スポンサーリンク




自分の今の勤め先の会社を辞めたい。

今の仕事は正直自分には合わないと思った。

そろそろ辞めようかと本気で悩んでいる。

でも先に次の就職先を決めてからやめた方が良いのか?

30代後半向けの求人は多いのだろうか?

エージェント関連のサイトには登録をしておくべき?

30代後半アラフォー世代でもやはり多いのが職場の不満や悩み。

人生の中で転職する人は本当に多い。

しかし、どこの企業のどんな職場に行っても結局は何もないということが少ないとも言える時代。

結果面接を受けてなかなか採用されないとか今と同じような通勤圏内で考えるとなかなか今と同じような条件の企業が見つからない。

こうした時、どうしたらいい?

実際に上司に言えば今度は何を言われるかわからない。

私が元在籍した職場も同じような状態でした。

必要な時には誰にでも優しく接しているふりをして、最終的には別に必要ないとなったら辞めるよう仕掛けを考えるような姑息な人もいた。

あくまで、辞めた後もまだ40代前半や30代後半はこれからの事を考えると、仕事をしないという選択は出来ない人も多い。

しかし、これから業界を全く違う業種や職種に変更するのは良い事なのか?

辞めるとするなら、いつの時期がおすすめなのか?

こんな悩みを自らの体験を使ってご紹介しています。

私のサイトは、40代男性女性が個性を活かし、自分らしく生きる為の考え方をご紹介しています。

20代30代40代と年齢を重ねても結果的にはいくつになっても同じような内容に不安を抱えていると思いませんか?

人間関係、仕事、貯金、プレゼント、貯金、恋愛、結婚。

結局は仕事を辞めるという行動でも後の生活の為にはもうちょっと頑張るべきなのか?

今の年齢的にはいい頃合いなのかなんて今まさに言ってる人もいるのかもしれない。

若い人も今は入社試験に合格が出ないと言ってる時代。

ある程度、スキルや実績を持ったという思う人を除けば、ほぼ退職した後はまた1から未経験の状況をもう1度始めることもある。

実際自分にとって、本当に今の悩みは即行動をするのに値しているのか?

転職サイトに登録だけ済ませた感じで後はオファー待ち。

こんなスタイルで転職活動をしている男性女性も少なくない。

今回の記事では、会社を辞めたい30代後半が後の人生を考えるならまずは何を意識しておくべきなのかを以下の項目でご紹介していきます。

会社辞めたい30代後半の退職原因

会社辞めたい30代後半の転職市場

会社辞めたい30代後半のポイント

いまあなたのいる自分の会社の問題は何か?

そして、その問題は本当に辞める理由にするほどの問題なのか?

もちろんその価値観は個人差があることはわかってる。

しかし、今の仕事と次の仕事を探すということがそんなに簡単な問題ではないと私は感じてしまう。


スポンサーリンク






会社の仕事辞めたい30代後半の退職原因

 

30代後半の世代になって仕事の退職を希望してる人に多い悩みは何か?

この答えを人事担当も経験したからこそ伝えておきたい問題をご紹介していきます。

会社辞めたい30代後半の悩み1.人間関係

やはり最も多いのが自分のスキルという以上に、上司、同僚、部下の人間関係が難しいという悩み。

特に最近は、男性女性と性別を超えたさまざまな分野への女性の進出が目立つ。

そうした時、どこの企業に行っても結局は、多くの人間関係に悩み、鬱などになって仕事を辞めてる人が多くいらっしゃる。

家庭があって本来なら少しでも嫌な事があっても無理してでもちょっとは続けてくれることが収入としても支えになっている結婚後の実態。

しかし、もうこれ以上続けさせたら、心も体もボロボロになってしまうかもしれない。

こんなことを毎日一番近くに居る人が気に病むような状況になっていたら?

やはり、体のことを優先するはず。

会社辞めたい30代後半の悩み2.収入

  • 残業代カット
  • ノー残業
  • 能力不足

特にこれまでには問題がないと思っていたのに、最近はいくらやっても少しも成果が出せない。

仕事が忙しく、残業申告書を書いても嫌な顔ばかりされる。

気が付いたらもう誰も自分の動機が居なくなっていた。

こうした流れになってやっと少し自分の中でも新しい職場に動く方が楽かもしれない。

こんな風に考える人も多い。

でも結局は、新しい仕事でも成果が出なければ、同じこと。

確かなのは、自分がいくら仕事をしたいと体調もベストな状態で臨んだとしても結局は企業がそれを許さなかったから、何も行動が起こせない。

その分一時期は高くなっていた営業のインセンティブなども一気に評価されなくなった。

こんな光景からもう限界とか次の職種に挑戦する方が早いかもしれない。

こんなことを考える人も増えている。

 

会社の仕事辞めたい30代後半の転職市場

 

でも実際に転職サイトを毎日欠かさずチェックしている人もこんなことを感じたことはないでしょうか?

結局総合的にみたら今がベスト

もう私自身も転職した数は、10回程度はあると思っている。

でもその都度別に後悔をしたことはない。

毎回とにかく自分のベストは尽くしたと言える状態で行動を起こしている。

一方で、自分のキャリアなどがある人間は、何かトラブルが起こってるわけではない状況でもあえて、求人サイトを利用するというケースもある。

結果的に高い評価のある人間にはエージェントなどからもオファーの連絡が来る。

しかし、実績も評価も人並み。

別に求めている条件も細かく考える事もない。

このような男性の場合は、どこまでやる気を持っているのか評価が難しいことも多い。

結果的に一番自分が次の転職先を探す時、注意をしなければいけないのは、天職の事情を問わず、条件でしかない。

就職率が悪いとか安定率が低いという会社にこれから環境を変えて挑戦しようとしているなら、あまりお勧めはしない。

むしろ、こうしたことぉおやるなら、最後の手段として考えるべき内容。

まずは自分がこれからも今の環境でやるべきと考えきっかけは以下の通り。

  • 特に高い評価を得られたこともない。
  • 実績を持っているわけでもない。
  • 何かで一番になったという内容も思いつかない。

ただ休みを取るのも楽で残業も少ない、収入や内容は今と同じ。

こんな条件を探したら、正直、求め過ぎているだけになっていることも多い。

今一番あなたが欲しい条件は何がやる気を維持するきっかけになるのでしょうか?

 

会社の仕事辞めたい30代後半のポイント

 

結局は仕事探しはどこまで行っても最後は条件だ。

  • 資格の必要性
  • 残業時間の1週間平均や残業への賃金条件。
  • きちんと社内研修などを受ける環境的な条件。

あとは、次期が来たら資格を取得できるような環境があると、将来の転ばぬ先の杖の状態になっていく。

しかし、ずっと長く続けることが出来ていた会社のあとの転職はいったい何をポイントに転職をする事を考えれば良いのか?

体力、資格、技術あなたは何派?

結局大事なのは、ずっと社会人生活を歩んできた中であなたは何を見つけ出したいのか?

  • 人気の企業で将来も安定した環境を望むのか?
  • 資格取得をサポートしてくれるような会社を選ぶのか?
  • 給料が他の会社よりかなり恵まれていると思う会社を見つけたいのか?

このように、自分がどれか一つを優先して探していく事が大切。

成功してお金を稼げるようになる。

これはある意味何でもいいから、ちょっとでもその内容だけは頭一つ分ぐらい差を出すことが出来る分野を見つけ出すという事。

とてもある意味少ないかもしれない。

しかし、その探し方の方が、ちょっとでもチャンスをつかみやすい方法と言える。

もうこれから先は、後輩も10年以上年齢に差があるような人たちと一緒に仕事をしなければいけなくなってくる。

こうなると、やはりどこか何もできないというストレスを持つ機会は増えていく

下働きを苦労と思わない精神力

全く逆に、自分の得意なことや自信があるような分野も特にない。

こういう人は、今の会社を離れて、次の職場で成功するまでは、じっくりどんな分野でも下働きをまた続けるわけです。

この時に1から始まるストレスに負けない精神力の方が問われる。

「なぜ自分は、この年になってまたこんなことをやっている?」

こんな疑念を持ってしまう人は、やはりある意味、また成功の前に辞めてしまう可能性も少なくない。

私自身も周りからこんな質問をよく受けていた。

Q今の歳から転職なんて正直どこに勤めても不安しかない!再就職の年齢としても選択の可能性の限界なのかな?

Aそれはあくまでその会社にはいってしっかり活躍できたかという条件によるのではないでしょうか!

そもそも専門知識(資格)を使って携われる仕事を求めることには限界があるかもしれない。

しかし、あくまで、営業のような挑戦をする働き方を選ぶと言うならまだ働いてみたいと思う気持ちの方が先に必要になるのも現実。

Q辞めるタイミングとしては30代後半に入ってからは再就職対策は大変?

Aこの点も何に不安を持つかにより大きく違う。

しっかり自分が履歴書や職務経歴書を使ってアピールすることが出来るなら正直どこでも働いていく事は出来るはず。

しかし、志望動機にすら、何を書いておくべきかわからないという状態ではやあはり相手も入って働いて欲しいと思う内定の返事はしにくいのではないか?

Q自分の好きな事を仕事に選ぶってどう?

Aこの隙をただ趣味程度のレベルなら、辞めておくべきだと思う。

本当に好きと言うのなら、その会社の為にも仕事をしようと情熱を感じることが絶対的に必要になる。

始める前から絶対いける!

この位の勢いがあれば必ず目に力が入るだろうし、どこの会社でも頑張っていけると思う。

でも基本しか知らない状態で友人にどこまで好き?と言われただけで返事に戸惑う程度なら、正直社会でお金を稼ぐという視点二は足りない。

このように、自分が何を頑張ってみたいのか?

より具体的な情報をきちんと日々の中で想像していく事が大切になっていく。

仕事は十分選択の幅が広くなってきたと思う。

サービス業、ドライバー、製造業など色々ある。

しかし、どこの会社に行ってもダメだと半年程度で諦めて閉まっている過去があるなら、もっと社会に合わせた本当に本気になれる仕事を自分の中でまずは決めなければいけない。

会社辞めたいならまずはアドバイスを聞く時間

正直30代後半にもなれば、十分社会の上でも生き方や学生の頃とは考え方が変わった部分も有ると思う。

どこの会社に決まったとしても、その先に待つのは本当脱落か昇りつめるかの2択しかないと思う。

今のあなたにはどこまで勢いがあるのか?

その気持ちをいったん確かめる為に、エージェントなどの人材紹介のサイトに登録しながら、自己分析や評価を受けることも大切。

世代が違う者同士が一緒の職場に行って、それぞれが自分にできる事を行う。

その日々の中でどこにアラフォー世代の良さが出せるのか?

企業はその差が欲しい。

だからオファーをしてその人の内定を出したいと思ってくれる。

結果的に子供がいて、ローンを抱えて返済に不安な日々を送る時期に、仕事を辞めたいという状況はあまり安心が無いと思う。

でも本当に今の会社のどこにも自分がこれから勤めていく先にも活躍する場所もないし、やりがいも無い。

人材としてただ使われて終わるだけの日々!

こんなことを言うあなたがいるなら、まずは企業に応募するより自分を知ってほしい。

本や書籍ではなくリアルな企業が質問をしている内容に答えてみる。

それが、今後のあなたの転職活動に影響する質問や答えなのだから。

20代とはある意味、考え方も成功までの考え方も違って当然。

10年分先に社会に出ているメリットを存分に出し切る。

そして、次こそは長く最後の定年までい続ける。

こういう意識を持ってもらう事が面接や試験を受けてからの内定通知を受け取る条件みたいになっていると思う。

新卒が一番最初の会社に入って将来は2年3年で転職しよう。

こんなことを考えている世代と同じ意識や気持ちを持っていたら、結果的に人件費が高い年配者が落とされる。

あなたにとってキャリアとは何か?

そして、最近のストレスをどこまで私生活の中で解消できるのか?

この2つをじっくり考えながら、次に進む計画を立ててみてください。

きっと、自分が実際に見ている求人の先に実際に何をやっているのかをイメージする事ができてくると思います。

スポンサーリンク