スポンサーリンク



  • 会社で勤めている事は別に何も考えないようにしてきた。
  • 最近精神的にも心と身体のバランスが崩れている気がした。
  • まさか自分が鬱病?
  • 状況を理解するのが先か退職してじっくり休職するべきか?

会社の仕事辞めたいうつ病

精神疾患なんてどこふく風程度に思っていた人生から一気に追い打ちをかけられた恐怖体験をご紹介していきます。

会社を辞めたいうつ病という心配について、このページをご覧いただきありがとうございます。

今回の記事では、以下の目次でご紹介しています。

仕事を辞めたい!人事が聞いた退職理由

今すぐ辞めるべき人の悩みの特徴

仕事を辞める前にまずやるべき事

仕事を今辞めるべきではない人の条件

うつ病症状がある人は辞める前に診断が大事


スポンサーリンク



仕事を辞めたい!人事が聞いた退職理由

会社辞めたいうつ病

退職理由の中には、うつ病も入っているというのが当たり前になってきた現代社会。

辞めた後に聞いた本音を確認したらいろいろ言っていた人も結局は決定的な一つが浮き彫りになる。

  1. 人間関係に疲れた
  2. 仕事内容に飽きた
  3. 職場の平均年齢とのギャップ
  4. 職場内で嫌がらせやいじめ
  5. 仕事ができない、失敗ばかり
  6. 残業代、手当等への不満
  7. うつ病や強迫障がい等精神疾患の発症

人間関係が辛い

仕事が好きか嫌いかだけではどうすることもできないことがある。

それは、上司からの嫌がらせ、パワハラ、モラハラ等によるストレス。

  • 仕事を与えない
  • 隔離する
  • 単調な仕事ばかりを与える
  • プライベートなことをチクチクと文句を言ってくる
  • 無理な課題を与える

上記の内容はすべてパワハラに認定される可能性がある内容。

でもその認識を相手は持っていないのです。

仕事を人間関係が辛いからやめたい人が知るべき対処法

仕事内容が単純作業

同じ事の繰り返しがつまらない

単純作業は覚えるのが簡単とも言えるが、その後の面白みがなくなってしまう可能性もある。

例えば、事務処理仕事。

毎月同じ時期に請求書を発送し、その後の締めに合わせてずっと同じことを繰り返す。

中小企業なら数ヶ月経験したら、覚えることがない。

こんな状況になれば、将来性なんて感じることができないという悩みも生まれやすい。

職場の平均年齢や世代ギャップ

20代30代ばかりの会社に40代50代のベテランが入社。

50代60代ばかりの会社に10代20代の新卒採用。

これでは、若手やベテランといった世代のギャップが起こりやすい。

話せる相手もいないし、伝わる相手もいない。

これでは別にいじめなどがなかったとしてもつまらない日常になる可能性は高い。

職場内の嫌がらせやいじめ

学校じゃあるまいし、まさか社会人がいじめなんてするわけない!

これは大きな間違いですよ。

とにかく一度目を付けられた後の対応は本当に面倒です。

実際に、こんな検索キーワードが近年急増しているのをあなたはご存じですか?

「嫌いな人を辞めさせる方法」

「嫌いな人 いらない」

こんなことを会社という組織にいる人達が内部で考えているのが実態です。

ここまでひどい状態ならすぐに辞めるべきというのも答えです。

仕事ができない、ミスばかり

関連記事も書いています。

転職1ヶ月で仕事ができないと悩む人の特徴

40代女性の仕事ができない辛い悩みの根本的な原因

1年も経過しない間にもう自分のモチベーション向上が困難になってしまう人は増えているのです。

残業代、手当等への不満

新型コロナウイルスの影響により、月収や年収が急激に減少した人も多い。

しかし、それほど影響を受けていない業種、職種なのに、以下のような声も聞こえてくる。

  • 残業代がまともに出ていない
  • 休日出勤したのに時間外手当が平日と同じ
  • 40代以上になっているのに給料がほとんど変わらない
  • 役職手当をもらった分、過酷な労働環境が与えられている

こんな状態を見ると、仕事を好きな人でも40代以降になっての未来が見えない。

結局は、その会社で自分が長い期間在籍をする将来性がないのと同じです。

うつ病、強迫障がい等の疾病

うつ病、適応障害、強迫障害など精神疾患により退職を余儀なくされるという人も決して少なくありません。

この悩みはあくまで仕事だけが関係しているとは限りません。

  • 仕事をしない夫を養う妻
  • 働けない妻を養う夫
  • 自宅で介護を要する子ども

このように、自分一人で抱えなければいけないような状態に対して許容量以上のストレスを抱えているケースがあります。

 

今すぐ辞めるべき人の悩みの特徴

会社辞めたい理由はうつ病

あくまで、自分の力ではどうすることもできない!

これが答えを出すための前提条件です。

  1. 異動や昇格、降格等の人事の変更の可能性
  2. 経営者の方針が上司をかばう組織
  3. 50代60代が存在しない組織
  4. ブラック企業

順にご紹介していきます。

異動や組織編成の変更なし

定期的な人事の変更が全くない。

責任者になることも誰も望んでいない。

こんな会社では結局将来性は感じられないのです。

経営者の本音が上司をかばう

現場の問題も含めて本来内部で解決をするのは、上層部や経営幹部。

これが全く何も反応を示さない。

それどころか業績を優先するあまり、問題社員やモンスター社員とわかっていても放置しているケースもあります。

こういう会社にいてもあなたにとって理想の未来にたどり着くことはないでしょう。

50代60代が存在しない

支店にいる最高年齢に50代が一人もいない。

ベンチャー企業等でもほんらいであれば、その業界や職種のベテランが1名くらい存在していることが理想のはず。

それが、すべて若手のみで構成されているとか高齢の世代だけというのはおかしいのです。

ブラック企業

定年までは絶対無理!

どんなに頑張ってももう体力的に続けられるのは40代!

こんな状況が見えているなら、将来を考えることができない典型例ですので、辞めるべきです。

  • 過労死
  • 残業月100時間オーバー
  • みなし残業代以外が一切支払われていない
  • ボーナスゼロ

上記が1つ以上該当するなら、基本的にブラックを疑うべきだと思ったほうがいと思います。

定着率が90%という数字よりも離職率をきちんとリサーチしておきましょう。

スポンサーリンク

仕事を辞める前にまずやるべき事

会社辞めたい理由とうつ病

ではあなたがもし今の会社を辞めると決断をするなら、何をしておくべきなのか?

  • 自分を自己解析する
  • 仕事の軸を決める

これが重要です。

自分を自己解析する

これは仕事を探す上でも非常に重要です。

しかし、適性検査や適職検査を受ける等の内容は正直あまりお勧めできません。

特に適職診断は、結果をみたところで自分の中でイメージが全くできないという結果にたどり着くケースも多いのです。

ですから、まずは自分の中できちんと自己解析を終わらせることが重要です。

具体的には何をするべきなのか?

この答えとしては、自分の弱点や本当に嫌なことを絞り込むことです。

  • 人間関係で自分が苦手な人の特徴は何?
  • どの世代?性別や体型、特徴は?

この問題は、30分、1時間で終わる話ではない。

自分自身を知らないままただ市場評価や市場価値みたいなことを調べるのは安易すぎる。

仕事の軸を決める

仕事の軸を決めるのは非常に重要です。

例えば、営業という仕事でも以下のような分類があります。

  • 個人向けと法人向け
  • ルート、内勤、とびこみ
  • 商品のジャンルやネタ
  • 単価
  • ターゲット(性別、年代)
  • 専門知識や分野

このように一つひとつを細かく考えておくことが重要です。

ただ単に給料を上げたいとかやりがいを求める、休日を土日祝とする等と言ってもそれだけでは中身が見えていない。

大手やベンチャーだから昇格するチャンスがあるとかそういう事でもないのです。

リモートワークを中心としたコロナ禍で今までのとびこみ営業のスキルは使えないなんて人もいる。

では自分の中で最もこだわりたいのは何か?

この答えを導き出すことが重要です。

 

仕事を今辞めるべきではない人の条件

安易に仕事を辞めると将来困ってしまう人もいます。

まあずは冷静になるべき!と伝えたいパターンをご紹介していきます。

在籍期間と辞めたい理由

関連記事にてご紹介しています。

会社の仕事辞めたい1年目の悩みと転職優先順位

会社の仕事を辞めたい2年目は失敗?

会社の仕事を辞めたい3年目の成功と失敗

それぞれの時期に応じて考えておくべきポイントや注意点があります。

うつ病の人はまずは診断書!

診断を受けたらもう二度と転職ができないのでは?

こうではなく、あくまで今の仕事を休業するという手段が取れるようになるのです。

就業不能な状態であるという医師からの診断があれば、休業給付などを受け取ることも可能になります。

辞めるという決断よりも体を休める。

これが本来やっておくべき行動なのです。

自分の将来が明確になっていない人

その場の勢いが先で結局は、転職活動が上手くいかない、面接で落ちてばかりという人も多い。

この背景は、結局は自分のやりたいことやキャリアを活かすという意味が全く分からない状態になっているのです。

ですから、基本的には、まずは自分の中での答えが出ていない状況で安易にすぐやめるというのは失敗後悔の原因になるので注意が必要です。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク