スポンサーリンク




自分の職場は結局は人間関係で辞める人が多いようだ。

過去に自分が知る人の退職も同じようなことを悩んで言ってきた気がした。

上司、同僚、部下などの自分と同じ職場にいる今の人間関係はちょっとおかしいと思えてくる。

  • 個人的な好みによる評価
  • 問題の解決に対する程度を問わない対応の違い。
  • 理由が分からないままの差別を感じる行動

上司が男性の時に同じ職場の男性女性の社員を扱う時、次のようなケースも多い。

女性に対してはニヤニヤ、ヘラヘラと表情を緩めた感じで接する。

男性に対しては入社してくる時から露骨に違う態度をとっている。

転職活動をしている人の中には、なかなか人間関係のストレスから解放される感じがしないまま職を転々とするケースも多い。

実際に自分が辛い環境にいる時も同じ職場の人にすら何も内容も気持ちも相談が出来なくなる。

辞める前には結局は孤立した感じになって解決する気も失せて、精神的にも疲れきって辞めていく。

このような内容をこれから先もずっと同じような感じの問題に向き合うかと思うと働く気力させ失うことも多い。

実際に仕事を辞めたい理由が人間関係の時の対処をこれまでにもご紹介してきました。

仕事辞めたい上司との人間関係

スポンサーリンク


仕事辞めたい人間関係が上司なら?パワハラ見極め方とやるべき事

彼女仕事人間関係辞めたい最悪の結末

彼女が人間関係で仕事辞めたい最悪の結末の引き金は彼氏!体験記

仕事辞めたい人間関係女の職場

仕事辞めたい女の人間関係に疲れた時後悔しないための準備と行動のタイミング

仕事辞めたい人間不信状態

仕事辞めたい時人間不信に陥った恐怖体験と救われた経験から学んだ事

自分の今の気持ち的には会社を退職する理由は人間関係以外にはない。

こんな風に思った時には辞める前に考える事があると思う。

家族がいる等の内容も働かなければいけないことも分かっているはずの職場の人が何もその気持ちに寄り添う発言すら言わない。

こんな状況にこれ以上自分1人で何かを考えるのは辛い時間が増えるだけ。

だったら何をするべきなのかをご紹介していきます。

私のサイトは、40代男性女性が自分の個性を活かし、自分らしく生きるための情報を公開しています。

人は、20代新卒から30代40代と年齢を重ねても結果同じようなことを悩みとして口にしていると私は感じている。

仕事、年収、貯金などの職と金銭関係における悩み。

恋愛、結婚、離婚などの恋愛関係の悩み。

ファッション、プレゼントなどの交際関係における悩み。

結局は、人、モノ、お金、時間という4つに対して、自分が今いる環境から見える現実に対しての悩みを言っているのだと思う。

資格のあるないを問わず、結果的に必要以上に働く環境を個人の私物化しているような状況をもし感じているなら、対処法はある。

今回の記事では、仕事の人間関係が辛いから辞めたいと思う人にまずはやっておくべきことを以下の項目でご紹介しています。

仕事を人間関係が辛いから辞めたい時の失敗注意

仕事を人間関係が辛いから辞めたい時の状況精査

仕事を人間関係が辛いから辞めたい時の行動手順

自分の言っていることは家族しか気持ちと内容を理解してくれないと悩む人は多い。

でもそんなことを言わないで欲しい。

もっと対処法を知ることで後の状況は一気に変えられる方法はある。

泣き寝入りをしたくないという人におすすめの対処法としてご覧ください。


スポンサーリンク






仕事を人間関係が辛いから辞めたい時の失敗注意

仕事人間関係辛い辞めたい時失敗注意点

明らかに仕事量として働く条件も自分と他の人は違う。

働く環境と給料を気にしてしまうと結果的に条件が悪いことにやってられないと感じる者も多い。

社内の同僚や部下を変えるのは無理

いくら社内で顔を合わせている人でも相手を変えるという事を考える事は、私はいかなる職種、業種でもおすすめしない。

なぜか?

以下のような次の問題が本当に簡単に起こる可能性が多くあるからだ。

  • 会社の規模によっては、現場を知らない上の部署からその行動が気に入らないと判断される可能性もある。
  • より環境が悪い劣勢な状況になることもある。
  • 先輩、同僚、部下を問わず結果自分以外の被害者であれば関与したくない。

このように単純に、自分以外の者は他人が傷つくことを何とも思わない社会になっていると本当に多くの相談者の声からも感じる。

新しい風を入れる事でうまくいくという事なら、誰かが行動を行ってくれればいい。

自分は傍観者でい続けることを選ぶ。

こんなどこかいじめの的にならないための行動を行っているような子供じみた人の考え方が多いような気がしませんか?

結局は人を利用する気持ちが強い。

だからこそ、きちんと仕事をしている人がやりがいを失い、そして憤りを感じる。

現在のブラック企業なんて言われている会社に居る人の中にもその温床にどっぷりつかっている人にとっては、大切な勤め先。

大切にしてくれるなら、より関係を強い状況につなげる為に必死になる。

別に自分以外の人の心なんてどうでもいい。

ある意味、人間がどんどんうまく会社に利用されやすい環境になっていると私は危惧してしまう瞬間がある。

 

仕事を人間関係が辛いから辞めたい時の状況精査

仕事人間関係辛い辞めたい時状況整理法

労働者と使用者。

この言葉を用いるなら、その使用する立場の人間は、何をしても問題にならないのか?

この答えとして、対処法を考える上では、労働者側も守られる人間としての法律がある。

労働六法を基準に先を考える

労働者には、きちんと労働をした先に給料を受け取る権利などもある。

労働をするものは残業を一定の時間外で行ったら、当然別に手当てを払う必要がある。

このような当たり前の話にすら、タイムカードなどの証拠を残す対策を個人がしなければいけない生活になっていることに疑問を感じるはず。

でもすべて違和感を感じる内容は、始めは証拠集めいが非常に大切であると私はよく周りで悩んでいる人に伝えている。

労働における法律とは、以下のような種類がある。

  • 労働契約法
  • 労働基準法
  • 労働安全衛生法
  • 労使関係法
  • 労働争訟法
  • 労働市場法

このようにいろいろな立場状況に応じて、労働者が個人的な待遇や契約条件に対しての差別的内容を感じた際の照らし合わせを可能とする法律がある。

まずはこのような法に照らし合わせをしていく事から始めることが重要。

人間の心よりも状況証拠を探す

徹底するべきは、「論より証拠」の話をきちんとまとめる事。

今まで積み上げたキャリア(実績)

自分がやるべき事のイマの内容は本当に面接の雇用契約時に聞いた話と同じだったのか?

トラブルの発端はいつからなのか?

ずっとその状況が続いた生活の中で具体的な体調不良や治療を必要とした病気、疾患はなかったのか?

このようなすべてを診断書を使ったり、相手に伝えるべき内容を全て探す。

そこに人間の心は先に合ってはいけない。

基本は、事実に基づく状況証拠を集めることにのみ徹してやるべきことをこなすのが重要。

こんなことをして何になる?

最後の自己防衛策

あなたがずっとこの先他の正社員の事も変えずに状況だけを簡単に覆す。

この方法を考えた時には、どうするべきか?

単純に以下の2つに進言することをおすすめしたい。

  • 雇用条件の内容の行き違いがあるなら、ハローワークや各所轄の労働基準監督署や行政の監督関係に相談を持ち掛けて対応策をもらう。
  • 弁護士に相談をして、パワハラなどの疑いの認定をもらえるかを集中して相談する。
  • 自分の伝える内容は必ず全て一人でも多くの人にコピーなどを配布しておく。

このように状況を一人で背負うことを避ける事で不満の言葉を正しい意味で伝えて紹介していくことが大切になる。

これは、この先あなたが理不尽な会社のやり口の典型例としての考え方として、営業職にはよくあるケースで異動命令などが出される前にあきちんと対応しておくことが大切。

個人の主観に基づく不安は必ず言葉だけでなく、具体的に嫌と言わせる行動を相手は知っている。

だからこそ、毎日社員として働いている雰囲気や業務の内容をちくいちまとめて第三者の相手にきちんとそのすべてを伝える。

これが万が一の決断をする際にも必ず企業は無視ができない状況を作るきっかけになると言えるのです。

どうしてもお金の問題として今の仕事が好きで他の仕事が見つかる気がしないと思うなら、とにかくきちんと不当解雇をさけるだけの準備が必要。

メールを使うのも非常に有効です。

画面をキャプチャで記録しておきましょう。

精神的に我慢が続く要素は一つでも多い方が実際得です。

その内容を全て録音しましょう。

そして、その日々に合ったことを見つけたら、必ず日記にも記載をしておくことが大切。

何月何日何時何分頃

対象は誰

具体的な嫌がらせに感じた行動、言動(具体的なセリフを含む)

その時の自分の対応(答えたセリフも含む)

その時の自分にどういう気持ちがあったのか?

相手の言葉から精神的にどのようなダメージを受けたのか?

このような事をみんなが数ヶ月に及んで悩むのは私にとっては、納得ができない。

実際収入を得る為にまじめに一つひとつの仕事をしている人が評価を受けず、完全に周囲に対して、権力を振りかざすことしかできない誰かの為に働く。

このような縮図が悲しいから無くならない処か増えているのも確かだと思う。

もう完全に就職する意識すら失いかけていくほどの影響を受けている事が最も危険な状態だと思う。

だからこそ、業界とか職種なんてことも考えないできちんと、ある意味自分の身を守るための指導を適切に受ける。

この行動をまずはあなたに実践して欲しい。

その結果に対しての内容が周囲にもその程度は意識の問題だといって終わるなら、ある意味潔くやめ時と思っていい頃ではないでしょうか?

 

仕事を人間関係が辛いから辞めたい時の行動手順

仕事人間関係辛い辞めたい時やるべき事

あなたはまだ即辞めることに判断がつかないし、整理もできていないと思うなら、まずはこの記事を読み、ある意味対処できることを知ってほしい。

結婚して家族を養い、きちんと続けるためのキャリアを少なくとも築き上げてきた。

こう言える人ですら、正直企業の内情を知りすぎたことで簡単にリストラを判断する会社も少なくない。

どこまでいっても結果として企業に居座れる人材になれる人は、ある意味意識の中に一切の会社への不満をやめて、ただ付き従うだけのある意味イエスマンなのかもしれない。

この状況が完全に誰の目にも止まらない状況のままあなたが精神的にも肉体的にも貢献してきた内容がある意味、会社の評価は得ないままその後の利益だけは継続して吸い取る。

こんな状況は確かに理不尽だと思います。

人間関係で辛いからこそ我慢より行動

嫌だからこそ、積極的に付き合ってください。

その先にいくらでも相手の心理として離れていく事も観るでしょう。

でもそれはあくまであなたにとってはチャンスが見つかるという心理になるなら、これまでの我慢と違い、状況証拠集めになる。

これは、ある意味真面目に言えば、しっかり意見を延べう事で企業が無視をし続けたと伝えるチャンスでもある。

社員を相手にしているにもかかわらず考え方も意見も一切聞き届けない。

ただ不満をだけをぶつけ、大変なことを全ておしつけ、なぜできないのかだけを言う。

こんな状況になれば、その環境を教えただけで簡単にアドバイスをもらうことはできる。

トラブルを避けない。

あえてその経験を伝えるための生活をやる。

この話しがきっと対策も何も考えないその上司や同僚、部下にとっては一機に内部の人間不信につながる可能性も高い確実なやり方。

そもそもこれはうまくいくとかうまくやるという必要が本当にないんですよ。

ありのままの行動をした上で多くの情報が集まるのはおかしいわけですから。

同じ状況で働く者同士が差別的扱いを受けることはパワハラです。

きちんと今回の内容や情報は何を考えるべきものなのかを意識してください。

それだけで今この記事を読み終えた後のあなたの価値観は変わると思います。

スポンサーリンク