スポンサーリンク



今の会社の仕事はもう自分の中では疲れの方が先になってしまった。

昔の自分なら、会社の為にという気持ちもやる気もあった。

今はもう何をするべきかを考えるよりも次の会社という意識しか生まれてこない。

疲れた会社辞めたい

会社を辞めたい人は、これまでと今を振り返って考える時、

「何よりも疲れた」

こんな言葉しか出てこない時もある。

こんな気持ちになるのは転職の時なのかな?

退職してから次どうしよう!

辞めた後の生活やっていけるかな?

会社辞めたい疲れた

スポンサーリンク


こんな不安を持ちながらも、どこか転職サイトの情報を見るまでも気力さえ起きない感じ。

こうしたいわゆる脱力感のような心に縛られた毎日。

こんな時間から一回解放されたいと願う方も多いはず。

でも、家族がいる。

自分の明日を過ごすための人生に必要になお金を考える。

会社疲れた辞めたい時

こんなどこか冷静な自分もいる。

こうした時、今からの自分はどうすれうべきかを教えてくれ!

こんな気持ちになりながらも職場と家の往復をただ何も考えず会社に行く感じの人も多い。

他にも、会社をやめたいと思う男女にタイミングや辞めるまでの経緯の悩みについてもご紹介しています。

会社辞めたい新卒

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

50代で会社の仕事を辞めたいと決意するのは危険?楽しく生きる為の予備知識

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

会社辞めたい30代

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいが言えないという悩みの解消法についてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

40代女性が辞めたい時の注意点やポイントもご紹介しています。

仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていくのに必要な考え方

私のサイトは、40代の仕事と人生,恋愛,結婚という生き方について、自分らしく生きる為の考え方を伝えたいと思って、運営しています。

人は、つらい,つまらないという気持ちを抱えながらも、以下の4つのバランスを考えて人生で何かを選択してる。

「人,モノ,お金,時間」

まさに仕事は、全てを取り込む。

人は、人間関係。

モノは、職場に必要な衣類や毎日必要な関連商品の購入。

お金は、給料。

時間は、毎日の労働と自分のプライベートタイム。

良い仕事に巡り合えたと感じると心が弾むし毎日は楽しい。

でも、上司等やってられないと思う人間関係や環境の中にいれば、毎日がもう苦痛でしかない心にも変わる。

こうした生きていく中で、生活に密着した会社の職場で過ごす仕事の時間。

この価値をもう少し続けやすい不安の少ない人生にしたいと願う人の悩みは年々増えている。

ブラック企業、賃金未払い、週100時間超の残業。

もううんざりする文字しか出てこない。

でも、そんな中でも結果的に自分が生きていく為には、仕事で給料をもらう事は大切。

じゃあ、何も言わず耐えて会社に行く事が答えなのか?

それでは、人生において自分らしく生きる考え方にはならないのではないでしょうか?

こんな考え方を持つ私から、会社を辞めたい時疲れたと思う方に伝えたい内容を以下の項目でご紹介していきます。

もう疲れた!会社辞めたい理由

もう疲れた!会社辞めたい不安と結果

もう疲れた!会社辞めたい不安解消法

誰もが家族の事を考えて、自分に必要なお金を稼ぐ為に悩みを抱えて社会人生活を送っている。

分かっていても、自分の今のストれ鵜の度合いや状況が変わらあない未来で何を実際やるべきか?

こんな支店から考え方としてお役立てください。


スポンサーリンク






もう疲れた!仕事辞めたい理由

会社辞めたい疲れた理由

私自身もこの「もう疲れた!」を幾度となく使った体験を持つ。

あなたと私では体験してきた状況も環境も違う事が多いのは当然。

でも、あなたの今の悩みを渡井sが全く何も分からないという事もないはず。

私はこうした無料で公開するようなブログからでも、こう考えています。

「必ずどこかで人の悩みに寄り添い、そして救うためのヒントを出せる」

私自身があなたと同じように疲れたと自分でつぶやきながら過ごす時を振り返り、今伝えたいと思っている事を素直な気持ちで紹介していきます。

もう疲れた!という気持ちの根本

会社辞めたい疲れた悩み

あなたは仕事を自分の中では必死にやってきたと思う。

そもそも疲れたという表現は、肉体的疲れではない。

人が社会人生活の中で、「疲れた」を使うのは、あくまでも上司等の人間関係だと私は思う。

職場は、いろいろな人の心が存在する。

でも互いがいつもケアしあって、支え合う毎日があれば、人生はとても幸せな心になれると思う。

でも、けなしあう、妬み、恨みが多い環境の方が多い。

自分の立場を守ることに必死な上司。

部下への気持ちは、もう自分の奴隷的な感覚でしか考えられない人と過ごす職場での生活。

これではある意味、独裁者が誰か気に入るか嫌いになり始めるかで先行きはもうおのずと決まっていく。

上司のお気に入りや人気になった人だけが得をする。

気に入らない、嫌な社員を辞めさせる方法とか手口なんて思考があったら即こんなことをしてくる。

「向いていないかもしれないのでは?」

「転職をした方があなたの為になるのでは?」

同じ会社で仕事している人にこんなこと平気で言う人の下で働くのは気持ちの問題ではなく、ストレスでしかない話だと思う。

こんな状況じゃあ養う家族がいてもいなくてもうんざりなはず。

その体制を何も企業側も問題視をしてくれない。

そりゃあ続ける価値も感じられない。

自分自身を会社が大切にしてもらえていない。

この感情が貴方に芽生えた事が「疲れた」の本質ではないかと私は強く感じます。

もう疲れた!を使う賃金の実態

もう疲れた会社辞めたい

実際に給料でインセンティブ等がある会社に勤める方もいるはず。

男性でも女性でも関係ない。

自分で完全に前年を超えた実績を出せた。

この場合、当然年齢を問わず、年収等にしっかり繁栄されることを期待する。

残業も同じだ。

このように誰の為ではなく、自分でしっかり実際に証拠となるような結果を出した人ほどプツンとやる気が切れる。

その背景は、何も変わらない賃金等の現実があるからだ。

もうこういう状況は何も買える事が実際できない。

給料はあくまで会社が決める権限が強い。

もうお手上げだ。

この状況を経験した人は年齢も関係ないし、性別も関係ない。

誰でもこう思う。

「もういい加減疲れたな」

ある種ストレスというよりも、無価値に等しい自分の仕事。

こんな状況にやる気が出ない人も決して少なくない。

最初の頃なら新人として好きな仕事だから無料でも残業して仕事を覚えたいという気持ちがあるかもしれない。

しかし、正社員として登録された立場。

自分の家族を守る事を考えたら、きちんと仕事を行った時間分の残業代も欲しいのは当たり前の権利主張。

それが、現在の社会では最近の報道でも健康に被害を与えるほどの過酷労働や勤務状況を社員に押し付ける。

まさに度を超すやり方。

これでは、実際に辞めたあとの将来にすら影響を及ぼしかねない。

でもその状況を会社に教えてもみんな同じとあたかも正当化してくるのが信じられない。

今後はもっときちんと20代、30代と年齢を問わず、自分の置かれた状況を全て続ける続けないを問わず証拠を蓄積させるべき。

細かく家の中に書類として楽しいことも辛かったこともその内容を後日誰か他人が読んだ時状況がわかるようなものを用意しよう。

このように私は、ちょっとした相談からいろいろな内容をその時に言っている内容を全て残すことをその後の心情を含めて描写する習慣を伝えている。

たったこれだけでも、万が一の際に参考になる情報としてシェアできる資料を管理することになる。

ある種の気持ちの上で「楽」を生み出す方法を見つける。

こう考えてみてほしい。

もう疲れた!を使う人間関係

疲れた会社辞めたい原因

自分が今の職場の雰囲気も何もかもを変えるぞ。

やる気に満ちた日々が昔あった。

こうした人が今の時代は、強い意志をただ単に、疎外感を感じる環境に追いやられることも多い。

まるで、職場で置き去りにされたような環境。

女性との問題。

上司や部下との考え方が違いすぎる。

そんなに自分の思い描く考え方は完全すぎるのか?

どこかで人とは違うね!と言われる事がある人は年齢問わず、こういう経験をする人が多い。

強い意志。

この言葉は非常に面接などでも好印象をもたらすことも多い

ただ、実際に仕事をしていくと、環境のレベルの低さに限界を感じる。

こんな人もいる。

もう少ししっかりしてくれないと困る

別にダメ出しをする事に必死になってるわけでもない。

絶対このままではこの先うまくいくはずがない。

こう感じる環境を見た時、あなたに求められていなくとも必死に日々活動している人も多い。

でも、こうした人も結果的に、嫌な思いをするだけの環境に立たされる。

結果、有能となる人でも活動の気力が起きなくなる。

20代30代にはこうしたちょっとやる気が一気にダウンするようなタイプも「呆れた」と行動を辞めたくなる人もいる。

このままの日々がいつも通りというのは無理がある。

正直、子どもの遊びと同じ程度の仕事では発展も将来生き残るのも無理。

なんとなくで過ごす人しかいなかった。

こんな環境に自分の歳で入れば誰でも気がつくはず。

なのに、一度も誰も変えようとしなかったのが不思議。

こんな母が子どもの食べ方に悩んでいるような低レベルな話になればやる気も減っていくのは仕方がない話。

 

もう疲れた!仕事辞めたい不安と結果

会社辞めたい疲れた不安

今のあなたはそれえも実際には会社に出るだけの気持ちがある状況でしょうか?

私自身もストレスを抱えて、うつ病になりかけた時がある。

でも最後には、何とか乗り切れた。

この状況を経験したからこそ、伝えておきたいことを本音で紹介していきます。

もう疲れた!時の悪い思考

会社辞めたい疲れた時の思考

こんな状況でも、私も給料の為だけでなく、必ず出社することだけはやめなかった。

結果的に、やる気がないと言われる事だけは避けたかったから。

ある意味、完全な惰性となった毎日もある。

「やる事だけ済ませて、必要以上のことを考えないようにしよう。」

この気持ちになった時、もう完全に自分の行動やその会社での活動意義を失った気がした。

あなたに伝えたいのは、この感情は、続けるための気持ちの切り替え準備にならないという最悪の結末。

会社を辞めたい時、もう限界と言いながらも続けるための糸口を探す人も多い。

これからもまだチャンスはあるはず。

今転職を決めてもまた知らない会社に行くのも大変なことは必ずある。

これって、状況的に私はある意味もっと悪い未来につながる事が多いと思います。

何故か?

実際にあなたからそこまでやる気を奪った会社をどこかで受け入れようとしてるから。

それって、この先あなたの部下になる人にはその結果をまた押し付けることになりませんか?

自分は違う!

こう思う人もいると思う。

でも、実際にその会社にあなたが在籍しようとしているなら、必ず誰かを敵にしない状況を必ず意識しようとする。

つまりは、会社を変えるのではなく、自分を偽る事に考え方を変えることになるのでは?

これはある種簡単かもしれない。

でもそれって、本当に貴方らしい人生になりますか?

もう疲れた!時の最悪の現実

会社辞めたいほど疲れた

実際に自分を偽り、そして、会社の誰からも辞めたい素振りも悟られず、やりすごす日々に慣れた。

こんなあなたを見て、会社の職場以外のプライベートな周りはなんて言う?

こんな言葉が必ず出てくる日々が来る。

「なんか完全に人が変わった!」

この言葉は、誉め言葉だろうか?

お金の為に仕事をする。

子供を育てる為に働く。

別に絶対的に必要な生きる為の考え方に私がとやかく言う事もない。

でも、その生き方はどこかで無理をしていると感じた時、本当に最悪の未来が来る。

この時には、もう会社の人だけしかあなたを必要とする環境がなくなってしまう。

だって、一番会社に好かれる考え方と生き方に染まった人になったんですから。

それは、もっともあなたが変わる前に嫌いで、悩まされた相手と同じ立場になったという現実。

これってあなたの人生で会社を辞めたい対策の先で本当に自分らしい生き方の日々につながっているのですか?

自分に嘘をつき、立場を守る事に必死になり、しっかり味方のフリをする日々。

それって、あなたが人間関係で上司に限界を感じた最も部下が悩んでしまう人になった事になるのです。

この人生にだけは私は絶対になりたくなかった。

 

もう疲れた!仕事辞めたい不安解消法

会社辞めたい疲れたストレス

私はこうした考え方をこれからの生き方でも必ず貫いていきたい。

誰に染まるわけでもない。

自分が成功と言えるのは、以下の2つが大切だと決めている。

自分らしさを貫いて続ける先にある現実。

必ずその心に共感した人とのつながりが生まれる。

お互いの理解しあえた先の日々で1つずつうまくいく内容が生まれる。

この積み重ねの先で、今1人では達成が難しい事にも可能性を感じる事が出来る。

こんな未来にたどり着けたら、本当に幸せと思える毎日があると思いませんか?

こんな考え方は、ある意味飛躍しすぎなのかもしれない。

でも、私はこうした本音の話もネットがある時代だからこそ可能性はあると思っている。

もう会社に疲れた時の解消法1.自分らしい表現

会社辞めたい疲れた解消法

今の時代は、多くの人が孤独だ。

いくらネットがあっても社員同士はなぜかLINE等のSNSでつながる人との人間関係にすぎない。

これではいつまで経っても本音を言っていいかも分からない。

この環境に依存する考え方も行動も意味がないと思う。

でも、私のように、こうしたブログで表現するならどうだろう?

この記事を読んでくれたあなたを含めた多くの方は、もちろん私を知らない。

でも、働く事への考え方。

自分らしい人生の見つけ方。

会社を辞めたいという言葉を使いたくなる今の環境。

疲れた会社辞めたい時の考え方

それって、誰にでも簡単い言える話ではない。

私もこのような話を簡単に誰にでも話が出来ているわけではない。

でもネットだから、こうした事情を今抱えている人に共感を生み出すきっかけになると思って活動しています。

この方法って意外と、自分の好きな言葉を使って表現してるから、ストレス解消にもなっていく。

会社の同僚にも上司にも言えない事。

毎日の会社での生活で我慢し続けてる事。

言いたいのに、言えない台詞。

こうした1つ1つをまずあ、言葉を形してみる。

これが、私が最初に勧めたいストレス解消法。

もう会社に疲れた時の解消法2.簡単な表現

会社辞めたい疲れた解消術

今の自分が頑張ってると思うこと。

目標にしてる事。

最後に経験から学んだこと。

これって、どんな人にどんな報告していますか?

誰もそんな話聞きたいと思っていないのでは?

それももったいない。

SNSって誰かと直接連絡を取ることにしか使っていない人が多い気がする。

もっと、facebookやツイッターも自分のやり方で始めるのも有だと思う。

ストレスや不満だけを伝えるツイート。

体の病気を辛いと伝えるつぶやき。

それって、まったく需要ないですか?

たくさんいますよ。

同じ悩みを持つ人が。

今のあなたのまわりにはそのことを本気で言える人がいないだけ。

今自分が大変だと思う事をもっと素直に体験談として伝えてみませんか?

リアルな場所にどこにも居場所がない!

だったら、無理にリアルな友人同士にこんな相談打ち明ける必要もない。

でも本気でやろう!

私のサイトも各記事には本気で書いている。

もっと妥協しないでチャレンジしてほしい。

そして、自分と同じ考え方や体験をしている人がいるという情報を受け取ってほしい。

この先に、誰かが何かに気付いてくれたら、私の経験の価値はもっと膨らむ。

決断した経緯を含めて、アドバイスとして受け取ってくれる人がいたら、その人の為にまた書いていきたい。

こんな身勝手にお伝えしたないように最後までお付き合いいただきありがとうございます。

ただ最後に一言。

少しでもまだだれとも知らないあなたへ。

これからも配信し続ける中で、どこかで共感を感じる内容が産まれると信じています。

また違う記事も読んでみてください。

スポンサーリンク