スポンサーリンク



男性向けにハンカチをプレゼントしたい。

普段のお礼を考えたらちょっとしたブランドが良い。

男性のハンカチでブランド品というと、以下のような名前が出てくる。

  • ランバン
  • アクアスキュータム
  • ポールスミス
  • ラルフローレン
  • バーバリー
  • ダンヒル

極論を先に伝えるなら、ハンカチの性能や機能性を考えるなら、こういうブランド品は必要ない。

むしろ、タオル専門の店やメーカーのほうが撥水、吸水、速乾などさまざまな機能や素材が選べる。

しかし、ブランド品を求める人の意識は少し違う。

  • 喜ばれる
  • もらってうれしい
  • 人気商品やランキングに出てくる商品
  • おしゃれなデザイン

では実際にランバンというブランドは何歳の男性におすすめ?

こんな内容を今回の記事でご紹介していきます。

他にも40代男性向けのプレゼントでのハンカチ選びについてご紹介しています。

40代男性プレゼントハンカチおすすめ

スポンサーリンク


40代男性プレゼントハンカチを女性が贈る時ちょっとした工夫のポイントと注意点

私のサイトは、40代男性女性向けの情報を公開しています。

メインは、自分の個性を活かし、自分らしく生きるための考え方。

人は悩みを抱えながら生きている。

しかし、その対象は、20代30代までとあまり変わらない。

具体的には以下のような内容がある。

仕事,退職,転職,恋愛,浮気,結婚,不倫,離婚,貯金,プレゼント,ファッション。

男性も女性もそれぞれが自分の今と向き合いながら考えている。

でも最後には、以下の4つのバランスを意識する。

人、モノ、お金、時間。

誰と関わるのか?

どんな物を扱うのか?

お金はどの程度投資をするのか?

自分の残りの人生にどれだけの影響を与えるのか?

このバランスを常に考えていると私は思っている。

このバランスを自分らしくコントロールする生き方を考えてみませんか?

ビジネスでもプライベートでもシーンを選ばない。

女性的にも目を惹くアイテムの1つ。

例えば、こんなシーンでは仕草とセットになる。

社内のトイレから出てくる男性。

ふと目に留まるのは、以下のパーツ。

  • スーツ
  • 手首の時計やカフス
  • 襟元のネクタイやタイピン等

ファッションアイテムの中でも定番のアイテムばかり。

でもこうしたパーツを雰囲気としても清潔感としてもチェックされている。

だからこそ、大人の振舞いを意識した商品を贈る事を考える女性が多い。

ではランバンのハンカチと年齢について以下の項目でご紹介していきます。

男性ランバンハンカチと年齢層

男性ランバンハンカチとの比較

男性ランバンハンカチのデザイン

自分が贈るならどんなデザインを選ぶか?

この感覚の方が誰かに何かを贈る時には大切になる。

センスがあるとかないとか関係ない。

カジュアルでもビジネスでもあなたがその人の雰囲気を見てどう感じたのか?

この点をまずは落ち着いて思い出していただきたい。


スポンサーリンク






男性ランバンハンカチと年齢層

男性ランバンハンカチの選び方

男性にもたくさんのブランドがあるように見える。

しかし、実際にチェックしていくと老舗のブランドにたどり着く。

昔からある。

父親も使っていた。

こんなイメージのあるブランドを無難と考える人が多い。

私の父も同じようにランバンはスーツやワイシャツなどを持っていた。

高級とか高い。

こんな印象が強いかもしれない。

しかし、そんなことはありません。

落ち着いている雰囲気のシンプルなストライプ物。

カジュアルな印象の強いデザインまで幅広い。

どこか馴染みのあるものでは、calvin klein(カルバンクライン)と似ているかもしれない。

年齢層に影響するポイント

価格は1500円から2000円前後

この価格が20代には少しハードルが高い。

タオルハンカチやタオル系になると、値段は一気に上がる。

3000円から4000円。

多くの人が、1000円、2000円、3000円、4000円という千円単位で考える。

刺繍の数

綿、コットンなどの素材

そこそこのクオリティを求める。

さらには、サイズも上品に見せるためのポイントもある。

男性の魅力をより上品に演出するためにどうするべきか?

こう考えている人にとっては、1枚でも3500円程度は意識を必要とします。

この予算で20代30代前半には厳しいというのが現実。

肌触りなどへの意識

コットン素材と綿素材。

この両者では、好みは生地の好みは偏る。

もちろんしっかりしているとか実用性という意味ではあまりかわらない。

しかし、使った後が問題。

綿素材はシワになりやすい。

よれよれになった素材感は、男のイメージをダウンさせる。

いくらロゴや柄がおしゃれでも使った後の速乾性で台無し。

このあたりの感覚の方が、40代には大切になる。

若い世代が勢いで買ってしまった贈り物。

この感覚とは違う違った個性の演出を考える必要がある。

遊び心の取り入れ方

高級なブランドほどロゴを多様化する。

ルイヴィトンやグッチなどを見ると分かりやすい。

ハンカチ全体に柄を入れながらよく見るとほぼ全てがロゴ。

こんな商品を普段の生活で持ち歩くのはどうだろう?

その人のキャラクタや個性を考えた時、どこまでの遊び心が許されるのか?

この点をしっかりチェックしてから選ぶことが大切になる。

こうした視点なら、できれば30代後半から40代、50代。

中でもスーツでの仕事を長くこなしている。

そして、スーツ同士での接客をしている。

こういうタイプのほうが商品を使う際マルチに考えられるかもしれない。

 

男性ランバンハンカチとの比較

男性ランバンハンカチの比較

楽天市場などで誕生日、クリスマス、記念日などのギフトセットなどを参考にする人は多い。

中には、ハンカチブランドランキング等を見ている人もいる。

例えば、ギフトセットというカテゴリになると以下のような名前と比較する人もいる。

タケオキクチ

オロビアンコ

今治タオル

ラコステ

こうした商品をどこまで比較対象に含めるべきか?

コストよりも大切なこと

あくまでハンカチは何枚あっても困る物ではありません。

頻繁に使ってしまえばその分劣化も早い。

ポケットに入れているだけでも繊維は傷んでいく。

当然バッグなどに入れるのも当たり前。

このように考えたら、どちらかと言えば質を維持するための数が求められる。

さらに、シックに考えるなら、カラーをシンプルに選んだ方が無難。

ネクタイを選ぶ感覚。

こう考えると、いろいろなコーディネートに合わせやすくなる。

シルク素材のネクタイ。

イタリアの上質生地のスーツ。

バッグはスタイリッシュなデザイン。

こんなまとめ方をしたら、小物関連は、比較的おとなしいデザインの方が相性抜群になる。

ベージュなどでまとめても良い。

シックな雰囲気なら、ブラウンやダーク系のネイビーも洗練された大人の雰囲気につながる。

他にもフォーマルに使えるアイテムという考え方もある。

こういう感覚で選んだら、ブランドとしてもらえるよりもちょっとした時に使える。

このほうが支持が高い。

見た目の独特すぎるデザインは、品質以前に出し入れする場所を選ぶ。

あくまで価格よりもその人が日常の生活で使うシーンの情報を集めよう。

スポンサーリンク



男性ランバンハンカチのデザイン

男性ランバンハンカチの選び方

ランバンと言えば、どちらかと言えば独特の色味や素材感。

ちょっとした独特の個性にこだわりがある人に指示されている。

だからこそ、自分で普段買い物をしている人なら、見た目には少し派手でも使いこなせる人が多い。

最新に支持が集まる

このクラスのブランドになると、定番よりも最新のほうがウケが良い。

使い続けているという人はある程度ロゴなどのデザインは持っている。

でも他の自分のコレクション感覚でもらえる方が嬉しい。

あくまで自分の中でどうまとめるのかを考えられる。

こういう人には、どんどん新しい商品をチェックしておくほうが重要。

変に定番にこだわると失敗しやすいので注意が必要です。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク