スポンサーリンク




せっかく就職した会社。

半年経過したらもう無理、やめたいと感じる人がいる。

転職して入社した人も新卒、第二新卒の入社も同じ。

結局は自分に合わないと感じる人は最近企業の大きさや知名度なんて関係ない。

結局は企業を表面的に知っていただけの人が実際に現場に入ってみたらイメージと全く違っていたということは珍しい話ではない。

特に多いのが、人間関係を理由とした悩み。

企業イメージはよくても今自分が働いている職場の環境は最悪。

上司との人間関係はうまくやっていける気がしない。

仕事の流れの指導やマニュアルなども適当。

全く人材を育成しようという感覚が伝わってこない。

こんな状況で今いる職場をすぐにでも辞めて転職をしたいと願う人は決して珍しい話ではない。

むしろ先の事を考えたら、どんどん後に引きのばすよりも他社の面接を受けるべきと私なら紹介したい。

これまでにも仕事を辞めたい悩みについては以下のような内容を書いてきました。

仕事やめたいブログの活用法

スポンサーリンク


仕事辞めたい人から学ぶべき対象やブログの見極め方注意点

仕事やめたいし死にたい

仕事やめたいししにたい体験と救ってくれた親友からのメッセージ

うつ病に追い込まれた体験もご紹介しています。

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

40代女性仕事辞めたい

スポンサーリンク


仕事辞めたい40代女性と無いと嘆く人は歴然の差!これからを生き残る人生設計の注意点

40代主婦資格と仕事

40代主婦の仕事再就職前に資格は必要ない?よくある誤解

50代になってからという決断は大丈夫なのか?

50代会社辞めたい

会社の仕事を辞めたいを50代決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

仕事を辞めたい理由も人によりいろいろある。

会社辞めたい新卒

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

会社を辞めたい50代と40代後半決断の決め手は何?

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

会社辞めたい30代

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいが言えないという悩みの解消法についてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社の仕事辞めたいのが三ヶ月目?40代向け仕事の選び方注意点

会社の仕事辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社の仕事辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社の仕事辞めたい3年目40代の成功と失敗の決定的な違い

会社の仕事辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

仕事を辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

正直今の時代は仕事がないという言葉が妥当に感じる理由は単純に人財としてきちんと企業が人と向き合う事を忘れている事が大きな原因になっている事が多い気がする。

もう人なんて後にも先にも海外でもどこでも集める先があればどうでもいい。

必要以上に人を大切にする理由がない。

こんな考え方を持ちながらも面接では必死に人が欲しいとアピールする。

やっている事が本当はどっちなのか?と問いたくなるような状況になっているのではないでしょうか?

私のサイトは、40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きるための考え方を少しでも伝えたいと思い、運営しています。

人は、20代30代40代と歳を重ねても同じようなことをいつも考えているような気がする。

仕事、年収、貯金、恋愛、結婚、離婚、ファッション、プレゼント。

結果的に人としてどんな人間関係を築いて、その先にもっと親密になるために服装や身なりに配慮して、ちょっとしたお礼をしたい気持ちを物として伝える。

こんな一連の流れの中で、自分の今の年齢と大人という言葉にとらわれているのではないでしょうか?

でもその答えを私は「人、モノ、お金、時間」という4つのバランスに基づいて何でも最後は決めているような気がします。

今回の仕事を辞めたいはまさに人、お金、時間という3つを兼ね備える人生の課題。

モノに代わる話は働いた先に得る情報やスキル、資格などが該当する。

本当にその環境があなたの人生で必要な経験になるのか?

この中身を考えた時、乗り越えなければいけない本質を見つめ直す事も大切になります。

今回の記事では、半年で仕事やめたい悩みを新卒も40代も同じ話を働いている社会人という条件では口にしている内容について以下の項目でご紹介しています。

半年で仕事辞めたい新卒と40代共通点

半年で仕事辞めたい新卒と40代の課題

半年で仕事辞めたい新卒と40代の違い

半年で仕事辞めたい新卒と40代と会社

自分の存在価値が全く感じられない。

どこかバカにされている感覚がある。

面接と大きく条件が異なる。

社会人人生を過ごしている中で、徐々に働いていて疑問に持つべき内容も愚痴を言う対象も変わってくることもある。

しかし、本質として働いていて愚痴が出る原因は1つであると私は感じている。

表面的な話ではなく、何を見抜き、どう会社を選ぶ必要があるのか?

こんな視点でご覧いただきたいと思います。


スポンサーリンク






半年で仕事辞めたい新卒と40代共通点

 

結局は、40代になっても新卒の時代にも働いていて不満を言う対象はほぼ同じ。

単純に考えて自分たちはこの先も次を探すよりも今の会社でできれば退職をしないまま働き続けたいと思っている。

こんな気持ちを持つのは当たり前の事。

生きるために仕事が必要なのは同じ

今の時代はネットが進化しても結果的に生きていく事に対してお金が必要になることは各段に増えた。

以下のような内容は、年齢を問わず働く人みんなが気にしている対象。

  • 国民年金と厚生年金の負担の違いが大きい。
  • 国民健康保険と社会保険の負担の違いも大きい。
  • 市県民税や所得税も給料天引きの方が楽。

色々な意味で、会社に雇われるというのはいろいろなメリットがある。

実際に一回以上本当に仕事がないと嘆いた経験を持つ人は、その現実を見ているからこそもう過去と同じ経験をしたくないと思ってしまう。

だからこそ、せっかく見つけた会社があれば、よほどのことがない限りは簡単には仕事を辞めたいと思いたくはない。

その気持ちを完全に破壊するような環境を半年間の中で経験させてきたのです。

その対象は何?

そもそもそ就職した者が最初に係る人は、採用した面接官ではない。

直属の上司となる者がほぼすべてとなる。

企業を表す象徴としてとらえられる存在。

しかし、その自覚が全くない人がただ自分が働きやすい環境を作るための私物化している職場が今は増えている。

経営者も同じ。

社会人経験がほとんどないままただ独立したくてやってみた状態を続けてきただけ。

その間働き手に感謝することもない。

全ては自分の悩みにならないかどうかが判断基準。

自分が気に入れば大事にしたい。

自分が気に入らない状態ならどうにかして排除して辞めさせたい。

こんな個人の感情を最優先で真っ先に言えばトラブルになる件数も多くなるのは何も不思議な事ではない。

その人を苦手としているタイプの人間には何よりも辛い職場生活になってしまう。

結局は企業は人で成りたつという言葉で言えば、人が企業をダメにしている。

この言葉でまとめられるのでは?

 

半年で仕事辞めたい新卒と40代の課題

 

しかし、40代と新卒ではそもそも半年という期間で退職や離職を考える視点として大きく差が生まれる部分がある。

それは、勤務した経験の数。

転職を繰り返す人と新卒一社目は違う

自分の職務経歴書をまとめたら、何社で勤務した上で今の状況にたどり着いた?

こんな質問に対して答えを一瞬考えるような人もいる。

身の上の話になると、実は転職歴なしの新卒とはココが決定的に違う。

新卒は社会人になる前の勤務経験で言えば確かにアルバイトにより時給で利用される立場を経験をしているかもしれない。

しかし、正社員としての扱いをされた経験はない。

この状況で悩む視点は大手であっても公務員でも、中小零細企業でもやはり大人の社会という視点を持つ。

この現実に自分のアルバイト時代のほんわかした空間と全く違う現実に打ちひしがれることもあるのかもしれない。

過酷な残業の上、少しでも早く帰宅したいという仕草を見せるだけ否定される事で意味が分からないという悩みを持つ。

このような状況なら、当然これがある意味社会人だと伝えるべき部分があるのかもしれない。

しかし、さまざまな会社で勤務を経験している40代がようやくまた新しい会社に入ったのに同じようなことを言っているなら?

これっていったいこれまで何を学んできた?と雇った側もわからないことが出てくるのではないのでしょうか?

もし今あなたが1年までとにかく頑張らなければいけないと思っているなら、まずは見極めるべきポイントがある。

同じ職場の自分と他の人のスキル比較

明らかに仕事が遅い。

もしあなたがこの指摘を受けているなら、少しでも学ぶべき事があるのかもしれない。

しかし全く逆に半年経過して、あなたが今一緒に働く職場の先輩に対して非効率だとか仕事が適当という視点で不安を感じているのなら?

これは時間の問題ではない。

合わないという問題の前にあなたがその会社で学ぶべきものはないと思った方がよい。

なぜそう言えるのか?

私は転職をしたい人に転職エージェントとして100名以上のアドバイスを行ってきました。

この時、必ず伝えていることがあった。

会社の特徴として以下のポイントを発見したら内定をもらってからの時間を問わずあなたは会社を変えるべき。

  • 自分の仕事がなぜか先輩よりも早く終わる。
  • 先輩の仕事の内容で雑な部分や無駄がすぐにわかった。
  • キャリアという言葉を聞いてもこの業界で上司を抜くのは簡単だと思えた。

この場合はつきつめて上に行く価値もあるのかもしれない。

しかし、その後の時間は結局は自分が企業の上と合わないことが悩みになっていく。

こうなってから辞めるか続けるかを考える社員の方が辛い。

重要なのは、時間ではないんです。

正社員として将来を感じるべきポイントは、尊敬できる上司の下で仕事が出来る社員でいられるかどうかなんです。

その上司が大変なのを見て、少しでも支えたい、助けたい。

このように少しでも人としてその人をしっかり仕事として気にすることが出来るような人のそばにいるとたくさん学ぶ事がある。

社員になって、しっかり新しい事を学んでいる時には上司の仕事が嫌でも目に入ってくる。

この場合、年齢を問わず、つい忙しいのだろうと先入観を持ってしまう人が多い。

しかし、現実を見ると最近は違っている事が多い。

「別に何もしていないのに、何であんな態度ばかり大きな存在?」

こんな人が年齢を問わず上司の席に座っている。

この心は、アルバイトを含めて全員が持ってはいけないような状況を上司が作っていると言えるのです。

そんな会社からもらえる情報や知識に価値はありますか?

私なら、やるべきことだけやって終わるだけの仕事に行ってきたい人だけで十分な職場だと思いたい。

人生で経験したなら、その分の違いを実感してこそはじめてストレスも難しい仕事もやりがいや達成感を感じることが出来る。

それが、自分がいくら頑張ってもろくな仕事も説明もしないような上司の評価次第になるような仕事であればやる価値もない。

それは単なる職歴記載に価値もない時間の無駄とストレスを増やすロスタイムになることになる。

 

半年で仕事辞めたい新卒と40代の違い

 

そうはいってもなかなか40代以降の転職は難しい時代になってきた。

いくら人手不足と言ってもなかなか転職サイトを見ても家族を養うような人がこれまでの職歴を活かして活躍できる仕事が希望の給料で出ているとは限らない。

結局は家族を養うためには営業など稼げる可能性を信じて条件が悪くなることも覚悟の上で給料のために異業種転職をする人も多い。

離職の時期とその後の希望の明確化

自分が今の時点で半年でも十分すぎるほどのストレスを抱えてきた。

こんな状況ではもう次の仕事に出る前に一度休息が必要なくらい心身ともに限界を感じる状態だ。

このような離職を検討している人はまずはハローワークや転職サイトを眺めるよりも最初にやってほしい事があります。

  • 自分の希望する年収目安を決める。
  • 家族の状況や結婚を考える時の働き方と体力を考える。
  • 先を読みながら、自分のスキルを次の職場で高める方法を選ぶ。

人材としての扱いではなく、財産になるような仕事にたどりつくためにはスキルが必要。

手に職を持つべき人の特徴

精神的に強くない人でも資格を持つ事でその立場を守る事ができるようになる。

あくまでビジネスを学ぶというと、辛くなる。

しかし、資格を取得してその対象に特化して基本未経験から積み重ねてきっちりその分野のプロになる。

この生き方が向いているのは、基本的に精神的にたくさんの人からの声やしぐさによる影響を受けやすいタイプ。

どうしても人に関わらないという事は難しい。

しかし、その分野できちんと自分が相手の分からないことに答えるという仕事の方が精神的にはストレスが少なくなる。

そして、収入も将来やっていけるような最低限を確保しやすくなる。

もちろん始めるタイミングによっては、もうすでに過酷労働の状況が多いと知られている内容もあるので必ず労働環境をチェックするのは大切。

しかし、必ずあなたにも自分が働ける、大丈夫と感じる分野は存在しているのです。

普段の生活ではあまり自分自身がかかわったことがない関連の分野も含めてとにかく多くの事に目を向ける習慣を持つことが大切。

ストイックタイプはやっていける

結局のところ、自分自身でどんな分野でも収入のためとなれば必ず成績を出す事ができる。

こんな人生を1度でも味わってきた経験をしている人は目が違う。

独立という意見も聞いていろいろな視野を持つことも大切になる。

一般的な仕事であれば、ある程度何をどんあ相手を対象に経験を積み上げるのかというだけの問題。

別に困っている人の声を聞くのはどの仕事も同じ。

あまり年齢を考えすぎないことが大切。

市場として全く実務の経験がない分野でもストイックな人ならなぜか上を目指す自分がまた芽生えてくる。

そうなると、長時間労働なんて別にどうでもよくなってくる。

この点が精神的に弱いタイプと決定的に違う。

自分がとりかかった仕事には過去を振り返っても自分が納得しないと終われない。

こんな考え方を持つタイプの人は、どこの会社にも入れる。

そして、どこかで過去の経験を勝手に振り返り、環境を打破するのは結果だけ。

この言葉に気づいて次に進むことができるようになるんです。

 

半年で仕事辞めたい新卒と40代と会社

 

2018年から2019年にかけて比較的被害が広がっていると思える内容をご紹介していきます。

ネット上のフランチャイズや共同経営に要注意

実務の経験がない分野でいきなり自分で独立や起業は怖い。

でも、どこかの会社とコラボみたいなことをしていくならちょっと興味がある。

マニュアルがあるならやっていけるかもしれない。

このような期待をしている人はかなり注意が必要になる。

具体的な事例では、ネット上では知名度のあるような会社のサービスを使った営業をサポートするような会社。

例えば、googleサービスのストリートビューなどの営業をサポートするような会社。

こんな会社の主な収入源は初期費用という意味の分からない明確な内訳もわからないような費用をいきなり個人に支払わせる方法です。

こんな会社とのコラボにかかった費用は損でしかない。

こんなことをするくらいなら、自分でその取引ができる相手を探す方が早い。

そのためにネットはあるし、snsでfacebookなどで活動をすれば同じエリアに住む人を相手に話を進める事もできる。

名前も知らない会社の営業トークも要注意

東京、大阪、福岡などの都市部では、独立を目指すような人に必死に兼業を教えるなんて事を営業している会社が増えている。

特に仮の存在として起業をしたばかりの人に電話営業が多くなっている。

このような場合は、きちんとその電話番号を調べる事をしておくことが大切。

いくらお金を稼ぐ方法に困っている時にも安易に会社に所属する以外の市場で共同経営などの参加に費用がかかっているような内容に加入してはいけない。

そんな市場を選考する時間があるなら、自分でもっとそういう分野を目指す個人と情報交換をする時間を費やす方が得になる。

これは、もうこれからの時代で仕事が減っていき、相手をビジネス対象で稼ぐことが出来なくなった会社が個人に手を付けようとする営業の手口の典型例なので十分注意してほしい。

スポンサーリンク