スポンサーリンク



  • 転職エージェントを使って内定をもらえた
  • でも辞退したい!
  • 内定辞退でトラブルになるの?

転職活動中は複数の企業から内定をもらうこともあります。

複数の企業の待遇や労働条件等を比較する。

当然、辞退したい場面も出てくる。

転職エージェント関連記事。

転職エージェントの裏事情

転職エージェントとは?意味やメリット,裏事情を人事担当経験者が解説

今回の記事では、転職エージェント経由で内定を受けた際のトラブルの事例や回避策を以下の目次で解説します。

転職エージェントの内定辞退は可能

転職エージェント経由の内定辞退の方法

転職エージェントに内定辞退を伝える方法

転職エージェントに内定辞退を伝えた後のトラブル

転職エージェントの内定辞退で相手がごねた場合の対処法


スポンサーリンク






転職エージェントの内定辞退は可能

転職エージェントの内定辞退は可能

スポンサーリンク



結論を先に言えば、転職エージェントが仲介していても内定辞退は可能です。

民法627条

民法627条

  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

  2. 期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

  3. 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

実際、複数の企業で面接を受けて、辞退をすることも多い。

採用する企業側にとっても、手数料が高いエージェントを経由しないほうが助かるのです。

 

転職エージェント経由の内定辞退の方法

転職エージェント経由の内定辞退の方法

転職エージェント経由で内定をもらった場合でも別に特別な手続きは必要ありません。

メールで伝える

メールで伝える

例文

「面接時にいただいた条件面で希望に沿わなかったため、内定を辞退させていただきます」

これが無難な文章になります。

 

転職エージェントが内定辞退させない理由

転職エージェントが内定辞退させない理由

なぜエージェントはしつこいのでしょうか?

転職エージェントがしつこい理由

転職エージェントがしつこい理由

電話でアドバイザーと直接話しをするのはおすすめしません。

なぜか?

単純に相手は、手数料目的の営業マンです。

「自分の成績を何とかしたい!」

「この一件を逃すとノルマが達成できない」

こんなことしか考えていない。

あなたの将来性やスキル、社会的価値なんて微塵も考えていません。

あなたは自分のインセンティブを稼ぐためのコマなのです。

よって、こんな人と話をするのは「時間の無駄」。

必ずメールで伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク


 

転職エージェントに内定辞退を伝えた後のトラブル

転職エージェントに内定辞退を伝えた後のトラブル

内定辞退の理由をめぐるトラブル

内定辞退の理由をめぐるトラブル

アドバイザーから次のような返信が来るケースが多い。

「条件さえクリアすれば、再度検討していただくことは可能でしょうか?」

こんなやり取りをするのはめんどくさいです。

ですからとどめの言葉を最後で以下の文面を付け加えておきましょう。

「なお、この件についての交渉等は必要ありません」

「先方の企業様にもご迷惑をおかけしますので、速やかに処理のほどよろしくお願いいたします。」

これで相手の次の一手を封じることが可能です。

 

転職エージェントの内定辞退で相手がごねた場合の対処法

転職エージェントの内定辞退で相手がごねた場合の対処法

転職エージェント経由は一歩間違えるとめんどくさい。

どんな内容が出てくるのかをご紹介します。

内定辞退で損害賠償請求

内定辞退で損害賠償請求

そもそもこんなことはできません。

日本国憲法の「職業選択の自由」でも定めめられています。

内定とは?

内定とは

そもそも内定とはどんな状態なのでしょうか?

採用における内定とは、労働者と使用者(企業)の間で、「入社してからのこようけいやくについて合意が得られた状態」のこと。

この段階で、条件付きの労働契約が結ばれることになります。

条件付きとは、企業による内定の取り消しは、解雇に相当数という意味になります。

反対に、労働者側は、内定を辞退することが可能です。

内定辞退で何かに登録される?

内定辞退で何かに登録される?

転職エージェントの社内のデータには「辞退」についての記録が残ります。

具体的には、以下のようなデータが残ります。

  • 日付
  • 企業名
  • 辞退の理由

このような内容がデータ上に反映されるのです。

しかし、求人紹介をすることで利益が生まれる組織。

つまりは、違う営業マンがまたあなたにアプローチしてくる可能性は高いのです。

 

転職エージェントが内定辞退を受け入れない時の対処法

転職エージェントが内定辞退を受け入れない時の対処法

  • エージェントがこちらの意向をなかなか受け入れない。
  • 説得しようとしてくる
  • 採用企業へ直接連絡ができない

こんな状態で、めんどくさい状態になったらどうすればいい?

この場合は、企業に直接連絡することは控えるべきです。

違う意味で、トラブルになる可能性があります。

代行会社に依頼する

代行会社に依頼する

近年は、退職の希望を受け入れない企業も多い。

本来は退職届を提出するだけで、労働者は2週間を経過したら退職が可能になります。

しかし、労働規則などに、半年とか10ヶ月などかなり無茶な申し入れ時期を記載している会社も多い。

こうした動きと同様で、内定辞退においても企業と個人がもめるケースは多くなっています。

次の会社も決まっているのに、どうすればいい?

こんな時には、お金を使って、代行会社に依頼する方法もあります。

かんたんリンク計測用【使用しないでください】

19800円かかります。

「たったそれだけの金額で解消できるなら安い。」

こう思ったら、一度LINEで相談してみては?

スポンサーリンク