スポンサーリンク



あなたは仕事をしている時にこんな悩みを抱えていませんか?

  • 目標達成が難しいのではないか?
  • 仕事をこなせているのかな?
  • 上司や同僚、部下に嫌われている?
  • 責任がある仕事をすることになったけど自信がない

いい意味でプレッシャーになることはやりがいになります。

しかし、忙しくて自分の気持ちや体調が乱れてしまうのは許容量オーバーになっているかもしれない。

これまでにも不安になる悩みについて、以下のようなコンテンツを書いてきました。

眠るのが不安な時の対処法

スポンサーリンク


寝るのが不安になる!困った時にやってよかった簡単な方法

仕事の不安感で辛い

仕事の不安感が辛い時の対処法|復職や職場復帰の悩み解消法

心が辛い時

心が辛い、落ち込んだ時に自分で癒すおすすめの対処法は生活習慣の改善

生きてるのが辛い

スポンサーリンク


生きてるのが辛い男女が急増中の理由と人生を変える方法

仕事を辞めたい会社に行くのが辛い

仕事を辞めたい|会社に行くのが辛い人がやるべき事と判断ポイント

辛い経験は人を優しくする

辛い経験から優しくなれる!成長したと周囲から言われた体験談

辛い過去を持つ人の特徴

辛い経験をした過去を持つ人の特徴!オーラが違うって何?

では仕事でずっと不安になる原因は何か?

今だけ?それとも今後も同じ状態なの?

この答えを人事担当者として10年以上企業内で新人の人材育成や教育担当をしてきた担当者が解説していきます。

今回の記事では、仕事でずっと不安になる人向けに以下の目次で内容をご紹介しています。

仕事でずっと不安になる原因

仕事でずっと不安になる人の心の整理術

仕事の不安への対処の流れとポイント

仕事で不安を抱える人の負の連鎖注意点

仕事でずっと不安を抱える今がチャンス?


スポンサーリンク






仕事でずっと不安になる原因

仕事でずっと不安になる

私自身も日々の仕事に追われて自分が壊れてしまうと思って過ごしていた時期があります。

しかし、それを乗り越えた時、なぜなのかがはっきり見得てきたのです。

不安の正体は幻想

つまりは、気にしていることの大半は、ネガティブな思考。

例えば、

  • 失敗したらどうしよう
  • うまくいかなかったらどうしよう
  • こんなことを聞くのは恥ずかしい

これって、結局すべて起こっていないことを悲観的なストーリーにしているだけ。

つまりは、妄想や幻想という類になっているのエス。

分かりやすい言葉で言えば、悪い予想を積み重ねているだけ。

完璧な仕事を目指す

あなたの中にはこんな自分がいませんか?

  • 完璧な状態を目指したい
  • 理想どおりになるようにしたい
  • 仕事ができる人間だと思われたい
  • かっこいいところを見せたい
  • 成功したい
  • 褒められたい

確かにこの気持ちは大事。

でもその気持ちが、モチベーションアップになっていたらの話です。

社会的に成功している人も同じようなことを考えている。

でも同じくらい不安を整理することを経験しています。

 

仕事でずっと不安になる人の心の整理術

仕事でずっと不安になる人の心の整理術

自分の中にある不安の元凶を知る

単純に自分が今何を怖がっているのかを確認しましょう。

頭の中に描くだけでは、思い出して答えがまとまらない状態を繰り返す。

これではいつまでもモヤモヤしてしまう。

もっと、自分がいつどういう時にどんな悩みを抱えていたのかを下記のテンプレートに合わせて書いてみましょう。

日付 西暦と年齢
時間 悩んだタイミング
対象 仕事の中でも
人間関係
労働条件
失敗(ミス)
賃金(お金)
具体的な事例 何を想像したのか?

  • 失敗したら
  • うまくいかなかったら
  • この先の流れ
  • 転勤や異動
自分はどうなりたいのか? 何をギャップとしているのか?

  • その仕事をやりたくない
  • 自信がない
  • まとめられない
  • 上司の機嫌が良くなる

このように、より細かく具体的な事柄を全て記すのです。

これによって、何が分かるのか?

つまり、自分の中では何(仕事内容、人間関係、お金)が一番の悩みになるのか?

その対象は、いつも似た対象(上司、部下、給料)に偏っていないか?

これらが見えてくると自分のスキルの磨き方も見えてくるのです。

そして、その結末を後日に記載しておきましょう。

そうすれば、結局自分が悩んだことはそこまで大きな事態にならなかったと安堵するかもしれない。

簡単な悩みの分類術

自分で対処をするからこそ、簡単に分類すると以下のように分けることが可能になります。

  1. 人(人間関係)
  2. 内容(難易度、対象の中身)
  3. スキル(得意、苦手)

この3つに分類すると、その中には一時的な事象と毎日の繰り返しになる対象に分かれます。

勿論、毎日のほうが対処する優先順位は高い。

時々しかないものは、少しでも周りの人から助けてもらう方法を探すことも可能になります。

 

仕事の不安への対処の流れとポイント

仕事でずっと不安になる時の対処法

では自分の悩みの元凶が見えてきたら、どうする?

その対象をどう対処するのか?

この点を具体的に方法論を考える段階。

ではその対処法をご紹介していきます。

人の悩みの解消法

例えば、私が本当に苦手なタイプだと思っていた人とのやり取りをご紹介していきます。

当時の最初の私の悩みは以下の通りだった。

  • 仕事ができない上司
  • 機嫌がコロコロ変わる
  • 社員の扱いが雑
  • その場の気分でしか話をしない

こんな相手とどうせしたらいいのかを悩んでいた。

でもその答えはどうしたらいいかではなく、どう向き合うかだった。

それまでは、腫れものを触るような感覚で接した。

だから疲れた。

だったら、本音で伝えてみようと切り替えたのです。

「正直、その言い方や言われ方では傷付きますし、何をいいたのか分かりません。」

この言葉をそのまま相手に伝えました。

勿論、その言葉に悪意を込めないことは絶対に必要です。

でもわかりたいし、成長したい。

だからこそ、どう理解したらいいのかを教えていただきたい。

このように伝え方や接し方を変えました。

その結果、苦手なビジネスパーソンと簡単に打ち解けることができるようになった。

  • 相性が悪い
  • 嫌われている
  • 好きではない(嫌い)

こういう人との関係を割り切るという考え方を受け入れられない人は多い。

でも毎日関わるからこそ、辛いし、しんどい。

でも相手の性格を変えるのは無理。

だからこそ、相手を手玉に取る方法を考えるのです。

もし相手が個性が強いキャラクターであればあるほど簡単ですよ。

私はこの攻略法を生み出してから、何を考えているのかわからない人も簡単に考え方のクセを見抜くことができるようになりました。

内容はその分野の勉強をすれば片付く

自分がこれまで携わったことがないからわからない。

周りを頼りたいけどすべて自分よりも社歴の浅い人間ばかり。

こんな中で新しい計画を進めて成功させなければいけない。

こういう時はまずは自分の情報量を増やすのです。

私が実際にやったことをご紹介していきます。

まずは、その分野で働く人に直接聞いてみるのです。

アドバイザーとして、いろいろな相談ができる会社があります。

そういう場所に今の課題を相談します。

すると、それ自体に対する考え方や視点をいろいろ教えてくれる。

  • キャリアと今の仕事内容
  • 仕事の難易度と組織編成
  • 時期と働き方

それぞれにおいて、不安を解消していくのです。

第三者の意見を聞くことは、意外と漠然とした不安をすんなり解決してくれる。

それまで自分が固執していたことはかなり小さい事だった。

さらに、自分の持ち味やキャラクターを活かす方法もあった。

こんな形でどんどん自分でできる事や選択を広げる。

結果的に、自分一人だと思っていたこともさまざまなカードが増えたと思えるようになります。

あくまで、手段はいろいろあるのです。

でも多くの人は、「組み合わせるパーツが見えていない。」

だったら、このパーツを手に入れる事が大事になるのです。

別に、細かく緻密な計画を立てることにこだわる必要はありません。

大胆な行動力も大事です。

でもその中で、苦手な領域と感じた際には、その専門家に意見を求める。

たったこれだけで、爆発的に選択肢は増えるし、その人脈から新しいチャンスも生まれる可能性があります。

もしそのスキルを公開したいなら、専門分野の勉強を通信教育で探すのも大切です。

外部の優秀な異業種の人を見つけ出すことができれば、部下の教育にも役立つ。

インターネットを利用して探すことだけが答えではない。

もっと幅広い座学を経験することで、識者の見解も手に入れることが可能。

このような繰り返しが、上層部へのプレゼンなどにも役立つのです。

人という対象を社内という狭い空間だけにこだわらない。

複数の仕事を同時に色々な人がパラレルパークとしてやっているから企業は成長します。

あくまで、自分の活動時間でできることは決まっている。

だったら、その対象に対して、待遇面と照らし合わせてどの仕事が一番効率的なのかを考えれば、積極的に手をあげられるようにもなっていくのです。

 

仕事で不安を抱える人の負の連鎖注意点

ずっと不安になる人の負の連鎖

不安の対処法を知ってもいざ行動をしようとすると空回りする人もいます。

自分ではうまくやっていこうとしているのに、なかなかうまくいかない。

こんな悩みを抱えている人の特徴と注意点をご紹介していきます。

ミスを振り返るのは無駄

私も昔はなぜ失敗したのかよく考えろ!みたいなことを言われたことがあります。

でもこう言われている時には、正解も見えません。

だから同じミスをするのです。

だったら、振り返りをする「たられば」をやめよう。

こう考えたのです。

例えば、一度失敗をしました。

その時には、以下の思考を捨てます。

  • なぜ?
  • あの時
  • 自分がダメだから

こんなのははっきり言って無駄な思考です。

そうではなく、こう考えるのです。

成功している人のやり方を徹底的に真似しよう

ココが一番大事

成長が早い人は、Whyではなく、copyを意識して動く。

つまり、成功している人のやっていることを全て真似る。

たったこれだけで、5W1Hすべての自分の課題が自然に消えていくのです。

できた!

この時に、初めて振り返りをするのです。

  • Where:どこの場所で成功したのか?
  • Who:どんな人と成功した?
  • What:何をしていたのか?
  • How:どんな流れだったのか?

こうすれば、Whyは必然的にクリアしていくのです。

 

仕事でずっと不安を抱える今がチャンス?

仕事の不安をチャンスに変える

あんたが今抱えている悩みは、とても重要な人生の転機です。

今のあなたが成長するかどうかは、今からあなたが何を見てどう感じるか次第です。

大事なことなのでもう一度言います。

昔の自分の失敗を振り返るのは本当に無駄です。

人生にお手本はどこにでもあります。

大事なのは、自分のやり方を見つける事ではありません。

最初はできないなら、とにかく完コピを目指すのです。

ミュージシャンも同じです。

最初は、ほとんどの人がコピーバンドから実践する。

その先で成長していきたいと思ったら、オリジナルで自分の曲を手掛けるようになっていく。

周りの情報と言うのも社内にだけ目を向けるから見つからない。

もっと自分の知らない世界をどんどん見ていきましょう。

同じ悩みを抱えている人はいくらでもいるのです。

そして、その答えを見つけ出した企業もたくさんありm佐生。

先の読めない時代の生き方

ビジネスパーソンは、いろいろ自分自身の不安を解消するスキルを身につけることが成功の近道です。

ストレスを感じるのは仕方がない。

でもストレスを抱えすぎて以下のような症状を経験しているなら、しっかりケアする方法を考える事も大切。

心理における変化

  • 不機嫌になることが多くなった
  • イライラすることが多くなった
  • 気力が低下しやすい
  • 不安状態になることがある
  • 気分が落ち込むことが増えた

こうした変化の中には、抑うつ状態になっている方もいます。

身体の不調を実感

  • 身体がだるい
  • 疲れやすい
  • 頭痛がひどい
  • 動悸やめまいがする
  • 胸の痛みを感じることが多くなった
  • 肩こりがひどい
  • 食欲不振
  • 便秘になりやすい

など個人差がありますが、自立神経系の機能が変化することが代表的です。

嗜好品における変化

  • タバコを吸う本数が増えた
  • お酒を飲む量が増えた
  • 食べすぎることが増えた
  • 食の好みが変わった気がする
  • 刺激物を好むようになった

人によっては、過食症やアルコール依存症等の症状が出てしまうケースもあります。

暴力や暴言の増加

  • 家庭内暴力が多くなった
  • 暴言が増えた

不安障害の種類

パニック障害 動悸、息切れ
突然激しい不安に襲われる
社会不安障害 人ごみが怖くなる
強迫性障害 自分の意思に話して同じことを繰り返す
全般性不安障害 問題解決後も常に不安な状態が続く
分離不安症 親や家族、親しい友人の前では話せなくなる

こうした悩みを抱えているなら、以下のような選択も大切。

産業医からアドバイスをもらう。

精神科や心療内科等で医師による治療の必要があるのかを確認する

公共機関のサービス窓口に相談をする。

家族や友人との付き合い方をふくめていろいろな問題と向き合う必要があります。

心配は、睡眠の質を悪化させ、生活にも支障をきたす可能性もあります。

個々の能力もメンタルの強さも大きく異なります。

一人で抱え込まないで長く上手に付き合う方法を見つけていきましょう。

同じ悩みを抱えている人のスレ

相談窓口

こころの耳

 

スポンサーリンク