スポンサーリンク



  • 仕事を辞めたいと感じるようになってきた
  • 1年、2年、3年、4年、5年と区切りが見えてきた
  • 次の会社を探し始めている

でもいざ本当に辞めるとなるとなかなか決心がつかない。

こんな人は多いと思います。

多くの人が生涯同じ会社で勤めるというのはかなり稀な話。

でも辞めると決めるきっかけは何かある!

ではそのきっかけは何かをご紹介していきます。

今回の記事では、仕事を辞めたいと思う人に伝えたい流れのポイントや注意点を下記の目次でご紹介しています。

会社を辞めたい理由ランキング

仕事を辞めたい人がやるべきことリスト

辞める前にやっておくべき転職準備

会社を辞めるべき人の理由や判断の注意点

会社を辞めるべきではない人の理由や特徴

円満退職するために必要な努力や工夫

退職までの流れのポイントと注意点


スポンサーリンク






会社を辞めたい理由ランキング

会社を辞めたい理由ランキング

  • 仕事に行きたくない
  • もう無理
  • 疲れた
  • 精神的にも肉体的にも限界だ。

今の仕事をしている中でも悩みの対象は人によって異なります。

しかし、実際に辞める時には何をきっかけにしているのか?

わかりやすい理由をご紹介していきます。

  • 給料が低い
  • 職場の人間関係
  • 会社の倒産、リストラ、ハラスメントによる会社都合
  • 仕事内容への不満(やりがい)
  • 会社の将来性や安定性への不安、不信感
  • 休日、残業等時間外労働
  • 新しいことへの挑戦

最後を除き、多くの結果は基本的には、業種も職種も問いません。

辞めたい理由の共通点

年齢、性別、雇用条件【正社員、派遣社員、契約社員、パート・アルバイト】を問わない。

多くの人が結局は、辞めると決断する理由の大半は、職場で起こっている。

単純に言えば、

  • 自分に向いていないこと
  • プライベートの時間もない

こうした社風や風潮に納得できなかったことが理由として挙げられている。

辞めると決断した瞬間

以下のような時ほど決断の意識が芽生える。

  • 連休明け最後の日の夜
  • 月曜日、連休明けの出勤日
  • 嫌なことがあった朝
  • 理不尽なことで上司に叱責や罵倒をされた瞬間
  • 他人の責任を自分に押し付けられた時

こうした時に、「もう無理!」というスイッチが入ってしまったという声は多いようです。

 

仕事を辞めたい人がやるべきことリスト

会社を辞める前にやるべき事

仕事を辞めるとなると、どうしたらいいのか分からない。

はじめての転職

久しぶりの転職

このような人にとっては、いざ行動を起こすとなった時にも悩むはず。

2020年、2021年は新型コロナの影響で多くの会社で業績悪化。

感染拡大が防止できないことにより、リストラや事業廃止、廃業などにより失業する人も増加している。

ではそんな中でまずやっておくべき内容をご紹介していきます。

辞めたい理由を明確化(自己分析)

自分がなぜその会社を辞めると決めたのか?

冷静になった時、辞めなければよかったと思わないのか?

この答えを確信するために「自分ノート」というものを用意します。

あえて手書きで書くことが重要。

  • 自分自身の感情の整理
  • ストレスの度合い
  • 自分のキャパの問題
  • 後悔の有無

とにかく自分を見つめ直す時間を一度用意しておくことが大切。

リスト化したら優先順位をつける

なぜ自分はそこまで嫌になっているのか?

具体的な理由が明確になっているのか?

この答えを自分で2つのパターンに分けます。

  1. 自分の考え方や認識一つで変えられる可能性がある対象
  2. 自分の力ではどうすることもできない対象

つまりは、2に該当するものが多い人ほど辞めるべきと言いやすい。

簡単に言えば、この会社にいたら自分のストレスのほうが多い。

こう言い切れるかどうかを考えるのです。

 

辞める前にやっておくべき転職準備

退職準備

あなたの心の中でまだ迷いや不安があると思ったら、最初にやっておくべきことを考えましょう。

自己改善可能な範囲の挑戦をする

例えば、ミスが多いとか失敗するという点は改善できる可能性もありますよね。

  • 仕事が覚えられない
  • 教えてもらえない
  • 質問ができない。

こういうことは自分自身が改善しようと思えば可能なこともある。

だったら、少しでも最後のあがきとして挑戦する勇気が必要。

この一歩も同じように上手くいかなかった。

でもその一歩があったからこそ、退職した後で悔いを残さない結果だと受け止めることが可能。

素直に認める事ができるか?

自分が解決できない問題の中には、理不尽や嫌いな人からの行動もあると思います。

  • 悪口、陰口などのいじめ
  • 辞めさせようとする手口
  • 自主退職にしようとする動き

仕事ができない人を辞めさせる手口

職場で嫌いな人がストレスの元凶だったらどうすればいい?

会社を辞めさせる嫌がらせを受けたらどうする?

このような悩みを抱えた時にも他の職場に行った時でも同じことが起こった時の対処法を身につけておくことも大切。

だったら、まずは労働基準監督署やハローワーク、弁護士の無料相談など第三者機関にとにかく相談してみる。

その上で、専門の人間がその環境についての意見を確認する。

客観的に見ても合理性がないと判断されるなら、力を貸してくれるかもしれない。

 

会社を辞めるべき人の理由や判断の注意点

仕事をやめた方が良い人の特徴

仕事を辞める人は数多く存在します。

しかし、本当に仕事をやめて良かったと言える人はまだまだ少ない気がします。

40代が会社を辞めて良かった口コミ

看護師辞めてよかった人の辛い悩み

人間関係の辛い悩み

結局どの職場でも人間関係の悩みはある。

もちろん、全員が納得してないという事ではない。

人それぞれ許容範囲も異なりますし、価値観も違います。

でもやはり人は根本的な部分では変わらない。

  • 孤立させる
  • 無視をする
  • 指示をしない
  • 質問に答えない

このような状況になってしまえば、結果的に甘えてはいけないと思うのも難しい状況に追い込まれてしまう。

職場の人間関係がしんどいから辞めたい人が公開しない生き方の注意点

拘束時間が長い(労働時間の問題)

人件費削減により、個人の仕事量が増加。

少人数の正社員とバイト、パート、派遣社員で運営している店舗も小売店では非常に多い。

しかし、これでは、プライベートの時間を確保することも困難。

結果として、ストレスが溜まりやすい状態になる。

しばらくすると、うつ病や精神疾患などになってしまうケースもあります。

仕事をもう頑張れない!限界だ!うつになりそう!なんて人に伝えたい事

組織の風潮や風通しの悪い経営

組織の規模を問わず、風通しの良い会社もあります。

  • 営業出身の社長
  • 2代目、3代目社長
  • 新入社員からの出世

いろいろな経緯があって、その人が歩んできた道と感じた事を踏まえた上で会社の方針は決まっている。

近年は、ベンチャー企業という名前で会社の業績を掲げるような会社も多いが、結局は中身はザ体育会系で放置することが当たり前という会社も多い。

もちろん、業績が悪くなれば、給料の支払いが遅れたり、残業代未払いなどの状況に陥る会社も出てきた。

ではその状況でも目の前の仕事を必死にこなしていたら、突然状態が改善するのか?

正直、これ以上はもう期待していると社員の生活がままならない状態になる可能性がある。

こう思ったら、自分から身を引くことも大切になってくる。

正当な評価を受けられない

  • お気に入り
  • 嫌いな人
  • むかつく部下
  • 辞めさせたいモンスター社員

コミュニケーションを円滑化するなんて目標がある。

でも実態は大きくかけ離れている現場は多い。

特に、ミスをした社員に対する罵倒や叱責は目に余る状態もある。

会社員の精神疾患患者は、近年大幅に増加している。

  • うつ病
  • 不安障害
  • 対人恐怖症
  • 統合失調症
  • 認知症
  • 不眠症

ひどい人の場合は、会社に行こうとすると吐き気や嘔吐により家から出られないなんて症状のケースもあります。

そこまでしてその会社に固執する必要はあるのか?

うつ病など精神疾患になっても会社は何もしてくれない。

結局自分の身は自分で守るしかない。

仕事内容(向いていない人)

  • つまらない
  • 飽きた
  • 楽しくない

仕事がつまらない人が進むべき次の転職先

仕事が飽きる悩みと対処法まとめ

正直、自分の性格やこれまで培った経験やスキルを活かす道ではないと思えるなら、それはその直感を信じるべき。

月収や年収で稼げる仕事だとしてもやりがいも達成感もない状態が続いたらその職場でも成果は出せない。

だとしたら、次の仕事でまたかんばったほうが人生の可能性はある。

 

会社を辞めるべきではない人の理由や特徴

会社を辞めないほうが良い人の特徴

一方で辞める理由としてはまだ違う考え方が残っているのではないのか?

こう思える対象をご紹介していきます。

寿退社は得がない

妊娠や出産による産休育休を取得するよりも先に結婚をしたから会社を辞めたい。

その背景には、引越しをするからとかいろいろな事情があると思います。

しかし、結婚をしたらすぐに家を引越しする必要は本当にあるのか?

もっと言えば、今のキャリアを捨てる価値はあるのか?

この点をきちんと理解しておくことが重要。

入社数ヶ月で寿退社。

その後の入職の際にはどうなるのか?

結婚生活や妊娠、出産、子育て。

この先でスムーズに正社員で採用されるというのは想像以上に大変。

だとすれば、仕事のやり方、働き方を含めて要件等。

自分の貯金や次の再就職に向けた今の環境から作れる人脈も大切になってくる。

寿退社と再就職。

このセットを一つの組み合わせで考えることが大切。

介護を理由に退職は嘘が蔓延中

少子高齢化。老々介護。同居家族の負担。

介護施設もいっぱいで、なかなか日常の世話をする人が近くにいない。

こうした理由を嘘で用意しようとする女性が最近検索の傾向を見ても増加している。

会社を辞める退職理由は親が倒れた?病気や介護の嘘?

時代の流れに沿って、介護休暇も法的には整備されている。

介護休暇とは、要介護状態の家族1名に月、通算93日間の休業が与えられる。

介護休業法が適用される場合、退職の理由としては最初からは認められない可能性も出てきました。

安月給、本業だけでは生活できない

仕事の問題よりも生活が維持できない。

子どもが高校、大学に進学し、塾や習い事に通うなど教育費が増加。

自分の仕事内容、人間関係は文句はない。

しかし、このまま今の会社に居ても正直生活が楽になるとは思えない。

こうした流れは、正直20代30代のキャリアアップを活かせる人しか成功を実感することはできない。

  • 転職したらさらに年収が下がった
  • 辞めていなかったら今は大幅なアップになっていたかもしれない
  • 持株制度などを活用していたら違ったかもしれない

こうした条件などをきちんと精査しておくことが大切。

あくまで、一過性のお金稼ぎのための退職を決断することはリスクが伴う。

働きたくないを優先する生き方

  • もう仕事をしたくない。
  • 会社に行きたくない
  • 社会人はつまらない

新卒や第二新卒などに目立つ退職理由の一つが、「社会人生活に対する不満」。

YOUTUBERなど自分でお金を稼ぐ方法を見つけ出した人たちに憧れるのはわかる気がする。

しかし、何のスキルもないし、ただ漠然と何も考えずに辞めるのは危険。

  • 国民健康保険料の徴収
  • 市県民税の支払い
  • 家賃の支払い
  • 生活費

保険料の滞納、遅延等があると、それだけでも将来は住宅ローン審査などに影響を耐える可能性もある。

きちんと自分の退職後のライフプランも確立してから辞めることをおすすめします。

 

円満退職するために必要な努力や工夫

円満退職のコツ

他人からも惜しまれるくらいで退職する人は少ない。

しかし、今関わっている人からはせめて後ろ指をさされるような生き方にならないようにはしたい。

自分の終わりをきれいにまとめるための生き方をご紹介していきます。

在籍期間中に転職活動を行う

まず最初にやるべきことは、転職活動です。

  • 退職日目安を考える
  • 自分の入職日をイメージする
  • 次の仕事を具体的に探す

上記3つをきちんと明確にしておくことが大切。

万が一退職時期がずれるということがあったとしても、採用の取り消しなどにならないかどうかも確認が必要。

退職希望は自分の意思を優先する

辞めさせてくれない。

こんな言葉が聞こえてくるが、それはそもそも考える必要がありません。

看護師の事例をもとにご紹介しています。

看護師退職が受理されない時のトラブルを防ぐおすすめの対処法

退職相談は誰にするべきか?

退職相談の相手の選び方についてもご紹介しています。

会社に仕事を辞めたいが言えない時に見方を探す方法

相談方法は電話?

相談された時の対処法

上司と話をするべきか?

相談相手の選び方や対処法まとめ

私は引き止めなどが面倒なので基本的に相談をしたことはありません。

就業規則がある場合でも労働基準法と照らし合わせて疑問があれば、どんどん所轄の基準監督署に相談をすることをおすすめします。

引継ぎが必要ならまとめておく

正直、手順書までマニュアルのようにまとめる必要はありません。

むしろ、そういうことを会社が行うのが本来。

後任者がやる気がないなら、何を残してもその人は何も使いませんし、質問もしてきません。

ですから、退職する時には、基本以下の点を共有するのが無難です。

  • 資料等はどこに置いてあるのか?
  • デスクは空になっているのか?
  • 私物と社内の文章は混在していないか?
  • クライアントには伝えているか?

このくらいのことがあれば、自分のやるべきことは終わっていると思ってよいでしょう。

 

退職までの流れのポイントと注意点

退職する際には、以下の流れが大切です。

  1. 退職届を提出する
  2. 残務整理を行う
  3. 保険証などの返却方法を確認する

上記3つを対応しておけば後は会社が必要な手続きを進めてくれます。

もちろん、住所変更やさまざまな手続きがある場合には、プライベートな手続きの方が大切。

失業給付の受け取りや離職票の提出に伴う受理の方法などもきちんと確認しておきましょう。

スポンサーリンク