していく感じが伝わった。

給料のいきなりの減額(もちろん違法)

やってはいけないと判断もできない資格者の仕事の業務内容の改ざん。

とめどなく、次から次にやってくる独断による判断の押し付け。

応募して入社を希望する人間には働くスキルを問わない新しい可能性と嘘を並べる面接。

その先にあるのは、働く上での失敗行動は全てカバーもない。

頑張った仕事も資格取得等のスキルアップも当たり前。

もう誰もが何を言ってもやはり数もむなしく私物化の上司の行動は誰にも止められない。

ただ上司が得をするためにやる行動に悩んでいく従業員。

こんな先に、自分の希望する仕事って何だろう?

こんな話をあなたにしてるのは、やはり自分がどこかで壊れる前に自分でしっかり自らの身と心を守ってほしい。

こう考えているからです。

人間関係のストレスだけは、いくらあなたが頑張っても人はやはり変わらない。

パワハラ、モラハラ、そんな言葉はいくらあなたが無理と思っても外部に出なければ存在すら誰も知らないままになる。

それが上司ならどこにでもいるという次の上司を想像するより、今の自分のストレスを考えてあげてほしい。

 

転職不安仕事辞めたい悩み解消法2.モノ

転職不安仕事辞めたい迷い

ブラック企業。

この言葉は、転職市場での求人を探す時、やはり多くの方がしっかりチェックしたくなる項目の1つになってきた。

もう次の会社では家族もいるし、後悔をしたくない。

必ず自分はやりがいを感じられる仕事に就いて、成功するんだ。

こんな気持ちをしっかり持ってる衣あると思う。

そのあなたが営業の仕事ややはり個人の成績等の話を求めれられる仕事をするなら、やはりどこかで感じてほしいことがある。

仕事を辞めたい転職不安で人財思考は存在しない

転職不安仕事を辞めたい

最近出てくる情報の中で、たくさんの会社が口をそろえて行動理由にしている話がある。

それが、50代の雇用継続の価値の減少。

時代背景も当然あっただろう。

いわゆる企業が抱えすぎた雇用の数の精査に踏み切った行動。

しかし、これはただの話のすり替えにすぎないと私は感じる。

働いてくれていた社員がもっと良い商品や顧客の得になる話や情報を打ち出す人もいたはず。

それらをほとんど上司となった人が自分のエゴや株主への待遇優先の経営思想を貫いた行動の果てに今があると思う。

もう失敗を恐れない個人が居ても、企業はそういう人を財としてくれない。

何に勇気を必要とするべきか?

この考え方に、リストラを掲げる。

その理由が、次の世代に期待なんて調子の良い発言をしているのは、単に人件費削減でしかない。

こうした人の数を財とせず、ただの材料として今をやり過ごす事にしか業種、業界を問わず心が染まってる社会が今は現実だと思う。

だから、決断を早くしなければ間に合わない!

こう思う人の中に、今いる業界では成績を残す事が出来ている人がもしいるなら。

辞める前の状況で必ず自分の市場価値を多くの会社に確認する。

この心構えが正しい決断につながると私は伝えたい。

職種が何であれ、業界の衰退があるとしても、結果営業は働いた価値を次も上司に縛られ続ける人生。

結果的にどこに行っても自分が疲れきった先にまた同じダメ出しだけが待つ勤め人の選択肢。

こう考え方を変えた先で、年齢的な体力も考えた職探し。

こんな視点を持ってみてください。

 

転職不安仕事辞めたい悩み解消法3.お金

転職不安仕事辞めたい恐怖

いくら業界の流れがなんであれ、勤め続ける意味で選択の対象に必ず関わるのが、給料の価値。

いかに自分が責任あるキャリア組になったとしても、現在の給料は決して高いほうとは言えない。

ただの名ばかり管理職で、会社が背負いたくない現場のリスクを全て対処を含めて丸投げしてくるただの便利屋。

こんな状況にもう勤め続ける価値も感じない。

もう少し自分がしっかりやりがいを感じられる仕事をしたい。

こう考える人が後悔しないための考え方もご紹介していきます。

仕事を辞めたい時転職不安の典型例

誰でも簡単にまとめて求人情報をスマホがあればいつでもたくさんの数の転職サイトを見る事が出来る現代社会。

やはり上司でも給料でおどこかに働いている中でストレスがあるときには、心を落ち着かせる意味で転職サイトを眺める習慣を持つ人も多いはず。

私も実際、20代30代はずっとこういうことをやり続けていた。

仕事をしていながらも複数社実際に面接にも行ったことがある。

このような行動により、今の会社のメリットとリスク等を比較する決め手を自分なりに確認していた。

しかし、いくら探しても異業種になる場合、業種や職種の実態がどう探しても勤めなければ全くわからない怖さからは抜けられなかった。

興味を持つ会社にも必死に選択前にダメ出しを考えていた自分。

現実を知らないのに、どうにか自分の中で整理しようとする状態になっていく。

これって、いかに自分が準備をしようと思っても、結果少しも役に立つ情報にたどり着くことはないのです。

どこに行っても所詮個人が入れば、その会社のダメ出しを感じる事はある。

個人により理想が高いと判断する基準も違う。

口コミがいかに悪い会社でも内情がこうなら、価値も違う。

入った人が少しも努力をしようとしない人が多い。

ミスを他人に責任を押し付け自分で背負うこともしない人。

すぐにやめる癖が強い人たち。

いわゆる仕事が覚えられない、できないと嘆く人の現場を利用した声。

こんな状態の人が退職した現場の声なら、リスクも対処も特徴も見てから先入観を持つ意味も無い。

もう何を信じていいのかすらわからなくなっていく。

だとすれば、お金で仕事を選ぶというリスクはどこに軸を置くべきか?

私はもうお金に対する悩みは、辛いを前提として、少しでも稼てると感じる人の声だけを頼りにリスクを背負う覚悟を決めるしかないと思う。

 

転職不安仕事辞めたい不安解消法4.時間

転職不安仕事辞めたい40代

もう人生残りの社会人人生は少なくなってきた。

こう感じるのが、40代の社会人の状態だと思う。

やる気は誰でももう一回リセット状態になった状況からなら作ることが出来る人もいるはず。

なのに、2017年2018年となぜか転職などのアドバイス系の情報を伝えてるサイトの多くは、簡単に現状の悪い事ばかりを言う。

仕事辞めたい転職不安をあおる現代社会

転職不安会社の仕事辞めたい

まるで残りの人生の時間を周囲の恐怖の声や実態の状況把握で辞めさせないようにしているかのような現実もあると私は感じる。

  • 休みが無い
  • やる気が起きない
  • 向いていない
  • 給料が少なく、貯金が無い状態
  • 精神的に限界
  • 再就職を使用として子供がいるのに、食が決まらない現実。
  • 独身で一人の自由がある40代も経営や独立、起業なんてイメージが無い。

こんな言葉が広がってる。

でもそれって、どうしても再就職を選ぶ時の知識も考え方も今のニーズが分からないからこそ、動けない事が多すぎると思う。

単純に冷静に考えていけば、こうした現実も見えてくるはず。

  • 中小零細の多い日本の企業の中でなら、簡単にライバル会社を知ることが出来る。
  • 内定をもらった状態から1年勝負で、有給の休みを取れるかを見極めて次を考える。
  • 同僚の日常の過ごし方を聞けばおおよその将来の検討もイメージが出来る。

こうした目の前の現実から、いくつも再就職を選ぶ基準は上司や同僚を見ていれば気付くチャンスはある。

40代が転職に迷う不安を抱える。

この不安にはこんなケースがある。

20代30代とあっという間の時を過ごしてきた今の会社での時間。

時代の流れや過去の天職時期と今の何が違うのかが分からない。

こんなセリフを言う人は、やはり、時間の勢いに圧倒されてしまい、目の前の現実の中で何を見て検討すればいいのか分からなくなってる人も多い。

最近は、再就職か副業を選ぶ!

こんな生き方すら出てきた。

人生はいつでもやり直したいが実現できるとわた氏は考えてる。

イメージ一つで現状から選ぶ選択肢1つで、人生は大きく違いを見せる。

これまでの経験も関係ない。

子供の頃のように、大事なのは、自由にやっぱりやりたいことをやることが最も大事。

社会人の生きがいって結論で言えば、お金だけじゃない。

自分が何に生きがいを感じて、何を楽しんで、そして何を求めるか?

人に支えられて、自分の年齢や体力に見合う仕事をして、健康な体の先で得られるモノを妥協し、その先の時間に余裕をもって生きる。

これが、本当に一人ひとりが将来を楽しく生きていく為に必要な考え方なんだとつくづく感じる。

年収が低い事を理由に婚活が出来ないと嘆く40代男女も多い。

仕事がないと嘆く人もいる。

40代独身男性でも貯金がゼロという現実社会。

友達がいない、出会いが無いと嘆く人の声。

こんな現実にあなたが求める数ヶ月先の未来に誰とつながり、どんなお金に価値を感じ、将来を歩むか?

この考え方をまずは転職をサポートする人に会って話を聞いてみてみたらどうでしょうか?

全国で求人雑誌などでも良く見る馴染みある会社の中から選びたい方。

介護職への転職サポートを必要な方

住まいとして寮のある転職先を求めたいという方

外資系や大手、管理職候補を狙う方

こうした条件に当てはまる各社転職サイトを利用する事が大切。

スポンサーリンク


エージェントの使い方

仕事辞めたい転職不安解消法

私は元このエージェント側の立場だった人間です。

だからこそ、あなたにいくつかやっぱり聞いておいてほしいことを伝えておきたい。

以下の5つは絶対にいろんな悩みを持った中でも必ず聞いてほしい。

1.今の社会で地域を絞った中で得られている平均年収はどの程度になっているのか?

2.労働時間や人間関係でうつ病に悩む人はそのエリアでもやはり多いのか?

3.自分のような肩書のケースにその担当者は担当した実績があるのか?

4.失業保険を含めて、転職市場が今から求人が盛り上がるタイミングはいつか?

5.アドバイザーの目から見た自分の希望の年収やエリアで異業種を含めて検討する上でどんな職種がオススメか?

この5つを聞けば、必ず意味が見えてくる。

採用の可能性、未来への考え方、現状の妥協点、職を変える価値。

正しいはない!

でも、勢い任せではなく、冷静に客観的にと考えてもどうしても再就職を選ぶなら、現場を少しでも紹介したことがある人の方が、確実に知っている。

採用を依頼する上で、その人が雇用された後もアドバイザーになるのがエージェントの特徴。

つまりは、性格や前職を知り、その人がどう感じたのか?

こういう面接官に近い情報を第三者として知っている唯一の存在なのです。

会社を辞めたいを考える時の疲れたという思考についてもご紹介しています。

もう疲れた!会社辞めたい口癖からとるべき行動|ストレス解消法

少しでも自分の今のやりがいや生きがいについて照らし合わせ参考にしてください。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク