スポンサーリンク



看護師の仕事って何?

自分は看護の業界から他の仕事に転職したい。

今の病院や職場での人間関係、給料、患者等何も働いた後のやりがいも達成感もやっていて感じらない。

資格があって、経験があれば、何かいい事があると思っていた。

なのに、現実は、どんどん悪い方向に進む一方。

辞める理由には人それぞれの感じる事がある。

今の仕事に満足という感じの人はほ遁どいないはず。

でも、何を言われてももう時間の無駄。

もう二度と看護の業界で師を名乗る必要が無い職に勤務したい。

このような就職先を全く何の経験もない業界に転職する人が今増えてる。

生活のため?

それよりも自分の人生の時間で今の悩みを抱え続ける事の方がつらい。

実際に医療の業界を知り、辞める人も多数見てきたからこそ働く価値も大変さも悩みも相談を受けて感じてきた。

看護師の転職前の悩みについては、過去に以下のような記事も書いてきました。

看護師が仕事に行きたくない業界に多い時期と取るべき行動

看護師を二度とやりたくない声が急増!資格者が異業種転職する理由

私のサイトは、40代の仕事と人生を軸に、ファッション,恋愛,結婚,髪型と同様に自分の個性を活かし、自分らしく生きる為の考え方をご紹介しています。

人はつらい,苦しい,悲しい等の負の感情を持つ時も、以下の4つの優先順位からものごとを選択していると私は感じる。

「人、モノ、お金、時間」

もう医療現場では医師ですら、現場を捨て、異業種転職をしてる人も多い。

あっという間の人生の時間の中で、手に職なんて言われた時代でも実際に就職をしたら、全く違う悩みと後悔に立たされ続ける。

こんな高い給料でうらやましい!

こうした感覚を持ってる家族などの必要以上の安心を持たれることすら悩みになることが多い。

今回の雉では、看護師をやめてよかったと過去に人材コーディネート管理をしていた時に相談を受けた方の転職から、以下のような項目でご紹介しています。

看護師をやめてよかった悩みの原因

看護師をやめてよかった転職の状況

今医療の業界は退職希望者が続出している。

新人だからでもない。

病棟も救急も診療所もとにかく人が不足してる。

その理由の根本は、もう知識を持ってる人をただ働きアリのように扱い、現場の働く人の気持ちを気に掛ける体制が全くない現実。

だからこそ、まずは、客観的にもう働きたくないと思う人の意見を少しでも今の悩みと照らし合わせて感が手見てください。


スポンサーリンク






看護師をやめてよかった悩みの原因

看護師やめてよかった

別に職を失う時間が怖いと思わないわけではない。

でも、今働く必要があるとしても今の職場の勤務を続ける価値が感じられない。

今の給料以上に高い求人の条件があったらいいなんて思ってもいない。

とにかくナースと言われる時間から解放されたい。

このような働く必要以外の就職する環境について、夜勤などの経験を積んだベテランの方も異業種の仕事に関心を持つ。

こんな話が別に珍しい事ではなくなった現代社会。

実際に、看護師をしていて悩み続けた方が、辞めて良かったと言われた時によく出てきた話をご紹介していきます。

看護師をやめてよかった以前|20代の悩み

実際に、就職を探す時には、今の環境でのお仕事がもう働きにくいと感じる事ばかりだという悩みを抱えて、今の規模以外の場所の中から選択したい。

このような環境を変える気持ちの方だった話。

こういう経験も本来なら、看護師のスキルアップとしては良い話にもなる。

老健,特養,ICU,救急,各種診療科。

それぞれが実際に全く違う環境的特徴を持っている。

もう今の働き方に慣れた中、それ以外の事に挑戦したい。

新人時代の気持ちとしては、こういう話においても転職してよかったという事はよくある。

しかし、こんな時期は知識探しに行った先だから感じられる事。

その後は、残業に悩んで、希望の休みすら取れずとにかく働き続けてる。

退職希望を出しても、全く相手にされない世界。

こういう部分は、一般のブラック企業と同じ場合も多い。

病棟に行けば、同じ空間で医療を好きで働きたいのに、先輩に気を遣い続けて、言っておきたいことも見て見ぬふりをしなければ生きていけない職業。

クリニックに至っては休みなんて全く希望が通らない。

ただ、ストレスだけがたまる。

女性の職場なんて言われていた時代と少しは男性が入って変わるならまだよかったかもしれない。

そんなのもどこも影響していない。

次から次に新人が入ってはやめていく。

もちろん楽で収入が多くもらえるなんて場所はどこにもない。

むしろ反対に女性が多く、むしろ不安や耐える声の方が多い。

こんな環境を友達に相談しても、始める1年目でこんなにたくさんの給料ならいいのでは?

スグに選択の在り方を年収ベースで耐えるのが当たり前のように言われてしまう。

こんな孤独な状況にもう人に合わせて生きていくことに疲れてしまった。

こうした環境からの異業種転職による解放により、最も喜ばれる声。

それは、こんなに休みが自分のスケジュールに合わせて取れるなら疲れがあっても毎日忙し手くても悪くない。

自分の評価よりも自分らしく生きる為の毎日。

このような視点から、前とは全く違う環境で働く者として、楽しみを得た。

こういう意見は辞めて良かったと言われることが多い。

看護師をやめてよかった以前|30代の悩み

もう20代と30代では人生で考える毎日の焦りも不安の声も全く違う。

疲れが抜けないだけではない。

勉強するべきことも増え続け、教える対象も増える。

業界の中でとても厄介な長く務める上司に色々20代の頃とは違う別の色々な厄介事も持ちかけられる。

会社として仕事をおしつけすぎと感じてほしい事も、一切手出しをしない。

体調が悪くなっても少しも環境に配慮してくれたり、1人にきつい状況を押し付ける事を辞める事もしてくれない。

つまりは、長く居るだけつらい事が増える。

さらに、一人で余裕が無い状況。

いろんなわからない事を教えてもくれない辛い環境。

こうした孤独感が、なぜそこまで自分が追い詰められなければいけないのか?

この業務自体、職務として聞いていた話とかけ離れている。

こうしたただ仕事への自信とかやりがいと言ってる20代とは違う「なぜ?」が多くなった事自体に不満を持つ。

こうした問題の解決方法は全く存在しない。

だからこそ、その後の人生を考えて、やめるべきといつも感じる日が最近は増えたと感じる。

こんな声が多いのです。

看護師をやめてよかった以前|40代の悩み

育児等によりいったん休暇などのブランクの問題等もある時期を経験した人がいるのが、他の世代と違う点。

しかし、一通りの多方面の経験もあるし、もし必要なら、情報はまたいつものように勉強すること自体は問題ない。

このように感じてる方でも、いつも感じるのは、夜になると朝が嫌になるほどの解消できない不満。

新卒からずっと看護の仕事しかしていなかった面、単純にもし自分の今の状況では異業種転職は出来ないのか?

こうした不安も多い。

退職したくても時期の変更などを言われていつまでたっても辞める環境準備のための選択肢が出てこない。

2年目にもなれば、夜も昼も朝もどこかで仕事の不満を意識するあまり体調不良になってしまっている方も少なくない。

もうどうあっても現役の働くスタッフは好きになれない。

朝起きても会社に行きたくないと思う日が来る。

朝夜明けまで、目が冴えてしまい、精神的にも限界が出てくる状況。

独身の型なら、ずっと誰かと結婚したいと思った状況があっても正直無理と思う状態になってしまう人もいる。

プライベートな時間はほぼない。

技術、キャリア、サービスの管理責任。

やめるなんて言えないような状況にうまく誘導してくると思えるような待遇をしてくることも珍しくない。

看護師をやめてよかった以前|世代を問わない声

自分はもうこれからはアルバイトで良い。

正社員でありつづけたいとすら思っていない。

これかも一生今の同僚と楽しく考える状態なんてとてもとても言えない。

このように、自分の精神的なストレス状態からも、少しでも早くスタッフ募集から新人に入ってもらったら自分はもう辞める。

こんな事を同僚等に相手に相談をしたいと考えても、デメリットになってしまうケースが多い。

ちょっとでも辞めるなんてそぶりや変わった感じの質問をしたら、もう元の関係には戻れない。

まるでプライベートも監視されてるかのような状態。

1年目、2年目、3年目という時間が経てば当然いろいろな余裕も出てくるし、ほんらいならうまく立ちまわりやすくなる状況ももらえるはず。

なのに、それが出来ない。

完全に鳥かごのように交代の人数も制限有れ、ドクターの顔色を窺い、お話の対応を求められ、使う、使われるだけしか見えない完全な縦社会。

せっかくどんどん覚えて処置などにも入れる状態になった先でもさらにいまからさらに違う専門の激務を前提とした環境に入ってほしいと言われる。

交渉なんてものもほとんどない。

そんなことをイメージしても、人手不足を理由に逆にアドバイスされる危険度の方が高い。

こんな状況に、いつまでもずっと誰かの言う言葉に否定も出来ないままずっと勤め続ける。

こんな状況にもう免許なんてどうでもいいから早く足をあらう方法を教えてほしい。

こうした状況になる人が多い。

 

看護師をやめてよかった転職の状況

 

もうすでに離職率の高い職種の中に、看護も介護も入ってるような時代。

お勧めの資格の公開情報などが出るのは、やはりかなりの人手不足となっている現実しかない。

むしろ、病院の数も減ってるわけだから、出戻りなどの多い状況があれば、なかなか数ヶ月勤め先が見つからないとなるのが一般の企業の流れ。

なのに、離職する人が後を絶たない。

この結果、面接で足を向けた人間には、100%採用状態にしようとする状況もかなり目立つ。

だからこそ、もう十分と思った人は、看護を忘れたい一心で、全く違う異業種の仕事に就くことを考える。

看護師やめてよかったと異業種で言われる理由

働けるだけまし。

こんな言葉が言われ続けてる日本経済。

せっかく仕事が決まったなら、いま辞めるのはもったいない。

こんな事をお世辞抜きに行ってくる人も増えた。

しかし、これらは、いままさに悩みを抱える環境の条件を知らないから言えることだとつくづく思う。

そして、異業種転職を成功した人達は以下のような発言をすることが多いのをよく覚えている。

  • ようやく自分の時間が手に入った。
  • 処置とか危険な事が終わったとつくづく感じる。
  • もう看護師長みたいな強烈な人がいないと思うと気持ちがすごく楽になった。
  • 体も精神的な面もいろいろ幸せを感じる事ができる。
  • 美容やサービスなどを通じて働ける方が楽しい。
  • 自分が仕事と自分の時間の両立ができてると感じる事がなかったから今はとても幸せ。
  • 結婚や恋愛の相手にもうこれから、看護師という言葉にいちいち変わった感じの質問をされなくて良いと思うとホッとする。
  • もう二度と復職なんてしたくない。

このように、今の自分が同じ人生の中で毎日を全く違う環境で過ごすだけで職種や業務が違う事で、新しい可能性に出会う事が出来た。

こうした声を聴くことが増えている。

あなたは今病院や食場の資格を持った仕事としてどこまでやりがいがある時を感じられていますか?

人間関係はどこでも言われる多い問題?

それでも職を変えると、いかにナースの人間関係が特殊と言われることが多いかが私を含めて離れるといろいろ見えてくる事が多い。

勤務表の相談一つになぜ時間を使って、単純に自分の欲しい休みを言ってるだけなのに、あそこまで言われる必要があったのか?

現場にいた頃はこれもお仕事。

でも、働き方を変えただけで、あれはやっぱりおかしいと思える。

むしろ、悩んでいた時間の方がもったいなかった。

つまりは、看護師を辞めて良かったと思えるのです。

医療の世界はどこも同じ。

好きと言っていても、結果的には先輩に見られ、目をつけられたらさらに厄介。

一般の会社以上にやめられない。

なら収入はこういう条件を含めて考えたら、本当にどこまで多いと言えるのでしょうか?

受け取ってる収入も平均はもう2017年2018年は400万円程度の選択が増えてきた。

これからはもっと始めの給料が下がって当たり前になる。

耐える。

合わせる。

悪く評価をされないために機嫌を取れ!

こんなに人生色々違う仕事をみんながしてるのに、色々と違いがあり過ぎる。

子供を育てる余裕が欲しい。

体調を管理しやすい環境が欲しい。

一人で生きていく価値。

いろいろな声があると分からなくなってしまうことも多いと思う。

でもやっぱりやりがいと生きがいを感じる最大のポイントは、心の余裕が朝の時点であるかどうかだと私は思う。

会社に行くのがきついなんて気持ちで朝を向かえる事が増えた。

こんなことを最近の生活で新卒でもないのに感じるなら、もう少し生き方の不満等から解消するための判断材料を朝起きた時もう一度考えてみては?

年明けでもいいし、現役で生きた時にみんながいきいきした気持ちになれてるなら、もう看護師は充当して就職難になっていてるのが正直当たり前だと思うのは私だけですか?

スポンサーリンク