スポンサーリンク




社会人同士の恋愛関係。

学生と社会人の恋愛。

こうした彼氏彼女という関係の中での相談はいろいろなことが想定される。

今の職場(アルバイト先や正社員、契約社員、派遣社員)の労働の悩み。

これから先の結婚や恋愛の発展の悩み

旅行やプレゼントなどの楽しみの計画の悩み。

いろいろなことを一緒に乗り越えるからこそ、お互いが相手の存在を自分の中でも確実に必要と感じるようになっていく。

しかし、その相手の悩みにすら、今は思ったことを言わないという対処をする彼氏が増えている。

これまでにも仕事を人間関係で辞めたいと思った時に知っておいてほしい対処法をご紹介してきました。

仕事人間関係辛い辞めたい時やるべき事

スポンサーリンク


仕事を人間関係が辛いから辞めたい人が知るべき対処法

仕事辞めたい上司との人間関係

仕事辞めたい人間関係が上司なら?パワハラ見極め方とやるべき事

仕事辞めたい人間関係女の職場

仕事辞めたい女の人間関係に疲れた時後悔しないための準備と行動のタイミング

仕事辞めたい人間不信状態

仕事辞めたい時人間不信に陥った恐怖体験と救われた経験から学んだ事

決して人間関係が上司、同僚、部下全てが自分の理想と思える感じの環境はなかなか難しいと思う。

しかし、せめて同じ職場にいる者同士として、きちんと相手の気持ちを私的な感情を抜きにきちんと仕事として向き合ってほしい。

この気持ちは今辞めたいと言わせている周囲の環境の相手に対して誰もが同じことを思っているのが悲しい現実。

しかし、その気持ちを同じ職場にいる誰もが思っていても言わないが勝ち。

自分以外の悩みの話なら気にしないし、関わらないことが大事。

こんな状況で放置することに誰もが平然としていられる環境が社会の転職をしたい理由としても増えているのではないでしょうか?

私のサイトは、40代男性女性が個性を活かし、自分らしく生きていくための考え方を情報としてご紹介しています。

20代新卒以降30代40代となっても人は同じようなことを悩みとしていると思いませんか?

仕事、年収、貯金、恋愛、結婚、ファッション、プレゼント。

もういい加減同じ悩みの話をずっとしたくないと思っている人も多いと思います。

どうして自分ばかりがいつもこんな感じで別に仕事に関係のない人間関係の悩みで退職を考えるのか?

もううんざり。

このようにどんな仕事の関係をやってもうまく前に進めていないと感じる人も多いと思う。

しかし、その対象が女性で彼女として、男である彼氏に相談をしたのなら?

この時の対処の情報は正直真剣に悩んであげるべき情報のはずが、今の時代はそうでもない。

実際に自分の周りに起こった恋愛の関係から相手を見極めるポイントとしても以下の項目でご紹介していきます。

彼女が仕事の人間関係で辞めたい時彼氏に相談?

彼女が仕事の人間関係で辞めたい時の彼氏の対応

彼女が仕事の人間関係で辞めたい相談最悪の結末

私の今回の内容はリアルに結婚をしようとしたほぼ婚約状態の相手に対して一生後悔すると思うと語った相談者の体験。

結果、こういう男が自分の事ではないと会社でのんきに他の相手の事を考えていると思えた決定的な内容だった。

あまりにも理不尽。

そして、彼女となった女性には正直彼氏と真剣に結婚を見直すべき時でもあると言って過言ではないような結末をご覧ください。


スポンサーリンク






彼女が仕事の人間関係で辞めたい時彼氏に相談?

彼女仕事人間関係辞めたい

自分の職場の事なんて別に彼氏が今やっていることと全く関係ないから相談しても難しいかもしれない。

でも自分の中での悩みを少しでも彼氏に対して助けてくれると期待をしたい。

こんな女心を持つ女性も多いのではないでしょうか?

しかし、今の男性はもう自分のやっている事だけで頭がいっぱいになっているという人も多い。

この状況の中でも困った時には彼氏に対して、時間があったら相談をしておくべきなのか?

彼女の仕事の悩みは彼氏を見極める上でも重要

正直、将来をうまくやっていこうと思う前にきちんと相手を見極める時間として個の相談は相手の答えを聞いておく価値がある。

以下のような内容を言っている時には要注意。

  • 大変だな。
  • 女の社会も結構いろいろな話しがあるんだな。
  • 別に人間関係なんてどこでもあるし辞めるのはもったいないんじゃない?

このようなこたを返すことが別に何か疑問を持つべき?と思う女性も多いはず。

しかし、この答えの裏には以下のような考え方が潜むのです。

彼女の仕事を辞めたい悩み相談と彼氏の裏の答え

単純に共働きが当たり前のようになっている現代社会。

当然、妊娠出産をしても今の夫の収入だけではやっていけないと判断して、早い段階から託児のある仕事に復帰する女性も多い。

この行動は、本人が希望しているというだけなら別に問題ではない。

しかし、以下のようなケースはどうだろうか?

  • 早く働きに出てくれないと家計を考えるとキツイ。
  • みんな職場で結婚している女も働いてる。
  • 子育てしる事を働けない理由にするのはやめてほしい。

こんなことを男が夫になった時に口にしていることを普通に聞いてしまう時代。

その彼氏はと言えば、平気ですぐ仕事を辞めてくる。

自分がすぐに仕事をするかと言えば、条件がいいのがあったら考える!みたいな話しをしてる事も多い。

正直、勘違いもいい加減にしろと言ってやりたいほどの呆れた対応がある。

結果的に彼女に働いてくれ!と内心で考えている可能性をきちんと見極めるのが次の結婚生活には必要になってくるのです。

 

彼女が仕事の人間関係で辞めたい時の彼氏の対応

彼女仕事人間関係辞めたい彼氏の対応

私が実際に妻から同じように状況として人間関係のストレスの話しを聞かさせれてる時期があった。

その時の私の答えた時の対応とその答えを知った上でのその後の彼女の行動をご紹介していきます。

彼女が仕事の人間関係ストレス相談された時の答え

自分も当時は人事担当もしていた時でした。

数の多さの問題ではなく、やはりなぜ一人の社員が同じ職場の中での人間関係に悩まされてしまうのか?

この時に女だからとか、そういう事ではなく、私は以下のような内容を伝えた。

  • 周りの目がその結果を見ているのに次に行動をしない理由は単に被害を受けたくない結果だ。
  • 他人のストレスを職場の状態が悪いと受け取っていない。
  • 自分の事をまず優先して健康で生きていくために考えてくれ。

このように私は、自らが職場のストレスにより、ストレス性の疾患に数多くかかったことを伝えながら相手に自分を守ることを勧めた。

女性は不安の心を多く持つことで、次の自分の体に対していろいろな状態を悪いケースで考えられる。

ホルモンバランスの乱れによる体調不良。

食欲不振による栄養不足での体質変化。

本人が環境以外の就職の状況を優先できると考えるなら止められない。

しかし、個人の相談を受けても改善を見られない状態はどう見てもその会社がその個人を含めた職場の対応として不十分となる。

さらに、この時の問題はトップの本人が原因だった。

だったら余計に次に訪れるのはよい内容のはずがないはず。

だから続ける価値はないと伝えた。

この時の自分は何とか彼女を守る事にだけ必死になっていた。

彼女が仕事の人間関係ストレス相談した後の行動

自分の不満やストレスを吐き出して、最後の対応は任せられるはず。

このように安心をしたと本人から言われた。

「どこまで持つか続けてみたい」と決断をした彼女。

その結果はと言えば、もう限界と見切りをつけた上できちんと環境に悔いを残さず会社を辞めてきた。

やはりこれがある意味女性の生き方で良いと私は思っている。

この全く反対の態度をとる男がいる野が私にはどうしても気持ちがわからない。

むしろ、友人がそんな対応をするようになれば、結婚をしないほうが良いと言ってしまうと思う。

このような内容の結末を言葉ではなく、現実としてみた最悪の結末をご紹介していきます。

 

彼女が仕事の人間関係で辞めたい相談最悪の結末

彼女仕事人間関係辞めたい最悪の結末

家族にもどうしても言えない悩み。

友人にも自分の今の働いてる環境は恵まれているとかうらやましいという言葉を最初にもらっていたから伝えるのは辛い。

こんなことを言う女性の相談役と言えば、彼氏がいれば、その男しかいないはず。

しかし、その男は結果的にどうしても味方になるという感覚になれなかったのかと思えるような行動を取った。

彼女に仕事の人間関係を相談された時の彼の対応

結果、このカップルは共に周りからはうらやましいと言われる会社に就職して働きながらの恋愛を続けていた。

お互いが、妥協しない。

しそいて、どこか違う勤め先になったら恋愛も仕方がないとあきらめるかもしれない。

こんな好きの方向性があとになってどうしようもない人生の後悔を経験する結末となった。

彼の放った言葉はこうだ。

「今の職場の部署にも結婚相手の仕事はもう全部伝えている。」

「結婚式に出るまでは今の仕事を辞めてはダメだ」

「せめて結婚生活が始まる状態になった段階で関連先の中でどこか違う先に就職しよう」

もうわかったと思う。

要は、その声に秘められた感情はたった一人の男の同じ会社や部署にいる周りの目を気にする生き方なのだ。

もうそこに相手の悩みの関連の情報は一切関心を持っていない事も頷ける。

何とか感情を押し殺し、しっかり正社員としてつらいかもしれないが口を閉ざし、耐える。

こんな結婚をするための犠牲の意識を感じさせるような答えを将来の妻に向けて言い放った。

その結果はどうなったのか?

彼女は仕事の人間関係が原因でPTSD

ストレス性の疾患はいろいろなものがある。

私自身も持病を持った経験があるし、ストレスにそこまで強いタイプではないと最近自覚をし始めた。

このような状況の人に単に働くこと事を長く務めるということだけに執着させるとどうなるのか?

夫婦になる直前からもう将来社会に出る事に対して困ってしまうかもしれないと感じさせる変調がついに起こった。

精神的不安定による行動がプライベートな時間で出るようになった。

不眠で夜間に急に外に出る。

いきなり大声で悲鳴を上げる。

何か悪くなる予感がする状況では、もう自分ではいられなくなっていく。

このような状況が表面化したのだ。

結果、ついに入院を余儀なくするほどの状態にまで悪くなった。

一社会に出て、同じような経験やキャリアを持つ者同士の結婚に執着した男。

自分の高いキャリアと出世の為だけに出る言葉の意味と価値。

その人生の結末は、妻を一生PTSDに追い込んだ。

これが私が見た今でも続く彼氏の発言の影響力が長く続く最悪の結末だ。

夫婦になる前に訪れた問題。

将来の夫として何を答えるべきか?

相手の答えをもらう時の彼女は本当にその答えを感情を抜きに長く付き合うべきか?

こう双方が考えて欲しい問題だと私は感じている。

スポンサーリンク