スポンサーリンク



会社を辞めたいがようやく3年目までこらえた。

この時期なら、転職しても失業になっても先はあるはず!

40代だしもう自分の将来を真剣に決めなければ!

会社を辞めたいという意志は、人間関係,給料,労働時間等の悩みはさまざま。

中でも、勤続年数という悩みは、3年という時期を節目にしている人も多い。

会社を辞めたい3年目の悩みについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

他にも、仕事については、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

会社辞めたい新卒を40代はどう扱うべき?ゆとり世代は関係ない!

50代会社辞めたい

スポンサーリンク


会社の仕事を辞めたいを50代決意は危険?楽しく生きる為の予備知識

会社の仕事を辞めたい人間関係

会社辞めたい人間関係の悩みアラフォーが職場で受けた排除行動体験記

仕事ができないと悩む40代女性に伝えたい内容もご紹介しています。

40代女性仕事できない辛い

40代女性の仕事ができない悩み根本的原因と着実に変わる方法実践記

30代部下の男女が会社辞めたい時の価値観とは?

30代女会社の仕事辞めたい

会社辞めたい30代女と男は価値観も違う?40代の生き方準備編

会社を辞めたいと限界を感じる人に伝えたい内容も紹介しています。

限界会社辞めたい

会社辞めたい限界の見極め方|退職前にすべき事アラフォー体験記

仕事飽きる続かない

会社の仕事続かない理由で飽きる人の特徴と対策法アラフォー体験記

会社を辞めてニートになる防止策についてもご紹介しています。

会社辞めてニート|転職せず生活する収入源

会社の仕事辞めたい40代女性が楽しく生きていく毎日に必要な考え方

40代仕事辞めたい女性と無いと嘆く人は歴然の差

40代独身男性転職や会社の仕事辞めたい悩みと自分らしい人生の選び方

会社の仕事辞めたい40代独身男が人生やり直したいは叶う!

会社の仕事辞めたい理由ランキング閲覧は逆効果?

会社の仕事辞めたいのに辞められないを突破する方法(体験記)

うつで会社の仕事辞めたい!既婚でも追い込まれたアラフォー転職体験

会社を辞めたい時の相談については、以下のようなコンテンツをご用意しています。

会社辞めたい相談上司

会社の仕事辞めたい相談は上司にすべき?

会社辞めたい相談親

会社の仕事を辞めたい相談は親に言えない?モテない40,30代男性に多い誤解注意点

会社仕事辞めたい相談電話

会社の仕事辞めたい相談は電話?40,30代向けもっと簡単な方法

会社辞めたい相談された

会社の仕事辞めたい相談された時の対処法|失敗と成功の決定的な違い

会社を辞めたいが言えない悩みについてもご紹介しています。

仕事辞めたい時言えない

会社の仕事を辞めたい時言えない現実に味方を探す方法|無料でプロに相談

仕事を辞めたい年数との悩みについてもご紹介しています。

会社の仕事辞めたいのは何年目?年数毎の考え方まとめ

会社の仕事辞めたいのが三ヶ月目?40代向け仕事の選び方注意点

会社の仕事辞めたい1年目の悩みの誤解と転職優先順位の選び方

会社の仕事辞めたい2年目は失敗?40代で仕事がない転職計画注意点

会社の仕事辞めたい営業に2年目が多い?40代賢い転職術

会社の仕事辞めたい4年目の価値観は40代と30代は違う

仕事の仕事辞めたい5年目は?30代,40代の離職注意点

会社を辞めたい時の転職活動のタイミングも重要。

会社を辞めたい時転職先決定時期はいつ?40代の失敗しやすい生き方

会社をやめてから転職活動は40代男性女性に不利な時代?

会社が辞めさせてくれないをどう乗り切るかは民法を知るのが最短ルート!

会社が辞めさせてくれないは民法活用3文字で勝ち取れる!

会社を辞めてよかったという40代口コミも少しずつ紹介していきたいと思っています。

会社辞めて良かった40代既婚者男性口コミから見えた仕事の選び方

会社を辞める40代男性への退職時プレゼントという視点でも記事を書いています。

退職プレゼント40代男性は人気やおすすめ不要成功法

私のサイトは、40代男性の仕事と人生の悩みを軸に、ファッション、ヘアスタイル、結婚、恋愛等と同様に、個性を活かし、自分らしい人生への考え方を伝えたいと思い、運営しています。

人が生きていく中で選択を迫られる「人、モノ、お金、時間」を自分らしくコントロールする生き方を一緒に考えて生きませんか?

サイト管理人Mr.Dと申します。

この記事では、会社を辞めたい3年目の悩みを40代に当てはめながら、以下のような項目でご紹介しています。

会社を辞めたいのが3年目は妥当?40代の現実

会社を辞めたいのが3年目では足りない人の特徴

会社を辞めたいのを3年目に動き出すべき40代

今の仕事への不平不満は、この先にはないとは限らないことは十分わかっている40代。

でも、妥協する人生ではなく、自分が主人公として歩む上で、達成感も感じられる生き方を探す上での考え方として御覧ください。


スポンサーリンク






会社の仕事辞めたい3年目は妥当?40代の現実

会社辞めたい3年目
3年経てば、何か自分にも価値観が変わると思ったのに。

人事が変わって、少しでもいい環境になると期待したのに。

やっぱり今の会社には何も期待できないんだな!

このように、3年目になると、どうしても2年を振り返った時、覚えたての新人時代とは違う会社の中身や実態が見えてしまう人も増えてきます。

しかし、40代。

さあこれからの人生を考えると、今辞めて他の会社に行く方が本当にメリットがあるのか?

この点について、お伝えしたい考え方をご紹介していきます。

40代が3年目の会社を辞めたいと思う時見るべき現実1.独身

40代と言えば、独身ももちろんまだまだ多いですが、既婚者の中でも子育て世代が増えていると思います。

小さな未就学性の子供が居る家庭から、もう中学校、高校生のお子様が居ても何も不思議はない世代。

こうした世代だからこそ、敏感になって欲しい考え方があります。

それが、「今の3年目で慣れた生活環境から変えた時の自分の周りへの影響力」

独身で一人暮らしで自分の人生は今誰にも迷惑をかけていない。

このように感じている人にも、親御さまがいらっしゃる事も多い。

自分の子供が結婚もしないで、一人暮らしで転職を繰り返している。

この心痛は、やはり親はいつまで経っても親の心情として変えられない。

今あなたが会社を辞めたという事実を親はどうストレスにする?

こんな事も心の片隅で考えて上げていただきたいのです。

40代が3年目の会社を辞めたいと思う時見るべき現実2.妻子持ち

お子様が居る家庭の場合は、3年間を過ごせば、当然学校の進級への準備も進学への影響も実にさまざまな環境が変わる。

また1からの環境に、今の奥さんの生活リズムやストレスはどうなるでしょうか?

3年居てあなたも会社と言う鳥かごの中で必死に飛び立つチャンスを探していた。

しかし、奥さんやお子様はようやく落ち着いた生活を取り戻しかけている。

このギャップは非常に大きい。

あなたを頼りたい家族の手をあなたの環境が変われば、当然家族も気を遣う事になる。

家族の絆やコミュニケーションは、取り戻すことが出来ない。

「お金と時間」から今の環境では家族のためには何を優先した人生を選ぶべきなのか?

こんな気持ちをどこかで支える家族のために考えて見ていただきたいのです。

スポンサーリンク


会社を辞めたいのが3年目では足りない人の特徴

会社辞めたい3年目では足りない人

会社を辞めたい考え方を3年目なら、チャンスに変えられる人も十分可能性はある。

しかし、3年目ではまだ40代という環境に立ってる状況に、気付いていない人も居る。

何が違うのか?

気付いて欲しいことについて、ご紹介していきます。

会社を3年目で辞めたい40代の原因が重要!

40代の方の中にも、仕事を辞めたい理由が20代の頃とあまり変わっていない人も多い。

中でも、40代なんだから、もういい加減にその価値観を捨てるべきだ!と思う悩みもある。

それが、人間関係で上司が嫌という悩み。

人間関係を原因に会社を辞めたい人の悩みは、年代を問わない中で、以下のような視点もある。

  • 高圧的で暴言を簡単に口にする上司。
  • 何もしないで人に指示ばかりしている仕事が出来ないと思わせる上司。
  • 過去の栄光に縛られて、部下に同じ仕事を求める時代の流れを無視する上司。

いつの時代に生きてるのか?と思わせる上司はたくさんいる。

しかし、社会人になってこういう悩みを持つのは、正直20代で終わらなければいけない。

時代が変わったとか、コミュニケーション能力の違いとか価値観の違いなんて事を考えていても、事態はあなたを中心とした会社になる事は無かったはず。

それはわかっているけど、でもあの人とはもう限界だ!

こんな悩みを持ってる方は、3年目の会社にいたとしても、結果的には次の転職先でも同じように3年周期で悩みを抱えてしまう可能性が高い。

お金で給料が高くなったとしても、勤務時間が短くなったとしても、通勤が近くなり楽になったとしても、1日に時を共有する時間が最も多いのが、会社の人間。

今人間関係へのあなたの考え方を変えなければ、未来は同じ。

この言葉は、40代の方にこそ、特に伝えておきたいと私は考えたのです。

40代で3年目の会社を辞めたいなら無所属はやめろ!

社会人人生で言えば、40代はもちろん社会経験上で言えば、ベテラン。

ベテランと考えられる要因を勘違いしている人も多いと最近の40代の方を見ていると感じる時があります。

その心配要素は、以下のような要因。

  • どの会社に居ても3年から長くても5年で退職。
  • 異業種未経験者歓迎の会社を渡り歩く。
  • 今の会社も結果的に社会人人生初挑戦の業種。

このような方が、40代になってしまったという状況に、ベテランとしての価値はあるでしょうか?

いわばつまみ食い人生といっても過言ではない人生。

試食と思う程度のその業界の経験では、見えないことはたくさんある。

  • その業界の良かった時代と今の仕組みが出来た原点。
  • 今その業界が抱えている最大の難問とそれに対する業界全体の動き。
  • 今の体制が危うい時の危機管理で現場が出来る最善策への提案力。

上記のような視点が、40代には求められているのではないでしょうか?

10年前と時代が違うから。

そんなのは、20代の新卒でも、自分たちが学生時代の親の給料等も知っていれば分かる。

そういうことではないのです。

あくまでも、業界をどこまで深く追求して、探求していく目を持つことが出来ているか?

このような視点が持てないまま今の会社を3年目だからただ辞めたい。

この感覚では、将来はかなり危険な選択と言えるのではないでしょうか?

3年目の会社をやめたい時の職場の反応に敏感になれ!

3年目の社員の中には、2極化があると私は実感します。

ただ在籍年数だけが長くなってると思われてる人。

3年とは思えないほど、管理職が居なくても頼れる社員。

同じ年月を過ごしている社員。

しかし、これだけの歴然の差が生まれるのが、仕事。

頭がいいとか、猫みたいに立ち回りがうまいだけでは、この流れにはならない。

疎まれながら、ただ上司に可愛がられる人材を比較対象にする必要はない。

しかし、自分がいなくなる事が、会社にとってダメージになるのか?

この言葉の答えに、微塵も何も感じないだろう!と思う人もいるかもしれない。

だとしたら、こういう人たちには、3年と言わず、4年目、5年目で、必要とされる人材に成長する事が40代には必要だと私は伝えたいのです。

どんな業種でも職種でも、向き不向きはある。

しかし、そんなにハイレベルで異業種転職者を困らせる仕事は、資格を必要としない仕事には少ないのが現実。

だとしたら、その仕事をどこまで真剣に自分の知識や仕事上のスキルにするかはその人次第。

嫌いだとわかっている仕事に就く人はいないはず。

だとしたら、3年目を迎える社員であれば、当然仕事が出来始めてる状況に周りはいなくなって欲しいと願う人がいて当たり前とも言える。

その状況を作ることが出来ていないということは、あなたが存在価値を出すことが全く出来ていないという状況。

せめてその会社の今の部署の中だけでもいいから、存在感を認めてもらう。

この段階を無視した転職活動は、40代だからこそ、次の期待されるハードルが上がるだけだと私は伝えたいのです。

 

会社の仕事辞めたい3年目に動き出すべき40代

会社辞めたい3年目40代

40代で3年目の会社を転職するべきと判断した方がいい人もいます。

3年目にまだ通過点と伝える人と決定的な違いがある。

この点をご紹介していきたいと思います。

40代で3年目の会社を辞めたいを計画的に!

私が周りを見ていても、すごい!と思う40代野先輩たちもいます。

その人達には、いくつか特徴がありました。

  • 転職をするしない問わず周囲の状況や環境を常にリサーチしている。
  • 今の会社と他の会社を多角度から比較して、検証をしている。
  • 今の仕事もしっかり正確にこなすことが出来てる。

このように、簡単な言葉で言えば、「多角度な視野を持つ」。

そして、視野は広がったとしても、目の前の仕事は正確性を欠かさない。

この2つを出来てる40代の方は、どんどん自分の次のステージを最初から発見している。

今の会社を完全につなぎのように考えている方は、こうした事を入社した時から、3年目に動く準備をしてる。

こういう状態の方は、30代後半からの転職で、3年目に40代になっていたとしても行動するべきだと私は考えます。

40代で3年目の会社を辞めたいはステージアップ

30代、40代からの中途採用組なのに、最初から異業種業界の最大手を狙わなかった。

このようなステップアップ戦略を立ててる方も中にはいます。

この場合も、もちろん今の仕事にミスを重ねていくような仕事ぶりではなかったはず。

今の自分に満足が出来ない。

この思考を持つことが出来る方もどんどん転職につなげていく時期だと私は思います。

40代で3年目の会社を辞めるより捨てる人

3年いたら、あっという間に、管理職になってしまった。

なんだか、業界としての面白みもそろそろなくなってきた。

もう自分がこの会社で目指すことがない。

このような方もどんどん会社をステージアップする視点も含めて、転職するべきだと思います。

3年で実績を作れる方は、仕事としても外部の取引先や顧客からの反応もいいはず。

こういう方は、どこで働くにしても、スキルが高いと外見からも伝わってきます。

雰囲気が違うと思われる「貫禄」が周りの反応から分かるようになった人もどんどん転職を決意すべきだと思います。

こうすれば、未来は今より良い条件や環境で新しい可能性を持って、仕事を自分らしく出来ると思います。

人生は1回きりですが、たどり着く過程や年数は人により違う。

妥協、惰性の二文字を意識した仕事をしている人と、終わりを見極める仕事をする人。

この2つは決定的な3年目に見えてる仕事が違う。

この点を意識して、より自分の人生を身体も心も経済的にも豊かにする仕事にたどり着ける事を願っています。

自分らしい生き方のために、働き方や仕事を選ぶ。

本当に自分がやりたいことは何?

そのために今選ぶべき自分の人生の選択は、「人、モノ、お金、時間」の何が最優先?

このような考え方をする意味で、それぞれの記事で何かを感じていただけたら嬉しいです。

恋愛という視点でも記事を書いています。

40代男性独身がモテる

40代独身男性がモテる理由に多い誤解と無駄な投資や失敗行動

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク